▲新カード評価ランキングはこちら!

カード情報

「疾走」の効果を持つカード一覧【シャドウバース】

この記事をシェアする

2017/12/29

     

カード効果:疾走

疾走

疾走を持つフォロワーは、場に出たターンでも攻撃できる。

「疾走」の効果発動シーン



カード一覧

エルフ

カード名 効果

リノセウス
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    2コストとは思えない高いダメージ力

    カードを使えば使うだけ攻撃力が上昇する。《自然の導き》などで手札に戻して再度召喚することで更なるダメージに期待できる。その高いダメージ力でゲームを終わらせることもしばしばある。
    ダメージ計算がなれないと難しいので、是非『リノセウス算』を読んでほしい。

    除去札としての活躍もできる。
    とてつもなく高い攻撃力をもっているため、その攻撃力をいかし高い体力を持ってる相手にぶつける事で、除去札と同じような使い方もできる。除去札として使う場合は他の勝ち筋をしっかり考えた上で使おう。


飛翔する狩鳥
トークンカード
【疾走】

ビートルウォーリアー
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、+1/+1して、【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    条件を満たして進化させれば、ステータス5/6の疾走フォロワーとなり、《レヴィオンセイバー・アルベール》のような動きが期待できる。

    アグレッシブに動く【OTKコンボエルフ】や【アグロエルフ】では、リノセウス以外のフィニッシャーとして活躍する。


妖精の使役者
ワンダーランド・ドリームズWLD
自分のフェアリーが場に出るたび、それはターン終了まで+1/+1されて、【疾走】を持つ。
  • 解説を読む▼
    4ターン目に効果を発動させるのは難しい。だが、効果が非常に強力で、このカードがいる状態で《エルフナイト・シンシア》をプレイしたら合計6点の《フェアリー》を出すことができる。
    試合終盤で《フェアリー》を投げつける動きも強いぞ。

ジャングルの守護者
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 【エンハンス】 10; ジャングルの【守護】者1体を出す。その後、自分のジャングルの【守護】者すべては【疾走】 を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    驚異の2体疾走

    10コストをフルに使うエンハンス効果が強力で、守護、疾走付きの「4/5」フォロワーを2体同時に繰り出すことができる。

    白銀白狼デッキなどに組み込んでも面白い。

    5コストで使用しても標準以上の働きができ、厄介なアグロ系デッキに対しては、単純に体力の高い守護として活躍するぞ!


キングエレファント
星神の伝説SFL
進化前
【疾走】
このフォロワーは【守護】を無視して攻撃できる。
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを手札に戻す。
自分の他の手札1枚につき+1/+1する。
進化後
【疾走】
このフォロワーは【守護】を無視して攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    最大10ダメージ(ロキで19)

    守護を無視するため、プレイすれば確実に相手にダメージを与えることができる。手札は最大9枚なので、最大で+9されて10点ダメージだ。エルフのバーンダメージと言えば《白銀の矢》だが、それより1だけダメージが高い。
    《ロキ》と組み合わせることでさらにファンファーレが発動し、2回ステータスが上昇するので、最大で19までステータスが上昇する。

    白狼でコストを0に

    《古き森の白狼》の効果でコストを0にすることで9ターン目にプレイすることも可能。このカードの効果で場のカードを手札に戻せるので、《リノセウス》を大量に疾走させるといったコンボも可能。エルフの新たなフィニッシャーだ。




ロイヤル

カード名 効果

クイックブレーダー
プライズ
【疾走】
  • 解説を読む▼

    遅ぇ!

    ステータスは低いが、1ターン目にだせば攻撃力は1だが数回攻撃できるため、2点以上の打点を取れる可能性が高く、中盤では盤面をとる際に1コスト1点ダメージのスペルとして使え、終盤では攻撃力上昇のカードと一緒に組み合わせて使うことで1点以上のダメージを叩き込み勝利することができる。


ケンタウロスヴァンガード
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分の場に指揮官・カードがあるなら、【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    速攻で使う

    効果発動条件として指揮官を求められるが、2ターン目までに指揮官が場に出ていることがないため、実際には中盤以降プレイするカードデザインとなっている。

    指揮官を持つアミュレットを場に出して置くことでほぼ確実に効果を発動させれるだろう。


ヴァイキング
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼

ノーヴィストルーパー
スタンダードSTD
【疾走】
  • 解説を読む▼

    3コストで攻撃力2の疾走を持っているカード。主に相手リーダーへのダメージ源か、2点ダメージの除去スペルとしての使われ方をする。コストが低いため、強化カードと一緒に使うことでより強力なダメージを出すことが可能だ。

    2pickでも同じような運用方法ができるが、一緒に出てくるブロンズカードには他に優秀なものが多いためどうしても少し低くなっている。


冷酷なる暗殺者
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【必殺】【ファンファーレ】自分の場に指揮官・カードがあるなら、【疾走】を持つ。
進化後
【必殺】
  • 解説を読む▼

    条件付きで疾走を持つカードなのだが、必殺は元からついている。そのため、効果が発動しなくても相手に一方的に倒されるといったことはない。指揮官がいる場合は3コストの除去スペルに早変わりだ。

    ステータスが低すぎるため、評価は低いが一方的に倒されることがほぼ起き得ないため、最低の評価を免れている。


プリンセス・ジュリエット
星神の伝説SFL
進化前
【疾走】
自分が元のコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードのコストが3ならターン終了まで、このカードのコストを2にする。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    指揮官シナジーを活かす

    指揮官を参照する指揮官カード。指揮官シナジーを多く入れたデッキで活躍するだろう。同じ弾で追加されたロードジェネラルなどと一緒に展開して一気に圧力をかけていくと良い。


天空城
バハムート降臨ROB
カウントダウン 15 自分の場にフォロワーが出るたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。 【ラストワード】 自分のロイヤル・フォロワーすべては+1/+1されて、【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    シャドウバース最長のカウントダウンをもつカードで、その数字は15となっている。
    破壊された時に自フォロワー全てに疾走を付与するため、そのターンに展開した大量のフォロワーを相手リーダーにぶつけて大ダメージを与えることができる。

    フォロワーを召喚する効果をもつ《海底都市王・乙姫》を出した場合、全てのフォロワーを出し切った後に天空城のラストワード効果が発動する。


カースドジェネラル
スタンダードSTD
自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、それは【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    このカード自体のステータスが低いため、4ターン目に出してもそのまま倒されないで帰ってくることが少ない。潜伏を持たせるなど工夫して使おう

    試合が長引きやすい2Pickではこのカードの効果を発動させるタイミングは結構ある。そのため評価は悪くない。


レヴィオンセイバー・アルベール
バハムート降臨ROB
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】【エンハンス】9;「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    高いステータスからの大ダメージ

    ヴァンパイアの《インプランサー》と比べて体力が1低いが、コストも1低いのでより早くプレイでき、同じく【疾走】を持つ点で超強力。

    リーダーにダメージを与えることはもちろん、進化権を使わない除去フォロワーとして機能する。また、エンハンス効果で2回攻撃できるので進化権を絡めて10点ものダメージを出すことができる。ロイヤルの課題であったバーストダメージ確保も可能になるぞ。

    ダメージを受けないエンハンス効果は劣勢時の巻き返しにも役立つ。


騎士王の威光
スタンダードSTD
自分の場にコスト1のフォロワーが出るたび、それは【疾走】 を持つ。自分のターン開始時、ナイト1体を出す。
  • 解説を読む▼

    1コストのフォロワー全てが疾走を持つが2コストのフォロワーはステータスが低いため、使いづらい。

    2pickでも無限にリソースを出してくれるカードではあるのだが、5ターン目という進化が大事になってくるターンではこのカードをプレイする余裕はないだろう。


ドラゴニュート・シャルロット
スタンダードSTD
【疾走】 【守護】
  • 解説を読む▼

    高い体力を持つ守護疾走。トドメとしてはもちろん使えるが、高い体力を持つため除去にももちろん使える。

    2pickでは強力なカードではあるが、コストが高いため今一歩足りないイメージがある。強いカードであることには間違いはない。




ウィッチ

カード名 効果

エウロペ
星神の伝説SFL
進化前
【ファンファーレ】【エンハンス】5;進化する。
進化後
【疾走】【必殺】【守護】
  • 解説を読む▼

    ウィッチ初の必殺

    映えあるウィッチの必殺を持つカード第1号。進化することを前提にしたカードで、リーダーにダメージを与えることよりかは盤面を取るためのカードだ。進化した際に一方的に相手のフォロワーを倒せば、必殺と守護両方をもつので簡単に1:2交換してくれる。

    貧弱すぎるステータスとエンハンス

    進化後もステータスが変わらない稀有なカード。攻撃力が1しかなく、相手リーダーを攻撃して倒そうとすると20回も攻撃しないといけない。進化しないとただのバニラカードに成り下がってしまうので、進化権がなくなった後はエンハンスを発動させて使っていこう。


ルナルの魔術師・プリス
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【ファンファーレ】相手のフォロワー1体に「自分の他の手札のニュートラル・カードの枚数」と同じダメージ。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼
    ニュートラル・のカードの枚数だけ相手にダメージを与えられるが、現状、ウィッチと相性の良いニュートラルカードが存在せず、現存するデッキタイプとも相性がよくない。
    新デッキが開発されれば採用される可能性は十分にある。
    進化後に【疾走】が付与されるので、アグロ寄りのウィッチに採用されるかもしれない!?

