N_上級者

【シャドウバース攻略】ワンランク上を目指す『ミッドレンジネクロ』 マリガンとキャラ対策一覧(中級者向け)【shadowverse】

2016/12/23

シャドバカレンダー
     

基本デッキをしっかり抑えて、勝率アップを目指す人必見!

中盤を制する者は試合を制す。生死を司るクラス、ルナの『ミッドレンジネクロ』を使いたい人向けの攻略ガイドはこちらから!

シャドウバース攻略:『ミッドレンジネクロマンサー』

目次

『ミッドレンジネクロマンサー』のデッキレシピ

テンプレミッドネクロ

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 スパルトイサージェント 3 ブロンズ
2 スカルウィドウ 3 ブロンズ
2 レッサーマミー 3 ブロンズ
3 スケルトンナイト 3 ブロンズ
3 ラビットネクロマンサー 3 ブロンズ
4 ウルズ 2 ゴールド
4 悪戯なネクロマンサー 3 シルバー
4 地獄の解放者 3 シルバー
5 ケルベロス 3 レジェンド
8 デュエリスト・モルディカイ 3 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 ソウルコンバージョン 2 ブロンズ
2 消えぬ怨恨 3 ブロンズ
3 腐の嵐 3 ゴールド
6 死の祝福 3 ゴールド

テンプレミッドネクロマナ

デッキコードを発行する




『ミッドレンジネクロマンサー』のデッキ概要

ネクロマンス効果により、カード単体の効果が非常に強力なものが多くそれらを使って戦う。
展開力、全体除去、直接ダメージなどがすべて存在しているオールラウンダーなデッキである。

ルナを使う時に、特に注意しなければならないのは、墓場の数値コントロールだ。
例えば、ネクロマンス4消費する《ワイトキング》の能力とネクロマンス6消費する《腐の嵐》の合計2枚の効果を1ターン中に発動させたい時、墓場が10必要になる。いざという時、ネクロマンスが足りない...!という事態にならないようにしたい。

墓場の枚数管理をする分、ほんの少しだけ慣れるまでプレイ難易度が高いリーダーと言える。

『ミッドレンジネクロマンサー』のマリガン

優先度:A
最優先でキープすべきカード

優先度:B
優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

VSアグロ、ミッドレンジ

優先度:A
  • レッサーマミー
  • スパルトイサージェント

00350085

アグロデッキ同士の対戦では序盤の盤面の取り合いが最も大事なため2コスト標準ステータスのカードは優先してキープする。

優先度:B
  • ラビットネクロマンサー
  • スケルトンナイト
  • 地獄の解放者
  • 悪戯なネクロマンサー

0125C_101511050

02050195

3コストのカードは、2コストのフォロワーがあるときにキープしておきたい。
また、先行時には《地獄の解放者》。後攻時には《悪戯なネクロマンサー》が、ターニングポイントとなる4ターン目(進化)のイニシアチブを握りやすい強カードなのでキープする。

優先度:C
  • 腐の嵐

10075

《腐の嵐》は盤面を取られてしまった際に全体除去として強力である。

VSコントロール

優先度:A
  • レッサーマミー
  • スパルトイサージェント
  • スケルトンナイト
  • ラビットネクロマンサー

00350085C_1015110500125

コントロールデッキ相手にも序盤から盤面を取っていきたいのでこれらはキープしていきたい。

優先度:B
  • 地獄の解放者
  • 悪戯なネクロマンサー
  • ケルベロス

02050195

0305

《地獄の解放者》は先攻で、《悪戯なネクロマンサー》は後攻の際に4ターン目にプレイして強いカードなのでキープする。
《ケルベロス》は先攻5ターン目に進化することで盤面を取り返しつつ、2枚のスペルを手札に加えることが出来るので除去を強要できる。

優先度:C
  • デュエリスト・モルディカイ

0385

エルフとマッチングした場合や、ミラーマッチの際には《デュエリスト・モルディカイ》をキープも検討する。
相手がアグロだったならともかく、ミッドレンジだった場合は、《デュエリスト・モルディカイ》を最初に出せた側が大幅有利になる為だ。

その場合、進化権を残しておくことで、終盤のダメージレースに競り勝ちやすくなる。《死の祝福》を使用するタイミングも重要である。
ビショップ相手の時には、消滅対象として機能しないことが多いので、《デュエリスト・モルディカイ》はキープしない。

『ミッドレンジネクロマンサー』のリーダー別対策

VSエルフ

厳しいマッチアップ。

ミッドレンジネクロはその名の通り、4、5ターン目以降にエンジンが掛かるデッキなので、《冥府への道》を出される前に決着をつけることが求められる「冥府エルフ」には相性が悪く、フェイスorトレードの判断がシビアである。

