「スマブラSpecial」初の世界大会「Genesis6」優勝はルキナとアイク使用の『MKLeo』選手!

ゲームイベントNEWS

概要

2019年2月1日〜3日(アメリカ時間)にアメリカのカリフォルニア州オークランドで開かれたゲームイベント「Genesis6」にて、『スマッシュブラザーズSpecial』発売後初となる大規模世界大会が行われ、メキシコの「MKLeo」選手がルーザーズブロックから勝ち上がり優勝した。使用キャラは「ルキナ」と「アイク」。

2000人を超える参加者の中で、優勝から5位までが北米勢が占め、日本人での最高成績は、かねてより国内最強と謳われる若手、GameWith所属の「ZackRay(ザクレイ)」選手の5位タイとなった。ザクレイ選手の使用キャラは「ウルフ」。

MKLeo選手は前作の「スマッシュブラザーズ for WiiU」からカウントすると3連覇となり、新作になっても変わらぬ圧倒的パフォーマンスを披露した。

コアなファンから根強い人気を博しているゲームキューブ版の「スマッシュブラザーズDX」の大会では、アメリカの「Hungrybox」選手が使用キャラプリンで優勝。日本人選手の最高順位はヨッシー使いの「aMSa」選手の4位だった。

初代「スマッシュブラザーズ」では日本人の「kysk」選手がピカチュウとカービィを使用し優勝。3位にもヨッシー使いの日本人「プリンス」選手が入賞する等、日本人の目覚ましい活躍が光った。

関連

決勝戦の模様

参考記事

アメリカ スマブラ大会「Genesis 6」結果 – 格ゲーチェッカー