刃の魔術師
バハムート降臨ROB
進化前
【疾走】スペルブースト コスト-1
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    スペルを使えば、コストが下がっていく、ウィッチ唯一の疾走フォロワー。

    主にフォロワー中心で勝負を決める【ドロシーウィッチ】に採用され、且つスペルと相性もいいので【超越ウィッチ】にも採用される。
    また、2017/4/21現在では《魔法剣》と組み合わせた、【魔法剣超越ウィッチ】というデッキのフィニッシャーとしても活躍する。

    《次元の魔女・ドロシー》の効果で手札に加わった時は、1コストになるので驚異的なコストパフォーマンスを誇る1枚となる。




ドラゴン

カード名 効果

大嵐のドラゴン
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 覚醒 状態なら【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    覚醒時には疾走が付与されるので、【疾走ランプドラゴン】や《フェイスドラゴン】などの攻撃的なデッキに採用される。

ワイバーンライダー・エイファ
バハムート降臨ROB
進化前
このフォロワーは攻撃されない。【ファンファーレ】【エンハンス】7;+2/+2して、【疾走】を持つ
進化後
このフォロワーは攻撃されない
  • 解説を読む▼
    体力は1と低いものの、トリニティドラゴンのような攻撃不可効果を持っているのでフェイスドラゴンとの相性は抜群。エンハンス効果も強力、実質2種類目のフォルテ。

大鎌の竜騎
神々の騒嵐TOG
進化前
【必殺】
【ファンファーレ】 覚醒 状態なら【疾走】 を持つ。
進化後
【必殺】
  • 解説を読む▼
    必殺を持っているため、どんな相手でも一撃で倒すことができる。
    自身の効果で疾走を手に入れることが可能なので、後半は3コストの除去札として機能させれば強力。
    ドラゴンの3コストは他に優秀なものも多いが、採用の余地は十分。

風読みの少年・ゼル
神々の騒嵐TOG
進化前

進化後
進化時 覚醒 状態なら、 自分の他のフォロワー1体は【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    夢のコンボ

    大型フォロワーに疾走をつけることができる夢のような効果を持ったカード。
    《騎竜兵》などを絡めてコストを下げておけば、7コストで《サハクィエル》から繰り出した《バハムート》を疾走させたり、10コストで《バハムート》で場を一掃してから13点を叩き込むなどといった使い方が可能だ。
    《騎竜兵》を使いコストを下げておくことで、いつでもどんなフォロワーとでも組み合わせてコンボを発動させることができる。

    細かい除去

    なにもコンボは大型のフォロワーと行う必要はない。7コストの時に5コストのフォロワーと一緒に使いあいて盤面を2体除去する動きも可能だ。


ヒッポグリフの乗り手
ワンダーランド・ドリームズWLD
【疾走】
自分の他のフォロワーが攻撃するとき、このフォロワーを+1/+0する。
  • 解説を読む▼
    ドラゴンの新疾走フォロワー。
    攻撃力を上昇させるのに他のフォロワーで攻撃しないといけない。
    アグロ系のドラゴンで大量展開すればこのカードをうまく使えるかもしれない。

海剣竜
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 覚醒 状態なら【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    覚醒状態であれば、疾走を持つ。
    ファンファーレ効果のため《ウルズ》では効果が発動しないので、注意が必要。

魔獣の乗り手
星神の伝説SFL
進化前
【突進】
自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。
進化後
【疾走】
自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。
  • 解説を読む▼

    進化を使わない盤面取り

    進化を使わずとも盤面を奪うことができる貴重なカード。体力も6と高く、基本的に有利トレードをしたフォロワーを一方的に倒すことができる。

    フィニッシャーにもなりうる

    進化すると突進の効果が疾走になる。そのため、出したターン中に相手リーダーを攻撃することが可能になり、トドメをさす動きも可能になる。


突風のドラゴン
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼
    《変化する魔術師》《連なる咆哮》から出現するトークン

