▲最新版Tierランキングはこちら!

ドラゴン

JCG優勝『魔海ランプドラゴン』竜巫女の儀式採用!デッキレシピと攻略ガイド(構築:ルル*PRO)

この記事をシェアする

2018/01/10

     

シャドバデッキ攻略:ランプドラゴン

リリース当初から存在するドラゴンのメジャーデッキタイプ【ランプドラゴン】。
PPを増やして大型フォロワーで敵を薙ぎ払って行く戦術を基本としているため、大型フォロワーが追加されるたびに強化されてきた歴史がある。
WLDでも《魔海の女王》が追加されたため、《魔海の女王》を採用した【ランプドラゴン】が誕生した。

今回紹介するのは《魔海の女王》の効果の「手札全てを捨てる」デメリットを補うため、《竜巫女の儀式》を採用した【ランプドラゴン】だ。シャドバの強豪「屈辱の決闘者」氏が使用していたギミックを採用したとのこと。





『ランプドラゴン』のキーカード紹介

ドラゴサモナー

効果:
【ファンファーレ】ドラゴン・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

ランプドラゴンのコンセプトといえるppブーストをサーチできる他、終盤のフィニッシャーも持ってくることができる。
自身もサーチ対象のため採用枚数には注意が必要だ。

竜巫女の儀式

効果:
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につきカード1枚を引く。

3枚採用されている、《魔海の女王》を十全に使う為採用されているカード。

《魔海の女王》を出すまでにプレイしておく必要があるが、《魔海の女王》より先に《バハムート》を出すこともしばしばある。

そのためできる限り、《魔海の女王》を出す直前にプレイしたい。
もちろん、壊すのを躊躇して《バハムート》を出さないプレイは、しないほうがいい。

魔海の女王

効果:
【ファンファーレ】手札のニュートラル・カード(魔海の女王を除く)1枚と、ニュートラルでないカード1枚のコストを0にする。
その後、それら以外の手札をすべて捨てる。

最強コンボは《ジェネシスドラゴン》《ウルズ》のコストを下げる動き。お手軽に14点ダメージを出すことができ、進化が残っていれば16点ものダメージを出すことができる。
3枚コンボで16点」という火力は、前環境のサハバハゼルを超えるものであり、これだけでそのすごさがわかるだろう。
超越ウィッチなどの本来不利な相手に勝ち筋を作れるカードと言える。

他にも《バハムート》《ジェネシスドラゴン》のコストを下げ、《バハムート》で守護などを一掃して疾走する動きも強力だ。

バハムート

進化前:
【ファンファーレ】 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
進化後:
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

ファンファーレで自身を除く全てのカードを破壊し尽くす文字通り最強のカード。
13/13というスタッツもあいあまってフォロワーの戦闘によるトレードはほぼ不可能と言える。
2体以上のフォロワーを並べられるとリーダーに攻撃できないため《サラマンダーブレス》のようなAoEを手札に抱えた状態でプレイしたい。




『ランプドラゴン』のワンポイント

インタビューにもあるが、今回採用されている《竜殺しの代償》は対潜伏ロイヤル用の秘密兵器となっている。本来ならば《ゴブリンブレイカー・ティナ》となっている以下のレシピだ。

自由枠であることは間違いないので、仮想敵を考えて入れ替えていくといいだろう。

増加傾向にある「潜伏ロイヤル」や「アグロヴァンパイア」など、本来不利な相手に勝てるように《竜殺しの代償》が採用されている。受け寄りの構築ではないため、pp加速がスムーズにいった場合自発的に試合を終わりに持っていけるところにこの構築の魅力を感じる!

『ランプドラゴン』のインタビュー

デッキ提供者
Twitter:
ルル*PRO(@ippei030619)

使用者プロフィール

所属チームはPROです。

大会に持ち込んだ理由

ドラゴンをjcgに持ち込んだのは自分のランプドラゴンはコントロールのデッキを広く見れる構築になっていることでどんなデッキが来ても安定して勝てるのでミッドレンジ以降のデッキを想定して持ち込みました

デッキの特徴について

魔海の女王と竜巫女の儀式です。

主な立ち回り

普通のランプドラゴンと同じです。
気をつける点は魔海の女王でどの選択肢のプランを立てるかで、状況に応じて使うタイミングとプランを考えなくてはいけない点です。

マリガンで意識していること

マリガンは対戦相手のリーダーにもよります。
基本的に先攻は《竜の託宣》《ドラゴンナイト・アイラ》《水竜神の巫女》をキープしてそれ以外は返します。
後攻では《竜の託宣》《ドラゴンナイト・アイラ》はキープで《水竜神の巫女》は単体でのキープはしません。

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

優勝した構築には《竜殺しの代償》が入ってますが《ゴブリンブレイカー・ティナ》と入れ替えたほうがいいです。
元々予選まで《ゴブリンブレイカー・ティナ》でしたが《竜殺しの代償》の採用理由が潜伏カエルロイヤルで決勝トーナメントに上がってる人がいたので入れ替えたのが理由だからです。

『ランプドラゴン』のデッキレシピ

*カードの詳細はカードリンクをタップ!


ドラゴンの関連記事

脅威の疾走バハムート!「無謀ランプドラゴン」
2018年2月13日
高勝率『疾走ランプドラゴン』インペリアルドラグーン採用デッキレシピ
2018年1月24日
『無謀ドラゴン』ナーフ後Tier1!最強デッキレシピと攻略ガイド
2018年1月23日
『峡谷ランプドラゴン』RAGE Vol.5王者構築!デッキレシピと立ち回り
2018年1月15日
JCG優勝!『ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン』temmy選手が使用した2デッキと本人解説
2018年1月5日
『魔海クロノスドラゴン』グランドマスター到達!デッキレシピと立ち回り
2018年1月4日
『ランプドラゴン』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ
2017年12月31日
『ランプドラゴン』マスターランク23連勝!最強デッキ候補のレシピと立ち回り
2017年12月30日
『魔界クロノスドラゴン』デッキ考案者が立ち回りを徹底解説!
2017年12月29日
『原初ドラゴン』環境最強デッキレシピと立ち回り
2017年12月27日

新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! TCG歴が長く、さまざまなカードゲームで実績を残してきた実力派。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

脅威の疾走バハムート!「無謀ランプドラゴン」

シャドバデッキ攻略:ランプドラゴン RAGE Vol.4ファイナリスト、Game ...

JCG優勝!『ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン』temmy選手が使用した2デッキと本人解説

シャドバデッキ:ミッドレンジネクロ&ランプドラゴン シャドウバース(シャドバ)の ...

『魔海クロノスドラゴン』グランドマスター到達!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:魔海クロノスドラゴン シャドウバース(シャドバ/shadow ...

『ランプドラゴン』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ

「時空転生」の最新デッキ 第7弾カードパック第7弾「時空転生」の最新デッキはこち ...

『ランプドラゴン』マスターランク23連勝!最強デッキ候補のレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ランプドラゴン 新「時空転生」環境でマスターランク23連勝& ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-ドラゴン
-,