ダークネス・エボルヴ

【ダークネス・エボルヴ攻略】シャドウバース『オリヴィエ』と『ケリドウェン』の戦術とデッキ考察【shadowverse】

2016/12/23

     

オリヴィエとケリドウェンの攻略法とデッキ考察

ファン待望の新カードパック『ダークネス・エボルヴ(Darkness Evolved)』

さっそく《オリヴィエ》《ケリドウェン》について、攻略方法と採用デッキ候補の考察をしていきたいと思います。
Top画の加工オリヴィエは、最弱ゆづまる(@yzmrr)さんに提供いただきました。ありがとうございます!

オリヴィエ(CV.坂本真綾)

エンジェル・オリヴィエ

タイプ:ニュートラル

レアリティ:レジェンド

コスト:9

攻撃力:4(進化時:6)

体力:4(進化時:6)

効果:ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする。

 

オリヴィエの能力

《オリヴィエ》は、これまでのカードの効果では存在しなかった、EP(進化権)を最大3ポイント回復するという、極めて強力かつ希少性の高い特殊能力を持っています。

オリヴィエ6

「EPを3ポイントにする」という表記から推察するに、先攻でもEPは3ポイントになるものだと考えられ、ゲーム終盤にまでに盤面の取り合いで使用した『進化権』を復活させることができます。

ファンファーレでEPが回復するということはすなわち、《ダークエンジェル・オリヴィエ》自身に進化権を使ってフォロワーに攻撃することも可能であることから、「実質9コスト6/6疾走」のフォロワーとして扱って良いのではないでしょうか。

 

オリヴィエと他フォロワーの比較

次に、「9コスト6/6」というステータスに注目してみましょう!

これは、ドラゴンクラスの《ジェネシスドラゴン》のステータスに比べて攻撃力が1、体力が3劣る数値になるのですが、EPが全回復するという巨大なリターンを踏まえると、決して低い数値ではありません。

進化を使用して上昇するステータス「+2/2」を加味すると、このカードの実質ステータスは「9コスト10/10」と捉えることも出来ます。これは同じコスト帯最強の《ファフニール》などと比べても、決して見劣りする数値ではありません。

C_101441010

進化したフォロワーは、そのターン中すぐに相手フォロワーに対してアタックできるようになるので、実質ステータス以上の恩恵を受けることが多いでしょう。

オリヴィエと相性の良いクラス

相性の良いリーダーとして真っ先に浮かぶのは、やはりPP加速のできるドラゴンでしょう。

ローウェン

《ダークエンジェル・オリヴィエ》自身は強力な効果を持っているのですが、コスト9という重さがデメリットとして圧し掛かってきます。

コスト10の《サタン》同様、PP加速をして早期にプレイすることが可能になるドラゴンに関しては、相性抜群だと言えるでしょう。

4ターン目から毎ターンEP(進化権)を消費して互いに進化を消耗していった場合、順当にいくと6ターン目にはEPは尽きる計算になります。

ドラゴン以外のデッキで《ダークエンジェル・オリヴィエ》を使用する場合、プレイ出来るのは9ターン目になるので、7,8ターン目は「進化権が無い」状態で戦わなければなりません。

しかし、ドラゴンの場合は違います。PP加速を行うことで7,8ターン目に《ダークエンジェル・オリヴィエ》をプレイすることができるので、4,5,6,7,8,9と6ターン連続で「進化」を使い続けたパワートレードを継続することも可能となります。もちろん《ダークエンジェル・オリヴィエ》は最大3枚デッキに入れられるので、「最大継続回数」はこの限りではありません。

オリヴィエと相性の良いカード

■騎竜兵

相性の良いカードとして真っ先に挙げられるのが、PPを-2軽減の出来る6コストの《騎竜兵》でしょう。

C_101431030

効果:ファンファーレ 手札のカード1枚のコストを-2する。(0より小さくはならない。)

《ダークエンジェル・オリヴィエ》は9コストなので、6コストで騎竜兵をプレイしてコストを下げることで、次の7ターン目には《ダークエンジェル・オリヴィエ》をプレイすることが出来ます。《騎竜兵》は同じコストの《ファフニール》とのコンボも非常に強力なので、「コストを下げてプレイできるカードの選択肢が増えた」というところも大きな注目ポイントです。

ほかにも、味方を破壊できる《ウルズ》や、進化権を使うことでPP加速が可能な《スカイドラコ・エチカ》とも相性がよく、進化時のステータスの頼りないこのカードに躊躇わずに進化を使用することが出来ます。

