疾走ドラゴン

【シャドウバース攻略】いくら式『疾走ドラゴン』マスターランクで絶好調!ドラゴンウォーリア不採用の攻略ガイドとデッキレシピ【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:いくら式疾走ドラゴン

シャドウバース攻略ガイド『GameAI』攻略班のいくら(@syakasyakamax)が、最上位の「Masterランク」で使用、8月末時点で41勝11敗(勝率78.8%)と上触れ絶好調な【疾走ドラゴン】の攻略ガイドをご紹介したいと思います。

*その後、上振れモードは終了しましたが、引き続き高い勝率は維持できています。


目次

いくら式疾走ドラゴンのデッキレシピ

いくら式疾走ドラゴン

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ファイヤーリザード 2 ブロンズ
2 変化する魔術師 3 ゴールド
3 ドラゴンナイト・アイラ 3 ブロンズ
3 プリズンドラゴン 3 シルバー
4 ウルズ 3 ゴールド
5 ゴブリンマウントデーモン 3 シルバー
6 ダークドラグーン・フォルテ 3 レジェンド
6 騎竜兵 3 ゴールド
9 ファフニール 3 レジェンド
10 ジェネシスドラゴン 3 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 ブレイジングブレス 3 ブロンズ
2 竜の託宣 3 ブロンズ
2 竜の伝令 3 シルバー
7 灼熱の嵐 2 シルバー

まないくら式疾走ドラゴン

デッキコードを発行する





いくら式疾走ドラゴンのデッキ概要

PP加速をしていき早い段階で《ダークドラグーン・フォルテ》をはじめとした疾走持ちのフォロワーで一気に相手の体力削り切るドラゴンデッキ。

特徴として、後攻4ターン目に盤面を取り返すためマストとされてきた《ドラゴンウォーリア》が採用されていない。

C_100421010 (1)

効果:進化時 相手のフォロワー1体に3ダメージ。

 

PP加速が順調な時には、ドラゴンウォリアーより他のカードをプレイした方が強いケースも多く、進化権を使い切った後は頼りないカードであることを踏まえると、後半引きたくないという理由から思い切って不採用とした。

代わりにPP加速ができない場合のリスクヘッジとして、序盤からしっかりと盤面を取っていけるように2コストフォロワーとして《ファイヤーリザード》と《変化する魔術師》の計5枚が採用されている。

 

このデッキに3枚採用されている《ウルズ》には、主に以下のようなコンボが存在している。

C_101031010 (1)

効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)

 

1.疾走フォロワーに使用して、二回攻撃(例:フォルテ→ウルズで10点ダメージ、ジェネシス→ウルズで14点ダメージ)。
2.ダメージを受けた自フォロワーの体力を満タンに回復。(例:体力1になったゴブリンマウントデーモンにウルズの破壊・再生能力で体力7まで回復可能)
3.相手の進化後フォロワーやバフされたフォロワーの強化を解除。(例:エンシェントエルフやワイトキング、死の祝福などに有効。ワイトキングや死の祝福であれば守護も外れる)
4.ラストワードを強制発動。(例:アイラに使えば、実質PP+1)

また、疾走での勝ち筋の他にも《騎竜兵》を6PPでプレイして《ファフニール》のコストを下げて次のターンにプレイし、早い段階で相手を圧倒する勝ち筋も搭載している。

 

いくら式疾走ドラゴンのマリガン

優先度:A
最優先でキープすべきカード

優先度:B
優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

VSアグロ、ミッドレンジ

優先度:A
  • ブレイジングブレス
  • 竜の託宣
  • ファイヤーリザード
  • 変化する魔術師

アグロデッキ相手にはこれらのカードで2ターン目から確実に動いていきたいためキープする。

優先度:B
  • ドラゴンナイト・アイラ
  • プリズンドラゴン
  • 竜の伝令

2コストカードがキープできている場合3コストのこれらのカードをキープする。
《竜の伝令》はアグロデッキ相手にはあまり序盤から打っている余裕がないので優先度は下がる。

VSコントロール

優先度:A
  • 竜の託宣
  • ドラゴンナイト・アイラ
  • 竜の伝令

コントロールデッキ相手にはPP加速ができるカードと序盤からコスト軽減のできる《竜の伝令》をキープする。

優先度:B
  • 騎竜兵
  • ゴブリンマウントデーモン

《騎竜兵》をプレイしてより早いターンから大型フォロワーで攻めていくことが重要なのでキープしても良い。
《ゴブリンマウントデーモン》は進化した際のステータスが非常に高いので、コントロールデッキ相手にも相手リーダーの体力を削るのに使えるのでキープしても良い。

総括

《収穫祭》ナーフ後も比類なきデッキパワーを誇る【冥府エルフ】に対するメタデッキの代表格が、この【疾走ドラゴン】だ。

コントロールデッキに対して強い《サタン》は今回不採用とした。プレイしたターンから強い動きのできる《ファフニール》と《ジェネシスドラゴン》を多く採用するためだ。

《竜の伝令》からサーチできる対象は5種類。《灼熱の嵐》以外は特定のデッキに対するメタカードではなく、単体で強いカードとして機能するため、どんな相手に対してもバリューの高いカードに焦点を当てている。

《灼熱の嵐》に関しては、ネクロマンサー、ロイヤル、ヴァンパイアに対するメタカードであるが、環境によっては《ジルニトラ》などと入れ替え候補になるだろう。

3枚積みのカードが12種類、2枚積みのカードが2種類となっているのは、引いたカードのツモ運によってプレイングがぶれることなく、明確なコンセプトとして確立されている「勝利プラン」を堅実に遂行したいという意図からである。

 

いくら式疾走ドラゴンのデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-疾走ドラゴン
-, , , , , ,