▲最新版Tierランキングはこちら!

ネクロマンサー

『ミッドレンジネクロ』マスターランク18連勝!安定性を高めたデッキ(使用:らんでぃ_Leaf)

この記事をシェアする

2018/01/10

     

シャドバデッキ攻略:ミッドレンジネクロ

今回紹介するのは、チーム対抗戦で5タテ!マスターランクでも18連勝した『ミッドレンジネクロ』です。
使用者は、「らんでぃ_Leaf」氏。



『ミッドレンジネクロ』のデッキレシピ

*カードの詳細はカードリンクをタップ!

『ミッドレンジネクロ』のキーカード紹介

不死の大王

進化前:
【ファンファーレ】 ワイト2体を出す。
【ラストワード】 ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
進化後:
【ラストワード】 ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

能力をコスト換算すると、約10コスト前後の能力を持っていることになる凄まじいカード。
元から採用率は高かったが、《魔将軍・ヘクター》の弱体化により、展開力が乏しくなったミッドレンジネクロを支えるため、3枚採用を多く見かけるようになった。

効果で出される《ワイト》によるダメージの増加が強力で、それによりリーサルになることも少なくない。8PP以降になると《不死の大王》本体を即《ソウルコンバージョン》で破壊して、《ワイトキング》を出すプレイも狙えるぞ。

デスタイラント

進化前:
【疾走】 【ファンファーレ】 ネクロマンス 20; +10/+10する。
進化後:
【疾走】

対ドラゴンなど、遅いデッキ相手へのフィニッシャーカード。

効果が発動した時の破壊力はすさまじく、あの《バハムート》のワンパンに匹敵する。
手札にこのカードがきた場合、墓場をどうやって貯めるのか考えながらプレイすることになる。効果が発動しなくても「疾走」自体は持っているので、3点のバーンダメージカードとして機能することもある。




『ミッドレンジネクロ』のワンポイント

墓場の使い道

墓場の使い道は《破魂の少女》《ワイトキング》《死の祝福》《魔将軍・ヘクター》の5種類と《デスタイラント》で、計6種類だ。
墓場が簡単に溜まるこのデッキでは、《デスタイラント》を使わない場合の「墓場管理」を意識する必要はない。

ラストワードの発動タイミングを意識する

《闇の従者》《よろめく不死者》は、ラストワードのまま置いておくことで、相手の全体除去をセーブすることができる。
全体除去が強い相手(ドラゴンなど)の場合は、自分からラストワードを発動させに行かず、あえて放置するだけでも試合を有利に運べることも。

『ミッドレンジネクロ』のインタビュー

デッキ提供者
Twitter:
らんでぃ_Leaf(@tonnurandy)

使用者プロフィール


所属チーム:Leaf
先日行われた対抗戦において、先鋒としてこの構築で相手チームを5タテしました。

デッキの特徴について

デッキの安定性と不利のつきにくさ、先攻・後攻での優劣のつきにくさです。

こだわりポイント

ピン刺しの《ブラックスワン・オディール》《デスタイラント》です。
《ブラックスワン・オディール》は、相手のNビショップが盤面を埋めてくることが多く、1枚で逆転につながることが多くありました。 また、一定数いるアグロデッキに対するAOEとしても強力なため、1枚は入れておきたいカードです。
《デスタイラント》は、【ランプドラゴン】や【コントロールヴァンパイア】などAOEに優れたデッキに対しての勝ち筋になることが多いです。《魔将軍・ヘクター》のネクロマンス使用を我慢すれば、割と溜まります。

キーカードの採用について

不死の大王

デッキ1番のパワーカード。
1枚で7コストとは思えない強力な盤面を構築し、ラスワ効果での守護の生成ができるため攻守ともに優れたカードです。
7ターン目に出したいカード第1候補のため、3積みです。

魔将軍ヘクター

ナーフを受け、盤面制圧面では微妙なカードとなってしまいました。
しかし、フィニッシャーとしては現在でも強力。試合中に1枚は引いておきたいため、2枚採用となってます。

