Shadowverse(シャドウバース) アリーナ攻略 攻略ガイド

【シャドウバース】アリーナ(2Pick)攻略 全力で回避すべきカード一覧【shadowverse】

2016/11/11

     

アリーナ(2Pick)攻略 全力で回避すべきカード一覧

先日公開して大好評を得た最優先でピックすべきカード一覧のコメントリクエストにお応えし、各リーダーごとに、アリーナ(2Pick)で、絶対にピックしたくない全力で回避すべきカードをまとめた一覧表を作成しました!

アリーナ(2Pick)手札事故を減らすために

2Pickでは、いくら片方に欲しいカードがあったとしてもノータイムで選ぶようなことをせず、2枚のカードの平均点を重視していくのが、隙の少ない堅実なデッキを構築するひとつのコツとなってくる。

シナジーがなく、使えないカードが複数入っていると、マリガンなど思わぬ手札事故につながりやすい。いくら強力なレジェンドレアカードを運良くピックできたとしても、アリーナの(*ゴールドレア以上のピックチャンスは、最初と最後の2回のみ)特性上、せいぜい1~2枚が限界である。これでは到底、安定して場に出していくことは難しい。

 

通常のランクマッチなど、自分で自由にデッキを組める「構築戦」と大きく異なる点は、カード間のシナジーのあるコンセプトデッキが組みにくく、マナカーブどおりテンポを取る動きが最優先されることだ。

つまり、アリーナ(2Pick)で勝つためには、「爆発力」よりも「安定性」を取った方が、トータル勝率は安定しやすいと言える。

 

たとえば、2Pickで以下のような2Pickで選択を迫られたとして、あなたならどちらを選ぶだろうか?

2Pick

構築戦で無双しているレジェンドレアの《乙姫》に目を奪われることなく、直感的に(平均点の高い)右側を選択できるようになれば、アリーナの構築スキルはかなり身についてきていると言えるだろう!

なぜなら左側は、全力で回避したいカードの1つである《騎士王の威光》があることで、ピックの平均点を押し下げてしまっているからだ。まして《乙姫》は、盤面を取られている状態で出してもあまり強くなく、相手の返しで複数体処理されてしまうと劣勢になってしまいかねず、プレイするタイミングも問われる。

対して、右側の《フロントガードジェネラル》《ヴァンガード・レイサム》は、1枚1枚は乙姫のカードパワーには劣るかもしれないが、両方2Pickにおいても優秀なカードで左の組合せと比べて安定して強いデッキを組むことができる。

 

このページでは、そんなピック力を上げるの指標として活用できるよう、アリーナにおける「全力で回避すべきカード一覧」を作成したので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

 

アリーナ(2Pick)のリーダー別・全力で回避すべき一覧表

目次

アリーナ全力回避ピック エルフ編

securedownload

コスト カード名 画像 ピックしない理由
4 ぺタルフェンサー a0241 本体のステータスが2コスト相当なので、4コスト以降で使いたいカードではない。
4 収穫祭  20031%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad 4コストのテンポロスは負けに直結する。

アリーナ全力回避ピック ロイヤル編

securedownload (1)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
1 最前線 20012 盤面を埋めるのでロイヤルの強みを生かしにくくなる。後半のトップドローが弱くなるのも低評価。
3 武装強化 10032 盤面を取ってないと使えないカードなので低評価。コストパフォーマンスもあまり良くない。
4 激励の舞 10052 盤面にフォロワーが並んでないと使えないカード。アリーナではこのカードが活躍するような盤面ではそもそも無くても勝っている場合が多い。
5 パーシヴァル 0312 ステータスが標準以下で効果も盤面の取り合いが大事なアリーナと噛み合っていない。
5 騎士王の威光 20042 盤面を埋めるのでロイヤルの強みを生かしにくくなる。またテンポロスに繋がりやすい。

アリーナ全力回避ピック ウィッチ編

securedownload (2)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
3 魔力の蓄積 10083 スペルブーストのカードは構築戦とは違って使いにくいのでサポートカードであるこのカードも評価が低い。
4 ルーンブレードサモナー 0133 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
4 ファイヤーチェイン C_101334040 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
5 運命の導き 10133 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
5 魔道の力場 20053 5コストでアミュレットを置くということは大幅なテンポロスに繋がるのでアリーナでは低評価。
6 神秘の獲得 10163 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。また6コストのでドローのみのカードはテンポロスに繋がる。
7 ドラゴンメイジ a0233 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
18 次元の超越 10203 スペルを唱えることができなければ非常に弱いのでコンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。

