▲『星神の伝説』最新の最強デッキランキング!
▲詫びパック大量配布中!DQライバルズのリセマラランキングへ

シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki カード情報

全カード『高評価』ランキング一覧

この記事をシェアする

2017/07/07

     
GameAI独自の「10段階評価」で、すべてのカードをランク付けしています。
ここでは、厳選した高評価カードのみをリストアップ。

目次


(評価S+)のカード一覧

カード名 効果

リノセウス
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    2コストとは思えない高いダメージ力

    カードを使えば使うだけ攻撃力が上昇する。《自然の導き》などで手札に戻して再度召喚することで更なるダメージに期待できる。その高いダメージ力でゲームを終わらせることもしばしばある。
    ダメージ計算がなれないと難しいので、是非『リノセウス算』を読んでほしい。

    除去札としての活躍もできる。
    とてつもなく高い攻撃力をもっているため、その攻撃力をいかし高い体力を持ってる相手にぶつける事で、除去札と同じような使い方もできる。除去札として使う場合は他の勝ち筋をしっかり考えた上で使おう。


風の軍神・グリームニル
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 【エンハンス】 10; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    軽く使いやすい

    まず、ステータスが2/3と3コストのフォロワーに求められているものになっている。
    さらに序盤の守護は進化権がないこともあり、高確率で相手の動きを封殺できる強力な効果なので、困ったら入れとけば序盤が安定するフォロワーとなっている。

    終盤もお任せ

    序盤に相手の動きを封殺するだけでなく、試合の最終盤PPが10になってからも非常に強力だ。
    効果により相手リーダーにダメージを与え、盤面を一掃してくれる。守護を持っているので、自分の体力をそのまま守ることもできる。


水竜神の巫女
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目を含む)なら、自分のPP最大値を+1する。
覚醒 状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
進化後
覚醒 状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
  • 解説を読む▼

    最高のPP加速

    ドラゴン待望の「進化権を消費しない」PP加速持ちフォロワー。
    加速しながら「覚醒」することができれば体力を回復するができるので、アグロデッキ相手でも《サハクィエル》+《ルシフェル》コンボがより間に合いやすくなるだろう。ただし、加速して5PPに達した場合、加速効果が発動しないので注意しよう。

    高いステータスと程よいコスト

    5コストの標準ステータスを持っているので、進化を使えばほとんどのフォロワーを破壊することができる。
    進化を使わなかったとしても体力5は中々破壊することができないので、出すだけで圧力をかけることができる。


魔将軍・ヘクター
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 3;ゾンビ1体を出す」をくり返す。その後、ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、【突進】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    展開と除去とバースト

    ネクロマンスを発動させ、場を《ゾンビ》で埋め尽くすことができる。
    追加で全てのフォロワーが攻撃力を上昇させて突進を持たせるので、1枚で相手の場を一掃できるぞ。
    さらに、ファロワーが盤面に残っていれば、それらを強化して大ダメージを相手に与えれる。
    盤面にフォロワーが残る超強力な《ファントムハウル》と評することができるだろう。


昏き底より出でる者
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【潜伏】
このフォロワーが潜伏中に攻撃したとき相手リーダーに6ダメージ
【ラストワード】このフォロワーが潜伏中なら相手リーダーに6ダメージ
進化後
【潜伏】
このフォロワーが潜伏中に攻撃したとき相手リーダーに8ダメージ
【ラストワード】このフォロワーが潜伏中なら相手リーダーに8ダメージ
  • 解説を読む▼
    【ラストワード】も込みでほぼ確実に相手リーダーにダメージを与えることができる強力なフォロワー。
    《バフォメット》でサーチできるので持ってこれないということはないだろう。
    【ラストワード】でもダメージを与えるので《神魔裁判所》のカウントダウンに合わせて出してダメージを与える動きもできるぞ。

バハムート
バハムート降臨ROB
進化前
【ファンファーレ】 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
進化後
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
  • 解説を読む▼

    数字の暴力

    攻撃できなくなるデメリットはさておき、お互いの盤面を一掃する効果は《テミスの審判》と同じく非常に強力だ。《テミスの審判》と違いアミュレットをも破壊することができる。
    カウントダウン付きのアミュレットの場合破壊されてそのままラストワードが発動するので注意が必要だ。

    ステータスは両方とも13で《サタンズサーヴァント》に匹敵しゲーム内で最大の数値となっている。

    攻撃ないデメリット

    《デュエリスト・モルディカイ》など、盤面にフォロワーが残り続けるラストワード持ちのフォロワーが相手盤面にいると、相手リーダーをずっと攻撃できなくなるので対処できる除去カードを一緒に採用してデッキに入れるといいだろう。

(評価S)のカード一覧

カード名 効果

スノーホワイトプリンセス
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ラストワード】 《白雪姫》を出す。その後《白雪姫》を進化させ《白雪姫》は能力を失う。
  • 解説を読む▼

    序盤の盤面取り

    消滅には弱いが、普通の戦闘には滅法強く、序盤のフォロワーを効果込みでほとんどなぎ倒すことができる。3/2/3のフォロワーが相手でも1/2でダメージを与えて、進化後白雪姫の2/3で一方的に倒すことができる。

    終盤は除去耐性を生かしてダメージを与える

    ビショップはバーストダメージを出すのが苦手だが、盤面に残りやすいこのカードと強化を組み合わせてバーストダメージを出すことが可能だ。《ヴァルハラジェネラル》《ガブリエル》あたりが強力なパートナーと言える。


トーヴ
ワンダーランド・ドリームズWLD
攻撃できない。味方のニュートラル・フォロワーが場に出たとき、このフォロワーは突進を得て攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    盤面制圧はお手の物

    ステータスが非常に高いので、3ターン目にニュートラルフォロワーを出して盤面を奪うことができる。
    中盤戦以降ならばニュートラルフォロワーを同時プレイできるので、即突進で盤面に影響を与えることができる。ニュートラルカードとのバランスが大事でデッキの構築次第になってくる。だから、このカードが使いたい人は構築のウデが問われる。


竜の託宣
プライズ
自分のPP最大値を+1する。このカードをプレイするとき既に覚醒 状態なら、カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼

    PPを増やす強さ

    PPを増やす効果は一見地味でそこまで強力に見えないが、実は強力極まりないカードとなっている。
    PPが増えることにより、相手より早く強力なフォロワーを着地させることができるようになる。出したフォロワーステータスによっては対処のしようがないため、それだけでゲームが決まることもある。

    地味に強いドロー効果

    覚醒状態になると追加で1枚カードを引くことができる。この効果により試合終盤に引いてきても腐らず、デッキの潤滑カードとして機能させることができる。


サラマンダーブレス
バハムート降臨ROB
相手のフォロワー1体に3ダメージ 【エンハンス】6 上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ
  • 解説を読む▼

    使い分けしやすいコスト

    序盤は小回りの利く除去として、終盤は全体除去として臨機応変に対応できるカード。単体には最大5ダメージを与えることができるので、除去性能は非常に高い1枚。コストもエンハンスの場合「6」、違う場合は「2」でどちらの場合も性能と比べてコストがそこまで高くなく他のカードと組み合わせて使いやすい。


詠唱:獣姫の呼び声
ダークネス・エボルヴDRK
カウントダウン3【ラストワード】2/1【疾走】《ホーリーファルコン》1体と、4/4《ホーリーフレイムタイガー》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    2体のフォロワーを召喚するメリット

    同時に2体のフォロワーが出るので対戦相手からしたら対処がし辛くなっている。また、召喚される片方は《ホーリーファルコン》で疾走を持っているため、即座に攻撃することができカウントダウンで失った盤面の優位を取り戻すことに長けている。

    更には《ホーリーフレイムタイガー》を進化させることで、両方とも攻撃できるようになり、一気に盤面を制圧できるだろう。

    カウントダウンは長いので短縮するカードと組み合わせて

    コストも低くとても強力なアミュレットとなっているため、カウントダウンは3と少し長めとなっている。
    その分カウントダウンを短縮できたとき得られるアドバンテージは非常に大きいためカウントダウンを進めることができるカードと組み合わせるといいだろう。


エンシェントエルフ
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    効果発動に関係なく強力

    例え効果が発動していなくとも2/3という、3コストフォロワーのバニラステータス+守護を持っている。
    そして、効果発動すれば最高6/7という脅威的な数字になる。これは、進化や効果なしの場合7コストフォロワーまで、1撃で倒せるフォローワーが存在しない数値だ。

    手札戻しは使い回しができるメリット効果でファンファーレの使い回しや、埋まってしまった盤面を強力なフォロワーに置き換えるなど、殆どの場合メリットとして働くことが多い。


豪拳の用心棒
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】体力3以下の相手のフォロワー1体を破壊する。復讐状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ
  • 解説を読む▼

    進化なしでも盤面奪取

    別のクラスだが似たような効果を持つ4コストフォロワーに《鉄槌の僧侶》が存在する。《鉄槌の僧侶》は進化権を使う代わりに消滅させることができるが、このかーどは進化権を”使わず”破壊することができる。
    強力なラストワード持ちを対象にした場合じゃない限りは、このカードの方が使いやすいと言えるだろう。

    進化を使えばさらに強力

    また、後攻4ターン目に進化をすれば簡単に1:2交換でき、進化時効果じゃないので進化した際のステータスが高く、場合によっては1:3交換できる可能性もある。
    弱点としては、《鉄槌の僧侶》と同じく体力3以下しか倒すことができないので、試合の終盤に相手がプレイした大型のフォロワーを破壊できないところだ。


不思議の探求者・アリス
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分の手札のニュートラル・フォロワーすべてと、自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する。
  • 解説を読む▼

    盤面強化で主導権を握れ

    ニュートラルフォロワーだけだが、盤面のフォロワーを強化できる。大量のニュートラルフォロワーを並べて置いてこのカードを出せば、一気に盤面を有利にできる。ニュートラルフォロワーを複数体展開するカードは《ゴブリンプリンセス》《歴戦の傭兵フィーナ》の進化があげられる。どちらもコストが5のため、《不思議の探求者・アリス》とは出す順番で少し噛み合わない。

    手札強化で相手より強く

    手札のニュートラルフォロワーを強化することで、毎ターン相手より強力なフォロワーを出すことができるようになる。ただし、出したいフォロワーを引いていなきゃいけない点と5コストのニュートラルフォロワーはどちらかというと展開向けのフォロワーなので手札で強化されても少し使いづらいと思われる。生き残ることで強力にな効果を出せるニュートラルフォロワーが追加されれば、より使いやすくなるだろう。


オズの大魔女
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【ファンファーレ】カードを自分の手札が5枚になるまで引く。【スペルブースト】を持たない自分の手札のスペルすべてを1コストにする。
【ラストワード】次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。
進化後
【ラストワード】次の自分のターン開始時、自分の手札のスペルすべてを消滅させる。
  • 解説を読む▼

    未知のコンボ発見

    スペルブーストを持たないスペルでもコストが高すぎる理由で採用されていないカードが多くあり、そういったカードに日の目が当たるようになるぞ。強力な範囲除去の《アルケミックロア》《破砕の禁呪》、フォロワーを展開できる《双璧の召喚》あたりが候補。
    ニュートラルのスペルもコスト1になるので、10コストスペルの《アスタロトの宣告》も1コストにできてしまうので、《アスタロトの宣告》+《マジックミサイル》も可能だ!

    5ターン目には使いづらい

    5ターン目に使用した場合、1コストになったスペルを何も使えないので、相手ターンに倒されただ手札を損するだけになる可能性があるので要注意だ。《冬の女王の気紛れ》と組み合わせてラストワードを無力化することも可能だ。


ケルベロス
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 ミミとココ1枚ずつを手札に加える。
  • 解説を読む▼

    臨機応変に使える

    ステータスは少し低いが、手札に加わる《ミミ》《ココ》がそれを補ってくれる。

    このカードの強みの一つは、進化権を使わないで、ダメージが出るカードを手札に加えられるところにある。
    《ミミ》と《ココ》は細かい打点になるので盤面の除去を綺麗にしやすい。
    他にも「ミミココハウル」と呼ばれているコンボで、《ファントムハウル》と組み合わせるだけで10点近いダメージが出せてしまい、ゲームを終わらせられる。
    かわいい見た目とは裏腹に非常に強力なカードだ。

    2pickでも効果で手に入る2枚が盤面制圧に役立つカードなので、評価がすごく高いものとなっている。進化権を使わない、他に回せるというのは強力だ。


クリスタリアプリンセス・ティア
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】4/4の《クリスタリア・イヴ》1体を出す。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのフォロワーは進化して、【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼

    盤面制圧はお手の物

    ターン中に2枚以上カードをプレイしてからこのカードをプレイすると、一緒に場に出る《クリスタリア・イヴ》を進化させて、守護を持たせるといった驚異的な盤面制圧性能を持ったカードだ。

    単純にステータスを上げるだけでなく進化なので、進化した《クリスタリア・イヴ》はすぐにフォロワーを攻撃することができる。

    s__35053570

    早く使うには

    基本的に2枚以上のカードをプレイしたときの効果なので、7ターン目以降での本領発揮になるが、《エルフプリンセスメイジ》などの効果で、0コスト《フェアリー》を加えることができれば最速5ターン目に効果を発動させることができるのは魅力的だ。

    効果での進化なので、そのターンに、他のフォロワーを進化させることができるのも覚えておきたい。

    また、本体は1/1とステータスが非常に低いが、《自然の導き》などで使い回しをすることで大きなアドバンテージを得ることができる。

    2Pickでも単純に2人の合計ステータスは標準以上なので、最低限の仕事はする上に、効果を発動することができれば盤面を一気に返すことができるので非常に強力なカードといって間違いないだろう。


レヴィオンセイバー・アルベール
バハムート降臨ROB
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】【エンハンス】9;「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    高いステータスからの大ダメージ

    ヴァンパイアの《インプランサー》と比べて体力が1低いが、コストも1低いのでより早くプレイでき、同じく【疾走】を持つ点で超強力。

    リーダーにダメージを与えることはもちろん、進化権を使わない除去フォロワーとして機能する。また、エンハンス効果で2回攻撃できるので進化権を絡めて10点ものダメージを出すことができる。ロイヤルの課題であったバーストダメージ確保も可能になるぞ。

    ダメージを受けないエンハンス効果は劣勢時の巻き返しにも役立つ。


三月ウサギのお茶会
ワンダーランド・ドリームズWLD
カウントダウン 4
【ファンファーレ】【ラストワード】《ブリキの兵隊》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    疾走ビショップ超強化?

    《天空の守護者・ガルラ》や《黄金卿の獅子》、《イーグルマン》と相性が良く【黄金疾走ビショップ】に採用される可能性が高い。

    5ターン目《三月ウサギのお茶会》6ターン目に《天空の守護者・ガルラ》を展開するだけで強力な盤面を形成できる。


ビューティ&ビースト
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分の他の手札が5枚以上なら、+2/+2する。自分の他の手札にニュートラル・カードが3枚以上あるなら「このフォロワーへのフォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、このフォロワーは能力で破壊されない」を持つ。
  • 解説を読む▼

    プチヘヴンリーイージス?!

    手札が5枚以上なら7/8になり、ダメージ+破壊効果を無効にすることができる。

    進化権を使用すれば9/10となり超強力なフォロワーが誕生する。ただでは破壊できず2枚以上のカードは簡単に持っていけるくらいのパワーを持っている。

    【テンポエルフ】や【アグロエルフ】といったアグレッシブに動くデッキに採用される可能性高いぞ!


クリスタリア・エリン
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 自分のリーダーを3回復。
【エンハンス】 8; その後、自分のEPを1回復。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    防御+防御

    体力回復効果と守護を兼ね備えたフォロワーでステータスもそれなりに高い。
    特に体力の数値が高いため並大抵の攻撃では破壊されず、2回以上攻撃を受け止めることも多い。

    さらには、エンハンス効果でEP(進化ポイント)を回復してくれるので、ほとんどの場合に進化権がなくなる8ターン目以降でも即進化し、盤面に影響を与えることができる。攻撃力が進化すると6になり、ほとんどのフォロワーを屠ることができる点も高評価だ。


テミスの審判
スタンダードSTD
お互いのフォロワーすべてを破壊する。
  • 解説を読む▼

    最強の全体除去

    問答無用でプレイされてあるフォロワー全てを破壊する。その破壊力はすさまじく、対象もとらないので隠蔽などの対象に取れなくなる効果を持っているフォロワーも一掃する。 

    弱いところをあえて言うならば消滅ではないので、ラストワードだけは発動すること、コストが6と絶妙な高さ、自分のフォロワーも破壊してしまう3点だ。

    自分のフォロワーも破壊してしまうので6ターン目に使った場合盤面はいったん綺麗になるが、相手が先にフォロワーを展開することができ、簡単に優位になれるとは限らないことを覚えておこう。

    このカードが手札にある場合、カウントダウンアミュレットのカウントダウンを7ターン目にあわせたりなどして工夫するとより強力になるぞ。

    2pickでも強力なカードなので出てきたら積極的にpickしよう。盤面の取り合いが大事な2pickでは全体除去などが少なく、一旦盤面をとられてしまうとそのまま盤面をとられて負けてしまう場合がとても多い。

    そういったときにこのカードが手札にあれば、広がってしまったアドバンテージ差をリセットすることができる。またこのカードが手札にあることで、多少リスキーな行動をしても安心感が変わってくる。


黄金郷の獅子
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】手札のコスト5以下のアミュレット1体を場に出し、それを破壊する。
自分の場のニュートラル・フォロワーが出るたび、このカードをコスト-1する。
  • 解説を読む▼

    コストを下げる

    《ゴブリン》2枚を同時に出す効果のある《ゴブリンプリンセス》を場に出すことで、一気にコストを3も減らすことができる。コストが下がることによって盤面のテンポを非常に取りやすくなる。

    アミュレット破壊でアドバンテージ

    アミュレットを破壊する効果は《凍りづけの巨象》と相性がよく、盤面に《インペリアルマンモス》を展開することができる。
    このカードのコストも元々7なので、盤面に置いておいた場合でも《凍りづけの巨象》を破壊することができるぞ。


ウロボロス
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【ラストワード】 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。
進化後
【ラストワード】 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼

    使い回しとプレッシャー

    ファンファーレ効果の3ダメージは有利とトレードをして瀕死になっている相手フォロワーや、大量展開してきた小粒なフォロワーを倒すことができる。
    進化権を使用することでさらに相手フォロワーを倒すことができ、有利トレードならば盤面に攻撃力10のフォロワーを残すことができる。攻撃力10ほとんどのフォロワーを道連れにでき、リーダーの最大体力の半分に相当して凄まじいプレッシャーを与えることができる。

    さらに厄介なのが破壊した場合手札に戻って次のターン再度召喚できることだ。体力を回復しながら、ファンファーレ効果で毎ターンダメージを与えてくるので、『速攻で試合を終わらす』や『消滅させる』ができない場合詰む可能性がある。


次元の魔女・ドロシー
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】手札をすべて【消滅】させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。スペルブーストコスト-1
  • 解説を読む▼

    驚異のテンポ力

    ステータスが5/5で6コスト相当のものを備えている。つまり、スペルブーストを3回行うだけでこのカードは一般的なカードと同じ強さを発揮できるようになる。
    もちろん、もっとコストを下げることができるならば、より強力と言えるだろう。

    リソース補充

    手札を消費して少なくなった時に出すことで、消費した手札を補充できる。補充した手札はスペルブーストされるので、コストが下がるフォロワーを引くことができたなら、大量展開することもできる。


ヘヴンリーイージス
神々の騒嵐TOG
このフォロワーへのダメージは0になる。
このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。(例えば、「破壊する」能力や「【消滅】させる」能力を受けない)
  • 解説を読む▼

    無敵の不沈艦

    無敵のため、最高クラスの除去耐性を誇る。
    安全に場に置けるような展開に持ち込めれば、《テミスの審判》などで一方的に相手フォロワーを除去可能なので、コントロール同士の対決では最終兵器に。ただし、9ターン目に出しても進化権がないと場に干渉できない点には注意しよう。
    このカードを安全にプレイするために、場を取っていくことが必要だ。
    テキスト的には全てのカードの能力を受けないので、《守護の陽光》《守護の力》での能力付与は不可となっているぞ。

    安全プレイ方法

    《神魔裁判所》を6ターン目にプレイして、9ターン目にカウントダウンを合わせることで相手フォロワーを出しづらくさせると安全にプレイしやすい。
    他にも《力比べ》など、攻撃を制限するアミュレットとも相性がいいぞ。




(評価A+)のカード一覧

カード名 効果

赤枝の聖騎士・ノイシュ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分のターン開始時まで、自分のリーダーへの4以上のダメージは3になる。
  • 解説を読む▼

    終盤の時間稼ぎに

    ダメージを低減する効果は序盤に活躍することがないものだが、終盤の性能は凄まじいの一言。4以上のダメージを3にするということは、自分のリーダーの体力が10ならば3回相手の攻撃を受け止めることができることになる。耐えている間に《テミスの審判》から回復する動きが強力だ。

    バーストストッパー

    コントロールデッキのほとんどは1ターンで20点近いダメージを出す【超越ウィッチ】や【白狼白銀エルフ】などのデッキが苦手だ。そういったデッキ相手にこのカードを出すことで1ターン稼ぐことができるので、その間に相手を倒すなり守護を並べるなりすることで試合を勝利に持っていくことができる様になる。特に、《天窮の竜神》《昏き底より出でる者》の様に次のターンのバーストがはっきりと見える相手に使うといいだろう。


歌劇姫・フェリア
ワンダーランド・ドリームズWLD
【進化時】自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+1する
  • 解説を読む▼
    単体で効果を発揮することはないが、ニュートラル多めのデッキ構築にすれば最強クラスの2コストフォロワーになる。
    特に、【ニュートラルロイヤル】という新環境デッキと相性が良いだろう。

デーモンイーター
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、カードを2枚引く。
  • 解説を読む▼
    2コスト1/2に《ソウルコンバージョン》が付いてきたような性能。
    《よろめく不死者》や《骨の貴公子》から誕生する《スケルトン》などに使用するとアドバンテージを得られる。
    ドローソースが増えたことで【ミッドレンジネクロ】がさらに強化されるだろう。

エルフの少女・リザ
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】相手のターン終了まで、自分のフォロワーへの「能力によるダメージ」は0になる(「攻撃によるダメージ」はそのまま)
  • 解説を読む▼

    自分の場のフォロワー全員に1ターンの間カード能力によるダメージの耐性をつける超強力な効果を持った2コストフォロワーだ。

    《黙示録》を警戒しなければいけないところだが、全員に耐性をつけることで対処不能にし、勝利している。

    エルフは手札に戻して、ファンファーレ効果を使いまわすのも得意なリーダーであり、相性ばっちりだ。

    さらに、2コストで2/2と標準ステータスを満たしているのも評価ポイントである。

    効果が強力ゆえ、【テンポエルフ】は勿論、【冥府エルフ】にも採用されることの多い強力なカードだ。

    2Pickでの評価も、2コスト2/2のステータスを満たしており、最低限の仕事をしやすいため、評価は高めになっている。


古き魔術師・レヴィ
ダークネス・エボルヴDRK
進化前

進化後
進化時《紅蓮の魔術》1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼

    進化時に、1コストで3ダメージを相手リーダーにもフォロワーにも飛ばせる《紅蓮の魔術》という破格のコストパフォーマンスを持ったスペルを手札に加えられるフォロワー。

    本人は2コストなので、進化させて相手フォロワーとトレードし、余ったコストで《紅蓮の魔術》使用して相手フォロワーを倒せば、強力な進化効果を持った《ドラゴンウォーリア》のような役割を果たすこともできる。

    s__35209228

    相手リーダーも対象に取れるので、バーストダメージの確保にも活躍するぞ。

    2コストで2/2のステータスを持っているので、序盤に盤面を取るのに置いても活躍するだろう。

    【超越ウイッチ】や、【秘術ウイッチ】などで盤面を取るのに貢献する。

    2Pickでも、序盤中盤の盤面を取るのに優れた性能を持っているので、評価は高い。


破魂の少女
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 ネクロマンス 4;相手の進化後フォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼
    ネクロマンス4の消費は重いが、問答無用に進化フォロワーを破壊できるファンファーレ効果は強力。2コスト枠はデッキによって採用がかなり変わり、その選択肢となる1枚。ネクロマンスをあまり消費しないデッキや【アグロネクロ】で進化守護を倒すのに役立つ。

糸蜘蛛の悪魔
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    防波堤

    破格のスペックを誇った2コストフォロワー。体力4の守護は、簡単に突破することができず、3コストフォロワーですらほとんどの場合は2回攻撃する必要がある。
    デメリットで2ダメージを食らうが、それ以上に体力を守れることがほとんどのため、気になることはまず無いだろう。
    2ダメージが重い状況はだいたい復讐状態なので、復讐状態でダメージを受けなくなる効果は非常に嬉しい。


漆黒の法典
プライズ
体力3以下の相手のフォロワー1体を【消滅】させる。
  • 解説を読む▼

    ビショップデッキでは必須といっても過言ではないカード。

    消滅させればラストワードは発動しないため、ネクロマンサーなどにとても有効だ。


大魔法の妖精・リラ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【交戦時】交戦する相手のフォロワーを破壊する。その後、このフォロワーは、この交戦時能力を失う。
  • 解説を読む▼

    一方的な破壊

    交戦時効果は、戦闘を行う前に発動するので一方的に敵を倒すことができる。1回しか発動しないとはいえ、一方的な破壊は非常に強力だ。

    弱いものでも発動

    どんなに体力や攻撃力が低いフォロワーでも効果が発動してしまうため、弱いカードをぶつけて効果を消費させてから倒すといい。


シンデレラ
ワンダーランド・ドリームズWLD
自分が他のロイヤルフォロワーを場に出した時、このカードを手札に戻す
  • 解説を読む▼

    ニュートラルと組み合わせて

    ロイヤルフォロワーを出すと手札に戻ってきてしまうが、ニュートラルフォロワーなら手札に戻らない。鏡の世界などを使って手札のロイヤルフォロワーをニュートラルフォロワーにすることでうまく活用できる。ステータスは非常に強力なためこのカードを使って盤面を奪っていきたい。

