JCG

【シャドウバース攻略】『サタンドラゴン』+『御旗ロイヤル』が優勝!『JCGオープン』Vol.9-10 大会レポート【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:『JCGオープン大会』Vol.9-10レポート

ガチ勢大集結で毎週大盛況のシャドウバース大会、『JCGオープン』Vol.9-10の大会結果をまとめた大会レポートになります。

▶「JCG Shadowverse Open」公式サイト


Vol.9-10共に、約500人のエントリーの中から、抽選で選ばれた256名が大会に参加しました!
ルールは、BO3(最大3試合、2リーダー登録)。注意しなければならないのは、どちらのデッキを先に出してもOKで、両方のデッキで1勝ずつしなければ相手を撃破したことにはならない点。つまり、最低でも2つのクラスを仕上げておき、大会用デッキとして完成させてある必要があるということです。

16名ずつ16ブロックに別れて戦い、各ブロックの優勝者16名で、決勝トーナメントが争われました。

 

『GameAI』では、Vol.9-10大会のデータを独自にリサーチ!

分析した勢力分布図や、優勝予想の考察記事も公開しているので、併せてご覧いただければと思います。

 

第9回『JCGオープン』勢力分布図 2016/09/03(土)開催

jcg9回円グラフ

jcg9回表

 

第10回『JCGオープン』勢力分布図 2016/09/04(日)開催

jcg10回円グラフ

jcg10回表

▶JCGオープン』vol.9-10 リーダー別の勢力分布図

 

 

『JCGオープン』決勝トーナメント

『JCGオープン』決勝トーナメントに進出した16名の使用デッキの割合は、以下のようになりました。

第9回大会(土曜日開催)

リーダー デッキ数 割合
エルフ 9 56.3%
ロイヤル 9 56.3%
ウィッチ 2 25.0%
ドラゴン 8 50.0%
ネクロマンサー 3 18.8%
ヴァンパイア 1 6.3%
ビショップ 0 0

第10回大会(日曜日開催)

リーダー デッキ数 割合
エルフ 4 25.0%
ロイヤル 7 43.8%
ウイッチ 1 6.3%
ドラゴン 8 50.0%
ネクロマンサー 7 43.8%
ヴァンパイア 4 25.0%
ビショップ 1 6.3%




決勝進出者が使用しているデッキは

もっとも割合が高かったのは、ロイヤルとエルフで、各9名ずつ。ドラゴンデッキでの進出者も8名おり、決勝戦のデッキはこの3リーダーだけで、実に72%を超えている。

*注 『JCGオープン』では、決勝トーナメント進出者は提出デッキを改めて選択できるルールのため、予選と異なるデッキを使用している可能性もある。

ロイヤル

エルフ

ドラゴン

特に、全体登録者数の少ないエルフの予選抜け数が一際目立っており、プレイング難度とそのポテンシャルを示していると言えるだろう。
その翌日に行われた「第10回大会」では、エルフ、ロイヤルが減少。ネクロマンサーとヴァンパイアの使用者が増加しました!

なかなか大会で結果の出せていないヴァンパイアデッキで決勝進出した方が25%もいるとは、ヴァンプ使いにとっては朗報じゃないかと。潜在人気の高いクラスでもあるので、復権に期待したいところ。

ドラゴンは安定して高い突破率を見せました。

ドラゴン

ネクロ

ヴァンパイア

 

 

さて、この中から優勝を手にしたのは・・・

『JCGオープン』の大会結果

『JCGオープン』第9回大会で見事優勝し、腕自慢のプレイヤー256名の頂点に立ったのは、「やもしぃ」氏でした。おめでとうございます!

優勝者が選んだリーダーの組合せとしては、「ロイヤル+エルフ」という結果になりました。
JCG公式サイトで公開されている、優勝者のデッキ内容はこちら!

ロイヤル

▶やもしぃ式『ミッドレンジロイヤル

エルフ

▶やもしぃ式『冥府エルフ

 

その翌日に開催された、第10回大会で見事優勝したのは、「neoneet」氏でした。おめでとうございます!

優勝者が選んだリーダーの組合せは、「ドラゴン+ロイヤル」。
JCG公式サイトで公開されている、優勝者のデッキ内容はこちら!

ドラゴン

▶neoneet式『サタンドラゴン

ロイヤル

▶neoneet式『御旗ロイヤル

 

『JCGオープン』今回注目のポイント

今回は、第10回大会優勝者の「neoneet」氏のデッキにスポットを当ててみたいと思います。

使用リーダーの組合せはロイヤル+ドラゴンで、デッキ内容としては【サタンドラゴン】と【アグロロイヤル】となります。

伝令『サタンドラゴン』

ドラゴン

優勝者の「neoneet」氏が使用した【サタンドラゴン】は、6コストより多いカードが《騎龍兵》が1枚と《サタン》が2枚で、《サタン》を早く出すことに特化しています。

《サタン》を早く出すことができればあらゆるデッキに勝利する可能性があり、苦手なデッキを捲くれる可能性が出てくるのもポイント。

ロイヤルと組み合わせた際に苦手なデッキ同士をカバーし合っている、BO3大会ならではの戦術も見逃せません。

『御旗ロイヤル』

ロイヤル

優勝者の「neoneet」氏が使用したアグロ系の【御旗ロイヤル】は、長くても8ターン目には試合を終わらせられるように構成されています。

試合スピードが非常に速く、環境に多い【冥府エルフ】などのデッキをやりたいことをさせる前に倒せるように工夫されており、短期戦の大会ならではのチューニングと言えるでしょう。

大型の守護持ち対策として、《ツバキ》を3枚採用。

「潜伏」による次ターンダメージは勿論のこと、進化後のゴブリンマウントデーモン、ドラゴンガード、フロントガードジェネラルなど、アグロデッキが苦手とする厄介なフォロワーを一瞬で屠ることが出来るような体制を敷いています。

 

以上、『JCGオープン』 Vol.9-10 大会レポートでした。

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-JCG
-, , , , ,