進化時にゴースト2体を生み出せる《悪戯なネクロマンサー》は、ヒットアンドウェイされると厄介なフォロワーとなる《リノセウス》や《ベビーエルフ・メイ》に対して相性が良い。

また、相手の盤面を上手く処理することで、場に出ているカードの枚数に応じてパンプアップする《エンシェントエルフ》もマークしていきたい。《デュエリスト・モルディカイ》は《冥府への道》で破壊出来ないというメリットもあるので、終盤戦に突入する前に自分の体力を削られ過ぎないように気をつけたい。

ウルズに関しては、《地獄の解放者》や《デュエリスト・モルディカイ》に使って分裂するというテクニックのみならず、相手の進化後フォロワーや《エンシェント・エルフ》に使用して、ワンサイズ小さくしてから叩く!という応用的な使い方も可能となる。

マッチング相性:×

キーカード:
悪戯なネクロマンサー、ウルズ、デュエリスト・モルディカイ

019501380385

VSロイヤル

基本的には有利。
横に展開してくるので、《腐の嵐》や《悪戯なネクロマンサー》でどう盤面を制圧するかが重要となってくる。
ネクロマンス6あれば《乙姫》に対する回答になる上、《死の祝福》で相手の攻撃を大きく足止め可能なので、墓場の枚数は常に意識していきたい。

マッチング相性:◎

キーカード:
腐の嵐、悪戯なネクロマンサー、死の祝福

100750195

10115

VSウィッチ

五分。

試合を長引かせるのは得策でないので、EP(進化権)はもったいぶらずに使っていきたい。

フェイスを殴るチャンスがあれば一気に叩き込むことも視野に。相手が超越ウィッチだった場合は、相手に処理を強制させるようアグレッシブに攻めていき、出来るだけ早いターンでリーサル圏内まで持ち込みたい。

《死の祝福》があれば、《次元の超越》からのコンボに対する一定の抑止力になる。このデッキには入ってないが、《ゴブリンマウントデーモン》を5/9に進化させておけば、《ファイヤーチェイン》の打点からも逃れやすい。

マッチング相性:―

キーカード:
悪戯なネクロマンサー、ケルベロス、死の祝福

01950305

10115

ドラゴン

ドラゴンは1ターンに1度しかフォロワーが出せないことが多いので、一気に守護を3体並べられる《死の祝福》が機能しやすい。PP9の時点では全体2ダメージのであり大型フォロワーの《ファフニール》には注意したい。

マッチング相性:○

キーカード:
ケルベロス、死の祝福、デュエリスト・モルディカイ

030510115

0385

VSネクロマンサー

相手がミッドレンジデッキの可能性が高いと察知したら、PP8の《デュエリスト・モルディカイ》を警戒して盤面を用意しておきたい。
また、ネクロマンス(墓場)は自分だけでなく、相手の量もきちんと把握しておくことで、《腐の嵐》を持っている前提で立ち回り、直撃して壊滅状態にならずに済む。

マッチング相性:―

キーカード:
腐の嵐、死の祝福、デュエリスト・モルディカイ

1007510115

0385

VSヴァンパイア

とにかく盤面の取り合いが重要になり《デュエリスト・モルディカイ》に進化権を残したまま繋げることが大切である。

またヴァンパイアの強力な全体除去である《黙示録》のケアとして《地獄の解放者》は効果的だ。
《ケルベロス》によるバーストダメージの確保も、復讐圏外のHP11以上から一気にリーダーの体力を削りきるのに強力である。

マッチング相性:△

キーカード:
地獄の解放者、ケルベロス、デュエリスト・モルディカイ

02050305

0385

ビショップ

非常に厳しいマッチアップである。

消滅によりラストワードが発動しないまま除去されてしまうのがデッキコンセプト上とてもつらい。

《ケルベロス》や《死の祝福》を使用し後半の強力なフォロワーを並べられてしまう前に決着をつけよう

マッチング相性:×

キーカード:
ケルベロス、死の祝福

030510115

『ミッドレンジネクロマンサー』の入れ替えカード候補

名前 理由
ゴブリンマウントデーモン 進化を残した状態でデュエリスト・モルディカイまで繋げやすい。地獄の解放者など、ラストワードとも相性が良い。
エクスキューション 冥府エルフが多いようなら、深淵の誘いとチェンジしたい。
ネクロエレメンタラー 悪戯なネクロマンサー、腐の嵐、ソウルコンバージョンとも相性が良い
ワイトキング ネクロマンスすると守護+必殺が付く上にステータスも高めで、相手からしたら処理しにくいカード

015810088

01550235

『ミッドレンジネクロマンサー』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

注目リンク

神々の騒嵐
「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-N_上級者
-, , ,