あのGoogleがゲーム業界に参戦!新プラットフォーム「STADIA」発表

ゲームイベントNEWS

概要

2019年3月19日、Googleが新しいゲームストリーミングサービス「STADIA」を発表した。

STADIAはクロスプラットフォームで、クラウド上でストリーミングされているゲームをプレイできるという今までのゲームプラットフォームに無い大きな特徴を持つ。

これにより従来のSwitchやPS4等のプラットフォームと違い、ゲーム機などの本体を別途購入する必要が無く、PCやスマートフォンとインターネット回線があればどこからでもGoogleの超ハイスペックマシンでゲームがプレイできるようになる。ローンチ当初は4K HDR 60fpsでゲームが遊べると発表されている。

クラウドストリーミングとなると遅延が問題になるが、Googleはこれも解決し、現段階で70ミリ秒〜100ミリ秒(0.07〜0.1秒)の低遅延を実現している。

自社サービスであるYoutubeとの連携も強固で、専用のStadiaControllerのYoutubeシェアボタンを押すとワンボタンで4K HDR 60FPSの配信がすぐに開始できるようになっている。更に、これによりゲームプレイが重くなるといった支障は出ないそうだ。

ローンチは2019年の予定。初期ローンチ地域はアメリカ、イギリス、カナダ、大部分のヨーロッパとなっており、日本へのリリース時期は発表されていない。