【ApexLegends】新たなチーター対策「PC単位でのBAN」を実施しチーター撲滅を目指す

ゲームイベントNEWS

概要

現在人気沸騰中のバトロワ系FPS「ApexLegends」で、チーターがハードウェアごとBANされるという報告が複数挙がっている。

ハードウェアBANされたプレイヤーはMACアドレスの変更やPC初期化など、いかなる手段を講じても同一PCからは同ゲームをプレイできないようになっている。

同ジャンルの「PUBG」からチーターは頻繁に槍玉に挙がっていたが、パブリッシャーが対応してはチーターが新たな手口を利用するいたちごっこになっていた。

ちなみに、PUBGではチーターの99%が中国のユーザーと公式が発表しており、ApexLegendsも中国からは正規の手段でゲームがプレイできないにも関わらず、チーターの大部分が中国のプレイヤーと思われる。

ApexLegendsが今回採った「PC単位でのBAN」はかなりレアケースで、少なくとも今回の話題に挙がったチーターには効果てきめんだったようだ。

ApexLegendsは既に35万人のチーターをBANする等、チーターに毅然とした対応をし、快適なゲーム体験の提供を目指している。

参考記事

『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告 – INSIDE