死の祝福

《魔将軍・ヘクター》のナーフを受け、ネクロマンスの使用を優先して使いたいため採用しております。現環境ではアグロタイプの動きを止めるために守護がないと不安です。

4コスト枠でのネクロアサシン採用

ミッドネクロの4コスト枠ですが、《ネクロアサシン》《骨の貴公子》《ウルズ》あたりが候補になると思います。

《ネクロアサシン》採用理由:現環境N軸が多いため、相手の先攻アリスムーブを返すには欠かせないカードです。また、Nビショップの大型フォロワー大量展開に対して、《よろめく不死者》と合わせてプレイすることで、進化と合わせて3体のフォロワーの除去ができるも大きいです。多く入れすぎても腐ってしまうため2枚採用です。

《骨の貴公子》不採用の理由:全体除去に強いカードのため、盤面を取る現環境に不向きです。
また、N軸のアリスと比べると同じ実質1/1バフにしてはスタッツが低いため、盤面で負けてしまいます。

《ウルズ》不採用の理由:《闇の従者》《ウルズ》が決まると受け型のデッキには強いですが、デッキの安定性を下げるのと自分側が受けに回る場合の方が多いため、腐りやすいです。

主な立ち回り

《魔将軍・ヘクター》はあくまでフィニッシャーなので、どうしても処理が必要な時以外はフィニッシャー以外でプレイしないようにしましょう。
プレイしやすくするため、《不死の大王》用の進化権はなるべく残しておきたいです。

マリガンで意識していること

対ドラゴン以外

共通:2/2/2>《ボーンキマイラ》
先攻:《スカルビースト》>《覇食帝・カイザ》《闇の従者》(割るカードとセット)
後攻:《ゾンビパーティ》>《スカルビースト》、割れるカード(《よろめく不死者》《ボーンキマイラ》《闇の従者》)とセットの場合《ネクロアサシン》
○対ドラゴン
《スカルビースト》>《よろめく不死者》、2/2/2>《ボーンキマイラ》《闇の従者》

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

相手のデッキタイプにより立ち回りが大きく変わるため、なるべく早く相手のデッキタイプを見極めましょう。
はじめの頃はドラゴン以外全てアグロ寄りを想定してプレイすると対応しやすいです。

Twitter

らんでぃ_Leaf(@tonnurandy)


ネクロマンサーの関連記事

『リアニメイトネクロ』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ
2018年1月30日
『リアニメイトネクロ』何度でも蘇る「最高神ゼウス」!デッキレシピと立ち回り
2018年1月26日
JCG優勝!『ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン』temmy選手が使用した2デッキと本人解説
2018年1月5日
『ミッドレンジネクロ』マスターランク34連勝!最強デッキ候補のレシピと立ち回り
2017年12月30日
冥守の長・アイシャ『ミッドレンジネクロ』新カードパックのデッキレシピと立ち回り
2017年12月25日
『骸の王ネクロ+超越ウィッチ』レーティング1位!デッキレシピと攻略ガイド(使用:からくり)
2017年11月28日
『アグロヘクターネクロ』RAGEファイナリスト!本人寄稿の攻略ガイド(使用:ミッドレンジソルト)
2017年11月14日
『骸の王冥府ネクロ』コンセプトデッキで遊びながら勝つ!デッキレシピと攻略ガイド
2017年10月21日
『ミッドレンジネクロ』ネクロ8,000勝の伝道師!高勝率でグラマス到達(使用:satoji)
2017年10月20日
従者型『2378ネフティスネクロ』対原初ドラゴン24勝8敗!ネクロ7,500勝を超えるエキスパートの構築(使用:ニノ)
2017年10月19日

新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! TCG歴が長く、さまざまなカードゲームで実績を残してきた実力派。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

『リアニメイトネクロ』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ

今回紹介するのは、シャドウバース(シャドバ)で環境入りした『リアニメイトネクロ』 ...

『リアニメイトネクロ』何度でも蘇る「最高神ゼウス」!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:リアニメイトネクロ 全知全能の「最高神」ゼウスが何度でも蘇る ...

JCG優勝!『ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン』temmy選手が使用した2デッキと本人解説

シャドバデッキ:ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン シャドウバース(シャドバ)の ...

『ミッドレンジネクロ』マスターランク34連勝!最強デッキ候補のレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ミッドレンジネクロ シャドウバース(シャドバ/shadowv ...

冥守の長・アイシャ『ミッドレンジネクロ』新カードパックのデッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ミッドレンジネクロ シャドウバース(シャドバ/shadowv ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-ネクロマンサー
-,