E_上級者

【シャドウバース攻略】ワンランク上を目指す『テンポエルフ』(コンボ紹介、マリガン、立ち回りガイド)

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:『テンポエルフ』

基本デッキをしっかり抑えて、勝率アップを目指す人必見!
フェアリーコンボで、華麗に盤面制圧せよ。

環境トップに君臨する『テンポエルフ』の攻略ガイドはこちら。


『テンポエルフ』のデッキレシピ

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95
%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%9e%e3%83%8a
デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ウォーターフェアリー 3 ブロンズ
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 フェアリーウィスパラー 3 ブロンズ
2 リノセウス 3 ゴールド
2 エルフの少女・リザ 3 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 3 シルバー
5 風神 2 ゴールド
5 クリスタリアプリンセス・ティア 3 レジェンド
6 エルフナイト・シンシア 3 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 3 ブロンズ
1 フェアリーサークル 3 ブロンズ
2 森荒らしへの報い 3 ブロンズ
5 死の舞踏 2 ブロンズ


『テンポエルフ』のレーダーチャート

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『テンポエルフ』のデッキ概要

『テンポエルフ』は、盤面を取ることを得意としたエルフのデッキの特徴を最大限に生かしたミッドレンジデッキだ。
カードパワーも単体で高いものが多く、《エンシェントエルフ》や、《エルフナイト・シンシア》、《クリスタリアプリンセス・ティア》など単体でゲームを決める性能を持ったカードも多い。
更に、盤面が空の状態からでも、強力な疾走フォロワーである《リノセウス》により一気に相手リーダーの体力を奪うこともできる。
様々な戦い方ができる万能デッキといっても過言ではないだろう。

『テンポエルフ』のマリガン

VSアグロデッキ

優先度A:《ウォーターフェアリー》《フェアリーサークル》《べビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》《森荒らしへの報い》《エンシェントエルフ》

優先度B:《フェアリーウィスパラー》(先行のみ)《エルフプリンセスメイジ》(後攻のみ)

VSコントロールデッキ

優先度A:《ウォーターフェアリー》《フェアリーサークル》《べビーエルフ・メイ》《エルフの少女・リザ》《森荒らしへの報い》《エンシェントエルフ》

優先度B:《フェアリーウィスパラー》(先行のみ)《エルフプリンセスメイジ》(後攻のみ)

マリガン参考記事

キーカードのドロー確率と優れたデッキ構築論

『テンポエルフ』の立ち回り

序盤

Point:盤面を取ることが最優先

《フェアリー》をはじめとしたフォロワーを展開していき、盤面を優位にしていきたい。
序盤に盤面が優位に立てるか否かで、後半のゲームプランが変わってくるぞ。
ここで、最も活躍するのが《ベビーエルフ・メイ》だ。

0021ベビーエルフメイ.png

効果:ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。

1コストで1ダメージを飛ばしつつフォロワーを展開できるので、序盤の体力の低いフォロワーは簡単に倒すことができるようになる。
《自然の導き》や、《エンシェントエルフ》を使用して再利用する動きはアドバンテージも稼ぐことができて超強力だ。

先行の場合は、3ターン目までにフォロワーを2体展開して、《エンシェントエルフ》を場に出すことによって盤面を制圧する動きが最も強力な動きといえる。
後攻の場合は、後述するが4ターン目まで、相手に盤面にフォロワーを展開されすぎないように注意して動くと良いだろう。

mei▲序盤に、複数枚の《ベビーエルフ・メイ》を引けたなら盤面制圧は容易いだろう。

中盤

Point:完全に盤面を支配しよう

【テンポエルフ】は、特に中盤の盤面制圧に優れたデッキであり、進化を使って盤面を支配することに優れている。
最も象徴的なカードといえばやはり《クリスタリアプリンセス・ティア》だろう。

クリスタリアプリンセス・ティア

効果:ファンファーレ クリスタリア・イヴ1体を出す。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、その《クリスタリア・イヴ》は進化して、守護 を持つ。

クリスタリア・イヴ

条件を満たせば、進化権を使わずに6/6守護の進化フォロワーを場に出すことができるのは強力無比といっても過言ではないだろう。
また、後攻の場合、『テンポエルフ最強ムーブ』といわれる以下のような動きが存在する。

4ターン目:《エルフプリンセスメイジ》進化
5ターン目:0コストフェアリー×2+《クリスタリアプリンセス・ティア》

この場合、5ターン目に展開したフォロワーの合計ステータスは9/9となる。
通常の5コストフォロワーの標準ステータスが4/5であることからも驚異的な数値であることがわかるだろう。
また、《クリスタリア・イヴ》の進化は、進化権を使ったものではないので、加えて他のフォロワーを進化できるのもポイントだ。
《クリスタリア・イヴ》と進化したフォロワーでトレードを行い一気に盤面を取ってしまおう。

