コントロールヴァンパイア

【シャドウバース攻略】新環境対応版!いくら式『コントロールヴァンパイア2』攻略ガイドとデッキレシピ【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:いくら式『コントロールヴァンパイア2』

シャドウバースオリジナル攻略ガイド「GameAI」攻略班のいくら(@syakasyakamax)が、大型アップデート後の新環境「Masterランク」で使用している【コントロールヴァンパイア】の攻略ガイドをご紹介したいと思います。

目次

いくら式『コントロールヴァンパイア2』のデッキレシピ

いくら式新コントロールヴァンパイア

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ブラッドウルフ 3 ブロンズ
3 ヒーリングエンジェル 2 ブロンズ
3 ミッドナイトヴァンパイア 1 シルバー
4 裁きの悪魔 3 ゴールド
5 ゴブリンマウントデーモン 3 シルバー
6 クイーンヴァンパイア 3 レジェンド
7 アルカード 3 シルバー
8 ルシフェル 2 レジェンド
9 セクシーヴァンパイア 3 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
2 鋭利な一裂き 3 ブロンズ
2 眷属の召喚 3 ブロンズ
4 夜の群れ 2 シルバー
5 ディアボリックドレイン 2 ゴールド
6 デモンストーム 1 シルバー
8 黙示録 3 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
3 漆黒の契約 3 ゴールド

いくらしきコントロールヴァンパイアマナ

デッキコードを発行する






いくら式『コントロールヴァンパイア2』のデッキ概要

いくら式『コントロールヴァンパイア2』は、ヴァンパイアの固有スキルである「復讐」を利用して強力な効果を発動して手札、盤面のアドバンテージを取っていくコントロールデッキ。

主に相手を息切れさせつつ大型フォロワーで制圧するプランと、豊富な直接火力によりリーダーの体力を削りきるプランがメインの勝利プランとなる。勝利プランは、対戦相手のデッキタイプによって変更する。

《眷族の召喚》、《夜の群れ》、《クイーンヴァンパイア》の3種類のカードで《フォレストバット》を生み出すことができる。これらはシナジーがあり、《フォレストバット》が場に居ることでより強力な効果を発揮する。

また場に出たフォレストバットの攻撃力を上げることができる《ミッドナイトヴァンパイア》も採用されている。

C_101621030

いくら式『コントロールヴァンパイア2』のマリガン

優先度:A
最優先でキープすべきカード

優先度:B
優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

VSアグロ、ミッドレンジ

優先度:A
  • ブラッドウルフ
  • 眷族の召喚
  • 鋭利な一裂き

序盤に盤面を取られてしまうとそのままリーダーの体力を削りきられてしまうので、序盤から相手のフォロワーに対処可能なこれらのカードは優先してキープしたい。

優先度:B
  • ヒーリングエンジェル
  • 夜の群れ
  • 漆黒の契約

《ヒーリングエンジェル》は2/3のステータスと回復効果がアグロデッキ相手には強力なので2コストカードがあるならキープする。
《夜の群れ》は進化権利を使わず盤面を取るのに強力なのでマナカーブが良さそうならキープする。《漆黒の契約》は、ライフに余裕のできる先行の場合強力なドローソースとしてキープしたい。
後攻1ターン目のドローが2枚になったのでアグロデッキ相手の場合は後攻の場合マリガンで返すことも検討する。

優先度:C
  • 黙示録
  • 裁きの悪魔

《黙示録》はロイヤル相手のような盤面を並べる事をコンセプトに置いたデッキ相手に対しての回答になる。
《裁きの悪魔》は2コスト、3コスト、とマナカーブが良い場合に残してもよい。

VSコントロール

優先度:A
  • ブラッドウルフ
  • 眷族の召喚
  • 漆黒の契約

序盤に相手のリーダーの体力を削ることのできる2コストフォロワーはキープする。
《漆黒の契約》は強力なドローソースなのでキープする。
後攻の場合オーバードローをしないように貼るタイミングには気をつける。

優先度:B
  • 夜の群れ
  • ゴブリンマウントデーモン

《夜の群れ》は進化権利を使わず盤面を取るのに強力なのでマナカーブが良さそうならキープする。
《ゴブリンマウントデーモン》は進化した際のステータスが非常に高いので、コントロールデッキ相手にも相手リーダーの体力を削るのに使えるのでマナカーブが良さそうならキープしても良い。

いくら式『コントロールヴァンパイア2』の総括

天敵であった【冥府エルフ】が《収穫祭》の弱体化によりランクマッチでの対戦が減ると予想され、それに併せた環境を考慮して、新しく構築した【コントロールヴァンパイア】がこれだ。

アップデートにより後攻でのドローが1枚増えた影響を踏まえ、3ターン目に《漆黒の契約》を貼る動きより、テンポを重視した《ヒーリングエンジェル》を採用することにした。

C_101011040 (1)

4コストのカードとして《ワードローブレイダー》でなく《夜の群れ》を採用した理由としては、エルフ以外で環境トップに残り続けると予想されるドラゴンやロイヤルに対して、進化権を使わずフォロワーを倒しつつ横にフォロワーを広げる動きが効果的であるからである。

C_101624010 (1)

《ゴブリンマウントデーモン》に関してはエルフに対して強かったが、守護が《クイーンヴァンパイア》のみしか採用されていないので、同じコスト域の《エリニュス》より優先して採用することにした。

コントロールデッキ同士での対戦で《サタン》は強力だが、10ターン目には試合を決める動きができる【コントロールヴァンパイア】では今の環境では不要であると判断。アグロデッキ相手に強いフィニッシャーの《ルシフェル》を2枚採用した。

C_101041020 (4)

試験的に導入した《ミッドナイトヴァンパイア》では、フォレストバットシナジーが強力で、有利トレードを行ったり相手リーダーへのダメージを稼ぐのに活躍するだろう。

 

いくら式『コントロールヴァンパイア2』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-コントロールヴァンパイア
-, , , , , , ,