ダークドラグーン・フォルテ
スタンダードSTD
【疾走】 覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
  • 解説を読む▼

    コストパフォーマンスがいい大ダメージ疾走。

    6コストで5点の攻撃力を持っている強力な疾走。速攻系のデッキならば相手のリーダーを進化して攻撃するだけでゲームに勝ててしまうこともある。

    厄介なのは「覚醒」状態になった時このカードを攻撃できなくなる効果を持っているところだ。攻撃による除去ができず、進化込みで14点食らうこともざらにある。

    2pickでも弱い選択肢ではない。除去スペルなどをpickできるとは限らなく、フォロワー同士の戦いが多いため覚醒状態で攻撃されなくなる効果がとても強い。


不死鳥の乗り手・アイナ
神々の騒嵐TOG
進化前
【疾走】
【ファンファーレ】 「他のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。(相手の場も含める)
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼
    最大で9も攻撃力が上昇する。
    大きく攻撃力を上げるためには、互いの場にフォロワーが存在しないといけない。
    ドラゴン自体はフォロワーを大量展開することが現状難しいため、どうしても相手フォロワーに依存することになると思われる
    ファンファーレ効果なので《ウルズ》と相性がいい。

無謀なる戦
ワンダーランド・ドリームズWLD
自分がニュートラル・フォロワーをプレイしとき、それは【疾走】と「ターン終了時、このフォロワーは破壊される」を持つ。
  • 解説を読む▼

    疾走によるバーストダメージ

    プレイされたニュートラルフォロワーは全て疾走をもつため一気にダメージを出すことができる。《イスラーフィール》《ルシフェル》で10点を超えたダメージを出すことが可能だ。

    誘発条件に注意

    効果発動の条件が「プレイ」したときなので、《サハクィエル》などの効果で出したカードは疾走をもたない。また、バハムートは出した時アミュレットを破壊してしまうので疾走させることはできないぞ。どうしてもそのコンボが使いたい時は《彷徨の詩人・エルタ》と組み合わせればできる。


ジルニトラ
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 ドラゴン1体を出す。
進化後
【疾走】 進化時 ドラゴン1体を出す。
  • 解説を読む▼
    ファンファーレと進化で計2体もの《ドラゴン》を出すことができ、盤面を一気に制圧しにいける。《ジルニトラ》自体に疾走がついているので体力が少なくなった相手フォロワーを倒したり、リーダーにプレッシャーをかけよう。ファンファーレで出したドラゴンのほうを進化させることもあることを忘れないように。

連なる咆哮
ダークネス・エボルヴDRK
自分のターン開始時、5/5【疾走】の《突風のドラゴン》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    毎ターン5/5の《突風のドラゴン》を召喚することができる。

    コストが非常に高いので普通に使うとプレイをする前に試合を決されたりする。そのためPP加速や《騎竜兵》と組み合わせることで早期にプレイして盤面を取っていくのが大事だ。

    早期にプレイできれば毎ターン召喚するので、試合が長引けば長引くだけ有利になっていき勝てることになるだろう。注意してほしいのは出したターンは何も影響を及ばさないので出しても大丈夫かの判断をしよう。

    2pickでは長引いた試合を終わらせることができ、強力なアミュレットだと言えるが、試合が長引かないことやPPを加速できないことがあるので最優先で選ぶカードではない。


ジェネシスドラゴン
スタンダードSTD
【疾走】
  • 解説を読む▼
    高コスト高ステータス疾走フォロワー。
    【ランプドラゴン】などには、よく

アジ・ダハーカ
第七弾「時空転生」
進化前
【疾走】
自分のフォロワーが進化するたび、このフォロワーのコストを-1する。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼
    《ジェネシスドラゴン》とほぼ同じような使い方が出来る。後攻の場合、《大鎌の竜騎》と合わせてフォルテウルズを彷彿させる10点コンボも出せる。明記はされていないが、デッキに存在する場合でもコストが下がるなら、評価は一段と高くなる。








ネクロマンサー

カード名 効果

ゴースト
トークンカード
【疾走】 場を離れるときか自分のターン終了時、このフォロワーは【消滅】する。
  • 解説を読む▼

レッサーマミー
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 ネクロマンス 4; 【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    疾走効果がつくので、【アグロネクロ】とは相性抜群。

