Shadowverse(シャドウバース) コントロールロイヤル その他ロイヤル ダークネス・エボルヴ ロイヤルデッキ 攻略ガイド

【シャドウバース攻略】『コントロールロイヤル』レオニダス採用スパルタ兵たちの猛攻!新環境ロイヤルのデッキレシピと攻略ガイド(デッキコード付き)【shadowverse】

2016/11/10

     

シャドウバース攻略:『コントロールロイヤル』レオニダス採用デッキレシピ

シャドウバース、新カード採用ロイヤル待望の新デッキタイプ【コントロールロイヤル】の参考レシピとなっております。

速攻系のデッキが多いロイヤルですが、それとは違う全く新しいデッキレシピを開発しました。

 


目次

『コントロールロイヤル』のデッキレシピ

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab

 

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ユニコーンの踊り手・ユニコ 3 シルバー 『ダークネス・エボルヴ』で追加
2 歴戦のランサー 3 ブロンズ
2 メイドリーダー 2 シルバー
3 ヒーリングエンジェル 3 ブロンズ
3 ホワイトパラディン 3 ゴールド 『ダークネス・エボルヴ』で追加
4 ウルズ 2 ゴールド
4 ハンプティダンプティ 3 シルバー 『ダークネス・エボルヴ』で追加
5 ロイヤルセイバー・オーレリア 3 レジェンド
5 アドバンスブレーダー 2 ブロンズ 『ダークネス・エボルヴ』で追加
6 ツバキ 3 レジェンド
7 フロントガードジェネラル 3 ゴールド
8 アレキサンダー 3 レジェンド 『ダークネス・エボルヴ』で追加
9 レオニダス 2 ゴールド 『ダークネス・エボルヴ』で追加
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
2 渾身の一振り 3 シルバー 『ダークネス・エボルヴ』で追加
5 エクスキューション 2 シルバー

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%81%be%e3%81%aa

デッキコードを発行する





『コントロールロイヤルロイヤル』のキーカード

【コントロールロイヤル】は、守護と回復を多く採用し試合を終盤まで持っていき、《レオニダス》を使って試合に勝つことを狙ったロイヤルの新機軸だ。

デッキに採用された新カードをいくつか紹介しながら、使い方を簡単に説明したいと思う。

 

ユニコーンの踊り手・ユニコ

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b3

効果:
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。

このカードは回復効果を持っているため、相手が放置してリーダーを攻撃することがほぼできず、終盤で引いた場合でも体力の補充をすることができる。

「兵士属性」を持っていないことが意外に大きく、《アドバンスブレーダー》のサーチ対象外となり、狙ったカードをサーチしやすくなる。


ホワイトパラディン

card_modal_005-1

効果:

効果進化前: 守護
効果進化後: 守護 進化時、《シールドガーディアン》を相手の場のフォロワーと同じだけ出す

*シールドガーディアン

card_samnail_019

効果:

守護

このカードの採用は非常に悩ましかった。体力が2しかない点と、進化を使った場合でも相手フォロワーがいなければあまり効果的とは言えないからだ。相手の大量展開からリーダーを守る、という点では強力なので採用に踏み切った。
次のターンに進化権を使わないで相手のフォロワーを除去できる《アレキサンダー》が控えていることも、採用理由となっている。

他の3コスカードとしては、《ネイビールテナント》《烈火の魔弾》あたりが有力な入れ替え、追加候補となるだろう。

card_samnail_jp_24_0070c_101221050


ハンプティダンプティ
ハンプティダンプティ

効果:

進化後:【進化時】お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。(このフォロワーを含める。)

ロイヤルにないAoE(範囲除去)を補ってくれるカード。3点のダメージは終盤になるにつれて物足りないところもあるが、4ターン目で使う分には困らない。

他のロイヤル4コスフォロワーとしては《フローラルフェンサー》が存在するが、枠の都合上採用を見送った。枠が空くようなら優先入れ替え候補となる。他の候補としては、進化権を使わずとも仕事のできる《ヴァンガード・レイサム》も挙げられる。

フローラルフェンサーヴァンガード・レイサム


アレキサンダー

アレキサンダー

効果:

【突進】このフォロワーは、相手のリーダーを攻撃できないが、相手のフォロワーを1ターンに14回攻撃できる。

ステータス自体はそこまで高くないが、出したターンに即相手フォロワーに攻撃することができ、範囲除去スペルと同じような使い方ができる。8ターン目と遅い登場にはなるが、このカードを使って盤面を取り返さないと押し負けてしまうので、コンセプト的に欠かせないカードだ。


レオニダス

レオニダス

効果:

【ラストワード】レオニダスの遺志1つを出す

*レオニダスの遺志

レオニダスの遺志

効果:

自分の場にフォロワーが出るたび、それは+3/+3されて、【突進】を持つ。

《レオニダスの遺志》は【コントロールロイヤル】のフィニッシャーとしての役割をもち、あらゆるフォロワーを強化できる点が評価できる。

【突進】なので出したターンにリーダーを攻撃することはできないが、+3/+3の強化はフォロワーの残存勢力を保ちやすくなり、次ターン以降の大ダメージを可能にするだろう。


全く新しいデッキタイプなので、これをベースに完成度を高めていきたい。
環境次第では、《エクスキューション》ではなく、《オーディン》を採用するといった対策も視野に入れたい。

『コントロールロイヤル』デッキコード発表

デッキコードを発行する

第二弾『ダークネス・エボルヴ(Darkness Evolved)』攻略

【ダークネス・エボルヴ攻略】新カードの評価ランキングとクラス別一覧表【Darkness Evolved】

シャドバクイズ過去問一覧

みんなの解答用紙も参考にして、いざという時の「判断力」を鍛えよう!

▶シャドバクイズ『最善手』を探せ!問題集

ダークネス・エボルヴ総力特集

▶新カード全109種類の評価一覧

▶『リセマラランキング』完全版

▶新環境最強デッキ(Tierランキング)

リーダー別『GameAI』攻略ガイド

リーダー別の攻略ガイドはこちら!当サイトで過去に掲載した、全国ランカーのデッキレシピを網羅。

▶エルフデッキ一覧

▶ロイヤルデッキ一覧

▶ウィッチデッキ一覧

▶ドラゴンデッキ一覧

▶ネクロマンサーデッキ一覧

▶ヴァンパイアデッキ一覧

▶ビショップデッキ一覧

アリーナ(2Pick)攻略ガイド一覧

アリーナプロ監修!全カードの評価点はこちら

▶アリーナ(2Pick)攻略:最優先でピックすべきカード(評価点一覧表)

 





人気記事ランキングTop20

-Shadowverse(シャドウバース), コントロールロイヤル, その他ロイヤル, ダークネス・エボルヴ, ロイヤルデッキ, 攻略ガイド
-, , , , , ,