▲新カード評価ランキングはこちら!

ドラゴン

JCG2nd 「Vol.25」優勝!『疾走ランプドラゴン(構築:楓)』

この記事をシェアする

2018/01/11

     

JCG「Vol.25」優勝『疾走ランプドラゴン(構築:楓)』

今回紹介するのは、JCGのシャドバ大会で優勝を果たした「楓」氏の【疾走ランプドラゴン】です。
STD環境で猛威を振るった大型フォロワー《ジェネシスドラゴン》を採用することで疾走に寄せていたり、《ドラゴニュートフィスト》を使用しているのが特徴の一つです。BO3の相方は、【fririnネクロ】と同じ構築を使用していたとのこと。



『疾走ランプドラゴン』のデッキレシピ








『疾走ランプドラゴン』のデッキ概要

序盤:PPを増やすカードを使おう!

序盤は《竜の託宣》《ドラゴンナイト・アイラ》で早めにPPをブーストさせていきたい。
PPを増やすことができない場面では、相手がドラゴンやコントロールでなければフォロワーを優先的に出していく。ドラゴンミラーやコントロール相手の場合は、試合終盤のコンボパーツとなる《風読みの少年・ゼル》は、温存しておいた方がいいことが多い。

中盤:引き続きランプカードを使おう

2ターン先まで考えて、PPを増やす必要があるか考えよう。もし迷った場合は、とりあえずPPを増やす選択肢を選ぶと良い。上から引いて来た高コストのカードがすぐにプレイできるようになるからだ。
環境に多い【アグロネクロ】には、守備力の高い《ラハブ》も有効だ。

終盤:疾走で試合を終わらせる!

終盤は、《風読みの少年・ゼル》を使ったコンボや、疾走持ちのフォロワーを使ってダメージを与えていきたい。このデッキでは《ジェネシスドラゴン》もフィニッシャーとして役立つ場面も多い。
リーサル圏内をしっかりと意識していくことが大事だ。

キーカード紹介

ドラゴニュートフィスト

はぁ、また雑魚の相手?
効果:ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。これを2回行う。
手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

対象を取らない効果なので、潜伏で隠れている《シャドウリーパー》を破壊することができる。
コストも低いため、大型を置いて余ったPPや《竜の闘気》でカードを引いた後にも使える。

ジェネシスドラゴン

創造主ならば七日。水神竜ならば一瞬。 創るのならば、海に命を宿せば良し。滅ぼすのならば、天地を渦流で飲み込めば良し。全ては水より出でて、水に沈む運命。
効果:疾走

ドラゴンの疾走持ちの中では、最大ステータス兼最大コストのフォロワー。
攻撃力7と体力9は単純なダメージだけでなく、除去にも使える優秀なカードとなる。




バハムート

全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。高貴なる漆黒の姿を持ち、その美しさはこの世全ての創造物を圧倒する。 全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。神撃の力は全てを超越し、その力と栄光を欲する英雄の伝説が彩られる。
効果:ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

ドラゴンといえばこのカード。
ニュートラルなのでどのクラスにも入るが、PP加速できるドラゴンで素早く出すことができれば、圧倒的な盤面制圧力でそのまま試合を決めることができるだろう。

《サハクィエル》《風読みの少年・ゼル》と組み合わせたコンボで13点バーストを叩き込めれば、残りを《ジェネシスドラゴン》の7ダメージで終わらせることができる。

イスラーフィール

審判を下すか否かは、最哀の奏天使に委ねられた。奏天使は地上の者らの心を癒すために曲を奏で、哀を謡った。 癒してもなお癒しきれぬ業に絶望し、奏天使は遂に審判を下す。聖涙が一筋零れ、刃となって罪深き者らを引き裂いた。
効果:ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

回復よし、範囲ダメージあり、ステータスも高い。
万能カードと言っていいこのカードの欠点はコストが高いところにあるのだが、ドラゴンならばそれを補うことができてしまう。
現在のランプドラゴンには、ほぼ確実に採用されているカードだ。