もう1枚、【テンポエルフ】の大型フォロワーとして忘れてはいけないのは、攻撃性能と展開力を両方兼ね備えた《エルフナイト・シンシア》だ

エルフナイト・シンシア

効果:進化時 フェアリー2体を出す。
自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

高いステータスを持ちながら、進化時にフェアリーを2体展開するので、1枚で盤面を構築できるカードだ。
加えて、味方フォロワーの攻撃時にそれらの攻撃力を上げる効果も持っていて、進化を使わずとも、展開したフォロワーで相手リーダーの体力を削りきるのに貢献するぞ。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2%e5%bc%b7%e3%81%84▲盤面にフォロワーが並んでいれば《エルフナイト・シンシア》のバフで一気に勝負がつくことも。

終盤

Point:リノセウスによるダメージプラン

盤面のリードを奪い続けることができれば、ここまでで展開したフォロワーたちを《風神》や《エルフナイト・シンシア》のバフで強化して一気に相手リーダーの体力を奪っていこう。
展開したフォロワーを全体除去から守るのに活躍するのが、《エルフの少女・リザ》だ。

エルフの少女リザ

効果:ファンファーレ 相手のターン終了まで、自分のフォロワーへの「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージ」は0になる。(「攻撃によるダメージ」はそのまま)

《テミスの審判》のような確定除去からは守れないが、《エンジェルバレッジ》や《黙示録》、《ファフニール》のファンファーレ効果でのダメージを0にすることができるので安心してフォロワーを展開することができるぞ。

またそれでも、盤面を取られてしまった際や、全体除去を喰らってしまった際には、《リノセウス》によって残った相手のリーダーの体力を削りきってしまおう。

0121リノセウス-1.png

効果:疾走
ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

《自然の導き》などを使用して手札に戻して再利用すれば、一気に相手のリーダーの体力を削ることができるぞ。
《リノセウス》によるバーストダメージの計算は、以下のリンクを参考にしてみて欲しい。

【シャドウバース攻略】エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表

 

3%e9%80%a3%e3%83%aa%e3%83%8e%e3%82%bb%e3%82%a6%e3%82%b9▲3連リノセウスのバーストダメージ量はあまりに強大だ...




『テンポエルフ』の得意なデッキ、苦手なデッキ

得意なデッキ

・【アグロヴァンパイア】

序盤からフォロワーを展開でき、トレードをすることができ、相手の息切れを狙える。
体力の低いフォロワーが多いので、《ベビーエルフ・メイ》を使いまわして相手の場を壊滅させることもできる。
《エンシェントエルフ》や《クリスタリアプリンセス・ティア》のような強力な守護が多いのも有利な点である。

・【超越ウィッチ】

横に展開したフォロワーを対処しにくく、展開したフォロワーで打点を刻んでいく。
《エルフの少女・リザ》によって展開したフォロワーをスペルから守ることもできる。
ある程度体力を削って、《リノセウス》によるバーストダメージで勝負を決めることが多い。

苦手なデッキ

・【コントロールロイヤル】

フォロワーのトレードを繰り返しているとジリ貧になりやすい。
《ロイヤルセイバー・オーレリア》を突破するのが困難。
《アレキサンダー》で盤面を壊滅させられたり、《海底都市王・乙姫》により盤面を制圧されてしまうことが多いのも不利な点である。

・【セラフビショップ】

盤面を構築して戦うデッキなので、テミスの審判のような全体除去を打たれると厳しい展開になりがちである。
【冥府エルフ】と違い、ドローソースが少ないのでバーストダメージの出せる《リノセウス》にアクセスしにくく、引けてない場合は非常に厳しい。

もっと詳しい相性表はこちら!

環境最強デッキ(Tierランキング)

『テンポエルフ』の入れ替えカード候補

名前 理由
フェアリーブリンガー ステータスが1/3とミラーマッチなどで強いステータスである。《クリスタリアプリンセス・ティア》や、《リノセウス》とも相性が良い。
翅の輝き ドローソースとして採用可能。2コストなので比較的テンポロスをせずに使用しやすい。
ブレスフェアリーダンサー フォロワーを展開している際のバーストダメージの底上げに。《自然の導き》による再利用で、更にダメージアップも。

フェアリーブリンガー翅の輝き0111ブレスフェアリーダンサー-1.png

『テンポエルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

『テンポエルフ』のデッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

「神々の騒嵐」総力特集

神々の騒嵐 「神々の騒嵐」先取りデッキ集(全クラス)
新カードパック「神々の騒嵐」評価ランキング(解説あり)

注目リンク

環境最強デッキ集(Tierランキング)アップデート対応版
リセマラランキング完全版
「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-E_上級者
-, , , ,