▲最新版Tierランキングはこちら!

シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki

【シャドウバース攻略】 8/14(日)開催!『JCG Shadowverse Open』Vol.4 大会レポート【shadowverse】

この記事をシェアする

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:JCG Shadowverse Open Vol.4 大会レポート

先週末に開催された、「JCG Shadowverse Open」Vol.4の大会結果をまとめた大会レポートになります。

今回はGameAI攻略班のいくらも参加しました。


▶「JCG Shadowverse Open」公式サイト

Vol.2には、約800人のエントリーの中から、抽選で選ばれた256名が大会に参加しました。
ルールは、BO3(最大3試合、2リーダー登録)。注意しなければならないのは、どちらのデッキを先に出してもOKで、両方のデッキで1勝ずつしなければ相手を撃破したことにはならない点。つまり、最低でも2つのクラスを仕上げておき、大会用デッキとして完成させてある必要があるということです。
16名ずつ16ブロックに別れて戦い、各ブロックの優勝者16名で、決勝トーナメントが争われました。

前日に行われた、vol.1大会のデータをGameAIで独自にリサーチ。分析した勢力分布図や、優勝予想の考察記事も公開しているので、併せてご覧いただければと思います。

JCG Vol.3 円グラフ
JCG Vol.3

▶『JCG Shadowverse Open CUP』vol.3 リーダー別の勢力分布図と優勝デッキ予想!

また前回大会であるvol.3大会の大会レポートも公開しているので併せて比較してご覧いただければと思います。

▶【シャドウバース】 8/13(土)開催!『JCG Shadowverse Open』Vol.3 大会レポート【shadowverse】

決勝トーナメント

決勝トーナメントに進出した16名の使用デッキの割合は以下のようになりました。

リーダー デッキ数 割合
ロイヤル 10 62.5%
エルフ 9 56.3%
ネクロ 4 25.0%
ビショップ 4 25.0%
ドラゴン 4 25.0%
ウィッチ 1 6.3%
ヴァンパイア 0 0%

なんとロイヤルとエルフは脅威の使用率5割越え!

収穫祭がナーフされる直前のアップデート前最後の大型大会ということで、環境トップであるこの2リーダーを持ち込んだ人が多いようですね。

gameaI攻略班のいくらも【アグロロイヤル】+【冥府エルフ】の組合せで参加しましたが残念ながら決勝トーナメントベスト8で敗退してしまいました。

エルフに関しては9人中8人が冥府エルフでしたがyamasemizuki氏は【コンボエルフ】を使用していました。

こちらのコンボエルフには《収穫祭》が採用されておらず、横に展開した《フェアリー》の攻撃力を上げてバーストダメージの底上げを狙う《ブレスフェアリーダンサー》や《風神》が採用されています。

C_101121020C_101031020 (2)

▶yamasemizuki式 コンボエルフ

また今回は残念ながらヴァンパイアの使用者は0という結果になってしまいました。

さて、この中から優勝を手にしたのは・・・



大会結果

見事優勝して、256名の頂点に立ったのは、「ちきん肌」氏でした。おめでとうございます!

優勝者が選んだリーダーの組合せとしては、ロイヤル+エルフという結果に。
JCGで公開されている、優勝者のデッキ内容はこちら!

▶ちきん肌式 ミッドレンジロイヤル

▶ちきん肌式 冥府エルフ

GameAI攻略班で予想していた、本命の組合せである「ロイヤル+エルフ」は予想的中ということになりました!

注目のポイント

今回は、準優勝者の「シルクハット」氏のデッキにスポットを当ててみたいと思います。

使用リーダーの組合せはロイヤル+ドラゴンで、デッキ内容としては【ミッドレンジロイヤル】と【疾走ドラゴン】となります。

サタン入りミッドレンジロイヤル

準優勝者の「シルクハット」氏が使用した【ミッドレンジロイヤル】は特徴として1枚積みのカードが多く採用されています。

これはパワーカードを分散させて選択肢を増やしたり、様々なデッキに対するメタカードを採用している構築にしたいという意図からだと思われます。

サタンも採用されているのでコントロールデッキ相手にも終盤リソースが尽きたとしてもチャンスがありますね。

▶シルクハット式 ミッドレンジロイヤル

疾走ドラゴン

今回「シルクハット」氏が使用された【疾走ドラゴン】は上で紹介した【ミッドレンジロイヤル】と同様、1枚積みのカードが多く採用されています。

2コストフォロワーを採用して《竜の伝令》が採用されていないので、従来の【疾走ドラゴン】よりテンポ重視の構成になっています。

▶シルクハット式 疾走ドラゴン


以上、JCG Shadowverse Open Vol.4 大会レポートでした。

 

▶オンライン大会『JCG Shadowverse OPEN』が今週末より本格開幕!プレミアム版の『特別称号』が初公開

新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング

週間人気記事TOP10

関連記事

『マナリアオズドロシーウィッチ』デッキレシピと攻略ガイド

シャドバデッキ攻略:オズドロシー 今回は配信内で高勝率を叩き出した、RAGEファ ...

『峡谷ランプドラゴン』RAGE Vol.5王者構築!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ:峡谷ランプドラゴン 今回紹介するのは、シャドウバースの全国大会「 ...

『イージスビショップ』デッキレシピと立ち回り|対策まとめ

イージスビショップ(ローテーション) 台湾の強豪が使用して連勝した『イージスビシ ...

『白狼ロキエレファントエルフ』マスターランク17連勝!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ロキエレファントエルフ 今回は、エルフの上位ランカーとして有 ...

ローテーション『ミッドレンジヴァンパイア』ヴァンプのみでグラマス到達!デッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:ミッドレンジヴァンパイア 今回は、ヴァンパイアのみでローテー ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki