ミッドレンジネクロ

『リーパーネフティス(構築:ニエンテ)』TOG環境向けにチューニング!人気急上昇中の「新ネフティス」

2017/05/19

シャドバカレンダー
     

『リーパーネフティス(構築:ニエンテ)』

今回、RAGE東京予選で一気に台頭した【リーパーネフティスネクロ】を紹介しよう。
従来の【ネフティスネクロ】を、TOG環境向けにチューニングしたものになっている。

実際にランクマやRAGEで使用し、好成績を残すプレイヤーが現れるなど人気急上昇中のデッキとして注目度は抜群だ!



『リーパーネフティスネクロ』のデッキレシピ

PPカーブ


*カードリンクをタップすると、カード情報詳細を確認できます。

コスト 画像 カード名 評価 枚数
1 《ソウルコンバージョン》 3
2 《怪犬の墓守》 3
2 《よろめく不死者》 2
2 《シャドウリーパー》 3
2 《破魂の少女》 2
3 《ボーンキマイラ》 3
3 《骨の貴公子》 3
3 《腐の嵐》 2
3 《死の一閃》 2
6 《死の祝福》 3
7 《冥守の戦士・カムラ》 3
8 《デュエリスト・モルディカイ》 3
8 《ネフティス》 3
2 《天弓の天使リリエル》 2
2 《ゾンビパーティ》 3




『リーパーネフティスネクロ』の立ち回り


今回紹介する【ネフティスネクロ】は、《死神の手帳》採用しておらず、《シャドウリーパー》などを採用している攻撃的なデッキになっている。
デッキに採用されているコスト帯は、『2,3,7,8』となっており、いわゆる確定《ネフティス》と言われる構築だ。

序盤

Point:ネフティスと悟られないように動く
序盤は、【ミッドレンジネクロ】のような戦い方ができる。
1コストフォロワーは採用していないが、2コストフォロワー、《ボーンキマイラ》《シャドウリーパー》+αのように動く事で、【アグロネクロ】や【ミッドレンジネクロ】のような動きが可能。ネフティスだと悟られないことで、相手側の処理などの判断を狂わすことができるぞ。

中盤

Point:後半に繋げよう
中盤は、序盤に強力な盤面が完成しているのであれば、そのまま押し切る事が可能。《死の祝福》などを使い、後半の《ネフティス》《デュエリスト・モルディカイ》などに繋げたい。
不利な盤面になった場合は、《腐の嵐》《死の一閃》などで時間稼ぎをしつつ、《ネフティス》降臨を目指していこう。

終盤

Point:確定ネフティス!
終盤はこのデッキのキーカード《ネフティス》のお出ましだ。
盤面が空の状態で場に出す事で、《デュエリスト・モルディカイ》《冥守の戦士・カムラ》が確定で登場するので、攻防一体の戦術をとることができるぞ!

キーカード紹介

ネフティス

冥府の審判者たる神の一柱。生者達は最期を告げる死神と畏怖し、死者達は魂の守護神として崇めているという。 生在る者に《死》という安息を与える冥府の女神。この世に遺した負の感情を浄化し、霊魂を苦しみから解放する。
効果:ファンファーレ それぞれコストの異なるフォロワー(ネフティスを除く)をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。この能力で出たフォロワーすべてを破壊する。

このデッキでは、2、3、7、8コストのフォロワーしか採用していないので、確定で、《デュエリスト・モルディカイ》《冥守の戦士・カムラ》を確定で場に出す事が可能。

死の一閃

あなたの命、刈り取ってあげる。
効果:体力3以下の相手のフォロワー1体を選択して、破壊する。
自分の墓場が4枚以上あるなら、体力3以下ではなく好きな相手のフォロワー1体を選択する。体力4以上を選択した場合、ネクロマンス 4; そのフォロワーを破壊する。

使い勝手の良い除去スペルだ。
序盤に使えば小型フォロワーを処理する事ができ、墓場を使えば現在流行している【ランプドラゴン】などの大型フォロワーを処理する事が可能。




シャドウリーパー

怨み、憎しみが寄り集まり、形を為して顕現する。其は幽鬼が如く揺らめき歩き、命持つモノを断頭する。 怨み、憎しみが寄り集まり、形を為して顕現する。其は無像であるが故、妄りに追えども影を掴む事さえ叶わない。
効果:ファンファーレ 相手のターン終了まで、潜伏 を持つ。
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+1する。

1ターンだけ潜伏を持ち、どんどん強化されていく放置できない2コストフォロワー。うまく機能させるにはフォロワーを多く並べる必要がある。
進化権のない先攻4ターン目に並べて置くで他のフォロワーを除去されても打点を維持できるようになり、そのまま試合を決めることができる。
《骨の貴公子》の登場でフォロワーを並べる行為が簡単になったため、より強力なカードとなったと言えるだろう。
怪犬の墓守

外法には外法を。墓荒し共が怪物を造るため屍を掘り返すなら、墓守である俺は猟犬の怪物でそれを撃退しよう。 屍掘りは屍に。墓荒しは墓の下にて、永遠に眠るがいい…そうすれば、俺とこの猟犬たちが永遠に守ってやろう。
効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべては、「このフォロワーが消滅するとき、消滅ではなく破壊される」を持つ。
自分の場にフォロワーが出るたび、それは「このフォロワーが消滅するとき、消滅ではなく破壊される」を持つ。

このデッキの、致命的な弱点である「消滅」効果を無効化できる補助的な役割を持つフォロワー。
現在流行中の【ランプドラゴン】では、《ライトニングブラスト》を採用しているデッキが多い、使用されるとせっかく並べた《デュエリスト・モルディカイ》などが消滅させられるため、《ネフティス》などと一緒に《怪犬の墓守》を出していこう。




デッキ提供者:ニエンテ
Twitter:(@niente151)
配信コミュニティ:

『リーパーネフティス(構築:ニエンテ)』インタビュー

大会時の心境と手応え

今回のRAGEですが、自分はリザーバー(補欠)からのスタートで、モチベーションの保ち方が複雑でした。1敗もできない初日を抜けれるかはかなり重要で、一時期はやる気も削がれていました。
それでも大会に出れるつもりで調整を始め、納得のいくものが出来上がったので、今回の大会に臨むことにしました。

BO3のデッキ選択理由

先月ランクマッチでランキングを走っていた時に、ネクロマンサーの方はかなり手応えを感じました。
まずネクロマンサーは確定するところからの、相方探しが始まりました。
第1候補はドラゴンかビショップでそれ以外はメタゲームから外し、今回は主に「ネクロドラゴンビショップ」を意識するところから始めて、【ミッドレンジネクロ】と【イージスビショップ】を持ち込む予定でした。
しかし、西大会の結果を受けビショップとドラゴンが少し増えると予想し、【イージスビショップ】や【ミッドレンジネクロ】のミラーマッチが先手を取れるかどうかでかなり勝負が決まってしまうのでそれを嫌い、西で見た【手帳ネフティス】から前期の【ネフティスネクロ】対【ランプドラゴン】を思い出し、もともとドラゴンに少し戦いやすいデッキなので、《死神の手帳》を積むことが、構築に制限が掛かっているのがもったいなく、思い切って《死神の手帳》を抜き構築のスペースを確保、ネクロマンサーの優秀な低コストフォロワーを詰めることにしました。

それにより【ミッドレンジネクロ】 【ランプドラゴン】【イージスビショップ】この3つに対して構築の時点で差をつけることができ、手応えを感じて相方はドローソースに若干の懸念とミラーマッチを避けるために、ビショップを選択肢から外し、ネクロとビショップ以外のマッチにも戦えるデッキパワーの高さから最終的に「ドラゴン」を選択しました。

大会前にデッキをシェアした理由

西の結果を見てから、もともと持っていく予定のデッキ以外にもデッキを考え始め、調整メンバーにはそれを言わず脳内でずっとデッキを考えていました。
カードが40枚揃いデッキを組みルームマッチで調整を始めて、Skypeなどで画面共有をしてデッキを解説していくうちに、周りのメンバーが「そのデッキを自分も持ち込みたい」と言い始め、数人でシェアすることになりました。デッキを持ち込んだ人の最高順位はDay2「4-2」でしたが、しかしDay2に強いデッキだなと思ったので、やはり初日を抜けれるかどうかがネックだったかなと。

デッキの長所と短所

長所:デッキ判別難度

序盤から中盤にかけての動きが【ミッドレンジネクロ】に酷似しているため、相手が《ネフティス》と気付きづらいところです。自分はこのデッキを、今回レシピ非公開制のBO3環境では「相手がデッキを勘違いしてくれる」と思い、その強みもあるかなと思いました。
相手が序盤のこちらの動きの対処にリソースを使ってくれればこちらは後半の《ネフティス》からアドバンテージを得れるので、序盤の《シャドウリーパー》などの押し込みがあれば、そのまま押し込めるパターンが多かったです。

短所:メタ外のデッキ

メタ外のデッキに少し弱いといったところでしょうか。
今回のRAGEは、デッキ全体のカードが少し後ろに倒れていっているのと、仮想敵は【ミッドレンジネクロ】・【ランプドラゴン】・【イージスビショップ】を主に想定しているので、
【超越ウィッチ】や今は見ない【セラフビショップ】、アグロ系統などのメタ外などには、どうしても不利が付いてしまうところです。
今大会専用で組んだので、マッチングした場合は上記のアグロ以外は「そこは仕方ない」と割り切りました。

こだわりのポイント

長所のところに書いたように、序盤と終盤で強いカードが採用されていて、序盤は【ミッドレンジネクロ】に偽装できるので、【ネフティスネクロ】と相手に確定されるカードをマリガンで返したり、無理にプレイしなければいけない場合以外は、「出さずにプレイする」というのもポイントです。

キーカードの採用理由

怪犬の墓守
このデッキを作る大前提の時に、3枚採用を考えました。
ビショップの消滅対策や、ドラゴン相手に終盤の《ライトニングブラスト》への回答として3枚、序盤に2コス2/2としてプレイしてもいいのですが、デッキの内容が相手にバレてしまう恐れがあるので、そこは注意です。

死の一閃
ドラゴン相手にPPブーストを踏まれて、《冥守の戦士・カムラ》までに進化権を使って対処できないフォロワーが出た時のために、間を繋ぐカード。
終盤も相手の大型フォロワーを対処したり、ドラゴン以外にも中盤で2アクション取れるのが強みです。

マリガンのコツ

基本

【ミッドレンジネクロ】と変わらないので、先手ならマナカーブ通りに2,3コストをキープ。《シャドウリーパー》も2コストや《ボーンキマイラ》などがあればキープしても良いでしょう。

後手

ドラゴン・ビショップ・ウィッチ以外には《ゾンビパーティ》をキープ。ビショップ相手には、先手でも後手でも初手に《ネフティス》があった場合、キープします。

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

文章が長くなってしまいましたが、今回の大会と今のメタに対する自分の意見をまとめさせてもらいました。
少しでも環境の考察等の参考になれば幸いです。

『リーパーネフティス』のデッキコード発行

プレイ動画

攻略班kouのゲーム実況です!参考にどうぞ。


ネクロマンサーの関連記事

タイトル 掲載日
ことにゃんシャドバ成長記 #19 「Bランク昇格!」 2017/05/24
JCG2nd「Vol.33」優勝!『ランプドラゴン(構築:ぶらん)』騎竜兵3枚、激震のオーガピン刺し!こだわりの採用理由とは 2017/05/22
RAGEファイナリスト!『ミッドレンジネクロ(構築:MAO)』フィーナ、アサシン採用でBO3特化型 2017/05/22
『ミッドレンジネクロ(構築:まさすい)』MPランキング13位到達!爆速でMPを盛るために 2017/05/21
RAGE東ファイナリスト!『骸の王マンモスネクロ(構築:ザイル)』エルタ使用のロマン砲を内蔵!立ち回りガイド 2017/05/19
『リーパーネフティス(構築:ニエンテ)』TOG環境向けにチューニング!人気急上昇中の「新ネフティス」 2017/05/17
西日本「RAGE」プレーオフ進出!『アグロネクロ』『ランプドラゴン』(構築:lala) 2017/05/17
全国大会RAGEで驚異の「11勝1敗」!SOS選手使用の『ミッドレンジネクロ』『ランプドラゴン』徹底マリガンガイド 2017/05/11
JCG2nd「Vol.31」優勝!『ミッドレンジネクロ』魂の番人・ミント&デスタイラント採用型 2017/05/09
MPランキング1位到達!『ミッドレンジネクロ(構築:ソージ)』ラダーの鬼が構築した、最新のネクロデッキとは 2017/05/04

注目リンク

神々の騒嵐
「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「kou」
GameAI動画班として活躍中! 第2回GameAI杯、JCG大会(Vol.12)優勝などの実績を持つ、実力派プレイヤー。 Twitter:@kou08221890

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-ミッドレンジネクロ
-, , , , ,