▲新カード104枚の評価ランキングはコチラ

シャドウバース(シャドバ)

『復讐ヴァンパイア』教科書的な構築!徹底マリガンガイド付き(構築:マンマル)

2017/06/22

     

『復讐ヴァンパイア』

今回、ナーフ後環境で好成績を残した「マンマル」氏の【復讐ヴァンパイア】をお届けしよう。
教科書的な構築を目指しているとのこと。

RAGEのデッキ分析

マンマル氏は、大型大会の分析なども熱心に行なっている。



『復讐ヴァンパイア』のデッキレシピ



*カードの詳細はカードリンクをタップ!

コスト 画像 カード名 評価 枚数
1 《蠢く死霊》 3
2 《ブラッドウルフ》 3
2 《レヴィオンデューク・ユリウス》 3
2 《糸蜘蛛の悪魔》 3
2 《鋭利な一裂き》 3
3 《サキュバス》 3
3 《復讐の悪魔》 3
4 《ダークジェネラル》 3
4 《ベルフェゴール》 3
5 《カオスシップ》 3
5 《ディアボリックドレイン》 3
2 《群れなす飢餓》 3
3 《御言葉の天使》 2
5 《死の舞踏》 2





『復讐ヴァンパイア』の立ち回り

序盤

Point:序盤からHPを削っていけ!

序盤は、《ブラッドウルフ》《レヴィオンデューク・ユリウス》《御言葉の天使》などで、ダメージを与えていこう。
3ターン目には、《復讐の悪魔》を展開し4ターン目の《ベルフェゴール》に備えよう。
《サキュバス》も採用されているので、うまく調整して2点ダメージを与えていこう。
《蠢く死霊》は、《カオスシップ》から出てしまうデメリットもあるが、《鮮血の花園》と比べて、自分の場にフォロワーが残ること、場に出てただけで、1点ダメージを削る事ができるので優秀。

中盤

Point:ベルフェゴールでアシストしよう!

中盤は、《ベルフェゴール》を場に出そう。
復讐状態になる事で、《カオスシップ》の効果が倍増するぞ。
《カオスシップ》から登場するフォロワーは、《蠢く死霊》《ブラッドウルフ》《レヴィオンデューク・ユリウス》《糸蜘蛛の悪魔》《蠢く死霊》を除いて優秀なフォロワーが揃っているぞ!

終盤

Point:バーンダメージで勝負を決めろ!

終盤は、【疾走】フォロワーやバーンダメージでとどめを刺そう。
復讐状態であれば【疾走】効果を持ち攻撃力も高い《ダークジェネラル》や、バーンスペルでは定番の《鋭利な一裂き》《死の舞踏》などを使い勝負を決めていこう。
復讐状態では、1コストの《ディアボリックドレイン》【守護】を突破し《ダークジェネラル》【疾走】させよう。

『復讐ヴァンパイア』のキーカード紹介

御言葉の天使

この矢に乗せて、神の御言葉を届けるよ! 天使の矢は凄いんだ!正しき者には天啓となり、悪しき者には裁きとなるよ!
進化前:
"【ファンファーレ】 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。"
進化後:

【ファンファーレ】で、相手のリーダーまたはフォロワーに一点ダメージを与える事が可能。
ネクロマンサーやエルフに対してはとても有効で、HPを詰めたい場合はリーダーに1点ダメージを与えよう。

サキュバス

ほら、アタシと最高にイイ夢、見てみたいでしょう?イイ事、してみたいんでしょう?ウフ…そうなのね?アタシ、正直な子はスキよ! ドコ見てるの?コッチ向いてよ…ほら、カラダは正直よ?…逃がしたりなんかしないから。…すっごくイイこと…とってもイイこと…してあげる。
進化前:
自分のターン終了時、自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。
進化後:
自分のターン終了時、自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。

前のターンで出す《糸蜘蛛の悪魔》や4ターン目に出す《ベルフェゴール》とも相性抜群のフォロワー。
自分のHPが相手のHPより低い場合2点ダメージを与える事が可能のなので、2点ダメージを与えた方がいい場合は、あえて攻撃しないのも手だ。

カオスシップ

何を求めて、何処へ行く。茫洋と空を漂う幽霊船、其処から降り立つは影法師……。 何を求めて、何処へ行く。揺らめき漂う船体、其の身から吐き出されるは歪んだ閃光……。
進化前:
"【ファンファーレ】コスト2以下のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
復讐 状態なら、1枚ではなく2枚場に出す。"
進化後:

デッキから2コストウォロワーを出せるので、自身の4コスト相当のステータスも合わせてコスト以上のパフォーマンスが期待できる。
復讐状態なら一気に2体も場に出せる展開力も頼もしい。

中盤以降はコストの重いカードを引いていきたいので、軽コストのフォロワーをデッキから圧縮できる点も評価ポイントだ。ヴァンパイアのフォロワーには【ファンファーレ】効果でのデメリットがある代わりに、強力な効果を持った《ブラッドウルフ》《糸蜘蛛の悪魔》が存在し、それを踏み倒すことができるのも美味しい。



『復讐ヴァンパイア』のインタビュー

デッキ提供者

Twitter:
マンマル/Qwert(@mam_mal317)
配信コミュニティ:

TCGの実績

JCG2nd「vol.19」:3位
西RAGE:91位

デッキの特徴

復讐に入ることによって強力になるフォロワーを《ベルフェゴール》などで駆使していき、強力なバーンカードなどで一気に勝負を決めてしまえる点ですね。
    

各カードの採用理由

蠢く死霊

相手の体力を場に出すだけで削ってしまえるカード。
後述する《カオスシップ》から出てしまうデメリットは痛いが、それを補うレベルの1コストのカードであり、3枚採用。

ブラッドウルフ

お手軽な2コスト【疾走】であり、《カオスシップ》から出てきても強い。
問答無用で3枚採用。

レヴィオンデューク・ユリウス

2コストながら1/3とスタッツが高く、中々同コストのフォロワーには取られないフォロワー。このカードの強みは、何と言っても相手のフォロワーが出るたびに相手にダメージを与えることです。
環境に多いネクロには《骨の貴公子》《ボーンキマイラ》等で《スケルトン》を量産する動き、またエルフなどでは《フェアリー》を並べる動きなどを逆に利用出来るフォロワーであり、盤面を並べるリーダーではかなりの打点を場に居るだけで打ち込めるフォロワーなので3枚採用。

蜘蛛糸の悪魔

このデッキの中の3番目に壊れていると評価しているカード。
自分に2ダメージ喰らう代わりに、3コスト相当の【守護】フォロワーとなっています。
このフォロワーの強みは何と言っても体力の高さ、生半可な序盤のフォロワーでは取ることが出来ず、後述の《ベルフェゴール》《カオスシップ》《復讐の悪魔》等の中型スタッツフォロワーを守れる点が大きいです。
特に感謝しているのは、《漆黒の法典》《鉄槌の僧侶》で取られないことです。

鋭利な一裂き

2コストのバーン、除去カードとして非常に優秀なスペル。
特に後半に引いた時、《ダークジェネラル》などと合わせて相手のライフを大きく詰めることが出来るため、3枚採用。

群れなす飢餓

2コスト3ダメージの除去スペル。
これだけならパッとしないカードだが、特筆すべきは同名カードにダメージを与える点である。
今環境、《ゾンビ》《フェアリー》《スケルトン》等トークンフォロワーが多く、そのようなフォロワーにはかなりの強さを誇り、特に《死の祝福》をこれ一枚で返せてしまう強力な除去スペルである。
凡庸性の高さから3枚採用。

御言葉の天使

3コスト2/2のファンファーレで相手の好きなところに1点を与えられる。
このカードは個人的にオススメしたいカードです。
理由として、1、2コストフォロワー12枚の内、9枚は攻撃力が1であり、このフォロワー達単体では1ターンで同コストのフォロワーを取ることが難しいです。
そこでこのフォロワーの1ダメージを活用し、有利トレードを仕掛ける形が出来るカードの為、採用しました。
2枚は欲しいカードで、3枚でも全然腐ることのないカードなのですが、後述の《復讐の悪魔》を3枚採用の為、2枚になりました。こちらを3枚にするなら、《復讐の悪魔》を減らすと3コストが膨れずに済むのでオススメです。

復讐の悪魔

3コスト4/4と高スタッツと引き換えに、復讐状態で無いと攻撃出来ない扱いの難しいカード。
ですが、次ターンに出すことが出来る《ベルフェゴール》との相性は抜群で、4ターンで4/4が2体並ぶと言う強力な盤面形成が出来ること、またこのフォロワー復讐状態で無いとただの置物なのですが、裏を返せば相手が復讐状態まで削る事を躊躇わせるカードであり、またこのフォロワーを置くことで次のターン《ベルフェゴール》等で復讐状態に入られると思わせて、相手にこのフォロワーを倒させて相手の除去やフォロワーを削るといったミスリードを誘うことが出来、プレイヤーの腕次第ではよりこのフォロワーを活かすことが出来ると思います。
自分はこのフォロワーの有用性を見て3枚採用しましたが、腐ることもしばしばあるので1枚は《御言葉の天使》と変えても構いませんが、2枚は欲しいカードです。

サキュバス

相手のライフが自分より多ければ2ダメージを与えるカード。
次に出すであろう《ベルフェゴール》との相性も良く、前ターンに出せる《糸蜘蛛の悪魔》との相性も良いバーンカードなので3枚採用です。

ベルフェゴール

デッキの核であり、このフォロワーを4ターン目に置くことで勝ちにグッと繋がることが出来るカード。
4コスト4/4と標準以上のスタッツ、2ドロー、強制的に復讐状態に持ち込むというアドの塊のようなフォロワーです。
3枚採用ですが、アグロや【OTKエルフ】等では置いてしまうことで逆にピンチに陥ることがあるので、出す時は相手の盤面、デッキタイプを考えて置くことを心掛けて下さい。

ダークジェネラル

4コスト4/3、復讐であれば【疾走】が付与される優秀なカード。
このカードで一気に相手のライフを削り切りましょう。
このデッキのフィニッシャーの為3枚採用。

カオスシップ

このデッキで2番目に壊れていると思うカード。
出すとデッキ内の2コス以下のフォロワーを1体、復讐なら2体並べることが出来、《ベルフェゴール》からの《カオスシップ》はこのデッキの黄金ムーブでしょう。
《蠢く死霊》以外のフォロワーが出ればかなりのアドバンテージがとれ、さらに《糸蜘蛛の悪魔》が出れば《カオスシップ》を守る動きにもなる為、3枚採用。

死の舞踏

5コストで確定除去の上、バーンカードにもなる優秀なカード。
特にこのデッキは中型のフォロワーが多く、どうしても相手の大型【守護】等に困らされる為、このカードを採用。
3枚だと事故要因、1枚だと引けないことがある為、2枚に収まりました。

ディアボリックドレイン

5コスト4ダメージ2回復という5コストのスペルとしてはあまり強いとは言えないカード。
しかしこのカードの真骨頂は復讐状態で1コストになる事であり、中型や小型を複数出す動きと併用して出すことの出来る優秀な除去カード。
特に《ベルフェゴール》の後にこれを投げることでネクロの《ミミ》《ココ》《ファントムハウル》などから回避する事も出来ます。
しかし、このカードを打ったが為に復讐状態から外れ、《復讐の悪魔》等が機能しなくなるといった事も引き起こしてしまう為、"必ず"これを打つ前に復讐状態で出来ることを終えてから使用して下さい。

こだわりポイント

カードの種類を絞り、ピン差しを無くす事により事故を減らす、また【復讐ヴァンパイア】の基本的な動きを取り揃えているので、【復讐ヴァンパイア】の教科書の様な物になれれば良いなと思い使いやすさを考慮して作りました。

このデッキの立ち回りを教えてください

始めに理想ムーブを挙げると、1、2とフォロワーを出し3ターン目に《復讐の悪魔》《サキュバス》、4ターン目に《ベルフェゴール》で復讐状態に、5ターン目に《カオスシップ》と並べ、体力を削り最後に《鋭利な一裂き》《ダークジェネラル》等で一気にリーサルといった流れが理想です。
基本はこういった攻めの動きをしていきます。
以下は逆の受けに回る主にアグロ系や、また特殊な動きで攻めるデッキタイプの動きの流れを書きます。

対アグロ(ヴァンプやネクロ、ロイヤル等)、フェイス系デッキ

このデッキタイプとは基本的に不利ではありますが、立ち回り次第では勝てる相手です。
相手は1、2…と順当に動いてくる可能性が高い為、こちらもその動きをしながら高いスタッツを誇る《レヴィオンデューク・ユリウス》《糸蜘蛛の悪魔》、除去カードである《群れなす飢餓》《御言葉の天使》を使って盤面を取りに行って下さい。
そうして中盤まで持ち込めれば相手のリソースが枯れたり、盤面にフォロワーを並べ切れなくなる等のスキが生じます。
そこを狙って一気に攻撃を仕掛け、勝利をもぎ取りましょう。
《ベルフェゴール》は次ターンには取り返しのつかない、また不利になる盤面、ライフにならない場合なら置いてドローしに行きましょう。

対エルフ

一番警戒しなければならないのは《リノセウス》による大ダメージを与えられる事です。
その為、取る行動としてはこちらが1、2、3と顔面にダメージを与え続け、《リノセウス》によるリーサルを狙われる前に相手を倒す。
または《糸蜘蛛の悪魔》《ディアボリックドレイン》で相手の《リノセウス》リーサルを遅延させてそのうちにバーンカードで一気に勝負を決めるといった動きをします。
前者、後者ともに序盤に動く事が出来ればより対エルフの勝率が上がります。
特に《レヴィオンデューク・ユリウス》は1コストフォロワーを出す事を躊躇わさせたり、《リノセウス》リーサルを狙える頃に相手のライフを十分に削る事で相手の自滅を誘えます。

マリガンのコツなどはありますか?

共通

《蠢く死霊》

対ネクロ、エルフ、ロイヤル

《レヴィオンデューク・ユリウス》
《糸蜘蛛の悪魔》
《群れなす飢餓》
《御言葉の天使》(前述しているフォロワーがあればキープ)
《ベルフェゴール》(相手のデッキが【コントロールロイヤル】、【手帳ネフティス】と分かっていれば)

対ビショップ

《ベルフェゴール》
《糸蜘蛛の悪魔》
《ブラッドウルフ》(先攻のみ)
《復讐の悪魔》《ベルフェゴール》がある場合のみ)

対ウィッチ

《ベルフェゴール》
《復讐の悪魔》《糸蜘蛛の悪魔》《カオスシップ》《ベルフェゴール》がある場合のみ)

対ドラゴン

《ベルフェゴール》
《ブラッドウルフ》
《復讐の悪魔》《糸蜘蛛の悪魔》《カオスシップ》《ベルフェゴール》がある場合のみ)

対ヴァンパイア

《ベルフェゴール》(相手が【アグロヴァンプ】以外だと分かっていれば)

《糸蜘蛛の悪魔》
《レヴィオンデューク・ユリウス》
《御言葉の天使》《糸蜘蛛の悪魔》又は《レヴィオンデューク・ユリウス》があるときのみ)
《復讐の悪魔》(先攻かつ《糸蜘蛛の悪魔》《ベルフェゴール》がある場合のみ)
《群れなす飢餓》(後攻のみ)

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

最後まで読んで頂きありがとうございます。これまで書いたことは私個人の意見なので、ご参考にしていただければと思います。こだわりにも書いた通り、これはヴァンプの教科書となればと思い作成しました。
なので深い調整などは行わず、使い勝手の良いデッキとなっております。
【復讐ヴァンパイア】を使ってみたいけどどんなの作ればいいの?といった疑問をお持ちの方々に、この記事を見て、是非このデッキで【復讐ヴァンパイア】ライフを送って頂ければなと思っております。

チーム紹介:Qwert


@qwert_officia
ランカーやJCG優勝者、レーティング上位勢など様々な実力者が揃っており、対抗戦も頻繁に行うシャドウバースへの熱意がとても見どころなチームです。


ヴァンパイアの関連記事

タイトル 掲載日
『復讐カラボスヴァンパイア』新カード先取りデッキ!カラボス軸のデッキレシピと攻略ガイド(構築:GameAI攻略班) 2017/06/27
『復讐ヴァンパイア』新カード先取りデッキ!オールラウンド型のデッキレシピと攻略ガイド(構築:GameAI攻略班) 2017/06/21
『復讐ヴァンパイア』RAGEVol.4王者!BO5で使用したデッキリスト(構築:Enju) 2017/06/12
『復讐ヴァンパイア』第1回「シャドバデュエル」の自信作!(構築:ソージ) 2017/06/06
『復讐ヴァンパイア』マスターランク24連勝!デッキレシピと攻略ガイド(構築:yuu/Unr) 2017/06/05
『復讐疾走ヴァンパイア』サーペントチャーマー3積み!デッキレシピと攻略ガイド(構築:ともきち) 2017/05/31
『復讐ヴァンパイア』教科書的な構築!徹底マリガンガイド付き(構築:マンマル) 2017/05/30
マスターランク18連勝『復讐ヴァンパイア』新環境で勢力急拡大!詳細な立ち回りガイド付き(構築:kii1856) 2017/05/29
JCG上位入賞『メイルストロームヴァンパイア(構築:ChaMa)』連なる大蛇の強襲!アンリエットコンボも搭載 2017/05/24
『アグロヴァンパイア』JCG 2nd Vol.35 優勝!無策の相手に突き刺さる、ナーフ後環境にも強いデッキ候補(構築:✩まっつ✩) 2017/05/23

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「kou」
GameAI動画班として活躍中! 第2回GameAI杯、JCG大会(Vol.12)優勝などの実績を持つ、実力派プレイヤー。 Twitter:@kou08221890

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-シャドウバース(シャドバ)
-, ,