 

■スカイドラゴン・エチカ

C_101421030

効果:進化時 自分のPP最大値を+1する。

さらに、《ジルニトラ》のような、進化権を使用することで強力な効果を発揮することの出来る高コストのカードも、今まではゲーム後半に進化権を切らして効果を発動できずに本来の力を発揮できないこともあったのですが、《ダークエンジェル・オリヴィエ》の効果でEPを回復させることでより使いやすくなると考えられます。

 

■ジルニトラ

C_101441030

効果:疾走

ファンファーレ ドラゴン1体を出す。

ドラゴン以外にも《サタン》を使用する、コントロールデッキと相性が良いです。【陽光サタンビショップ】なんかもそれに当たりますね。
《サタン》最大の弱点である、プレイしたターンに進化権を切らしていると「無防備になってしまう」といったデメリットをこのカードでEPを回復させることでカバーすることができます。

 

■サタン

E_101041030

アポカリプスデッキのカードである《サタンズサーヴァント》も、進化権があることで使い勝手が急上昇すること確実ですね。

▶アポカリプスデッキ完全攻略版!環境トップクラスのサタンデッキ一覧(ゲーム実況動画付き)

 

ケリドウェン(CV.原沙友里)

ケリドウェン

タイプ:ネクロマンサー

レアリティ:ゴールド

コスト:5

攻撃力:5(進化時:5)

体力:4(進化時:4)

効果:(進化時)このバトル中に破壊された、コスト最大のフォロワーをランダムに選択し、それと同名のフォロワーを場に出す。

 

ケリドウェンの能力

進化時に強力な効果を発揮するタイプで、こちらも希少性の高い唯一無二のフォロワーですね。

い

効果を見ると《デュエリスト・モルディカイ》のような高コストフォロワーを復活、分裂させるコンボが連想されます。決まればもちろん強力ですが、ゲーム後半に進化権を残すことは難しいことが多いでしょう。

■デュエリスト・モルディカイ

C_101531050 (2)

しかし、それよりも脅威なのは、このカードを5ターン目に進化させることで、前のターンにプレイした4コストの《地獄の解放者》や《悪戯なネクロマンサー》を復活することが出来るという点で、決まれば絶大なアドバンテージを得られるでしょう。

このことから、ネクロマンサーの5コストフォロワーとして、《ケルベロス》並に優秀なフォロワーであるということは疑いようがなく、デッキタイプを選ばず採用率の高い一枚となるのではないでしょうか。

《ジルニトラ》同様、進化時に本体のステータスは上昇しないのですが、3コスト以上の基準ステータス以上のフォロワーを復活させることで、ステータス上昇以上の恩恵を受けることはほぼ確実で、相手からしたらケアしなければいけない範囲が一気に広がるので非常に厄介ですね。

尚、テキスト説明文には「破壊されたフォロワー」と書いてあるため、《新たなる運命》のように手札から捨てられたカードは復活しないものと思われます。

 

その他『ケリドウェン』と相性の良いカード

■ゴブリンマウントデーモン

《ゴブリンマウントデーモン》のような、デメリットのあるファンファーレ効果を持ったフォロワーとも相性がよく、デメリットを無視して場に出すことができます。

C_101021040

効果:守護
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてに3ダメージ。

 

■骸の王

また、ネクロマンサーには早い段階でプレイできる重いコストのフォロワーとして《骸の王》というカードが存在しており、このデメリットを帳消しににして《ケリドゥエン》の効果で、「王の復活」に成功することができれば、相手の度肝を抜くプレイができるでしょう。さらに、3ターン目までに《骸の王》召還、4ターン目《ウルズ》で「破壊(再生)」しておけば、5ターン目に《ケリドウェン》の効果で《骸の王》を2体に分裂できることが予想されます。

 

C_101541020 (2)

▶『骸の王デッキ』特集ページ!目指せ2ターン目最速召還(プレイ動画付き)

 

■ウルズ

さらに、《ウルズ》との相性は抜群であり、《地獄の解放者》→《ウルズ》→《ケリドゥエン》などのコンボも炸裂しやすくなるのではないでしょうか。

C_101031010

効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)

 

以上になります。

今後も、新たなカードの能力が判明次第、特集を組んでいければと思います!『ダークネス・エボルヴ』の最新情報は、以下のリンクで詳しくまとめています。



▶シャドウバースの新パック『ダークネス・エボルヴ』発表!9月アップデート内容まとめ

参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-ダークネス・エボルヴ
-, , , , , , ,