ロックエルフ

『白狼コントロールロックエルフ』敵軍をまとめて縛り上げろ!バハムート降臨対応版(動画あり)

     

シャドウバース攻略:『白狼コントロールロックエルフ』

相手の盤面をロックしながら制御していく、『GameAI』攻略班いくら考案のコンセプトデッキ、ロックエルフ

スクリーンショット 2017-01-19 21.09.42

STD、DRKと進化してきたこのデッキも、ROBでver.3となる。
コントロールデッキということで、新レジェンドレアの《古き森の白狼》をフィニッシャーとして加えており、新たな軍勢で戦場に臨む。


『白狼コントロールロックエルフ』のデッキレシピ

 

スクリーンショット 2017-01-17 17.58.36

スクリーンショット 2017-01-17 17.58.49

▶デッキコードを発行する




『白狼コントロールロックエルフ』のポイント

Point1:ロックカードで敵を捕縛せよ

デッキ名にもなっているように、このデッキは相手をロックしてコントロールすることで勝利を目指すことができるデッキになっている。
では、それぞれのロックカードのどんな役割があるのか見ていこう。

フォレストアケロウ(盤面ロック)
フォレストアケロウ
フォレストアケロウ
深緑を背負いし森神は、ただ一鳴きで侵略者の戦意を奪い、世界に平穏を齎した。
肺より出でる息が、大木が如き喉で加熱され、蒼炎となる。それは、憐れなる人間たちの背中を焼き、灰に変えた。
効果:ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のフォロワーすべてを、次のターン攻撃不能にする。

【ロックエルフ】毎度お馴染みフィニッシャーの《フォレストアケロウ》。能力の発動条件は、2枚以上のカードを使うことで相手の場のフォロワーを全て行動不能にするという豪快な性能となっているので、見た目もユニークだ。
盤面が埋まっている時ほど効果的で、【テンポウィッチ】の大量展開や、《海底都市王・乙姫》の返しで使えれば、相手はフォロワーを展開できない、攻撃もできない『ロック状態』に陥ることになる。
発動条件を満たしやすくなる、0コスト《フェアリー》は、《エルフプリンセスメイジ》や《歴戦の傭兵・フィーナ》で回収していきたい。ロック状態であれば、返しにこちら側の一斉攻撃で相手リーダーの体力をごっそり削ることもできるぞ。

S__44040195

▲テンポウィッチ、自慢のゴリ押しを封じてしまえ!

根源への回帰(ハンドロック)
根源への回帰
在るべき場所、母なる者の懐へ。
効果:お互いのフォロワーすべてを手札に戻す。

あの冥府エルフ最盛期を支えた《根元への回帰》を採用。コスト増加のナーフされたものの、現在でも相手に与えるストレスは健在だ。
非常に優秀な盤面リセットスペルである。
大量展開されていた場合はそれを逆手に取り、相手の手札上限を狙って、次の手札を燃やす『ドローロック』状態にすることも可能。
《フォレストアケロウ》の効果が「コスト不足で発動できない!」といった場面の繋ぎとしても活躍する。

セルウィンの号令(単体ロック兼火力)
セルウィンの号令
鷹爪が刻んだ傷は、狩人が狙う目印となる。
効果:飛翔する狩鳥1体を出す。
エンハンス 8; その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

3コスト攻撃力2の疾走なので、序盤はロイヤルの《ノーヴィストルーパー》的役割を果たす。始動の遅いデッキに対しては、疾走フォロワーとして相手リーダーを攻めていこう。アグロデッキ相手には、小回りの利く単体除去として活躍するぞ。
肝心のロック効果は、エンハンス効果から手札に加わる《グランドアーチャー・セルウィン》にある。終盤、ドラゴンなどに大型のフォロワーを出された際は、《グランドアーチャー・セルウィン》で縛り上げてしまおう。さらに、追加能力で「攻撃力が3以下なら手札に戻せる」という性能もあるので、進化前《ゴブリンマウントデーモン》など厄介な守護を剥がすのにも使える。

Point2:白狼のサーチ先

第二の切り札とも言えるカードが《古き森の白狼》だ。
《古き森の白狼》は、このデッキでどのような動きを披露するのか解説しよう。

古き森の白狼
古き森の白狼
古き森の白狼
森緑の賢者と呼ばれた神狼。力で支配する事しか知らぬ古竜に太古の叡智を説き、森を束ねる者の使命を伝えた。
外世界の侵略者たちに立ち向かう神狼。守護者たる古竜が目覚めるまで、森緑の戦士たちを束ね、外敵を阻み続ける。
効果:突進
ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。

メインである、ラストワード効果でサーチできる対象は Point1でもあげた《フォレストアケロウ》or《根源への回帰》。
それぞれが手札に加わった際、どんな効果を発揮できるのか?

①フォレストアケロウ場合

0コストで手札に加わるので、9PP以上あるターンでは、ほぼ確実に《フォレストアケロウ》の効果を発動することができる。
すなわち、残りの9コストでどれだけ強力な盤面を構築できるかが大切になってくる。
進化権が無くなって、効果は発動できなくなった《エルフプリンセスメイジ》《歴戦の傭兵・フィーナ》も、一緒にプレイすれば次のターンに一斉攻撃を決めることが可能。相手の手番を実質1ターン飛ばすことから、ある意味《次元の超越》のような働きができるといっても良いだろう。

②根元への回帰の場合

0コストの《根源への回帰》は、採用されている《リノセウス》を大きくサポートする。リノセウスを回収することでも《自然の導き》のような使い回しが。相手の盤面に守護を複数並べられていても、すべて手札に戻してしまうことができる。
もちろん、普通に使用して自分側のみ有利盤面を構築することも可能だ。

Point3:OTKプランも忘れずに

このデッキを攻めのコントロールデッキと呼んでいるのには理由がある。【OTKエルフ】さながらのリノセウスコンボが搭載されているからである。

歴戦の傭兵・フィーナ
歴戦の傭兵・フィーナ
歴戦の傭兵・フィーナ
おりゃあああ!無敵最強メチャカワイイフィーナちゃんの登場よ!!
み、ミニゴブ!アタシについてきちゃったわけ!?あーもーしょうがないわね…!ちょっとアンタ!この子に手を出したら、超絶カワイイフィーナちゃんが許さないんだからね!
効果:進化時 ミニゴブリンメイジ1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

このデッキに採用されている2コストフォロワーは《リノセウス》のみなので、《ミニゴブリンメイジ》の効果で確定サーチする。
《リノセウス》にアクセスしやすく、0コストの《フェアリー》を手札に加えやすいこのデッキは、OTKエルフ同様《リノセウス》でのキルプランを取ることも可能にした。

攻めのプランを取るときは、《セルウィンの号令》での疾走フォロワー攻めが効果的。0コストの《ミニゴブリンメイジ》は、《フォレストアケロウ》の効果条件を満たすのにも活躍するぞ。

スクリーンショット 2017-01-19 21.10.50

スクリーンショット 2017-01-19 21.12.47

参考動画(白狼ロックエルフ)

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!




『白狼コントロールロックエルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-ロックエルフ
-, , , , , , , , ,