アリーナ全力回避ピック ドラゴン編

securedownload (3)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
2 竜の伝令 10054 構築戦と違ってサーチ対象が安定しない上に序盤に使うと盤面の取り合いで出遅れるためアリーナでは低評価。
2 黄金竜の棲家 20014 2コストでアミュレットをプレイして手札を回していく動きはテンポロスに繋がるのでアリーナでは低評価。
4 竜化の秘宝 10094 2コストのフォロワーに運よく打てたとしても手札を2枚消費して実質6コスト5/5は標準ステータス以下。相手の大型フォロワーを弱体化させることもできるが使いにくい。
5 鳳凰の庭園 20024 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。相手の展開を助けてしまうことも。
6 ドラゴンライダーデビル 0294 アミュレットを採用しにくいアリーナではステータスの低さもあいまって低評価。
6 竜化の塔 20034 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。

アリーナ全力回避ピック ネクロマンサー編

securedownload (4)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
1 集団埋葬地 20015 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。後半のトップドローで引きたくないカード。
1 悪霊の饗宴 20025 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。後半のトップドローで引きたくないカード。
2 死への近道 10035 実質2:1交換になってしまうのでアドバンテージ的に不利交換。
2 幽体化 10045 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
3 汚れた再生 10065 強力なラストワード効果を強制発動させることができれば活躍するときもあるが手札で腐りやすい。
4 再生の呪印 10085 バフ効果はあるがコストが重いのと、攻撃力しか上がらないので有利交換をするのには使いにくい。

アリーナ全力回避ピック ヴァンパイア編

securedownload (5)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
1 鮮血の花園 10016 盤面に干渉できないカードはアリーナでは低評価。後半のトップドローであまり引きたくないカード。
2 リミルの秘密 10046 盤面に干渉できないカードはアリーナでは低評価。
3 復讐の悪魔 0176 序盤に引いても盤面の取り合いに参加できないカードなのでアリーナでは低評価。

アリーナ全力回避ピック ビショップ編

securedownload (6)

コスト カード名 画像 ピックしない理由
2 気高き教理 10017 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
2 詠唱:天喰らう聖竜 20117 非常にカウントダウンが重いアミュレットなので使いにくい。
2 愛の福音 10037 回復カードは盤面を大きく取っている場合でしか活躍しにくいのでアリーナでは低評価。
3 守護の力 10047 コストパフォーマンスの低いバフカードなのでアリーナでは低評価。
3 治癒の祈り 10057 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。
4 ダークオファリング 10067 大きくテンポロスに繋がりやすいドローソースなのでアリーナではピックしたくない。
6 祈りの集約 20177 コンセプトデッキが作りにくいアリーナでは低評価。大きくテンポロスにも繋がる。

アリーナ全力回避ピック ニュートラル編

sp_thumb_01

コスト カード名 画像 ピックしない理由
2 光の道筋 10038 2コストでドローはアリーナでは低評価。
2 新たなる運命 10048 悪い手札を良いものに変えることができるかもしれないが、盤面を全く取れないので評価が低い。
2 研磨の魔法 10028 コストパフォーマンスの低いバフカードなのでアリーナでは低評価。
2 運命の泉 20018 盤面を取っていないと活躍できないアミュレットなので採用したくない。
3 ツインプリズナー・フラム 0068 盤面に影響を与えない効果と低いステータスが相まって評価が低い。
3 天上の楽曲 10058 コストパフォーマンスの低いバフカードなのでアリーナでは低評価。
4 冥府への道 20028 条件を満たせば全体6点ダメージを与えることができるが、山札が30枚のゲームモードなので殆ど発動しないだろう。

*1 ニュートラルカードの評価は一律ではなく、選択したリーダーによって上下します

*2 当サイトの判定基準が100%正しいとは限りません。カードの価値は、何を重視するかの判断基準や、ピックする順序によっても変化するので、参考情報のひとつとしてご活用ください





シャドバクイズ過去問一覧

みんなの解答用紙も参考にして、いざという時の「判断力」を鍛えよう!

▶シャドバクイズ『最善手』を探せ!問題集

ダークネス・エボルヴ総力特集

▶新カード全109種類の評価一覧

▶『リセマラランキング』完全版

▶新環境最強デッキ(Tierランキング)

リーダー別『GameAI』攻略ガイド

リーダー別の攻略ガイドはこちら!当サイトで過去に掲載した、全国ランカーのデッキレシピを網羅。

▶エルフデッキ一覧

▶ロイヤルデッキ一覧

▶ウィッチデッキ一覧

▶ドラゴンデッキ一覧

▶ネクロマンサーデッキ一覧

▶ヴァンパイアデッキ一覧

▶ビショップデッキ一覧

アリーナ(2Pick)攻略ガイド一覧

アリーナプロ監修!全カードの評価点はこちら

▶アリーナ(2Pick)攻略:最優先でピックすべきカード(評価点一覧表)

 





人気記事ランキングTop20

-Shadowverse(シャドウバース), アリーナ攻略, 攻略ガイド
-, , , ,