    後出しなら問題なし

    先に他のロイヤルフォロワーをプレイして後に出した場合は何も問題ない。そのためゲーム終盤では他のロイヤルフォロワーからプレイして、その後このフォロワーをプレイするといいだろう。そうすれば、《ルミナスメイジ》などの指揮官シナジーを受け取ることができるぞ。


ラプンツェル
ワンダーランド・ドリームズWLD
場に出たときと自分のターン開始時、このフォロワーは攻撃不能になる。
自分の他のフォロワーが攻撃したとき、このフォロワーは攻撃可能になる。
  • 解説を読む▼
    ステータスがとてつもなく高い。攻撃できない縛りがあるのだが、このフォロワー以外の味方が攻撃すると攻撃可能状態になる。
    味方が進化しても攻撃可能なため、アグロデッキなどに採用される可能性がある。

兎耳の従者
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】「自分の場のニュートラル・フォロワーの枚数」と同じだけカードを引く。
  • 解説を読む▼
    ニュートラルフォロワーが入ればその数に応じて手札を引くことができる。
    2コスト以下を全てニュートラルフォロワーだけで埋めることで序盤に手札を回復できその後の展開が楽になるぞ!
    このカードも色々なタイプのロイヤルデッキに採用される可能性があるのでデッキ構築が楽しみだ。

呼び覚まされし禁忌
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
攻撃不能 自分のターン中、自分の手札が9枚になった場合、このフォロワーを進化させ、相手フォロワー全てに3ダメージ。
進化後
攻撃可能
  • 解説を読む▼

    強力な全体除去内蔵

    手札9枚で発動する《アルケミックロア》内蔵フォロワー。ウィッチならば手札9枚の条件を簡単に満たすことができる。2ターン目に《魔法図書館》を置くとより簡単になるぞ。

    ステータスもお化け

    ステータスが高く5コストの進化後並みのステータスを有しており、一方的にほとんどのフォロワーを葬ることができる。そんなものに全体除去がついているんだから強いなんてものではない。今までアグロデッキ相手には処理をしていく以外選択肢がなかったが、これからは多少のダメージを覚悟し、手札を増やしていくだけで盤面を一掃し攻撃できるようになる。また、進化権を使い進化させても攻撃可能。


ゴブリンリーダー
ワンダーランド・ドリームズWLD
自分のターン終了時、《ゴブリン》を1体出す。
  • 解説を読む▼
    ロイヤルの《アセンティックナイト》のようなフォロワー。
    《アセンティックナイト》とは違いすぐにバフなどを付与できないが、毎ターン《ゴブリン》を場に出せるため放置できないフォロワーだ。
    ニュートラルフォロワーなので《不思議の探求者・アリス》とも相性がいいぞ!

吸血貴・ヴァイト
バハムート降臨ROB
【守護】 【交戦時】フォレストバット1体を出す
  • 解説を読む▼
    守護持ちかつ、3コストの標準ステータスを持ち、さらに交戦効果でフォレストバットを出すので、標準ステータス以上の活躍ができる。進化権を使って有利トレードを行えば、2体以上のフォレストバットを出すことも可能なため、非常にコストパフォーマンスが良いカード。

旅ガエル
神々の騒嵐TOG
自分のターン終了時、【潜伏】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    毎ターンの終了時に「潜伏」を得るので、こちらから相打ちにしない限りはほぼずっと盤面に残るカードとなる。

    旅ガエルを《武装強化》や《運命の泉》、《最前線》で強化していけば強力な一撃を叩き込める。

    強化したこのカードを選択して《旋風刃》を使うと、フォロワーたちを葬り去ることができるぞ。


プリンセスキス
ワンダーランド・ドリームズWLD
ニュートラルフォロワー1体を+2/+4し、そのフォロワーは指揮官になる。
  • 解説を読む▼

    盤面優位にするバフカード

    上昇値が非常に高く、これを打つだけで盤面を有利にすることができる。ニュートラルフォロワーしか強化できないが、ニュートラルの2コストフォロワーは《ユニコーンの踊り手・ユニコ》や《天弓の天使・リリエル》といった使いやすいものが揃っているので悪くないだろう。

    ロイヤルシナジーを受けられるように

    追加効果でロイヤル・指揮官を得るので、ロイヤルのシナジーも発動するようになる。指揮官を得るので、《ルミナスメイジ》を使用することで進化権を消費せず進化させることができるようになるぞ


フローラルフェンサー
プライズ
進化前

進化後
進化時 スティールナイト1体とナイト1体を出す。
  • 解説を読む▼

    4ターン目に出して進化するだけ!

    進化するだけで2/2と1/1のフォロワーを展開することができ、盤面を強固にすることができる。その合計ステータスはなんと7/8となっており、そこだけを見ると6コストフォロワーの進化に匹敵する。

    《鉄槌の僧侶》などと違い、相手の盤面に関わらずほぼどんな状況でも安定して同じ強さを提供してくれるのも魅力の一つだ。

    2pickでは特に盤面の強さが大事なので、このカードの強さはさらに際立つだろう。後攻4ターン目に進化できた場合、そのまま盤面の優位性を奪い、勝利しきることも難しくはない。


鉄槌の僧侶
プライズ
進化前

進化後
進化時 体力3以下の相手のフォロワー1体を【消滅】させる。
  • 解説を読む▼

    進化時効果による圧倒的アドバンテージ

    進化時効果で体力3以下のフォロワーを除去をしながら、自信は4/5の突進になりフォロワーを1体破壊してくる。場合によっては生き残ったこのフォロワーを倒すため相手はもう1枚カードを差し出すことになるなんてこともあるぞ。

    進化時効果の除去は消滅なので強力なラストワードを持っているフォロワーでもそのラストワードを発動させずに対処することが可能となっている。

    2pickでの評価も変わらず高い。効果を発動させアドバンテージを得ることができれば、勝利は目前といっていいだろう。


エルフプリンセスメイジ
スタンダードSTD
進化前

進化後
進化時 フェアリー2枚を手札に加え、それらのコストを0にする。
  • 解説を読む▼

    0コストフェアリーの汎用性

    進化時に0コスト《フェアリー》が2枚手に入る。この0コスト《フェアリー》はさまざまなコンボに使え、手札に持っていることで相手に様々なプレイを警戒させることができる。

    他にも、手札で温存せずそのターン中に展開することで盤面の優位が取れるなど汎用性が非常に高い。

    注意点としては使い道が多岐にわたっているので、状況に応じた正しい選択をしないといけないことだ。


マーリン
スタンダードSTD
進化前
【ファンファーレ】 スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。攻撃時 スペルブースト する。
進化後
進化時 スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。攻撃時 スペルブースト する。
  • 解説を読む▼

    パワーよりテクニック

    このカードの戦闘能力はそんなにステータス通り高くない、しかしデッキの潤滑油としては非常に強力だ。手札が足りないとき出して進化を使うことで手札を補充でき、攻撃することで補充したスペルをスペルブーストすることができる。

    また、攻撃するたびにスペルブースとが発生するので相手は優先的に倒してくる場合が多い。そのため、擬似的な守護として使うこともできる。

    2pickではステータスが低いので評価は低い。最低限の攻撃力は持っているので、最悪のpickとはいえないだろう。


円卓の騎士・ガウェイン
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 【エンハンス】 6; +1/+1して、【突進】 を持つ。
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
進化後
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
  • 解説を読む▼
    標準ステータスに加え、攻撃のたびに手札の指揮官のコストを下げる兵士フォロワー。
    ウィッチでいう《マーリン》のような効果であり、対戦相手からすると放置できないカードとなる。
    エンハンス効果も進化を使わず場を取れて、さらに効果を発揮できるのが○。

ラハブ
神々の騒嵐TOG
【守護】
自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じだけ+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    早出しによるb


    放置しておくとステータスを大きく伸ばす時もあるので、対戦相手としても放置はできない。
    アグロデッキに対しては有効。


ベルフェゴール
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 カードを2枚引く。その後、復讐 状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。
  • 解説を読む▼

    復讐誘発

    デメリットとして体力が10になるが、復讐状態になることで強力な効果を発揮できるカードが多いので、逆利用可能。
    《ブラッディメアリー》と組み合わせれば強力なバーンカードともなりうる。
    また、ダメージを受ける効果はデメリット扱いなので、そのぶんステータスが高い。進化権を使えば簡単には倒せない、6/6というステータスになる。【アグロヴァンパイア】や【コントロールヴァンパイア】の手札補充カードとして、幅広いヴァンパイアデッキでの採用が期待できる1枚。


神魔裁判所
バハムート降臨ROB
カウントダウン3 【ファンファーレ】ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
【ラストワード】ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼
    対象はランダムだが、2体のフォロワーを破壊できるのは魅力的。同じような効果で4コストのアミュレットの《詠唱:死の宣告》と比べて、ファンファーレで破壊できる即効性があり、カウントダウンが3なので、カウントスキップカードを絡めての効果タイミングの調整ができるのがメリット。

緋色の剣士
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【必殺】
【ファンファーレ】 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。
進化後
【必殺】
  • 解説を読む▼
    【必殺】もちであり【ファンファーレ】で優秀な除去や回復も搭載されている。
    【必殺】というだけで対処しづらく、うまくいけばこのカード一枚で複数のフォロワーを処理可能。

ブラッディ・メアリー
ダークネス・エボルヴDRK
このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。
  • 解説を読む▼

    自分のターン中に受けるダメージをすべて相手リーダーに与えることができる強力なバーン効果を持ったフォロワー。

    s__26959876

    ヴァンパイアのカードは、自分リーダーにダメージを負わせるデメリット効果を持った代わりに強力な効果を持ったカードが多く、それらのデメリットをすべてバーン効果に変換できるのは強力無比と言って良いだろう。

    特に《漆黒の契約》と相性が良く、なんと1枚で6点の直接ダメージを与えることが可能だ。

    また、自分のリーダーの体力が20あれば、《ソウルディーラー》をプレイすることで10点の直接ダメージという夢のようなコンボも存在する。

    ステータスも5コストとしての標準ステータスを持っているので申し分無く、相手としては倒佐内場合、次のターンに大ダメージを喰らってしまう可能性があるため、絶対に処理しなければならないいフォロワーとして実質守護のような役割も果たす。

    【コントロールヴァンパイア】では勿論、構築次第では【アグロヴァンパイア】にも採用される強力なカードだ。


ジャングルの守護者
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 【エンハンス】 10; ジャングルの【守護】者1体を出す。その後、自分のジャングルの【守護】者すべては【疾走】 を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    驚異の2体疾走

    10コストをフルに使うエンハンス効果が強力で、守護、疾走付きの「4/5」フォロワーを2体同時に繰り出すことができる。

    白銀白狼デッキなどに組み込んでも面白い。

    5コストで使用しても標準以上の働きができ、厄介なアグロ系デッキに対しては、単純に体力の高い守護として活躍するぞ!


トランプナイト招集
ワンダーランド・ドリームズWLD
《スペードの暗殺者》
《ハートの守護者》
《クローバーの兵士》
を召喚する。
  • 解説を読む▼

    状況に応じて使い分け

    【疾走】【守護】【必殺】と3種類の効果を持つフォロワーをそれぞれ召喚します。盤面を取られているようなら、【必殺】を進化させて盤面を取れますし、ダメージプッシュしたいなら【疾走】を進化させてダメージを与えることもできます。もちろん、体力を守りたければ【守護】を進化させるといいでしょう。

    バフする際に要注意

    このカードで展開するフォロワーは全てニュートラルなので、「兵士」や「指揮官」といった区分を有していない。そのため、《王家の御旗》で強化できない。逆にニュートラルカードだから、《戦乙女の槍》で強化することができる。他にも6PPの《セージコマンダー》はクラスを問わず強化できるので相性が非常にいい。


邪悪なる妖精・カラボス
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分のリーダーに「自分のターン開始時、自分のPP+1されない」と「自分のターン終了時、相手リーダーに1ダメージ、自分がカードを1枚引く」を付与する。(この効果は重複する)
  • 解説を読む▼

    ルールに干渉する効果

    PPが増えない効果は、シャドウバースのルールに干渉するほどの大きいデメリットだ。そのぶんそのデメリットを打ち消してもあまりある強力なメリット効果を有しているぞ。

    永続なので出したら完結

    付与された効果はこのカードが盤面を離れても継続する。そのため、出した時点でほぼ役割は終わっており、あとは毎ターンの終了時にダメージとドローを繰り返せる。また、効果重複するので3体出すことに成功すれば、毎ターン3枚引くことができる。

    確定サーチもできる

    ステータスが高く、攻撃力が5を超えているので《バフォメット》で手札に加えることができる。他に攻撃力が5以上のフォロワーを採用しなければ、確実に加えることができるぞ。


偉大なる魔術師・レヴィ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【土の秘術】相手のリーダーか相手のフォロワー1体ではなく、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
  • 解説を読む▼
    《古き魔術師・レヴィ》の若かりし姿。
    土の秘術を使用しなくても最低限のダメージを相手に与えられ、土の秘術を使用すれば相手全体にダメージを与える効果に変化する。
    特にアグロ相手に対して強くなり、レヴィ自身も効果で相手のリーダーにダメージを与えられるので【アグロ秘術ウィッチ】などに採用される可能性が高い。

ツバキ
スタンダードSTD
進化前
【潜伏】 【ファンファーレ】 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
進化後
【潜伏】
  • 解説を読む▼

    攻撃力5以上のフォロワーを破壊する効果は多大なアドバンテージを生んでくれる効果をもっているだけでなく、潜伏により次のターンほぼ確実に攻撃できるアタッカーとしても機能する。

    大型フォロワーが多い環境や、速攻デッキの守護突破用にこのカードは役立つだろう。

    2pickでは盤面が重要なので攻撃力5以上のフォロワーは毎試合でてくるだろう。つまり、このカードの効果はどの試合でも発動させる可能性があることを意味する。潜伏を持っていることで次のターン有利トレードをしやすいこともあり、容易に1:2交換を成立させ、勝利に導いてくれるだろう。


エルフナイト・シンシア
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。
進化後
進化時フェアリー2体を出す。自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    進化時に2体の《フェアリー》を生み出すことのできる盤面構築性能の高いカード。

    ロイヤルの《フローラルフェンサー》とも同じで盤面を取って戦うのが得意なエルフでは、非常に強力な効果になっている。

    さらに通常時から持っている効果で、場のほかのフォロワーが攻撃するたびにそれらの攻撃力を1上昇させるといった、非常に攻撃性能に優れた効果も持っている。

    エルフは場にフォロワーを展開することが得意なリーダーなので、この高価は非常にエルフの特性とマッチしている。

    《ブレスフェアリーダンサー》と違って、上がった攻撃力はターン終了時に下がらないところも強力である。

    【テンポエルフ】のフィニッシャーとして採用されることが多い。

    2Pickでも当然、盤面構築性能が高いため評価は高く、最優先でピックしたい1枚となっている。


苦罰の審判者
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 体力3以下の相手のフォロワー1体を【消滅】させる。カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼
    進権を使わずに相手フォロワーを処理できるのはビショップにとっては非常に嬉しい。
    ドロー効果も付いているので1枚で大きなアドバンテージを稼ぐことも可能。

ダークジャンヌ
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 他のフォロワーすべてに2ダメージ。他のフォロワーすべてを+2/+0する。
  • 解説を読む▼
    通常の《ジャンヌダルク》は、8コストで「相手フォロワーのみ全体2ダメージ」を与える効果だったが、コストが減った代わりに自分のフォロワーにもダメージを与えるようになったのが、《ダークジャンヌ》である。
    追加効果で「攻撃力」を得ることが可能だが、デメリットも存在するため、上手く機能させるには工夫が要る。

死の祝福
スタンダードSTD
ゾンビ3体を出す。ネクロマンス 6; 自分のゾンビすべては+0/+1されて、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    ネクロマンサーの盾として

    追加効果で《ゾンビ》に守護と体力+1を与える。3体もの守護が並べることができるので、相手は突破することに苦労することになるだろう。ネクロマンスは6と重いがこのカード自体が墓場を4ためてくれるので、次のネクロマンス発動にはそこまで困らないだろう。

    強力なネクロマンス効果ではあるが、それに固執せず効果がなくても6ターン目に使って行く選択もある。

    2pickではその展開力、盤面支配力の高さから、見かけたら最優先でpickするカードといっても過言ではない。


デモンオフィサー・エメラダ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
復讐状態なら、【疾走】を持つ。
  • 解説を読む▼
    エクスキューションに2コストで4/5ステータスがついてきたカード。
    さらに復讐で疾走も付くおばけ。コントロール系の遅いヴァンパイアが確定除去を手に入れたことで暴れる未来が垣間見えてきた。

フロントガードジェネラル
スタンダードSTD
【守護】 【ラストワード】 フォートレスガード1体を出す。
  • 解説を読む▼

    ラストワードまでもが守護

    高いステータスを持つ守護フォロワーで進化すると大きく絵柄が変わることで有名だ。このカードが強力なところはラストワードで出てくるフォロワーも守護を持っており、ほぼ確実に2手相手の攻撃から自リーダーの体力を守ることができることだ。

    突破使用と思うと進化権を使わないといけなく、7ターン目のタイミングでは進化権が切れていることも多く、そうなってしまえばこのカードは2手といわずかなり多くの攻撃を受け止めることができるようになるだろう。

    2pickでのこのカードは神といっても過言ではない。7ターン目までに取られてしまったアドバンテージを取り返すことができ、更には2手確実に止めるので、他のフォロワーをとても守りやすくなり、有利トレードやダメージを与えることが容易になる。


冥守の戦士・カムラ
バハムート降臨ROB
【守護】【ラストワード】攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。「破壊したフォロワーの攻撃力」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
  • 解説を読む▼

    守護と効果の体力回復によってリーダーを守ることを得意としているフォロワー。消滅以外の手段でこのフォロワーを倒そうとした場合、うまく盤面を全て使い倒さない限り、必ず回復されてしまう。

    《バハムート》の前に置いておくことができれば、バハムートを破壊しながら大量の回復が可能になる。


オーディン
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】相手フォロワー1体か、アミュレットひとつを【消滅】させる
  • 解説を読む▼

    ファンファーレ効果で相手の盤面のカードを問答無用に1枚消滅させることのできる強力な効果を持ったカードだ。

    %e3%82%aa%e3%83%87%e3%83%b3%e6%bc%94%e5%87%ba

    大型フォロワーだろうがアミュレットであろうが問答無用に除去できるのは勿論強力だが、消滅なのでラストワード効果が発動しないため、処理の難しい《デュエリスト・モルディカイ》《封じられし熾天使》に対してのメタカードとしても活躍する。

    ニュートラルのカードなのでどんなデッキにでも入れられるカードであることは大きなメリットである。

    8コストと重いので、主に採用されるデッキは【ランプドラゴン】のようにPP加速のできるデッキか、コントロールデッキになるだろう。

    8コストにしては4コスト相当のステータスしかないのは貧弱である。

    2Pickでの評価は基本的に1:2交換をできるがやはりステータスとコストの重さがネックであり、優先して選択すべきカードではないだろう。


古き森の白狼
バハムート降臨ROB
【突進】 【ラストワード】 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフのカード(古き森の白狼の除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。
  • 解説を読む▼
    8コストと重いが、ラストワード効果でデッキからエルフの最重量カードのコストを0にして「サーチでできる効果」は様々な効果に悪用できる。突進がついているので、プレイしたターンに攻撃して自滅したり、相手のフォロワーを処理したりできる点は非常に優秀だ。

ネフティス
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 それぞれコストの異なるフォロワー(ネフティスを除く)をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。この能力で出たフォロワー全てを破壊する。
  • 解説を読む▼
    相ネクロマンサー特有の「ラストワード」を最大限活かすことが可能な特殊能力。特に、破壊されても復活する《デュエリスト・モルディカイ》との相性は抜群か。デッキ圧縮にも繋がるため「スペルが引きやすくなる」だけでなく、同時に墓場(ネクロマンス)が大きく溜まるという恩恵も。使いこなすには、難しいデッキ構築を迫られそうだが、今後のカードプールでは高い可能性を感じるカードである。

メイルストロームサーペント
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 メイルストロームサーペント1体を出す。
復讐状態なら、1体ではなく場が上限枚数になるまで出す。
  • 解説を読む▼

    破格の強さ

    復讐が発動していない場合でも強力であることは間違いないが、復讐効果で場を全て埋めることに成功したら圧巻の一言。
    しかし、8コストと遅く守護もついていないため、相手のバーストダメージで倒されてしまうかもしれない。相手に《テミスの審判》《黙示録》と言った全体除去カードがない場合は、ほぼ勝ちと言っても過言ではないぞ!


封じられし熾天使
ダークネス・エボルヴDRK
カウントダウン1【ラストワード】《目覚めし熾天使》1つを出す。
  • 解説を読む▼

    このカードから繋げて、最終的に出せる《栄光のセラフ・ラピス》のラストワード効果を発動させることで勝利することができる強力無比な効果を持ったアミュレット。

    s__34889730

    合計4回カウントを進める必要があるが、3枚のカウントスキップカードが手札にあれば、最速9ターン目には効果を発動させることができる。

    8コストと重い上にプレイしたターンは無防備になりがちなので、場に出すタイミングには注意したい。

    このカードでの勝利を目的とした【セラフビショップ】のような専用構築で輝くフィニッシャーである。


天窮の竜神
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ラストワード】次の自分のターン中、ドラゴンクラスのフォロワーを場に出した時、そのフォロワーの攻撃力と体力を2倍にする

ダークエンジェル・オリヴィエ
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分のEP(進化権)を3ポイントにする
  • 解説を読む▼

    進化権を3ポイントまで回復する驚異的な効果を持っている。

    通常、進化権は先行では2ポイントしかないが、3ポイントまで増やせる。

    s__26869763

    拮抗した勝負で、進化を使い切ったゲーム終盤に自分だけ進化権を使うことができるようになればその後の勝負の展開で大きく優位に立てること間違いなしだろう。

    9コストと非常に重いフォロワーなので、【ランプドラゴン】のようなPP加速を行えるデッキや、コントロール系の勝負が長引くデッキに採用されることが多い。

    本体のステータスは低く見られがちだが、出したターンに進化すれば実質6/6突進フォロワーとなるので、トレードを行う上ではそこまで気にならない数値である。

    2Pickではミッドレンジデッキを目指したデッキを目指したマナカーブでデッキを組むことが多く、フォロワー同士のトレードが構築戦より重要で、盤面の取り合いをしているとロングゲームになりがちなので、一気に進化権というアドバンテージを回復することのできるこのカードはフィニッシャーとして優秀だ。


イスラーフィール
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
進化後
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    8/8という巨大ステータスに加え、攻撃時に全体2点ダメージを飛ばすことができる超パワーカード。

    レジェンドカードの《サハクィエル》を使えば、7コストでトレードしつつAOEの特殊能力を発揮することができるので、盤面を一気に取り返せる。

    普通にプレイする場合でも、ファンファーレでの回復効果があるため、進化がなくても《ルシフェル》のように置くことができるだろう。

    コンボ例

    《バハムート》同様、《サハクィエル》からプレイして、《風読みの少年・ゼル》で相手リーダーに飛ばすコンボギミックは、強力なバーストダメージを狙えるぞ!


魔海の女王
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】手札のニュートラル・カード(魔海の女王を除く)1枚と、ニュートラルでないカード1枚のコストを0にする。
その後、それら以外の手札をすべて捨てる。
  • 解説を読む▼
    《次元の超越》などコストが非常に高いカードのコストを0にすることでゲームを決めることができる。
    コストが高いのでPPブーストできるドラゴンと組み合わせたら早い段階から悪さができるかもしれない。
    コンボ要素が強いカードなのでうまく手札をそろえていきたい。
    鏡の世界でコスト0にするカードの片方をニュートラルにしておけば両方ともクラス固有のカードを0にすることも可能だ。

ジェネシスドラゴン
スタンダードSTD
【疾走】
  • 解説を読む▼
    高コスト高ステータス疾走フォロワー。
    【ランプドラゴン】などには、よく

ゼウス
神々の騒嵐TOG
【疾走】
【必殺】
【守護】
  • 解説を読む▼

    『神々の騒嵐』最大の目玉フォロワー。「疾走、必殺、守護」と特殊能力を3つも備えた、『全知全能の神』と言える1枚となっている。採用率の高いドラゴンで比較対象となるのは、同コストの大型疾走フォロワー《ジェネシスドラゴン》。STD環境から活躍してきた頼りになるフィニッシャーだ。

    ○ゼウスのメリット

    ・「守護」を持っているので、防御も兼ね備えている。

    ・《サハクィエル》の対象として使うことができる。

    ○ジェネシスドラゴンのメリット

    ・攻撃力が高いので、バーストダメージ(リーサル圏内)のレンジが大きい

    などが挙げられる。


次元の超越
スタンダードSTD
このターンのあと、自分の追加ターンを行う。スペルブースト コスト-1
  • 解説を読む▼

(評価A)のカード一覧

カード名 効果

ウォーターフェアリー
プライズ
進化前
【ラストワード】 フェアリー1枚を手札に加える
進化後
【ラストワード】 フェアリー1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼

    一枚でお得!

    1枚で2回使える1コストフォロワー

    エルフは複数枚のカードを使ってコンボを発動させことで強力な効果を発揮するカードが多く存在している。その際に1コストのカードはコンボのトリガーとして非常に優秀だ。なので、1枚で複数回使えることは非常に強力と言える。

    序盤の盤面制圧にも使えるので、最大枚数採用したいが後半に引いた際に弱いので採用枚数は必ずしも3枚ではない。


ベビーエルフ・メイ
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
  • 解説を読む▼

    優秀すぎる1コストフォロワー!

    除去をしながらフォロワーが出せる

    1点のダメージしかでないが、1点のダメージでも相手のフォロワーを破壊できたらテンポアドバンテージを手に入れることができる。

    このカードの真骨頂は複数回使ったときにあります。後攻2ターン目などに2枚使い、相手の2コスとフォロワーを破壊できれば勝利は目前だろう。

    1コストフォロワーの利点

    このカードは1コストフォロワーなので、ほかのカードのコンボにつなげやすくなっている。ステータスが低く盤面を圧迫はしやすいが、コンボのつなげやすさ、使いまわしのしやすさといったところが強い。


自然の導き
スタンダードSTD
自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼
    効果で手札にカードを戻すことができるので、《リノセウス》といったような【ファンファーレ】効果を持つカードを使いまわすことができる。

    2Pickの場合使いまわせるカードが来るとは限らないので、どちらかというと悪いpickだ。


フェアリーサークル
スタンダードSTD
フェアリー2枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼
    エルフデッキは《フェアリー》を出すことから始まる。このカード自体がコンボの起点になり、手札に入れたフェアリーでより簡単にコンボを起動できるだろう。

    2pickでもフェアリーが大事なカードになりうるので、マナカードを埋めながら使えるこのカードはpickの平均点を少し超えている。


魔女の大釜
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ラストワード】カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼
    1コストとお手軽な土の印であり、土の秘術などで破壊されればカードを一枚引くことができる。
    【秘術ウィッチ】などでデッキを回す役割として使用しても面白そうだ。

詠唱:聖なる願い
スタンダードSTD
カウントダウン 3 【ラストワード】 カードを2枚引く。
  • 解説を読む▼

    ビショップのデッキを使う上では必須カード。

    1ターン目に置くことができれば、その後は選択肢が増え戦いやすくなる。


スパルトイサージェント
プライズ
【ファンファーレ】 自分の墓場を+1する。
  • 解説を読む▼

    ファンファーレで墓地を+1するのはとても優秀で、ネクロマンサーの2コスト帯で困ったら、このカードを採用するといいだろう。


歴戦のランサー
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼

    使い勝手のいい守護カード

    コストが低いためあらゆる盤面で使えるカードだ。序盤ならば1コストフォロワーを守るために使え、中盤以降は進化フォロワーを守るために使ったりすることができる。攻めているときは強力なアタッカーを守れ、負けているときは文字通りリーダーを守護できる。

    体力が1ではなく2あるのもポイントで少しだけ除去されづらくなっている。その少しのおかげで助かる場面は多々あるだろう。


メイドリーダー
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
  • 解説を読む▼

    足りない手札を補充できるカード

    ステータスが低い点とサーチ対象が指揮官と広いので狙ったカードを手札に加えることは難しいのでとりあえず入れておけばいいカードではない。候補としては8~10ターン目まで戦うようなデッキはサーチしたカードを有効活用できる可能性が非常に高いため、そのタイプのデッキに採用されることが多い。

    サーチ対象はあくまでも指揮官なのでフォロワーだけでなく、指揮官もちのアミュレットもサーチすることができる。指揮官持ちのアミュレットをメインにすえているデッキでは、それをサーチするために採用される場合もある。


ユニコーンの踊り手・ユニコ
ダークネス・エボルヴDRK
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。
  • 解説を読む▼

    2コストフォロワーとして、標準ステータスをもち、回復効果を持っているため、実質守護のような役割を果たす。

    アグロデッキ相手に強力で、2コストフォロワーとして、クラスカードと張り合う性能を持つ。

    アグロデッキ、コントロールデッキ問わず、採用が検討される。

    2Pickでは、ニュートラルの中では需要の高い2コストの標準フォロワーとしてピックしたいカード。


ムシュフシュ
ダークネス・エボルヴDRK
他のフォロワーが進化するたび、+2/+0する。
  • 解説を読む▼
    進化権を使い、このカードを倒そうとすると体力が4以上のふぉろわーをよういしないと相打ちになってしまう。
    自分のターンで一回効果を発動させておけば、相手ターンに攻撃力は6まで伸びより厄介になる。

荒牙の竜少女
ダークネス・エボルヴDRK
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーに1ダメージ/進化前と同じ効果。
  • 解説を読む▼
    捨て立て札1枚につき、相手リーダーにダメージを与える効果を持つ。このカードを複数並べて、同時に大量の手札を捨てることで一気にダメージを与えることができるぞ!

ダークコンジュラー
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーがいるなら、1/1のゴースト1体を出す。
  • 解説を読む▼
    場に進化後フォロワーがいると、《ゴースト》一体が場に出る。
    除去に使用したり、リーダーに攻撃できるので、使いやすい。

天界の忠犬
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーがいるなら、+0/+2して、【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼
    味方が進化すると、守護を得ることができるので《獣姫の呼び声》などで出るフォロワーが展開された直後に、場に出すことで、強力な場を作り上げる。

マナリアウィザード・クレイグ
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 手札のフォロワー1枚を2回スペルブーストする
  • 解説を読む▼
    ファンファーレでスペルブーストをできる効果は初。対象がフォロワーだけなのは難点だが、プレイした時点で確実に仕事をこなせるカードでもある。

クリスタリア・リリィ
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 【エンハンス】 6; 相手のフォロワー1体をスノーマンに変身させる。
  • 解説を読む▼
    エンハンス効果で、相手フォロワー1体を《スノーマン》に変化可能。不死族《デュエリスト・モルディカイ》など、厄介なラストワードを持つフォロワーに有効だ。標準ステータスを持っていながら、後半引いてもバリューを保てる。構築戦では使用は難しいが2Pickでは強そう。

レヴィオンデューク・ユリウス
バハムート降臨ROB
相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
  • 解説を読む▼
    2/1/3と生き残りやすいステータスに加え、バーン効果は展開を得意とするエルフに対して非常に有効。先行の場合、どんなデッキを相手にしても2ダメージ以上が期待しやすい。

よろめく不死者
バハムート降臨ROB
このフォロワーは【守護】を持たないフォロワーを攻撃不能。【ラストワード】ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼
    ステータスは1コスト相当で、守護以外の相手フォロワーに攻撃できないデメリットを持つが、ラストワード効果が非常に強力。ランダムに相手フォロワーを1体破壊する効果を持つ。相手としては除去したくないフォロワーとなるので、アグロネクロなどでのダメージ稼ぎ要員にもなる。

    さらに、新カードの《ネフティス》との相性は言うまでもなく抜群。《ソウルコンバージョン》と合わせれば、3コストで手札の減らない除去にもなるぞ。


森荒らしへの報い
プライズ
相手のフォロワー1体に2ダメージ。フェアリー1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼
    低コストの安定した除去として主に使われる。追加効果で《フェアリー》を手札に加えるので手札を減らさずダメージを与えること、加わった《フェアリー》をプレイすることでコンボを起動ができるのが特徴だ。

    2pickでもアドバンテージを失わないまま相手フォロワーを除去できるこのカードはとても評価が高く、最優先でpickしていいカードだ。


マジックミサイル
プライズ
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼

ゴーレムの練成
プライズ
クレイゴーレム1体を出す。
  • 解説を読む▼

消えぬ怨恨
プライズ
相手のフォロワー1体に2ダメージ。ネクロマンス 2; 2ダメージではなく4ダメージ。
  • 解説を読む▼

    低コスト高ダメージ

    2コストとネクロマンスで4点ものダメージを出すことができる強力なカード。消費ネクロマンスも2と非常に少なく使い勝手がいい。

    しかし構築戦だと墓場の枚数はシビアなものとなっている場合が多く。このカードが消費するネクロマンスすら許されない場合があるため、しっかりと墓場管理して使おう。

    2pickでも高評価な除去札カードで、コストが低いため除去をしながら余ったコストでフォロワーを展開して盤面を手に入れることができる。


鋭利な一裂き
プライズ
自分のリーダーに2ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
  • 解説を読む▼

    2コストで3点ものダメージが出せる最高のコスパ

    フォロワーだけでなく、リーダーにも使うことができるため、使い勝手がよく、腐るタイミングがほぼない強力なカードだ。ヴァンパイアを使うなら是非採用したい1種・

    2pickでもそのコストパフォーマンスのよさから幅広い活躍をみせることができる。幅広い活躍ができるカードだからこそ、ここぞっというタイミングを見つけて使って行きたい。


気高き教理
プライズ
自分のアミュレット1つのカウントダウンを2進める。カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼
    カウントアミュレットと相性が良く、カウントが2以下であればすぐに効果を発動できるため強力だ。

エルフの双撃
ワンダーランド・ドリームズWLD
ランダムな相手フォロワー2体に「自分の他の手札のニュートラル・カードの枚数」と同じダメージ。
  • 解説を読む▼

    コストパフォーマンス最高

    ニュートラルカードを大量に採用したエルフデッキで使うことで強力な除去スペルになる。最序盤だと手札の枚数が少ないため、ダメージに安定感はないが手札の枚数を維持しやすいエルフならば後半2コストで4点のダメージを2体に出すことも難しくないだろう。

    ニュートラル次第

    TOG環境で採用されている、ニュートラルカードは《歴戦の傭兵フィーナ》《ミニゴブリンメイジ》《風の軍神・グリームニル》とそこまで数が多くない。そのため、このカードの安定感は高くない。今後追加されるニュートラルカード次第で大きく化けることになるだろう。


ゴーレムアサルト
ワンダーランド・ドリームズWLD
土の秘術 【エンハンス】6;エンハンスしていたなら《ガーディアンの練成》3枚を、エンハンスしていないなら《ガーディアンの練成》1枚を、手札に加える。
土の秘術 していたなら、自分の《ガーディアンの練成》すべてのコストを-1する。
  • 解説を読む▼

    秘術ウィッチ強化!

    《エンシェントアルケミスト》のスペル版のようなカード。

    土の秘術効果を使用すれば1コストになるのでスペルブーストや一気に横展開できるのに役立つ。【秘術ウィッチ】の新たなリソース回復要因になるだろう。


翅の輝き
ダークネス・エボルヴDRK
カードを1枚引く。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、1枚ではなく2枚引く。
  • 解説を読む▼
    2枚ドローすることができるので、山札の回転率が著しく上がる。コンボカードを引きに行ったり、低コストカードを大量に入れたデッキの潤滑油として採用できる。

    2pickではドローカードの評価が低く、さらには2枚ドローできるとも限らないこのカードは《光の道筋》と同じとも言える。光の道筋が2pickで出現しないことを考えれば自ずと評価はわかると思うが、かなり低い。


渾身の一振り
ダークネス・エボルヴDRK
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多くいるなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    使い勝手のいい除去札

    2コスト2点ダメージのカードは使い勝手が非常によく、追加効果で《ナイト》も一体出すことができるようになっているため盤面をとることに特化しているといえる。

    《ナイト》を出す条件が相手のフォロワーが自分のフォロワーより多いことなので、このカードをプレイしてから他のフォロワーを場に出すようにしよう。

    2pickでもこのカードは使い勝手のいい除去として機能する。盤面をとるのに役立つので、積極的にpickしていいだろう。


鮮血の口付け
ダークネス・エボルヴDRK
相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。
  • 解説を読む▼

群れなす飢餓
バハムート降臨ROB
相手のフォロワー1体を選択する。そのフォロワーと、同名の相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
  • 解説を読む▼

    同名カード全てにダメージを与える効果は、同じトークンを並べるようなデッキに強く作用する。
    そう言ったデッキでなくともシャドウバースでは同じカードを3枚入れられるので同名カードが並ぶことは珍しくない。

    たとえ、同名カードが並ばなかったとしても除去として悪くないダメージを出せるので、ヴァンパイアの痒い所に手が届く優秀なカードと言えるだろう。


ゾンビパーティ
神々の騒嵐TOG
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【エンハンス】 7; その後、ゾンビ3体を出す。
  • 解説を読む▼
    2コスト3点の除去スペルは及第点。
    エンハンス効果で《死の祝福》の守護なし版として活躍できる点は、汎用性の高いカードとしては使いやすい部類に入る。

茨の森
ワンダーランド・ドリームズWLD
カウントダウン2
【ファンファーレ】 フェアリー2枚を手札に加える。
このアミュレットが場にある限り、自分のフォロワーすべてと新たに場に出た自分のフォロワーすべては「交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ。
  • 解説を読む▼
    《フェアリーウィスパラー》のような使い方もでき、アミュレットが破壊されなければ常に【交戦時】効果が付与される。
    2コストと簡単に置けて、尚且つ永続的に1点ダメージを与えられるため、このカードがあれば痒いところに手が届くことが多いだろう。
    《フェアリー》も2枚手札にくわ得られるので、リソース失わないぞ!

エンジェルナイト
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【ファンファーレ】自分の他のフォロワー1体を+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    条件無しの強化

    どんなフォロワーでも攻撃力を1強化することができるニュートラルのフォロワー。かなり慎ましい能力だが、トークンを大量に並べるデッキでは採用する余地がある。


赤き猛竜
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
攻撃できない
進化後
(攻撃できる)あなたのターン終了時にこのフォロワーを破壊する。
  • 解説を読む▼

    高いバーストダメージ

    進化すれば一気に10点のダメージを出すことができる超強力なバーストカード。守護などを相手が盤面に置かない限り体力の半分を吹き飛ばすことができる。
    進化前の体力5も一筋縄では倒せない。だから、後攻4ターン目に進化すれば、かなり高い確率で敵リーダーにダメージを入れられる。残りの体力は《ダークドラグーン・フォルテ》などの疾走で削り切ろう。

    実は除去札

    攻撃力10はほとんどのフォロワーを倒すことができる。だから、進化権は使うが3コストの除去札として使うこともできる。


ひねくれ者の悪魔
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手の場にフォロワーがいるなら、【守護】を持つ。
相手の場にフォロワーがいないなら、+2/+0して、自分のリーダーに2ダメージ。
  • 解説を読む▼
    相手の盤面にフォロワーがいれば《風の軍神・グリームニル》になり、相手の盤面を取っている状況であれば3コスト4/3と強力なステータスに変化する。
    同じ3コスト2/3フォロワーを上から取れるのはありがたい。
    どのヴァンパイアデッキに採用しても良い働きをする万能なフォロワーだろう。

ノーヴィストルーパー
スタンダードSTD
【疾走】
  • 解説を読む▼

    3コストで攻撃力2の疾走を持っているカード。主に相手リーダーへのダメージ源か、2点ダメージの除去スペルとしての使われ方をする。コストが低いため、強化カードと一緒に使うことでより強力なダメージを出すことが可能だ。

    2pickでも同じような運用方法ができるが、一緒に出てくるブロンズカードには他に優秀なものが多いためどうしても少し低くなっている。


ドラゴンナイト・アイラ
スタンダードSTD
【ラストワード】 自分のPP最大値を+1する。
  • 解説を読む▼
    ドラゴンデッキでは必須級のフォロワー。
    《ドラゴンナイト・アイラ》に対して、《ウルズ》を使えば、PPを上げつつ、さらに次の加速につなげることができる。

ヒーリングエンジェル
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分のリーダーを2回復。
  • 解説を読む▼

    3コストとして標準的なステータスを持ちながら、ファンファーレで回復効果を持つ。

    体力が3あるので、②コストフォロワーに対して有利トレードをすることができるのは評価点。

    【エイラビショップ】との相性は抜群で、エースフォロワーとして活躍する。

    2Pickでは2/3というステータスが評価され、ピック優先度は基準より高めである。


ホワイトパラディン
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【守護】
進化後
【守護】進化時1/1【守護】の《シールドガーディアン》を相手の場のフォロワーと同じ数だけ出す。
  • 解説を読む▼

    進化時に、相手のフォロワーの数だけ1/1の守護フォロワーである《シールドガーディアン》を展開することができる指揮官フォロワー。

    %e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e6%b4%bb%e8%ba%8d

    エルフやヴァンパイアなど、体力が1のフォロワーを多く展開するリーダーに対しては強力に作用する。

    本人含め、全員守護を持っているので、非常に守りに優れたカードだ。

    進化権がなくなった後半でも守護を持っているので最低限の活躍は見込めるカードだろう。

    【ミッドレンジロイヤル】や、【コントロールロイヤル】に採用されることが多い。

    2Pickでは3コストとしての基準ステータスを満たしているので進化を使わない前提でも使いやすく、評価も高めだ。


ボーンキマイラ
ダークネス・エボルヴDRK
【ラストワード】1/1の《スケルトン》2体を出す。

スレッジエクソシスト
ダークネス・エボルヴDRK
進化前

進化後
進化時に相手のフォロワー1体を破壊する
  • 解説を読む▼
    進化権を使えば、大型のフォロワーでさえも処理することができ、さらに別のフォロワーを処理することができるため、どのデッキタイプ相手でも、活躍する。

ミニゴブリンメイジ
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 コスト2のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
  • 解説を読む▼
    2コストフォロワー相当のステータスだが、デッキから2コストのフォロワーを手札に加えるので、手札を減らさずにフォロワーを展開でき、ビショップの《プリズムプリースト》のような使い方ができる。【アグロヴァンパイア】のようなデッキの主軸となる2コストフォロワーが採用されているデッキには候補になるだろう。

神秘の探求者・クラーク
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】スペルブーストを持つ手札のフォロワーすべてを、2回スペルブーストする。
  • 解説を読む▼
    3コストとして標準ステータスを持つのに加え、手札全てのフォロワーを一気に2段階スペルブーストができるのは未知の性能。スペルブースト持ちのカードでテンポを取っていくデッキの可能性を感じさせる1枚。

大鎌の竜騎
神々の騒嵐TOG
進化前
【必殺】
【ファンファーレ】 覚醒 状態なら【疾走】 を持つ。
進化後
【必殺】
  • 解説を読む▼
    必殺を持っているため、どんな相手でも一撃で倒すことができる。
    自身の効果で疾走を手に入れることが可能なので、後半は3コストの除去札として機能させれば強力。
    ドラゴンの3コストは他に優秀なものも多いが、採用の余地は十分。

腐の嵐
スタンダードSTD
相手のフォロワーすべてに1ダメージ。ネクロマンス 6; 1ダメージではなく3ダメージ。
  • 解説を読む▼

    強力な全体除去カード

    3コストで相手フォロワー全てに3ダメージを与えることができる。もちろんネクロマンス6条件はあるが、そうだとしても、強力であることに変わりはない。ネクロマンスがない場合でも1ダメージを保証してくれる点も素晴らしい。

    2pickでもこのカードは優秀な部類である。しかし、ゴールカード以上には他にも優秀なカードが多く存在しており、相対的に評価は少し下がっている。


冥府神との契約
バハムート降臨ROB
相手の体力4以下のフォロワー1体を破壊する 【エンハンス】7 その後、"プルート"1体を出し、その攻撃力、体力をそれぞれ、破壊したフォロワーの攻撃力、体力と同じだけプラスする
  • 解説を読む▼
    体力4以下のフォロワーを問答無用に破壊する除去スペル。エンハンス効果を利用しすることで《深遠への誘い》のような効果を発揮する。ネクロマンスを使用しない点はと場に出るフォロワーの強さはこちらのが上だが、使用するコストや、確定除去でない点がデメリットであるといえよう。

ドラゴンウォーリア
プライズ
進化前

進化後
進化時 相手のフォロワー1体に3ダメージ。
  • 解説を読む▼

    1:2交換がしやすい効果

    進化時に3ダメージを任意の相手フォロワーに与える効果を持っているのだが、この効果を使って1体のフォロワーを破壊。その後、突進を持ったこのカード本体で1体を破壊することで用意にできるだろう。

    また、3ダメージを与える効果なので本体の攻撃とあわせて1体に7ものダメージを与えることができる。

    2pickでもその力は健在でもしpick画面に出てきたらよほどのことがない限りpickしたほうがいいだろう。盤面を重要視するゲームモード2pickでのこのカードはランク戦以上の活躍が見込めるだろう


悪戯なネクロマンサー
プライズ
進化前

進化後
進化時 ゴースト2体を出す。
  • 解説を読む▼

    使い勝手のいいダメージ

    効果で2体のゴーストを召喚するため計7ダメージ出すことができる。ゴーストは違う相手にも攻撃できるので、ダメージを分散させることもできる。ターンの終わりに消えて無くなるゴーストは他のカードのコストにすることもできるぞ。

    2pickでもその盤面制圧力から、ネクロマンサーのシルバー最高の評価をされている。盤面を制圧して勝利しよう。


地獄の解放者
プライズ
【ラストワード】 リッチ1体を出す。
  • 解説を読む▼

    盤面維持能力の高さ

    倒してしまうと、ラストワードでより強力なフォロワーが出現するため、相手は除去をするのに一手間かかる。進化することで相手は無視できなくなるが、倒すとより強力になるなどとてもいやらしいカードになる。

    また、このカード1枚で墓場が2たまることもネクロマンサーを使う上では重要だ。

    2pickでも活躍できるカードで、盤面をとても維持しやすく、相手は除去するのに多くのリソースを履く必要が出てくるため、評価はとても高い。できるだけpickしよう。


妖精の使役者
ワンダーランド・ドリームズWLD
自分のフェアリーが場に出るたび、それはターン終了まで+1/+1されて、【疾走】を持つ。
  • 解説を読む▼
    4ターン目に効果を発動させるのは難しい。だが、効果が非常に強力で、このカードがいる状態で《エルフナイト・シンシア》をプレイしたら合計6点の《フェアリー》を出すことができる。
    試合終盤で《フェアリー》を投げつける動きも強いぞ。

フラワープリンセス
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】
自分の他の手札のニュートラル・カードが2枚以下なら、《フェアリー》2枚を手札に加える。
自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、《薔薇の一撃》1枚と《フェアリー》2枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼
    《フェアリー》2枚は確定で手札に入る。
    ニュートラル・カードが3枚以上なくても最低限の活躍はする上、3枚以上あるなら2コスト3点火力《薔薇の一撃》がプラスで付いて来る。
    序盤にニュートラル・カード3枚が手札にある状況は少ないので、活躍するとしたら主に中盤以降だろう。
    【白銀白狼エルフ】のダメージソースとして使用されそうだ。

ウルズ
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)
  • 解説を読む▼

    変わった効果を持った4コストフォロワー。

    ラストワード効果を強制発動させたり、相手フォロワーのバフを解除したり、疾走フォロワーを再度攻撃できるようにしたりと使用用途は様々である。

    2Pickでも一定の活躍は見込める。


デュアルウィッチ・レミラミ
ダークネス・エボルヴDRK
進化前

進化後
進化時土の秘術3/3【守護】の《ガーディアンゴーレム》1体を出す。
  • 解説を読む▼

ジークフリート
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼

    確定除去による簡単な1:2交換カード。

    ダメージを受けているフォロワーを問答無用で破壊する。その上進化を使い相手フォロワーを倒すことで1:2交換を容易に行ってくれる。

    試合終盤では傷を負った相手大型フォロワーを除去することにも使える。大型フォロワーように温存しておくのも手だろう。

    2pickでも強力な1:2交換のカードとして存在している。除去を内蔵しているフォロワーとしてとても役立つ。


レヴィオンヴァンガード・ジェノ
バハムート降臨ROB
進化前
【突進】【エンハンス】 6; 「【ラストワード】 《ナイト》2体を出す」を持つ。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼

    突進を持っているので、進化を使わずに場に出したターンに盤面に影響をおよぼせる。攻撃力2のフォロワーに対して、先行で有利トレードをできるのは強力。
    エンハンス能力も強力で、破壊された時にフォロワーを2体展開することができるため盤面を完全に明け渡すことはないだろう。

    主に先攻4ターン目、進化権がない時に使用し相手の盤面に残っているフォロワー相手に有利トレードすることで試合を有利に運ぶことができる。


ネクロアサシン
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 自分の場にこのカード以外のフォロワーがいるなら、このカード以外のフォロワー1体と、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼

    
ラストワード効果を持ったフォロワーや、ゴーストが場にいる時にプレイすることで、ほとんど損失なしで効果を発動させることができる。
    試合終盤でもコストの低いフォロワーと同時にプレイすることで、低コストフォロワーで相手の大型フォロワーを破壊して進化権温存やアドバンテージを得ることができるぞ。

    相性がいいカードとして、《闇の従者》《地獄の解放者》、ステータスが低いトークンの《スケルトン》が当てはまるだろう。


骨の貴公子
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 自分のフォロワーすべては「【ラストワード】 スケルトン1体を出す」を持つ。
  • 解説を読む▼
    味方フォロワー全体にラストワードで《スケルトン》を出す効果を付与する効果は実質バフ効果。
    場持ちも良くなるため、《骸の王》との相性が良い。
    【アグロネクロ】には必須級のカードだ。

オルトロス
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。ランダムな自分の他のフォロワー1体を+2/+0する。
  • 解説を読む▼
    相手のフォロワーを処理しつつ、味方フォロワーを強化できるため、《アグロネクロ》デッキには必須級のカードだ。

ファントムハウル
スタンダードSTD
場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。(上限は5体)
  • 解説を読む▼

    何もない盤面からの打点形成

    このカードを使うことで召喚される《ゴースト》は疾走を持っているためすぐさま打点になる。

    また、ターン終了時に消えてしまうがフォロワーの為強化することができる。10点を超えるバーストダメージも出してくることも。

    2pickでも除去やダメージとして使えるが、ターンの終了時にいなくなってしまうので盤面を構築することに使えない。選んでもいいが、積極的に選ぶカードではない。


夜の群れ
スタンダードSTD
フォレストバット2体を出す。相手のフォロワー1体に、自分の場のフォレストバットの数と同じダメージ。
  • 解説を読む▼

    コンボカード多数

    《フォレストバット》の対数分のダメージを出すカードでこのカード自身も《フォレストバット》を出すので、シナジーを持つカードがかなり存在する。上手くシナジーを発揮するとより強力だが、シナジーがなくても2点ダメージで1体倒し《フォレストバット》進化で1体倒すことができたら1:2交換ができる。

    2pickでは最高のpickになりうる。効果全てが盤面に干渉しており、盤面を取り返す際にとても強力なカードだといえる。


バンダースナッチ
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】7;「【ラストワード】次の自分のターン開始時、コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す」を持つ。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼
    5コスト4/5【突進】というだけでも優秀であり、7コスト【エンハンス】で使用すれば、次の自分のターン開始時コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚デッキから場に出せる【ラストワード】効果が付与される。
    例えば6コスト以上を《バハムート》のみに絞ったりと、デッキ構築を工夫すれば強力なコンボが発動しそうだ!

ヘクトル
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【守護】
【ファンファーレ】自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    【ファンファーレ】で手札のニュートラルカードが3枚以上であれば3点ダメージを飛ばすことができる。
    自身には【守護】も付いておりリーダーとフォロワーどちらかにダメージを与えられるのでアグロデッキからコントロールデッキまで幅広いデッキに採用される可能性がある。

白猫の賢者・スノウ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】カードを1枚引く。自分の他のフォロワー1体を+1/+1する。
  • 解説を読む▼

    万能カード!

    手札を減らさずに使用できる《フェンサー》のようなカード。

    ワンダーランドドリームズではニュートラルを強化するカードが多いので単純に強いこのフォロワーは色々なデッキに採用される可能性がある。
    4ターン目に《不思議の探求者・アリス》5ターン目に《白猫の賢者・スノウ》というように展開していくと強力な盤面が構築できそうだ。


ロビンフッド
スタンダードSTD
相手のターンに、相手のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーに1ダメージ。
  • 解説を読む▼

    ステータス効果共に強力!

    ステータスが非常に高く、状況次第ではあるがかなり強力な効果をももっている。体力1の相手フォロワーが並んでいる時に出したら相手は悶絶するだろう。体力1の《フェアリー》《スケルトン》などに効果的だろう!

    2pickではよりその強さが際立つだろう。効果で相手のフォロワーに1ダメージ与えるので攻撃力が1高くなったとも捉えられる。優先的に選んでいいカードだ。


ロイヤルセイバー・オーレリア
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    強力な追加効果を持つ守護

    高い体力を持っているため守護として活躍しやすい。体力が高い守護フォロワーは全体的に攻撃力が低いのだが、このカードは追加効果で攻撃力を上昇させることができる。

    更に、それだけではなく「相手の能力に選ばれない」能力をも手に入れることができる。

    自分のリーダーフォロワーを護るとき、相手のフォロワーが複数並んだときに使おう。

    2pickではその高い体力から相手の攻撃を耐え、上昇した攻撃力で相手を葬り去ることができる。カード単体で強いので、どんなpickをしてしまっても活躍することができ、評価が高い。


ゴブリンマウントデーモン
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべてに3ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    デメリットはあるものの、破格のステータスを誇る守護フォロワー。

    《ランプドラゴン》やコントロールデッキのようなフォロワーを展開しないデッキの体力を守る守護フォロワーとして、クラスカードを差し置いて採用されるケースが多い。

    略称として、『GMD』と呼ばれている。

    2Pickでは、ステータスの高さから、トレード性能が評価され、優先してピックしたいカードである。


風神
スタンダードSTD
進化前
【ファンファーレ】 自分のフォロワーすべてを+1/+0する。自分のターン開始時、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
進化後
自分のターン開始時、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    全体バフ効果をもったフォロワー。

    フォロワーを横に展開するデッキと相性がよく、様々なデッキにニュートラルの特権を生かして出張している。

    放置しておくと毎ターンバフをかけていくので、実質守護フォロワーとしての役割も果たす。

    2Pickでは、フォロワーがいるときに出せれば強いが、ステータスは低めなので、可もなく不可もなくといった評価。


アドバンスブレーダー
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】兵士・カードをランダムに2枚、自分のデッキから手札に加える。
  • 解説を読む▼

    兵士を2枚手札に加えることができるので、フォロワーを出しながら手札を増強できる。採用兵士を絞るなどして任意のカード持ってくるといったことも可能だ。

    2pickでは最強カードとして名高い。ステータスは少し低いが進化があるため気にならず、手札が増えるためハンドアドバンテージでも優位に立てる。


ソウルナビゲーター
ダークネス・エボルヴDRK
自分のターン終了時、自分のリーダーに1ダメージ。フォレストバット1体を出す。
  • 解説を読む▼

レディアンスエンジェル
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分のリーダーを3回復。カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼
    自分の体力を回復しつつ1枚カードを引くことができるので、アグロデッキ相手にはとても有効だ。

歴戦の傭兵フィーナ
バハムート降臨ROB
進化前

進化後
進化時ミニゴブリンメイジ1枚を手札に加え、そのコストを0にする
  • 解説を読む▼
    進化時に、0コストでミニゴブリンメイジを加えるため、そのままプレイすることができ、盤面をとるのに活躍する。ミニゴブリンメイジの効果も優秀なので、様々なデッキに出張する可能性がある。

蒼穹の提督・モニカ
バハムート降臨ROB
進化前
【ファンファーレ】ナイト1体を出す
進化後
進化時相手のフォロワー1体に、「自分の場のフォロワーの数」と同じダメージを与える

ゲイザー
バハムート降臨ROB
スペルブーストコスト-1

エンシェントレオスピリット
バハムート降臨ROB
進化前

進化後
進化時相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    5コストで進化時に全体除去の効果を備えたフォロワー。《ハンプティダンプティ》と違って自分の場には影響を及ぼさないのは評価点。エルフやロイヤルなどの展開を得意とするリーダーへの抑止力ともなる。

    基本的には6コストにある《テミスの審判》が間に合わないような環境で採用されるカードだ。


ゴブリンプリンセス
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 ゴブリン2体を出す。
【ラストワード】 ゴブリンキング1枚を手札に加える。
進化後
【ラストワード】 ゴブリンキング1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼

    展開としては《海底都市王・乙姫》に劣るが、1コスト早くできる点がメリット。

    5コストとしては、コスト以下のパフォーマンスしかできない点は注意しよう。

    しかし、ラストワード効果を発動できれば話は別。6コスト並みの性能を持った4コストの《ゴブリンキング》が手に入るので、対戦相手にコストを踏み押した強力な展開を押し付けることができる。


ルミナスメイジ
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 ルミナスナイト1体を出す。
このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
進化後
このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
  • 解説を読む▼
    第二の効果が特に強力で、放置できないフォロワーとなる。
    自身や場に出した《ルミナスナイト》も指揮官なので、出したターンはEPを消費せずに場に干渉することも可能。

カオスシップ
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】コスト2以下のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
復讐 状態なら、1枚ではなく2枚場に出す。
  • 解説を読む▼
    《わがままプリンセス》の亜種のようなカード。
    《ブラッドウルフ》や《糸蜘蛛の悪魔》のデメリットを消して場に出せるのは嬉しい。アグロ、ミッドレンジ系のヴァンパイアデッキでは採用される。
    復讐時の能力で「試合を左右する場面」が生まれてもおかしくない。

森の意志
スタンダードSTD
ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。
  • 解説を読む▼
    擬似的な範囲除去として使える。相手の体力を与えるダメージが上回ったら全体除去として機能する。コストが少し高いことがネック。

    2pickでは維持した手札からこのカードを使い、すべてのカードを吹っ飛ばすことができる。最優先で選んでいいカードの1種類だ。


ディアボリックドレイン
スタンダードSTD
相手のフォロワー1体に4ダメージ。自分のリーダーを2回復。復讐 状態なら、このカードのコストを-4する。
  • 解説を読む▼

竜の闘気
バハムート降臨ROB
自分のPP最大値を+1する。カードを2枚引く。自分のリーダーを3回復。
  • 解説を読む▼
    待望のPP加速カードだが、ドロー効果と回復効果がついててもさすがに5コストは重すぎる。

イーグルマン
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、このカードのコストを-1する。
  • 解説を読む▼
    ニュートラルフォロワーを場に出すとコストが-1されるので《黄金卿の獅子》と同じような効果を持っている。
    自身には【守護】も付いているので、新たに登場する【ミッドレンジビショップ】などに採用される可能性がある。
    《ゴブリンプリンセス》を使用すればコストが-3されるので一気に強力なフォロワーに早変わりするぞ!

ファントムキャット
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】カードを2枚引き、相手のリーダーに「引いたニュートラル・カードの枚数の2倍」と同じダメージ。
  • 解説を読む▼
    カードを2枚引けるのは嬉しい。
    ニュートラルの枚数によって最大4点ダメージを与えられる。
    6ターン目に出すカードとしては少々物足りないがニュートラル軸のデッキにすれば活躍できるだろう。

海底都市王・乙姫
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
  • 解説を読む▼

    最強の展開力

    盤面にだすだけでなんと盤面全てを埋めることが可能となる。盤面を埋めた後に《セージコマンダー》などで全体強化をかけることで非常に強力なコンボとなる。

    試合が8ターン目まで続くようなデッキならば、ほぼ確実に採用されるだろう。

    このカードを使う際の注意点として、盤面が確実に埋まってしまうので相手がこちらのフォロワーを放置して来た場合追加のフォロワーを出すことができなくなってしまう。

    2pickでもフォロワーを展開する効果は非常に強力で、範囲除去が少ないため相手はその対処に苦労することになるだろう。pickできるなら是非pickしておきたいカードだ。


騎竜兵
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 手札のカード1枚のコストを-2する。(0より小さくはならない。)
  • 解説を読む▼
    手札のカードを2コスト下げることができるので、9コストのカードなどは、7コストになり、続けてプレイできる。

ダークドラグーン・フォルテ
スタンダードSTD
【疾走】 覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
  • 解説を読む▼

    コストパフォーマンスがいい大ダメージ疾走。

    6コストで5点の攻撃力を持っている強力な疾走。速攻系のデッキならば相手のリーダーを進化して攻撃するだけでゲームに勝ててしまうこともある。

    厄介なのは「覚醒」状態になった時このカードを攻撃できなくなる効果を持っているところだ。攻撃による除去ができず、進化込みで14点食らうこともざらにある。

    2pickでも弱い選択肢ではない。除去スペルなどをpickできるとは限らなく、フォロワー同士の戦いが多いため覚醒状態で攻撃されなくなる効果がとても強い。


ムーンアルミラージ
スタンダードSTD
【疾走】 自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。
  • 解説を読む▼
    疾走さらに、自分のターン終了時体力を上限まで回復するため、有利トレードがしやすく、進化をすれば、さらに対処されにくい。

天空の守護者・ガルラ
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分のアミュレット1つのカウントダウンを3進める。相手リーダーに3ダメージ。
  • 解説を読む▼

    ステータスは4/4と低いが、相手リーダーに直接リーダーに3ダメージ与える効果とアミュレットのカウントを3進める効果があるy。

    どちらもファンファーレで発動する効果なので、速効性が高くゲームに影響を与えやすくなっている。

    アミュレットのカウントを進める効果は疾走が出てくるアミュレットを対象にすることで、自身の3ダメージ効果も相まってかなりのバーストダメージを出すことが可能になっている。

    また、アミュレットがない状態でも3ダメージを与えることができるので、試合終盤ではガルラを連続して2、3回だすことで勝利することもある。


禁忌の研究者
バハムート降臨ROB
自分のターン中、相手のフォロワーが破壊されるたび、自分の場に2/2の《ゾンビ》1体を出す。 自分のターン終了時、自分の場に「土の印アミュレット」があるなら、土の秘術ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する
  • 解説を読む▼
    進化権を行使して相手フォロワーを倒すだけでゾンビを出し、加えて、土の秘術でのフォロワー破壊効果もあるので1枚で盤面を奪い返すことが可能な強力なカード。放置しておくとひたすらゾンビを出されてしまう可能性があるので、処理を強要させられるのもポイント。秘術ウィッチなど、テンポ系ウィッチの可能性を感じさせてくれる1枚。

アルビダの号令
スタンダードSTD
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。
  • 解説を読む▼

    攻防一体のカード

    このカードの効果で出されるフォロワーは2/3の守護と3/2の疾走の2体だ。疾走は攻撃、守護は防御と同時に二つのことが行えるようになっている。

    中途半端という捉え方もできなくはないが、守護フォロワーが疾走を守り打点をだしたり、疾走が相手のフォロワーを倒して防御をするといったこともできるので、どちらかといえば中途半端よりは臨機応変が当てはまるだろう。

    そのためどのタイプのロイヤルに入れても活躍させることができる。

    2pickでも最強クラスのカードで、臨機応変に対応できるためどんな状態でも腐るようなことはほぼない。さらに、2体ものフォロワーを出すので相手は処理をすることが難しくなっており、盤面有利を加速させることが容易にできるカードだ。


破砕の禁呪
ダークネス・エボルヴDRK
相手の体力2以下のフォロワーすべてを【消滅】させる。土の秘術体力2以下ではなく、5以下を【消滅】させる。
  • 解説を読む▼

    強力な全体除去で体力2以下の相手フォロワーをすべて消滅させることができ、土の秘術が発動すれば体力5以下まで消滅させることができる。

    除去対象が相手のみという点と破壊ではなく消滅なのが特徴だ。

    まず、除去対象が相手だけなので、《テミスの審判》と違いこちらのフォロワーが残っているような状態でも、フォロワーを残しながら除去をすることができるぞ。

    そして、破壊ではなく消滅なのでラストワード効果を発動させないことができる。

    しかし、他のダメージカードと組み合わせるときは注意が必要で、まずダメージを与えて、このカードの効果範囲に入れないといけなく、逆だと除去をすることができない。

    2pickでは最低でも体力2以下のフォロワーを除去できるためそこまで悪くない。そもそも2pick では土の秘術を使ったウィッチが強いので土寄りにピックできる際には優先的にとっていこう。


大修道女
プライズ
【ファンファーレ】 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。
  • 解説を読む▼
    5点回復はとても強く、アグレッシブな相手に対しても、疾走カードを多様するデッキに対しても

アルカード
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 復讐 状態なら、自分のリーダーを4回復。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

蝿の王
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】と自分のターン開始時、絶速の甲虫、絶死の毒針、絶護の魔蠍の中からランダムに1体出す。
  • 解説を読む▼

    ファンファーレ効果と自分のターンの開始時に、2つの能力を持った強力な《絶速の甲虫》《絶死の毒蜂》《絶護の魔蠍》のうちどれか1体を場に出す効果を持ったカード。

    s__33366025

    毎ターンの開始時にフォロワーを生み出すので、対戦相手としては絶対に処理しなければならないフォロワーとなってくる。

    単純にファンファーレ効果だけでも7コストの標準ステータスを持ったフォロワー以上の活躍は見込める。

    出てくるフォロワーはどれも即時に盤面に影響を及ぼすことのできる効果を持っているので使いやすい。

    【ミッドレンジネクロ】の7コスト枠を埋めるフィニッシャーとして採用されることの多いカードだ。

    2Pickでの評価は、単純に単体でのカードパワーが非常に高いので最優先で選択したいカードの1枚である。


サハクィエル
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】手札にあるニュートラルのフォロワー1枚を場に出す。それは“【突進】”と“自分のターン終了時、手札に戻る”を持つ。
  • 解説を読む▼
    手札の大型ニュートラルフォロワーを展開して有利トレードを行うことができる。疾走持ちの《ギルガメッシュ》とは相性抜群で、相手リーダーにダメージを与えた後、次のターンにもう一度ギルガメッシュで相手リーダーに攻撃できるのは魅力的。

血餓の女帝
バハムート降臨ROB
進化前
【ファンファーレ】 相手フォロワーすべてに2ダメージを与える。相手フォロワーが破壊されるたびに相手リーダーに1ダメージを与える
進化後
相手フォロワーが破壊されるたびに相手リーダーに1ダメージを与える
  • 解説を読む▼

    7コストで全体除去効果を備えながら、ダメージ効果まで備えた単純明解で強力なレジェンド。ダメージが2と少し低いため思ったより倒せないことと少しコストが高いことが欠点と言えるだろう。


氷剣の戦鬼
バハムート降臨ROB
【突進】自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して破壊し、このフォロワーは破壊されなかったなら、カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼

    突進で持ちで、有利トレードをした際にカードが1枚引けるアドバンテージをとるのにも盤面をとるのにも優秀なカード。ステータスも優秀で、体力が7もあるので相手としては相当厄介なカード。

    コントロール系のヴァンパイアデッキで採用され、手札補充用のカードとして機能する。


エルフクイーン
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 自分のリーダーを「自分の墓場の枚数」と同じだけ回復して、自分の墓場を0にする。
  • 解説を読む▼

    墓場を消費してしまうので、【冥府エルフ】との相性は悪い。

    アグロデッキなど相手には、7ターン目まで持たせれば1枚でゲームを崩壊させることも可能。


不滅の英雄・ローラン
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 自分の場に不滅の聖剣・デュランダルがないなら、不滅の聖剣・デュランダル1つを出す。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    超防御型フォロワー。
    自身が体力5の守護なので、スペルやフォロワーによる一撃を凌ぎやすいのは魅力的。
    《黙示録》などの全体ダメージを抑制したり、《フレイムデストロイヤー》のダメージを軽減するなど、コントロールロイヤルが苦手とするデッキへのメタカードとして採用される。

不死の大王
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 ワイト2体を出す。
【ラストワード】 ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
進化後
【ラストワード】 ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
  • 解説を読む▼
    2体の《ワイト》を出すことができる効果は、不死の大王が5コスト相当なので場に合計9コスト分のフォロワーを展開できるパワーカード。
    加えてラストワード効果での《ワイトキング》は、0コストでサーチできるので、次のターン以降の動きも保証される。
    フォロワーさえ残っていれば、相手フォロワーにぶつけることで、場に出された《ワイト》の効果により相手に大量のバーンダメージを飛ばすことができる。

ジャバウォック
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを破壊する。
破壊したフォロワーそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。
  • 解説を読む▼

    疾走構築で強力?!

    自身の盤面にフォロワーが並んでいなければ効果が発動しないため、ただの置物になる可能性が高い。
    【ラストワード】持ちや【疾走】カードを中心に構築すれば即座に盤面に影響を与えられるので構築次第で化けることもありえるだろう。


アークサモナー・エラスムス
スタンダードSTD
進化前
自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。
進化後
自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に7ダメージ。
  • 解説を読む▼
    場に出ているだけでダメージを相手フォロワーに与えて盤面をとってくれる。
    進化権がなくなった後に出すことにより盤面をとり続けることができるだろう。進化すると効果が強化される珍しいカード。

ジルニトラ
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 ドラゴン1体を出す。
進化後
【疾走】 進化時 ドラゴン1体を出す。
  • 解説を読む▼
    ファンファーレと進化で計2体もの《ドラゴン》を出すことができ、盤面を一気に制圧しにいける。《ジルニトラ》自体に疾走がついているので体力が少なくなった相手フォロワーを倒したり、リーダーにプレッシャーをかけよう。ファンファーレで出したドラゴンのほうを進化させることもあることを忘れないように。

デュエリスト・モルディカイ
スタンダードSTD
進化前
【ラストワード】 デュエリスト・モルディカイ1体を出す。
進化後
【ラストワード】 デュエリスト・モルディカイ(進化前)1体を出す。
  • 解説を読む▼

    消えないフィニッシャー

    ラスワード効果で永遠と自身を召喚するので、相手に対策がない限りは無敵に近いフォロワーだ。

    攻撃力5なので4回相手のリーダーを攻撃することでたおすことができる!

    2pickではより対策を取れないので、このカードのフィニッシュ力は更に高いものとなっている。コストが高いことはデメリットだが、それを差し引いても強力なカードなので、pickしたいカードとなっている。


ルシフェル
スタンダードSTD
進化前
自分のターン終了時、自分のリーダーを4回復。
進化後
自分のターン終了時、相手のリーダーに4ダメージ。
  • 解説を読む▼

    進化前と進化後で、効果が変わる大型フォロワー。

    進化前は回復効果を持っているので、相手に処理を強要させる実質守護持ちのような役割を果たす。

    進化後は、回復がそのまま相手へのダメージとなり、非常に攻撃的なカードとなる。

    上昇ステータスも普通のフォロワーと異なり、3/1上昇といった点がポイントだ。

    中長期戦が得意なデッキのフィニッシャーとして採用されることが多い。

    2Pickでもカードバリューの高いカードなので、評価は高い。


アザゼル
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】お互いのリーダーの体力を10にする。(リーダーの体力が9以下なら10に回復して、11以上なら10になるようにダメージを与える)
  • 解説を読む▼

    お互いの体力を10にする効果を持つ。

    このカードはお互いの体力を10にしてしまう珍しいファンファーレ能力を有している。復讐状態に入りつつ相手のライフを危険水域に落とし込む強力な効果だが、使い時が難しいためおたがいの状況を見極めながらプレイしよう。

    《ブラッディ・メアリー》とのコンボが存在する。

    いきなり致死打点が出るため《ブラッディ・メアリー》とはたいへん相性がいい。《ブラッディ・メアリー》が場にいる状態でこのカードを場に出すと、相手の体力を10にしたうえで自分の体力-10のダメージを与えることができる。仮に自分の体力が20であったなら、いきなり相手に20点のダメージが入る一撃必殺となる。

    2pickで使う場合はダメージを与えすぎてしまっていると、このカードをプレイして相手の体力を回復すると言った状態になることがある。このカードが手札にある場合は相手リーダーにダメージを与えることよりも盤面をより重視していくプレイングが必要になる。


黙示録
スタンダードSTD
お互いのフォロワーすべてに8ダメージ。復讐 状態なら、このカードのコストを-4する。
  • 解説を読む▼

    全体8ダメージは殆どのフォロワーを破壊することができる。復讐状態で使用すると4コストになるため、他のフォロワーと組み合わせて使うことで盤面を一掃しながら優位になることができる。

    2pickでは8コストが遅く、間に合わないこともあるが、それでも有用なpickと言えるだろう。


セクシーヴァンパイア
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。
  • 解説を読む▼

インペリアルドラグーン
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ
  • 解説を読む▼
    バーン効果だけでなく全体除去効果があるのは魅力。デメリットとしては9コストと非常に重いのはもちろん、手札を全て捨ててしまうので、本当に最終兵器となる。《竜巫女の儀式》との相性は抜群。

連なる咆哮
ダークネス・エボルヴDRK
自分のターン開始時、5/5【疾走】の《突風のドラゴン》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    毎ターン5/5の《突風のドラゴン》を召喚することができる。

    コストが非常に高いので普通に使うとプレイをする前に試合を決されたりする。そのためPP加速や《騎竜兵》と組み合わせることで早期にプレイして盤面を取っていくのが大事だ。

    早期にプレイできれば毎ターン召喚するので、試合が長引けば長引くだけ有利になっていき勝てることになるだろう。注意してほしいのは出したターンは何も影響を及ばさないので出しても大丈夫かの判断をしよう。

    2pickでは長引いた試合を終わらせることができ、強力なアミュレットだと言えるが、試合が長引かないことやPPを加速できないことがあるので最優先で選ぶカードではない。


サタン
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。
  • 解説を読む▼

    強力なフィニッシャー

    デッキを強力な「アポカリプスデッキ」に変えることでフィニッシャー不足を補うことができるようになる。

    フィニッシャーがいないコントロールデッキへの採用や、コントロールデッキ対策として採用されるだろう。




注目リンク

人気の攻略記事
『星神の伝説』新カード評価ランキング 『Tierランキング』環境最強デッキ集
過去に掲載したデッキ一覧 全カード(909枚)の評価一覧

週間人気記事TOP10

関連記事

『超越ウィッチ』RAGE西日本大会ファイナリスト!「あんちょー」氏使用のデッキレシピ

シャドバデッキ攻略:超越ウィッチ 今回は、西RAGEで無敗のままファイナリストに ...

『秘術ウィッチ』RAGE西日本大会ファイナリスト!「カイト」氏使用のデッキレシピと立ち回り

シャドバデッキ攻略:秘術ウィッチ 今回は、RAGE西日本予選を勝ち上がり、見事フ ...

『ランプドラゴン』RAGE西日本大会ファイナリスト!「あんちょー」氏使用のデッキレシピ

シャドバデッキ攻略:ランプドラゴン 今回は、西RAGEで無敗のままファイナリスト ...

『宝箱報酬』1400万DL記念キャンペーン!「金箱、銀箱、木箱」限定エンブレムと報酬まとめ

Shadowverseの1400万ダウンロードを記念したキャンペーンが開催されま ...

『ニュートラルエルフ』RAGE10-2の好成績!デッキレシピと立ち回りガイド(使用:まゆげくん)

シャドバデッキ攻略:Nエルフ 今回紹介するのは、全国大会「RAGE」で10-2の ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

人気の攻略記事
初心者でもわかる!「ルールと遊び方」 最強デッキTierランキング
リセマラ当たりランキング 全カード評価ランキング

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
効率の良いレベルアップ方法・はぐれメタル出現エリア メタルキングの聖地『まさゆきの地図』に行く方法(3DS版)
全10種類の「最強武器」一覧と各キャラの「最強装備」入手法 完全オリジナル!全モンスター図鑑(726体)
『おしゃれ装備』全キャラのコーディネートまとめ 全38種類!転生モンスターの出現エリアまとめ(レアアイテム一覧)
『ふっかつのじゅもん』一覧!隠しパスワードまとめ Sランク最強の「メタルヨッチ」発見情報と強いヨッチ族の集め方

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
MANKAIカンパニーのイケメン「劇団員」一覧 最新イベント攻略情報
最高効率で「稽古(ランク上げ)」を行う方法 「リンクスキル」一覧!イベント時にダイヤを大量節約する方法

-シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki, カード情報
-