▲最新版Tierランキングはこちら!

カード情報

「突進」の効果を持つカード一覧【シャドウバース】

この記事をシェアする

2017/12/29

     

カード効果:突進

突進とは

突進を持つフォロワーは、場に出たターンでもフォロワーを攻撃できる(リーダーには攻撃できない)。
(次のターンからはフォロワーにもこうげきできる。)

「突進」の効果発動シーン



カード一覧

エルフ

カード名 効果

エルフの鍛冶師・レーネ
第七弾「時空転生」
進化前

進化後
【進化時】このターン中にカードを3枚以上プレイしていたなら、自分の他のフォロワー1体は+1/+0されて、【突進】を持ち、ターン終了まで、そのフォロワーへのダメージは0になる。
  • 解説を読む▼

雪原の戦士
ワンダーランド・ドリームズWLD
【突進】自分のターン中、相手フォロワーへ攻撃して、このフォロワーは破壊されなかったなら、+1/+1する。
  • 解説を読む▼
    自分のターン中限定の効果になっている。
    進化権を使用すれば実質6/6になる。
    4コスト3/3と【突進】を持っているので破壊できるフォロワーがいれば実質4/4だ。
    同じ4コスト帯では《エルフプリンセスメイジ》といった強力なフォロワーが多く、このカードはそこまで強力な効果を持っていないので採用されるかは微妙だろう。

フェアリーナイト
バハムート降臨ROB
進化前
【突進】
【ファンファーレ】 フェアリー1枚を手札に加える。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼

宝石のエルフ
バハムート降臨ROB
自分の他のフォロワーが場に出るたび、それは【突進】をもつ
  • 解説を読む▼
    場に出したフォロワー全てに突進を持たせるので、トレードによる盤面制圧が有利になる。本体のステータスが低いのとコストが5と少し重いのがネック。

フェアリーセイバー
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを+1/+0する。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、自分の他のフォロワーすべては【突進】をもつ。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼
    先に展開が済んでいる場合《エルフナイト・シンシア》より使いやすいバフカードになる。本体が突進を持っているため守護の突破の役割を持たせることもできる。

古き森の白狼
バハムート降臨ROB
【突進】 【ラストワード】 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフのカード(古き森の白狼の除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。
  • 解説を読む▼
    8コストと重いが、ラストワード効果でデッキからエルフの最重量カードのコストを0にして「サーチでできる効果」は様々な効果に悪用できる。突進がついているので、プレイしたターンに攻撃して自滅したり、相手のフォロワーを処理したりできる点は非常に優秀だ。




ロイヤル

カード名 効果

クーフーリン
星神の伝説SFL
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】6; ターン終了まで、【必殺】を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
  • 解説を読む▼

    除去カードとして

    突進を持っているため、その攻撃力分のダメージをすぐさま相手フォロワーに与えることができる。序盤は2点のダメージスペルとして活躍し、後半戦ではエンハンスで必殺を得るため《エクスキューション》と同じ確定除去スペルのように考えることができる。

    フォロワーの利点

    スペルと違い、フォロワーなので使う対象がない場合でも出すことができる点がこのカードのいいところ。場に出しておくことができれば、次のターン相手リーダーにダメージを与えて行くことができるのがスペルにない利点だ。


若き鬼狩人・モモ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【突進】
【交戦時】交戦する相手のフォロワーの攻撃力が5以上なら、このフォロワーはターン終了まで必殺を持つ。
  • 解説を読む▼

    3コストの除去として

    試合終盤敵の高攻撃力のフォロワーを除去することができる。《ツバキ》と違いほとんどの場合相打ちになってしまうがコストが低い点で差別化できる。


ブリッツランサー
バハムート降臨ROB
【突進】
  • 解説を読む▼
    標準ステータスで突進を持ったフォロワーだが、体力2なのがネックで、3ターン目の有利トレードは難しい。
    その代わり、攻撃力は3なので大体の相手フォロワーとトレードすることができる。
    後半引いた場合は3コスト3点ダメージのスペルとして使い、有利トレードしてきた相手フォロワーを狙って攻撃して行くといいだろう。

嵐の槍使い
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】7;「攻撃時相手のフォロワー全てに2ダメージ」を持つ。
進化後
【突進】

レヴィオンヴァンガード・ジェノ
バハムート降臨ROB
進化前
【突進】【エンハンス】 6; 「【ラストワード】 《ナイト》2体を出す」を持つ。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼

    突進を持っているので、進化を使わずに場に出したターンに盤面に影響をおよぼせる。攻撃力2のフォロワーに対して、先行で有利トレードをできるのは強力。
    エンハンス能力も強力で、破壊された時にフォロワーを2体展開することができるため盤面を完全に明け渡すことはないだろう。

    主に先攻4ターン目、進化権がない時に使用し相手の盤面に残っているフォロワー相手に有利トレードすることで試合を有利に運ぶことができる。


円卓の騎士・ガウェイン
神々の騒嵐TOG
進化前
【ファンファーレ】 【エンハンス】 6; +1/+1して、【突進】 を持つ。
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
進化後
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
  • 解説を読む▼
    標準ステータスに加え、攻撃のたびに手札の指揮官のコストを下げる兵士フォロワー。
    ウィッチでいう《マーリン》のような効果であり、対戦相手からすると放置できないカードとなる。
    エンハンス効果も進化を使わず場を取れて、さらに効果を発揮できるのが○。

バルバロッサ
星神の伝説SFL
【突進】
【ラストワード】次の自分のターン開始時、《バルバロッサ》1枚を手札に加える。相手の場のフォロワーが2体以下なら、そのコストを8にする。3体以上なら、そのコストを2にする。
  • 解説を読む▼

    永久機関

    ラストワードで手札に戻ってくるので、消滅させられない限りは延々と使いまわすことが可能。
    突進を持っているためか、《アルティメットキャロット》と違って手札に戻ってくるのは破壊された翌ターンとなっている。

    横展開に強い

    相手が3体以上フォロワーを展開している時に手札に戻ってくればコストは2になり、非常に使いやすくなる。
    横展開が多い環境ではカウンターカードとして機能する。


抜刀術
星神の伝説SFL
手札のロイヤル・フォロワー1枚を場に出す。それは【突進】と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。
  • 解説を読む▼

    強力なフォロワーを走らせろ

    相打ちになってしまうと手札に戻ってこないので、体力が高いフォロワーを走らせよう。必殺持ちならば確実に相手フォロワーを除去でき、特に《ファングスレイヤー》なら相手リーダーにもダメージを与えることができる。
    難易度が高いが、《レオニダス》を出して相手フォロワーと相打ちできれば、《レオニダスの遺志》を5ターン目に置くことができる!


ジョリー・ロジャー
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】【突進】 【必殺】 【守護】 の中から、ランダムに1つを持つ。
  • 解説を読む▼
    ランダム効果は不確定だが、突進と守護は場にすぐに干渉できるため嬉しい。
    しかしそれだけでは構築戦で使用する6コストフォロワーとしては物足りない。

古の英雄
ワンダーランド・ドリームズWLD
【突進】スペルや効果によって破壊されない。(効果や攻撃によるダメージで破壊可能)
  • 解説を読む▼

    盤面制圧、リーダー攻撃なんでもござれ

    《アレキサンダー》と同じコスト同じ攻撃力の【突進】
    《アレキサンダー》は相手ミニオンがいなかった場合手札で持て余してしまうが、このカードはリーダーを攻撃できることと高い体力+除去耐性で腐るタイミングがない。
    アグロタイプのデッキには入らないだろうが、ミッドレンジやコントロールタイプのデッキでは活躍する。


アレキサンダー
ダークネス・エボルヴDRK
【突進】このフォロワーは、相手のリーダーを攻撃できないが、相手のフォロワーを1ターンに14回攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    突進効果を持つフォロワーで、デメリットとして相手リーダーに攻撃できないが、1ターンに14回まで攻撃することができる高い盤面制圧性能を持ったカードだ。

    通常8ターン目には進化権が切れていることも多いので、こういった突進効果で盤面を荒らすことができるのは非常に便利だ。

    %e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e6%b4%bb%e8%ba%8d

    上記の画像のように、ロイヤルが苦手としていた《死の祝福》のような横に並んだ守護も1枚で一掃することができる。

    8コストとコストが重いので【コントロールロイヤル】のような長期戦を見越したデッキで採用されるだろう。

    2Pickでの評価は、盤面の制圧能力が非常に高く、リーダーに攻撃デメリットを差し引いても優先度は高い優秀なカードと言えるだろう。


ファングスレイヤー
バハムート降臨ROB
【突進】
【必殺】
攻撃時フォロワーへ攻撃したなら、相手のリーダーに“このフォロワーの攻撃力の値”と同じダメージ。
  • 解説を読む▼
    非常に体力の高いステータスを持ち、突進と必殺を持っているので1対2交換以上がしやすい。追加効果で攻撃力分のダメージを相手に与えることができるのも魅力的。兵士で最大のコストのフォロワーのため、アドバンスブレーダーから加えたいカードの1枚。

レオニダスの遺志
トークンカード
自分の場にフォロワーが出るたび、それは+3/+3されて【突進】を持つ。
  • 解説を読む▼




ウィッチ

カード名 効果

マジックガンハンター
星神の伝説SFL
【ファンファーレ】自分の場に他のフォロワーがいないなら、【突進】と、ターン終了まで「【ラストワード】《マジックガンハンター》1枚を手札に加える」を持つ。
  • 解説を読む▼

    使いまわせる除去

    盤面に他のフォロワーがいなければ、3コストで2点ダメージを出すことができるカード。出してぶつけて手札に戻ってきたのを再度出して、1ターンで何回も使いまわすことができる。スペルではなくフォロワーのため、スペルブーストできないのが残念だ。


幻影使い
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す。(コスト最大のフォロワーが複数あるなら、その中からランダムに1体)
それは【突進】と「自分のターン開始時、このフォロワーは消滅する」を持つ。
  • 解説を読む▼
    バトル中に破壊されたコスト最大のフォロワーを【突進】付きで場に出せる。
    自分のターンの開始時に【消滅】されるが、【ラストワード】持ちや大型フォロワーを場にだし、相手のフォロワーにぶつけよう。




ドラゴン

カード名 効果

ヘルフレイムドラゴン
トークンカード
【突進】

伊達政宗
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 【エンハンス】 7; +3/+3して、【突進】【必殺】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    標準ステータスを持った2コストフォロワーで、エンハンス効果で7コスト5/5の突進、必殺持ちフォロワーに変身する。
    進化権を消費せず盤面を取り戻すことができ、終盤以降のカードバリューが上がるので、手札の切れやすいランプドラゴンの序盤のフォロワーとして採用候補。

    2017/4/21現在では、3コストで覚醒時に疾走を持つ、必殺持ちフォロワーの《大鎌の竜騎》がいるため、採用されることは少ない。


スターフェニックス
星神の伝説SFL
【突進】
【ラストワード】自分のリーダーは「次に自分がスペルをプレイしたとき、《スターフェニックス》1枚を手札に加える」を持つ。
  • 解説を読む▼

    原初の竜使いと高いシナジー

    相手の盤面を処理するためのカード。スペルを使い手札に戻って来るのでその度にプレイして相手のフォロワーを潰していこう。《原初の竜使い》と相性が良く、ひたすらプレイできる3コストなので上手く使えば相手の盤面を壊滅させることもできる。
    しかし、ドラゴンのスペルカードはそこまで豊富な選択肢があるわけでなく、低コストのスペルカードも豊富ではないため手札に戻したターン再度使うのは難しい。


竜呼びの笛
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】覚醒状態なら、手札にあるコスト3以下の全カードを、4/3【突進】の《ヘルフレイムドラゴン》に変身させる。覚醒状態なら、自分がコスト3以下のカードを引くたびに、4/3【突進】の《ヘルフレイムドラゴン》に変身させる。
  • 解説を読む▼

    覚醒状態なら、手札とその後ドローする3コスト以下のカードすべてを2コスト4/3突進持ちという破格のステータスを持った《ヘルフレイムドラゴン》に変身させるアミュレット。

    %e7%ab%9c%e5%91%bc%e3%81%b3%e3%81%ae%e7%ac%9b%e6%b4%bb%e8%ba%8d

    後半腐りやすい低コストフォロワーなどを、後半でも活躍が見込めるカードに変換できるのは魅力的だ。

    覚醒状態にならないうちに場にプレイしてしまうと、覚醒状態になったとしても手札の3コスト以下のカードは変身しないので、使用の際は注意が必要だ。

    【ランプドラゴン】のような重量系のデッキのサポートカードとして使用したり、専用構築で活躍するだろう。

    2Pickでの評価は効果をうまく利用できる構築にできれば強力だが、うまく利用しようとするとコンボデッキになりがちなので使いにくい。


魔獣の乗り手
星神の伝説SFL
進化前
【突進】
自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。
進化後
【疾走】
自分のターン中、相手のリーダーか相手のフォロワーへ攻撃してダメージを与えたあと、このフォロワーの攻撃力を2倍にする。
  • 解説を読む▼

    進化を使わない盤面取り

    進化を使わずとも盤面を奪うことができる貴重なカード。体力も6と高く、基本的に有利トレードをしたフォロワーを一方的に倒すことができる。

    フィニッシャーにもなりうる

    進化すると突進の効果が疾走になる。そのため、出したターン中に相手リーダーを攻撃することが可能になり、トドメをさす動きも可能になる。








ネクロマンサー

カード名 効果

絶死の毒蜂
トークンカード
【突進】【必殺】
  • 解説を読む▼

冥守の長・アイシャ
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】ネクロマンス10;進化する。
【ファンファーレ】エンハンス10;【疾走】を持つ。
進化後
【突進】
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
  • 解説を読む▼
    5/5/4突進と使いやすい能力を持つ上に終盤には10点バーストが出せるためミッドレンジネクロのフィニッシャー枠として採用が見込まれる。

魔将軍・ヘクター
神々の騒嵐TOG
ファンファーレ ネクロマンス 8;ゾンビ2体を出す。(ネクロマンスしたかにかかわらず)ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、突進 を持つ。
  • 解説を読む▼

    展開と除去とバースト

    ネクロマンスを発動させ、場を《ゾンビ》で埋め尽くすことができる。
    追加で全てのフォロワーが攻撃力を上昇させて突進を持たせるので、1枚で相手の場を一掃できるぞ。
    さらに、ファロワーが盤面に残っていれば、それらを強化して大ダメージを相手に与えれる。
    盤面にフォロワーが残る超強力な《ファントムハウル》と評することができるだろう。




ヴァンパイア

カード名 効果

処刑人の斧
バハムート降臨ROB
自分のフォロワー1体は【突進】を持つ。 【エンハンス】4;その後、そのフォロワーを+2/2する。
  • 解説を読む▼

    1コストでフォロワ1体に突進を付与することができる。エンハンス効果まで発動すればかなり盤面ダッシュに寄与することができる。
    ただし、フォロワーを同時にプレイしないといけないなど、カード単体で機能しづらく2枚のカードを要求する割にはカードパワーが少し低いように見える。


トーヴ
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、【突進】を持つ。
進化後
味方のニュートラル・フォロワーが場に出たとき、このフォロワーは突進を得て攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    盤面制圧はお手の物

    ステータスが非常に高いので、3ターン目にニュートラルフォロワーを出して盤面を奪うことができる。
    中盤戦以降ならばニュートラルフォロワーを同時プレイできるので、即突進で盤面に影響を与えることができる。ニュートラルカードとのバランスが大事でデッキの構築次第になってくる。だから、このカードが使いたい人は構築のウデが問われる。


ヴァッサゴ
第七弾「時空転生」
進化前

進化後
【進化時】自分の他のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。そのフォロワーは【突進】を持つ。
  • 解説を読む▼

バンダースナッチ
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】7;「【ラストワード】次の自分のターン開始時、コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す」を持つ。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼
    5コスト4/5【突進】というだけでも優秀であり、7コスト【エンハンス】で使用すれば、次の自分のターン開始時コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚デッキから場に出せる【ラストワード】効果が付与される。
    例えば6コスト以上を《バハムート》のみに絞ったりと、デッキ構築を工夫すれば強力なコンボが発動しそうだ!

フェンリル
星神の伝説SFL
【突進】
自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して破壊し、このフォロワーは破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    戦闘と効果で2体処理

    相手に残り体力2の強力なフォロワーと弱い進化していないフォロワーがいる状況が、このカードがもっとも輝く瞬間だ。
    弱いフォロワーを戦闘で倒して、強力なフォロワーを効果で倒そう。
    状況次第では簡単に1:2交換できるカードだ。

    コントロールデッキの6ターン目に

    現状コントロールヴァンパイアは5ターン目に《緋色の剣士》、7ターン目に《デモンオフィサー・エメラダ》と非常に強力な動きが存在したが、6ターン目は空きがちだった。
    その穴をこのカードで埋めることで、コントロールデッキはより使いやすくなるだろう。


氷剣の戦鬼
バハムート降臨ROB
【突進】自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して破壊し、このフォロワーは破壊されなかったなら、カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼

    突進で持ちで、有利トレードをした際にカードが1枚引けるアドバンテージをとるのにも盤面をとるのにも優秀なカード。ステータスも優秀で、体力が7もあるので相手としては相当厄介なカード。

    コントロール系のヴァンパイアデッキで採用され、手札補充用のカードとして機能する。


メドゥシアナ
トークンカード
【突進】【必殺】このフォロワーは1ターンに3回攻撃できる。
  • 解説を読む▼
    《毒牙の姫・メドゥーサ》から出てくるトークンカード。

    驚異の連続攻撃!

    連続攻撃フォロワーは《癒しの奏者・アンリエット》と組み合わせると6回攻撃できるぞ!

    体力を削るのは苦手

    ターンの開始時に場に出てくるので、相手リーダーに攻撃することができない。その為、フィニッシュカードとしてはあまり強くない。盤面を取るフォロワーとしては十分強いのでそこに期待しよう。




ビショップ

カード名 効果

スカイスピリット
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】他のフォロワー1体は【突進】を持つ
  • 解説を読む▼
    他のフォロワーと同時にプレイすることで効果を発動してもいいが、カウントダウンでフォロワーを展開するアミュレットと相性がいい。カウントダウンから出たフォロワーに突進を付与することができるので、瞬時に有利な盤面を作り上げる。

タイムオウル
トークンカード
【突進】
  • 解説を読む▼

ハティ
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手の場に進化後フォロワーがいるなら、【突進】【必殺】を持つ。
  • 解説を読む▼

    高い耐久から進化フォロワーを倒せ

    進化で殴り合う6ターン目に進化を使わず盤面をとることができるようになる。ファンファーレ効果が発動しないとステータスが少し高いだけのフォロワーになってしまうので、どんな状況でも使えるタイプのカードではない。


ヴァルハラジェネラル
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】自分のほかのフォロワー1体の攻撃力、体力をそれぞれ+3する。そのフォロワーは【突進】を持つ
  • 解説を読む▼
    ニュートラルのレジェンドカードである《ガブリエル》並みのバフ性能を持ち、さらに突進を付与できるので、カウントダウンから場に出るフォロワーとの相性が良いとされる。同弾に収録されている《熟達の調教師》は6ターン目に《ホーリーフレイムタイガー》が場に出せるので《ヴァルハラジェネラル》とのコンボも期待される。

カリュドーン
神々の騒嵐TOG
進化前
【突進】
【ファンファーレ】 自分のアミュレットすべてのカウントダウン を1進める。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼
    「突進」を持っていて盤面にすぐ影響を及ぼせるのは、進化効果の多いビショップにとっては嬉しい。
    カウントスキップ効果も合わせて【セラフビショップ】や、体力4を生かして《守護の陽光》や《穢れた聖杯》を入れた、コントロールビショップへの採用があるかもしれない。

煌角の戦士・サリッサ
バハムート降臨ROB
【突進】このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。
  • 解説を読む▼
    突進があるので有利トレードによる場をとるのが得意なカード。4以上のダメージが3になるのでダメージでは確実に1回生き残ることができる。




ニュートラル

カード名 効果

ゴブリンエンペラー
第七弾「時空転生」
進化前
自分の場に元のコスト1以下のフォロワーが出るたび、それは【突進】を持つ。
【ファンファーレ】《ゴブリン》《ゴブリンリーダー》《ゴブリンプリンセス》の中から、ランダムに1枚を手札に加える。
進化後
自分の場に元のコスト1以下のフォロワーが出るたび、それは【突進】を持つ。
  • 解説を読む▼
    フェアリーのような1コスのトークンに守護をつけることで永遠に守ることができる。2コス相応のスタッツしかないため除去スペルで倒されやすいのが懸念点か。

堕天使
トークンカード
【突進】
【ドレイン】
  • 解説を読む▼
    《堕天》から出てくるトークンカード

屈強な山岳隊長
ワンダーランド・ドリームズWLD
【突進】
【攻撃時】 攻撃力5以上のフォロワーへ攻撃したなら、ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
  • 解説を読む▼
    5コスト3/5【突進】持ちは平均的だが、攻撃時効果で攻撃力5以上のフォロワーを攻撃すると自身へのダメージが0になる。

サハクィエル
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】手札にあるニュートラルのフォロワー1枚を場に出す。それは“【突進】”と“自分のターン終了時、手札に戻る”を持つ。
  • 解説を読む▼
    手札の大型ニュートラルフォロワーを展開して有利トレードを行うことができる。疾走持ちの《ギルガメッシュ》とは相性抜群で、相手リーダーにダメージを与えた後、次のターンにもう一度ギルガメッシュで相手リーダーに攻撃できるのは魅力的。




ネメシス

カード名 効果

操り人形
トークンカード
【突進】
相手のターン終了時、このフォロワーは破壊される。
  • 解説を読む▼
    数々のカードから手札に加わるトークン。コストが0のため、盤面さえ空いていれば即座にプレイ可能。

エンシェントアーティファクト
トークンカード
【突進】
  • 解説を読む▼
    《イカロス》《重力戦士》などから出てくるトークンカード

加速装置
第七弾「時空転生」
カウントダウン3;
自分の場にアーティファクト・フォロワーが出るたび、それは【突進】を持つ。
自分がアーティファクト・カードをプレイするたび、自分のPPを1回復。
  • 解説を読む▼

マキナサーヴァント
第七弾「時空転生」
ファンファーレ 共鳴状態なら、【突進】を持つ
  • 解説を読む▼
    普通にプレイした場合先攻2ターン目は効果が発動しないが、後攻2ターン目に効果が発動するカード。先攻の1/1/2を一方的に倒すことができるため、アグロデッキ相手の強力な抑止力になりうる。

悪魔のエピタフ
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】自分の手札にアーティファクト・カードがあるならランダムに1枚捨て、【突進】【必殺】を持つ。
  • 解説を読む▼

肉球砲の撃ち手
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】《エンシェントアーティファクト》2枚をデッキに加える。
進化後
【突進】
  • 解説を読む▼

造られし獣人・サフィラ
第七弾「時空転生」
進化前
【突進】
【ファンファーレ】【エンハンス】10;進化して、ターン終了まで、攻撃力を「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードの数」と同じにする。
進化後
【疾走】
  • 解説を読む▼




新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! TCG歴が長く、さまざまなカードゲームで実績を残してきた実力派。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

ネメシスのカード一覧

目次 プライズ 時空転生 トークンカード ネメシス「プライズ」カード一覧 カード ...

ウィッチの新タイプ「マナリア」全カード一覧

第七弾「時空転生」で追加された新タイプ「マナリア」の全カード一覧です。デッキ構築 ...

「ローテーション」全427枚!スタン落ちカード一覧

シャドウバースの第7弾新カードパック「時空転生」から始まる「ローテーションルール ...

全カード(1057枚)評価一覧

シャドウバース:全カード(1047枚)評価一覧 シャドウバース(シャドバ)に収録 ...

シャドウバース「声優」別カード一覧

シャドウバース「声優」別カード一覧 シャドウバースに登場するカードの声優別カード ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-カード情報
-, , ,