▲最新版Tierランキングはこちら!

カード情報

「守護」の効果を持つカード一覧【シャドウバース】

この記事をシェアする

2017/12/29

     

カード効果:守護

守護を持つフォロワーが自分の場にいるとき、相手のフォロワーは、守護を持つフォロワー以外を攻撃できない。
守護を持つフォロワーが複数いるときは、その中から好きなフォロワーを攻撃できる。

「守護」の効果発動シーン



カード一覧


エルフ

カード名 効果

ブレイブフェアリー
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼

    1コスト守護!

    1コストの守護として1回だけダメージを肩代わりしてくれる可能性がある。

    1/1というステータスは、同じ1コスト1/2フォロワーにも有利トレードされてしまう。また、エルフの1コストでは優秀な《ベビーエルフ・メイ》《ウォーターフェアリー》など優秀な効果を持つカードがあるので優先度は低いだろう。

    体力が低いのであらゆるダメージ効果で除去されてしまうのが難点だ。


エルフガード
プライズ
【ファンファーレ】 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、+1/+1して、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    2枚以上プレイした後に強化!

    コンボが発動すると+1/1し【守護】がつく。しかし、1コスト2枚と組み合わせた場合でも4ターン目に効果発動なので、少しステータスが物足りない。


フェアリードラゴン
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【ファンファーレ】攻撃力を「バトル中に破壊された自分のフェアリーの数だけ」+する。
  • 解説を読む▼
    【守護】+破壊された《フェアリー》の数だけ攻撃力をあげるため、終盤になると超強力なフォロワーになる。
    中盤であっても2コスト4/4【守護】みたいな動きも可能。2コストなので複数体《フェアリードラゴン》を出すと処理できないような強力な盤面が完成する。

放浪するエルフ
スタンダードSTD
このフォロワーは【守護】 を無視して攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    守護を無視!

    守護をすり抜けて攻撃できる稀有な能力を持っている。効果が生きるタイミングがそこまでないため、良くも悪くも2コストバニラとして使えるくらいだ。


心優しき木人
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】手札に3枚以上のニュートラル・カードがある場合、【守護】を得て+1/+1する。
  • 解説を読む▼

    序盤の中型守護

    序盤は進化権がないので、ステータスが1高い守護というのは単純に協力。ニュートラルフォロワーを多く入れる必要があるため、デッキ構築が難しくなる。また、効果が発動しない場合でも標準ステータスを持っているので腐ることはない。


エンシェントエルフ
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    効果発動に関係なく強力

    例え効果が発動していなくとも2/3という、3コストフォロワーのバニラステータス+守護を持っている。
    そして、効果発動すれば最高6/7という脅威的な数字になる。これは、進化や効果なしの場合7コストフォロワーまで、1撃で倒せるフォローワーが存在しない数値だ。

    手札戻しは使い回しができるメリット効果でファンファーレの使い回しや、埋まってしまった盤面を強力なフォロワーに置き換えるなど、殆どの場合メリットとして働くことが多い。


魔族の少年・ザイン
星神の伝説SFL
【守護】
【交戦時】自分の場に他のフォロワーがいないなら、このフォロワーを+1/+0する。

エルフの執事・ヴィスト
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
自分が元のコスト6以上のエルフ・フォロワーをプレイするたび、このカードのコストを-3する。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    6コスト以上のエルフのカードを出すことで大幅にコストゲインできる強力な守りのカード。

    《古き森の白狼》などと相性抜群で一緒にプレイすることで、隙をなくすことができる。

    《フェアリービースト》などと組み合わせて使用できれば、アグロデッキを完膚なきまでに叩きのめせる。


エルフプロフェテス
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    守護+バウンス!

    ステータスが高く、守護としても優秀。しかし効果が強制であることにより、自らの手で優位な盤面を捨ててしまうことがある。手札に戻すことで活躍する《リノセウス》や、《メタルエルフメイジ》などとは相性が良い


深緑の守護者
ダークネス・エボルヴDRK
【守護】【ラストワード】フェアリー2枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼
    申し分ないステータスを持つ守護。ラストワード効果でフェアリーを供給してくれるのだが、守護を持っているためほぼほぼ発動でき次のターンに繋げやすい。

    2pickでも全く同じことが言えるため、強力なpickと言える。低レアリティの有用守護持ちフォロワーはかなり希少だぞ。


クリスタリアプリンセス・ティア
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】4/4の《クリスタリア・イヴ》1体を出す。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのフォロワーは進化して、【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼

    盤面制圧はお手の物

    ターン中に2枚以上カードをプレイしてからこのカードをプレイすると、一緒に場に出る《クリスタリア・イヴ》を進化させて、守護を持たせるといった驚異的な盤面制圧性能を持ったカードだ。

    単純にステータスを上げるだけでなく進化なので、進化した《クリスタリア・イヴ》はすぐにフォロワーを攻撃することができる。

    s__35053570

    早く使うには

    基本的に2枚以上のカードをプレイしたときの効果なので、7ターン目以降での本領発揮になるが、《エルフプリンセスメイジ》などの効果で、0コスト《フェアリー》を加えることができれば最速5ターン目に効果を発動させることができるのは魅力的だ。

    効果での進化なので、そのターンに、他のフォロワーを進化させることができるのも覚えておきたい。

    また、本体は1/1とステータスが非常に低いが、《自然の導き》などで使い回しをすることで大きなアドバンテージを得ることができる。

    2Pickでも単純に2人の合計ステータスは標準以上なので、最低限の仕事はする上に、効果を発動することができれば盤面を一気に返すことができるので非常に強力なカードといって間違いないだろう。


ジャングルの守護者
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 【エンハンス】 10; ジャングルの【守護】者1体を出す。その後、自分のジャングルの【守護】者すべては【疾走】 を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    驚異の2体疾走

    10コストをフルに使うエンハンス効果が強力で、守護、疾走付きの「4/5」フォロワーを2体同時に繰り出すことができる。

    白銀白狼デッキなどに組み込んでも面白い。

    5コストで使用しても標準以上の働きができ、厄介なアグロ系デッキに対しては、単純に体力の高い守護として活躍するぞ!


長老の樹
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【ファンファーレ】
自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
  • 解説を読む▼

    構築が大事!

    6コスト帯では同じエルフのフォロワーである《クリスタリア・エリン》というカードがあるため普通のデッキに組み込むのは困難。

    ニュートラル多めのデッキ構築が必須でアグロエルフやテンポエルフなど盤面に多く展開できるデッキと相性がいいだろう。


マヘス
バハムート降臨ROB
進化前
【守護】【ファンファーレ】 このターン中(このカードを含めず)2枚以上カードをプレイしているなら、相手のリーダーと相手のフォロワー全てに2ダメージ
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    全体除去効果を持っているが、0コスト《フェアリー》などを使用しなければ効果を起動できるのは8ターン目になってしまうので少々遅い。本体が守護を持っているのは高評価。

クリスタリア・エリン
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 自分のリーダーを3回復。
【エンハンス】 8; その後、自分のEPを1回復。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    防御+防御

    体力回復効果と守護を兼ね備えたフォロワーでステータスもそれなりに高い。
    特に体力の数値が高いため並大抵の攻撃では破壊されず、2回以上攻撃を受け止めることも多い。

    さらには、エンハンス効果でEP(進化ポイント)を回復してくれるので、ほとんどの場合に進化権がなくなる8ターン目以降でも即進化し、盤面に影響を与えることができる。攻撃力が進化すると6になり、ほとんどのフォロワーを屠ることができる点も高評価だ。


フォレストギガース
バハムート降臨ROB
【守護】【ファンファーレ】 自分の他の手札1枚につき+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    手札の枚数だけ攻撃力を上げる大型の守護フォロワー。
    エルフならば手札の枚数を維持しながら戦うことも難しくないため、攻撃力が体力を超えることも珍しくない。
    手札がない場合でも体力自体は変わらないので、必要最低限の守護としては役立つ。

    効果が発動しても


エンシェントフォレストドラゴン
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべては、「相手の能力で選択できない」を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    高い防御力

    強力な守護フォロワーでほとんどの相手を返り討ちにすることができる。効果も地味に強く盤面を強固するのに役立つ。コストが高く少し使いづらい。


キングエレファント
星神の伝説SFL
進化前
【疾走】
このフォロワーは【守護】を無視して攻撃できる。
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーすべてを手札に戻す。
自分の他の手札1枚につき+1/+1する。
進化後
【疾走】
このフォロワーは【守護】を無視して攻撃できる。
  • 解説を読む▼

    最大10ダメージ(ロキで19)

    守護を無視するため、プレイすれば確実に相手にダメージを与えることができる。手札は最大9枚なので、最大で+9されて10点ダメージだ。エルフのバーンダメージと言えば《白銀の矢》だが、それより1だけダメージが高い。
    《ロキ》と組み合わせることでさらにファンファーレが発動し、2回ステータスが上昇するので、最大で19までステータスが上昇する。

    白狼でコストを0に

    《古き森の白狼》の効果でコストを0にすることで9ターン目にプレイすることも可能。このカードの効果で場のカードを手札に戻せるので、《リノセウス》を大量に疾走させるといったコンボも可能。エルフの新たなフィニッシャーだ。




ロイヤル

カード名 効果

ペルセウス
星神の伝説SFL
進化前

進化後
進化時 自分の場のロイヤル・フォロワーが4体以上なら、+1/+0して、守護 を持つ。
  • 解説を読む▼

    序盤の要

    2種類目の《ヴァンガード》。1/1/2のフォロワーはそれだけで強力なので、ロイヤルフォロワーだけで2種類出てきたのは大きい。盤面に4体ロイヤルフォロワーが埋まっていないといけないが、進化した場合《歴戦のランサー》になる。盤面を埋めることができれば1点ダメージが増すので、アグロデッキの主力になる可能性を秘めている。

    ロイヤル待望1コスト指揮官

    ロイヤル初となる1コストの指揮官。1コスト指揮官が追加されたことで、2コストのや3コストの指揮官シナジーを持つカードが非常に使いやすくなった。特にアグロデッキならば2ターン目に《ケンタウロスヴァンガード》が疾走できるのはかなりの強みとなりうる。


歴戦のランサー
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼

    使い勝手のいい守護カード

    コストが低いためあらゆる盤面で使えるカードだ。序盤ならば1コストフォロワーを守るために使え、中盤以降は進化フォロワーを守るために使ったりすることができる。攻めているときは強力なアタッカーを守れ、負けているときは文字通りリーダーを守護できる。

    体力が1ではなく2あるのもポイントで少しだけ除去されづらくなっている。その少しのおかげで助かる場面は多々あるだろう。


サブリーダー・ゲルト
バハムート降臨ROB
【ファンファーレ】 自分の場に指揮官のカードがあるなら、攻撃力+1、体力+0にし、【守護】を持つ
  • 解説を読む▼
    2コストフォロワーとして標準ステータスを持ちながら、効果も終盤でも腐りにくい自身の守護化なのでロイヤルの2コスト枠で純粋に優秀な1枚。

ネイビーガード・シモーヌ
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 【エンハンス】 6; +3/+3して、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    エンハンスで6コスト守護として使えるので、マナカーブを整える時に便利。

    《アドバンスブレーダー》などで加えた際に2コスト6コストで選べるのが使いやすい。


パイレーツ
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼

フォートレスガード
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼

ネイビールテナント
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分の兵士・フォロワーすべては【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    兵士全てに守護を与える珍しい効果とロイヤルで貴重な3/2/3というステータスを持つ。

    2pickではこのステータスだけで強いが、効果はしに効果になりやすい。


ホワイトパラディン
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【守護】
進化後
【守護】進化時1/1【守護】の《シールドガーディアン》を相手の場のフォロワーと同じ数だけ出す。
  • 解説を読む▼

    進化時に、相手のフォロワーの数だけ1/1の守護フォロワーである《シールドガーディアン》を展開することができる指揮官フォロワー。

    %e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e6%b4%bb%e8%ba%8d

    エルフやヴァンパイアなど、体力が1のフォロワーを多く展開するリーダーに対しては強力に作用する。

    本人含め、全員守護を持っているので、非常に守りに優れたカードだ。

    進化権がなくなった後半でも守護を持っているので最低限の活躍は見込めるカードだろう。

    【ミッドレンジロイヤル】や、【コントロールロイヤル】に採用されることが多い。

    2Pickでは3コストとしての基準ステータスを満たしているので進化を使わない前提でも使いやすく、評価も高めだ。


ロードジェネラル・ロミオ
星神の伝説SFL
【守護】自分がコスト3の指揮官カードをプレイした時、このカードのコストが3なら、ターン終了までこのカードのコストを2にする。
  • 解説を読む▼

    指揮官や兵士を守る指揮官

    3ターン目に出せる守護としては十分な性能を有しており、それまでに出したフォロワーを守ることができる。新しく追加された《プリンセス・ジュリエット》と一緒に出すことで5コストの《アルビダの号令》と言える。

