▲最強デッキTierランキング
▲『時空転生』新カード評価ランキング

シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki

STD環境〜TOG環境『ドラゴンデッキの軌跡』シャドウバース一周年なので、過去環境を振り返る!

この記事をシェアする

     

ドラゴンデッキの軌跡

先日、めでたくシャドウバース一周年を迎えたいうことで、人気リーダーである「ローウェン(ドラゴン)」のデッキ変遷を、リリース時から順を追ってまとめてみました。

「お前に負けるなら悔いはないさ!」


第一弾『STD』環境(2016年6〜9月)

まずは、シャドウバースが始まったばかりのスタンダード環境のドラゴンを見てみよう。

こちらは、私kouが構築した【疾走サタンドラゴン】というデッキになっている。

疾走サタンドラゴン

kou式『疾走サタンドラゴン』全国5位!最上級サタンデッキのレシピと攻略ガイド

現在のカードプールからだと想像できないほどめちゃくちゃなデッキだが、当時はこのデッキが強かったのだ。
この頃は、みなさんご存知【冥府エルフ】というデッキがrizer氏等によって開発・構築されて間もない頃で、Tier1最強デッキとして暴れ回っていたため、その対策として開発されたデッキになる。
疾走フォロワーを多めに採用することで、時間の猶予のない対【冥府エルフ】や【超越ウィッチ】には疾走で勝負、当時流行していた【陽光サタンビショップ】など遅めのデッキにはPP加速からの《サタン》で勝つことができた。

《死の舞踏》がなかった時代なので、《ゴブリンマウントデーモン》は特に最強クラスのフォロワーとして君臨し、突破するのにも一苦労。《騎竜兵》《ファフニール》による全体2点コンボは、定番だったなあ。
今ではあまり見なくなったが《竜の伝令》から確定で《ダークドラグーン・フォルテ》が手札に加わるように構築し、相手の顔面しか攻撃しない【フェイスドラゴン】が台頭し始めたのもこの時代だった。

参考デッキ

ROB『冥府エルフ』歴代最強デッキの系譜から学ぶ、冥府エルフの構築
タヌキ式 『フェイスドラゴン』ステルス軍団からの波状攻撃!AA3到達デッキの攻略ガイド

当時の全国ランキング


上にも下にも名の知れた強豪ばかりで、深夜にランクマに潜ると有名な方達とばかり当たるカオス環境でした(笑)



第二弾『DRK』環境(2016年9〜12月)

© Cygames, Inc.

続いて、第二弾「ダークネス・エボルヴ」環境のドラゴンデッキを見てみよう。

s__28549188
こちらのドラゴンは、元RGJのゲキカラーズ氏が、マスターランキング1位到達した際に使用していた【フェイスドラゴン】である。

フェイスドラゴン

マスターランキング1位到達!ゲキカラーズ式『フェイスドラゴン』デスミストドラゴン採用型で勝率73%!

なぜ【ランプドラゴン】じゃないのか?と思ったあなた。
この時代のビショップはめちゃくちゃ強く、中でも【疾走ビショップ】というデッキが蔓延しており【ランプドラゴン】じゃ戦っていくのが難しかったのだ。
なんたって《バハムート》とかまだ実装されてないんだよ?ムリだよそんなの。

構築を見てみると、1点飛ばせるカードの多いこと多いこと。
強敵エルフに《クリスタリアプリンセス・ティア》などが追加されて以降、【テンポエルフ】というデッキがめちゃくちゃ増えたせいだ。まだ【冥府エルフ】も現役バリバリだったので、「大エルフ時代」と言っても過言ではなかった。【超越ウィッチ】はもちろん、【エイラセラフビショップ】などのデッキも流行っており、ドラゴンデッキで長期戦を制するのは至難の業。
とにかく盤面を取っていき、最後に《ダークドラグーン・フォルテ》を突き刺して勝負を決めていくスタイルに変えていくしかドラゴンさんの生き残る道はなかったのだ。ちなみに、この頃に初めて【パチンコドラゴン】が開発されました。(ただのオモチャでめちゃくちゃ弱かったです。)

関連デッキ

あるじ式『テンポエルフ』マスターランクで19連勝達成!
u7式『疾走ビショップ』本人直伝のデッキ別マリガンガイド付き!
ゲキカラーズ式『エイラセラフビショップ』これが研究の集大成!

第三弾『ROB』環境(2017年1〜3月)

© Cygames, Inc.

さて、この時代に最強カード《バハムート》という、やばいヤツがニュートラルに追加された。

場に出せば全てを破壊する上、13/13?おかしいだろ。
このカードは、ドラゴン専用ニュートラルだと当時言われたものだ。《バハムート》メンコなんて言う言葉も生まれました。

ランプドラゴン


こちらの構築は、ファミ通カップファイナリストであるGumol氏が構築したランプドラゴンになっている。
『ドロシーウィッチ』『ランプドラゴン』構築:Gumol

特徴としては、新たに追加されたレジェンドレアの《サハクィエル》《バハムート》が目玉になっている。
この頃の環境は、【ドロシーウィッチ】【OTKエルフ】というデッキがトップに君臨していた。驚異の展開力が売りである【ドロシーウィッチ】にも、この型であれば有利を取れたはずだ。
《サラマンダーブレス》が追加されたことによって横に広がるデッキの回答がしやすくなり、アグロデッキには《サハクィエル》《ルシフェル》により完封することが可能になった。もう一つの最強デッキである【OTKエルフ】にも【守護】を大量に入れることで五分以上には持って行けたぞ!
余談になるが、【フェイスドラゴン】は姿を消し、【パチンコドラゴン】はやはり弱かった。

関連デッキ

UMR『ドロシーウィッチ』ROB環境前期・最強デッキの完全攻略ガイド(文章:integral)『OTKエルフ』ファミ通カップ東スイス1位通過:rarishula 




第四弾『TOG』環境(2017年3〜6月)

© Cygames, Inc.

やってきました、神々の騒嵐!
みなさんご存知。最強に君臨したドラゴンさんがこちら。

ランプドラゴン


全国大会RAGEで驚異の「11勝1敗」!SOS選手使用の『ミッドレンジネクロ』『ランプドラゴン』徹底マリガンガイド
とにかくこの時は【ランプドラゴン】を使用すれば、大怪獣バトルになるなんて言われたよ。

最強PP加速カード《水竜神の巫女》の追加、何度でも蘇る竜《ウロボロス》、全てを無に返す《ライトニングブラスト》《バハムート》【疾走】を付与し大ダメージを与える《風読みの少年・ゼル》という超強力カードの雨霰。
TOG前期は本当に無敵だった気がするよ。無敵すぎたので《ライトニングブラスト》《風読みの少年・ゼル》がナーフされ、今の【ランプドラゴン】に至りました。

そして【パチンコドラゴン】は、ついにRAGE決勝トーナメントに使われるまで強くなりましたとさ。
めでたしめでたし。

第5弾環境「ワンダーランド・ドリームズ」以降にどうなるのかも楽しみですね!

関連デッキ

『パチンコドラゴン』RAGE決勝大会3位!高完成度OTKドラゴンのデッキガイド(構築:マトモ)『竜神疾走ドラゴン』新カード先取りデッキ!攻略ガイドとデッキレシピ(構築:GameAI攻略班)

新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング

週間人気記事TOP10

関連記事

『ランプドラゴン』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ

目次 デッキ概要 評価と相性 デッキレシピ 入れ替え候補 マリガン 立ち回り 対 ...

『アグロヴァンパイア』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ

目次 デッキ概要 評価と相性 デッキレシピ 入れ替え候補 マリガン 立ち回り 対 ...

『RAGE 2017 Winter』優勝!hasu選手「アグロエルフ/アグロヴァンパイア/疾走ビショップ」デッキレシピ

シャドバデッキ攻略:RAGE優勝者デッキ 今回は、シャドウバースの全国大会『RA ...

『ニュートラルエルフ』勝率70%でグラマス到達!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ニュートラルエルフ シャドウバース(シャドバ)の『ニュートラ ...

アイテール採用『天狐エイラビショップ』マスターランク24連勝!デッキレシピと立ち回り

天狐エイラビショップ シャドウバースのナーフ後環境を読み切り、見事24連勝を記録 ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

人気の攻略記事
強豪プレイヤー掲載デッキ集 最強デッキTierランキング
リセマラランキング(最新版) 全リーダー配置対策まとめ

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
効率の良いレベルアップ方法・はぐれメタル出現エリア メタルキングの聖地『まさゆきの地図』に行く方法(3DS版)
全10種類の「最強武器」一覧と各キャラの「最強装備」入手法 完全オリジナル!全モンスター図鑑(726体)
『おしゃれ装備』全キャラのコーディネートまとめ 全38種類!転生モンスターの出現エリアまとめ(レアアイテム一覧)
『ふっかつのじゅもん』一覧!隠しパスワードまとめ Sランク最強の「メタルヨッチ」発見情報と強いヨッチ族の集め方

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
MANKAIカンパニーのイケメン「劇団員」一覧 最新イベント攻略情報
最高効率で「稽古(ランク上げ)」を行う方法 「リンクスキル」一覧!イベント時にダイヤを大量節約する方法

-シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki
-,