    いざという時は、除去として緊急時に役立つこともある。


絶速の甲虫
トークンカード
【疾走】【ドレイン】
  • 解説を読む▼

冥守の長・アイシャ
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】ネクロマンス10;進化する。
【ファンファーレ】エンハンス10;【疾走】を持つ。
進化後
【突進】
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
  • 解説を読む▼
    5/5/4突進と使いやすい能力を持つ上に終盤には10点バーストが出せるためミッドレンジネクロのフィニッシャー枠として採用が見込まれる。

デスタイラント
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 ネクロマンス 20; +10/+10する。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

アンドラス
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【必殺】【ファンファーレ】ネクロマンス4;【疾走】を持つ。
進化後
【必殺】
  • 解説を読む▼
    疾走と必殺という効果を持つフォロワー。体力が多いため2対以上のトレードを見込めるが、コストが9のため、現状だとあまり採用されない。




ヴァンパイア

カード名 効果

ブラッドウルフ
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 自分のリーダーに2ダメージ。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

    2点ダメージを出すことができる疾走

    2コストで2点の疾走を序盤から出せるので、除去札と同じ感覚で気軽に使える。フォロワーなので進化して、攻撃することで4点ダメージとして使うことができる。

    ヴァンパイアなら是非採用したいカードの1種だ。

    2pickでもかなりよい選択で、除去から止めまで幅広い活躍意ができる。体力が1なので少し除去されやすいがそれを差し引いてもpickしたいカードだ。


デモンコマンダー・ラウラ
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 復讐 状態なら、自分の他のフォロワー1体は【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

サーベイジウルフ
第七弾「時空転生」
【疾走】

ダークジェネラル
プライズ
【ファンファーレ】 復讐 状態なら【疾走】 を持つ。
  • 解説を読む▼

インプランサー
プライズ
【疾走】
  • 解説を読む▼

デモンオフィサー・エメラダ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
復讐状態なら、【疾走】を持つ。
  • 解説を読む▼
    エクスキューションに2コストで4/5ステータスがついてきたカード。
    さらに復讐で疾走も付くおばけ。コントロール系の遅いヴァンパイアが確定除去を手に入れたことで暴れる未来が垣間見えてきた。

アルカード
スタンダードSTD
進化前
【疾走】 【ファンファーレ】 復讐 状態なら、自分のリーダーを4回復。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

ソウルドミネーター
神々の騒嵐TOG
【疾走】
他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。
  • 解説を読む▼
    同コストの《アルカード》より攻撃的。進化して突っ込めば、「体力8」は一筋縄では倒されない。
    「攻撃力4」が《バフォメット》に引っかからない点を利用して、サーチ先を絞ることで5T《バフォメット》6T《セクシーヴァンパイア》7T《ソウルドミネーター》などの最強ムーブも視野に入る。




ビショップ

カード名 効果

詠唱:獣姫の呼び声
ダークネス・エボルヴDRK
カウントダウン3【ラストワード】2/1【疾走】《ホーリーファルコン》1体と、4/4《ホーリーフレイムタイガー》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    2体のフォロワーを召喚するメリット

    同時に2体のフォロワーが出るので対戦相手からしたら対処がし辛くなっている。また、召喚される片方は《ホーリーファルコン》で疾走を持っているため、即座に攻撃することができカウントダウンで失った盤面の優位を取り戻すことに長けている。

    更には《ホーリーフレイムタイガー》を進化させることで、両方とも攻撃できるようになり、一気に盤面を制圧できるだろう。

    カウントダウンは長いので短縮するカードと組み合わせて

    コストも低くとても強力なアミュレットとなっているため、カウントダウンは3と少し長めとなっている。
    その分カウントダウンを短縮できたとき得られるアドバンテージは非常に大きいためカウントダウンを進めることができるカードと組み合わせるといいだろう。


ホーリーファルコン
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼
    《詠唱:白翼への祈り》《詠唱:獣姫の呼び声》から出現するトークン

壮麗なる隼
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼
    《詠唱:神鳥の呼び笛》から出現するトークン

ムーンアルミラージ
スタンダードSTD
【疾走】 自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。
  • 解説を読む▼
    疾走さらに、自分のターン終了時体力を上限まで回復するため、有利トレードがしやすく、進化をすれば、さらに対処されにくい。

ヘヴンリーナイト
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
相手のターン開始時、次の自分のターン開始時まで+4/+0する。
【ファンファーレ】自分の場にアミュレットがあるなら、【疾走】を持つ。
進化後
【守護】
相手のターン開始時、次の自分のターン開始時まで+4/+0する。
  • 解説を読む▼
    7コスト7/7の守護に疾走がついてきた。相手の体力を削りつつ、守ることができるため、ダメージレースで勝ちやすくなる。高い耐久力で、アミュレット解放まで粘ることができるぞ。

