コントロールヴァンパイア

【シャドウバース攻略】『アザゼルヒーリングヴァンパイア』アザゼルコンボでOTK!次世代型コントロールヴァンパイアの予想デッキレシピと攻略ガイド(デッキコード付き)【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:『アザゼルヒーリングヴァンパイア』

今回は、シャドウバース待望の新パック『ダークネス・エボルヴ(Darkness Evolved)』で追加される、カードを採用した、コントロール系デッキの【アザゼルヒーリングヴァンパイア】のサンプルレシピを紹介しよう!


目次

『アザゼルヒーリングヴァンパイア』の予想デッキレシピ

%e3%82%a2%e3%82%b6%e3%82%bc%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%97

 

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ベルエンジェル 2 シルバー
2 ブラッドウルフ 3 ブロンズ
2 ユニコーンの踊り手・ユニコ 2 シルバー 『ダークネス・エボルヴ』で追加
2 享楽の悪魔 2 ブロンズ 『ダークネス・エボルヴ』で追加
4 裁きの悪魔 3 ゴールド
4 ハンプティダンプティ 2 シルバー 『ダークネス・エボルヴ』で追加
5 ゴブリンマウントデーモン 3 シルバー
5 ブラッディ・メアリー 2 レジェンド 『ダークネス・エボルヴ』で追加
6 クイーンヴァンパイア 3 レジェンド
8 アザゼル 2 ゴールド 『ダークネス・エボルヴ』で追加
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
2 鋭利な一裂き 3 ブロンズ
2 鮮血の口付け 3 ブロンズ 『ダークネス・エボルヴ』で追加
3 エンジェルバレッジ 2 シルバー
5 ディアボリックドレイン 2 ゴールド
8 黙示録 3 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
3 漆黒の契約 3 ゴールド

 

%e3%82%a2%e3%82%b6%e3%82%bc%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%8a

『アザゼルヒーリングヴァンパイア』のデッキコード

デッキコードを発行する



『アザゼルヒーリングヴァンパイア』のキーカード

【アザゼルヒーリングヴァンパイア】は、『ダークネス・エボルブ(Darkness Evolved)』で追加されるカードを大量採用。

序盤から体力を守り続け、《アザゼル》の効果を利用して一気に相手リーダーの体力を削り、手札に貯めた直接ダメージ系カードで削りきることをコンセプトに置いた【コントロールヴァンパイア】だ。

■アザゼル

アザゼル

効果:【ファンファーレ】お互いのリーダーの体力を10にする。(リーダーの体力が9以下なら10に回復して、11以上なら10になるようにダメージを与える)

《アザゼル》は、ファンファーレ効果でお互いのリーダーの体力を問答無用に10にするので、《アザゼル》をプレイしてからのバーンプランで勝つことを勝利プランとした場合、序盤は相手リーダーの体力を削る必要が無く、盤面の取り合いに徹すればよい。

また自分の体力も10にしてしまうので、《アザゼル》をプレイする際は相手リーダーのバーストダメージに注意が必要だ。

《アザゼル》をプレイした後、次以降のターンが回ってくれば、《ブラッディメアリー》+《鋭利な一裂き》×2など直接ダメージカードを組み合わせたバーンにより勝利することができるだろう。

■ブラッディ・メアリー

card_samnail_013

効果:このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。

このデッキは《アザゼル》をプレイするまであまり自分から攻め込まないデッキであるので、コントロールデッキのミラーなどでは《ブラッディメアリー》を雑にプレイせずに、他のカードと組み合わせてバーストダメージを出すためのカードとして使用するなどといったことも大事になってくるだろう。

■鮮血の口付け

鮮血の口付け

効果:相手フォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

《鮮血の口付け》は、ダメージスペルでもあり同時に回復も行えるので、序盤は守りを重視するこのデッキにはぴったりの強カードだ。

 

■ユニコーンの踊り手・ユニコ

card_samnail_002

 

効果:自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。

■享楽の悪魔

享楽の悪魔

 

効果:【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーがいるなら、+1/+0して【ドレイン】を持つ。

《ユニコーンの踊り手・ユニコ》《享楽の悪魔》は、2コストフォロワーながらどちらも放置できないような能力を持つので2コスト2/2として使いつつ、実質守護のような役割も果たすので序盤のフォロワーとして採用されている。

第二弾『ダークネス・エボルヴ(Darkness Evolved)』攻略

【ダークネス・エボルヴ攻略】新カードの評価ランキングとクラス別一覧表【Darkness Evolved】

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI