テンポエルフ

【シャドウバース攻略】ワンランク上を目指す『コンボエルフ』マリガンとキャラ対策一覧(中級者向け)【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:コンボエルフ

冥府エルフばかりがエルフじゃない。ロイヤル並みのコンボを繋げて相手を削れきれ!

エルフ特有の大量展開から、《ブレスフェアリーダンサー》や《風神》を使用して一気に叩く、『コンボエルフ』の紹介です。


目次

『コンボエルフ』のデッキレシピ

 

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 フェアリーウィスパラー 2 ブロンズ
2 メタルエルフメイジ 2 シルバー
2 ブレスフェアリーダンサー 2 シルバー
2 リノセウス 3 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 3 シルバー
5 風神 2 ゴールド
7 ガブリエル 1 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 3 ブロンズ
1 フェアリーサークル 3 ブロンズ
2 新たなる運命 2 ゴールド
2 森荒しへの報い 3 ブロンズ
3 エレメンタルランス 2 ブロンズ
5 根源への回帰 2 ゴールド
9 白銀の矢 1 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
3 妖精の楽園 2 ブロンズ

コンボエルフmana

デッキコードを発行する




『コンボエルフ』のデッキ概要

『コンボエルフ』は、大量に展開したフェアリーと強化能力を上手く組み合わせ、流れるようにコンボを発動させていく。コンボパーツとして、手札に溜まった《フェアリー》を有効活用出来るカードが多数採用されているのが特徴だ。
どうしても消化しきれない場合は、《新たなる運命》で手札をリセットしよう!

 

このデッキの勝ち筋はいくつかある。

 

1.《リノセウス》の疾走ダメージ

守勢に立たされた場合、相手の進化後フォロワーに対して相殺することも視野に。

C_101131020 (2)

2.《ブレスフェアリーダンサー》を複数回出すことで、盤面に残っているフェアリーの全体強化

C_101121020

3.《風神》や《ガブリエル》のバフを使って、盤面に残っているフェアリーを全面強化

特に《ガブリエル》は、相手の”予測の範疇を超えた打点”を出しやすく、ヴァンパイア戦などでは極めて有効である。

C_101031020 (2) C_101041010 (2)

4.《白銀の矢》でドドメを刺す!

効果:カードを1枚引く。その後、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「自分の他の手札の枚数」と同じダメージ。

C_101134020

コンボの起点になる《フェアリー》は、その場面で出す必要があるのかをじっくり考えてからプレイしていきたい。

*注 《収穫祭》はアップデートの弱体化が確定しているため、本デッキでは採用しておりません。

『コンボエルフ』のマリガン

優先度:A
最優先でキープすべきカード

優先度:B
優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

VSアグロ、ミッドレンジ

優先度:A
  • ベビーエルフ・メイ
  • フェアリーサークル
  • 森荒らしへの報い
  • エンシェントエルフ

序盤から体力を守れるカードをキープしていく。

優先度:B
  • フェアリーウィスパラー
  • ブレスフェアリーダンサー
  • エルフプリンセスメイジ

《フェアリーウィスパラー》はステータスが低いので優先度が低く、《エルフプリンセスメイジ》は後攻時に盤面を逆転できるカードとしてキープする。
《ブレスフェアリーダンサー》は3ターン目にプレイすることで《フェアリーウィスパラー》や《フェアリー》で相手のフォロワーとトレードできるように出来る

《エルフプリンセスメイジ》は後攻の逆転要素として使用できる。

VSコントロール

優先度:A
  • フェアリーサークル
  • フェアリーウィスパラー

対コントロールで絶対残すカードはこの2種でフェアリーを供給してコンボしやすくする。

優先度:B
  • メタルエルフメイジ
  • 森荒らしへの報い
  • エンシェントエルフ
  • エルフプリンセスメイジ

《フェアリー》を上手く供給できているようなら、《メタルエルフメイジ》を残していく。
《森荒らしへの報い》はダメージスペルとしても使うが、《フェアリー》を供給し、コンボの起点としての運用になる。
《エルフプリンセスメイジ》はフェアリーを供給してくれて、0マナの《フェアリー》はあらゆるコンボに使える。

 

『コンボエルフ』のクラス別対策

VSエルフ

マッチング相性:-(五分)

デッキの勝ち筋としては大量のフェアリーを強化し一気にダメージを与え、《リノセウス》や《白銀の一矢》でとどめをさすプランになる。

序盤の盤面の取り合いで重要になるのは《ベビーエルフメイ》と《エンシェントエルフ》だ。《ベビーエルフメイ》は体力1のフォロワーが多いエルフ相手では何枚でも、何回でも使いたいカードだぞ。

《エンシェントエルフ》は単純高ステータスで序盤の突破が非常に困難なため強力。もし相手に出されてしまったら《妖精のいたずら》を使って手札に戻すのも手だ。

キーカード:

《ベビーエルフメイ》《エンシェントエルフ》

0021ベビーエルフメイ0191

VSロイヤル

マッチング相性:△(微不利)
展開力で拮抗しており、基本的にロイヤル側のほうがフォロワーのステータスを高く上昇させやすいため、フォロワー同士の潰しあいになるとどうしても不利になってしまう。
除去スペルを上手く屈指して盤面を取って行きたい。
《ロイヤルセイバー・オーレリア》は効果で対象に取れなくなることがあり、突破することが非常に困難だが、1体しか盤面にいないときは、《妖精のいたずら》を使うことで簡単に除去できる。
どうしも大量に展開されて処理できなくなったら一度《根源の回帰》でリセットしよう。

キーカード:

《エンシェントエルフ》《根源への回帰》

019110091

VSウィッチ

マッチング相性:-(5分)

《ブレスフェアリーダンサー》を使い一気にダメージを与えよう。その後《リノセウス》を使いまわせば勝てるはずだ。

対ウィッチでは序盤からダメージを与えて、相手のやりたいことをやられる前に倒すことが大事になってくる。序盤のダメージに役立つのが《エンシェントエルフ》である。

キーカード:

《エンシェントエルフ》《リノセウス》

0121リノセウス0191

VSドラゴン

マッチング相性:○(微有利)

コチラのステータスが低く相手のフォロワーを処理に回っているとダメージが足りなくなって勝てなくなることが多い。

相手はAoEがあまり強力でないため、序盤から横に展開して《ブレスフェアリーダンサー》で強化して数の力で押し込んでいこう。どうしても足りなくなってしまった場合は《白銀の一矢》や《リノセウス》でとどめを狙う。

コンボを上手く発動させることが出来れば、《エレメンタルランス》で除去できる。《エレメンタルランス》は3点で使わず、6点ダメージとして使うよう心がけよう。
キーカード:

《ブレスフェアリーダンサー》《エレメンタルランス》

0111ブレスフェアリーダンサー10061

VSネクロマンサー

マッチング相性:×(不利)

フォロワーの体力が低いので《腐の嵐》を使われるとネクロマンスで3点ダメージになっていなかったとしても、全て除去されてしまうケースも少なくない。
対処が難しいのは《死の祝福》で、守護を3体並べられてしまうとそのターン中に突破しながらダメージを与えることは困難だろう。

上記2つの理由により、不利になっている。

勝ち方としては序盤に《エンシェントエルフ》でダメージプッシュ、その後《リノセウス》でごり押しすることが大半になるだろう。守護持ち《ゾンビ》と《デュエリスト・モルディカイ》への回答として《根源への回帰》を使うといい。

キーカード:

《エンシェントエルフ》《根源への回帰》

019110091

VSヴァンパイア

マッチング相性:◎(有利)

ヴァンパイアキラーのカブトムシ《リノセウス》が大活躍する。相手の体力を11でとめ《リノセウス》を走らせて一気に倒そう。

特に注意することはなくフォロワーを展開して攻撃していけば勝てる。あえて言うならば《リノセウス》が手札にこなかった場合を考え、《ブレスフェアリーダンサー》プランで倒すこともありうることを知っておくことだ。

キーカード:

《リノセウス》

0121リノセウス

VSビショップ

マッチング相性:-(五分)

守護が多く《リノセウス》プランでの勝ちには一工夫必要になる。《妖精のいたずら》などを使い相手の守護をどかして倒すといった工夫だ。

しかし序盤から体力を守ることに長けているいるため、《リノセウス》までにダメージを与える必要がでてくる。6ターン目まではAoEがないので展開したのち、《ブレスフェアリーダンサー》を使って強引にダメージを与えていくのがいいだろう。

《エレメンタルランス》など、スペルを駆使して守護を突破すれば勝利は近い。

キーカード:

《妖精のいたずら》《エレメンタルランス》

10031森荒らしへの報い10041妖精のいたずら

『コンボエルフ』の入れ替えカード候補

名前 理由
ダンジョンフェアリー 自分のフォロワーを戻すことでコンボを持つカードを使いまわすことが出来る。入れ替え候補は《ワンダーエルフメイジ》
フェアリーブリンガー 手札のフェアリーのコストを0にすることが出来る。コンボの起点にを手に入れやすくなる。入れ替え候補は《ワンダーエルフメイジ》
精霊の呪い 厄介な大型フォロワーの体力を1にすることでフェアリーで倒すことが出来る。入れ替え候補は《ワンダーエルフメイジ》

『コンボエルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-テンポエルフ
-, , , ,