グレートタウラス
星神の伝説SFL
【疾走】
【攻撃時】フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。
  • 解説を読む▼

    ビショップ待望の単体バーストカード

    ビショップに存在するバーンカードは3点のものが多く、それを超えるダメージを出そうとした場合どうしても複数のカードを組み合わせる必要があった。
    しかしこのカードの登場により、複数のカードを組み合わせる必要なく3点を超えるダメージを出せるようになった。

    ライバルはギルガメッシュ

    ニュートラルフォロワーの《ギルガメッシュ》がこのカードのライバルだ。比べてみると、このカードの方が体力が1低くニュートラルシナジーを受けられない。その代わり盤面に干渉する際はこのカードの能力は非常に強力で、状況に応じて臨機応変に使える利点がある。




ニュートラル

カード名 効果

クラブソルジャー
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼
    《トランプナイト召喚》から召喚されるトークン

沈黙の魔将
トークンカード
【疾走】
  • 解説を読む▼

フラム=グラス
トークンカード
【疾走】 攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに7ダメージ。
  • 解説を読む▼

ギルガメッシュ
スタンダードSTD
【疾走】
  • 解説を読む▼

    8コストと重いものの、攻撃力が5ある大型の疾走フォロワー。

    ニュートラルなのでどのクラスのデッキにも採用できるカード

    バーストダメージが出すことが苦手なデッキでは十分選択肢に入る。

    2Pickでは、場に出したターンから盤面に影響を及ぼせる疾走フォロワーなので、ニュートラルカードの中ではそこそこの評価である。


ゼウス
神々の騒嵐TOG
【疾走】
【必殺】
【守護】
  • 解説を読む▼

    『神々の騒嵐』最大の目玉フォロワー。「疾走、必殺、守護」と特殊能力を3つも備えた、『全知全能の神』と言える1枚となっている。採用率の高いドラゴンで比較対象となるのは、同コストの大型疾走フォロワー《ジェネシスドラゴン》。STD環境から活躍してきた頼りになるフィニッシャーだ。

    ○ゼウスのメリット

    ・「守護」を持っているので、防御も兼ね備えている。

    ・《サハクィエル》の対象として使うことができる。

    ○ジェネシスドラゴンのメリット

    ・攻撃力が高いので、バーストダメージ(リーサル圏内)のレンジが大きい

    などが挙げられる。




ネメシス

カード名 効果

レディアントアーティファクト
トークンカード
【疾走】
【ラストワード】自分のターンなら、アーティファクトカードをランダムに1枚デッキから手札に加える。相手のターンなら、カードを1枚引く
  • 解説を読む▼
    《機構翼の剣士》《重力戦士》などから出てくるトークンカード

造られし獣人・サフィラ
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】10;進化して、ターン終了まで、攻撃力を「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードの数」と同じにする。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼

復讐の人形遣い・ノア
第七弾「時空転生」
【疾走】
【ファンファーレ】《操り人形》1枚を手札に加える。自分の手札の《操り人形》すべては+1/+0されて、【疾走】を持つ。
  • 解説を読む▼
    このカード自身の効果で、《操り人形》を手札に加えるため、実質5点の疾走ダメージを相手に与えることが可能。他に持っている、《操り人形》1枚につきダメージが2伸びていき、想像以上のダメージが出せるが、盤面に限りがあるため、4体以上の《操り人形》を同時にプレイできない。




新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! TCG歴が長く、さまざまなカードゲームで実績を残してきた実力派。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

「葬送」「リアニメイト」を持つ全カード一覧

第七弾カードパック「時空転生」で追加されたネクロマンサーの新能力「葬送」「リアニ ...

ネメシスのカード一覧

目次 プライズ 時空転生 トークンカード ネメシス「プライズ」カード一覧 カード ...

ウィッチの新タイプ「マナリア」全カード一覧

第七弾「時空転生」で追加された新タイプ「マナリア」の全カード一覧です。デッキ構築 ...

「ローテーション」全427枚!スタン落ちカード一覧

シャドウバースの第7弾新カードパック「時空転生」から始まる「ローテーションルール ...

全カード(1057枚)評価一覧

シャドウバース:全カード(1047枚)評価一覧 シャドウバース(シャドバ)に収録 ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-カード情報
-, , ,