    手札消費が増える

    コストが下がるということは、その分出せるカードが増える。つまり、より多くの手札を消費して展開していくことになる。このカードをうまく使うには、手札を消費しきったタイミングで勝利するか、手札を補充する手段を確保したデッキ構築が必要だ。


ミラージュディフェンサー
ダークネス・エボルヴDRK
【守護】
  • 解説を読む▼

    守護を多く積んだ遅いロイヤルデッキに採用されることがある。リーダーを守りつつ後半戦で勝とう。

    2pickでは標準的なステータスを持つこのカードは腐る場面がほとんどない。評価も良くもなく悪くもなくといった感じだ。


銀嶺の秘剣士
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【必殺】【守護】
進化後
【必殺】【守護】
【攻撃時】フォロワーへ攻撃したなら、ダメージを与え合う前にそのフォロワーを破壊する。
  • 解説を読む▼
    ロイヤル5コスト帯は激戦区だが【守護】+【必殺】持ちなので十分に活躍できるだろう。
    進化権を使用すれば《メドゥーサの魔眼》が常に付与されている状態でありフォロワーで処理するのは困難になる。
    確定除去などでは破壊されるので注意が必要だ。

セントリーナイト
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 自分の場に指揮官・カードがあるなら、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    条件付きで守護を入手できるカード。効果はおまけと考え、バニラのカードとして運用することになると思われる。資産が少ない際の5コストフォロワーとして悪くない。

    2pickでも5/4/5というステータスで評価されている。積極的に選択するほどではないが、悪くない選択肢だ。


ロイヤルセイバー・オーレリア
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    強力な追加効果を持つ守護

    高い体力を持っているため守護として活躍しやすい。体力が高い守護フォロワーは全体的に攻撃力が低いのだが、このカードは追加効果で攻撃力を上昇させることができる。

    更に、それだけではなく「相手の能力に選ばれない」能力をも手に入れることができる。

    自分のリーダーフォロワーを護るとき、相手のフォロワーが複数並んだときに使おう。

    2pickではその高い体力から相手の攻撃を耐え、上昇した攻撃力で相手を葬り去ることができる。カード単体で強いので、どんなpickをしてしまっても活躍することができ、評価が高い。


王城の守衛
第七弾「時空転生」
【守護】
  • 解説を読む▼

ジョリー・ロジャー
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】【突進】 【必殺】 【守護】 の中から、ランダムに1つを持つ。
  • 解説を読む▼
    ランダム効果は不確定だが、突進と守護は場にすぐに干渉できるため嬉しい。
    しかしそれだけでは構築戦で使用する6コストフォロワーとしては物足りない。

ダークセイバー・メリッサ
第七弾「時空転生」
進化前
【ファンファーレ】自分の他のフォロワーの数だけ-1/+0する。相手のフォロワーの数だけ+0/+1する。
【守護】
相手の能力の対象にならない
進化後
【守護】
相手の能力の対象にならない
  • 解説を読む▼
    相手に5体のフォロワーがいた場合進化後体力9且つ守護を持つためアグロデッキでこいつを突破するにはかなりのリソースを消費する必要がある。選択されない能力も持つため採用率の高い《死の舞踏》に耐性を持っているぞ。

トランプナイト招集
ワンダーランド・ドリームズWLD
《スペードの暗殺者》
《ハートの守護者》
《クローバーの兵士》
を召喚する。
  • 解説を読む▼

    状況に応じて使い分け

    【疾走】【守護】【必殺】と3種類の効果を持つフォロワーをそれぞれ召喚します。盤面を取られているようなら、【必殺】を進化させて盤面を取れますし、ダメージプッシュしたいなら【疾走】を進化させてダメージを与えることもできます。もちろん、体力を守りたければ【守護】を進化させるといいでしょう。

    バフする際に要注意

    このカードで展開するフォロワーは全てニュートラルなので、「兵士」や「指揮官」といった区分を有していない。そのため、《王家の御旗》で強化できない。逆にニュートラルカードだから、《戦乙女の槍》で強化することができる。他にも6PPの《セージコマンダー》はクラスを問わず強化できるので相性が非常にいい。


フロントガードジェネラル
スタンダードSTD
【守護】 【ラストワード】 フォートレスガード1体を出す。
  • 解説を読む▼

    ラストワードまでもが守護

    高いステータスを持つ守護フォロワーで進化すると大きく絵柄が変わることで有名だ。このカードが強力なところはラストワードで出てくるフォロワーも守護を持っており、ほぼ確実に2手相手の攻撃から自リーダーの体力を守ることができることだ。

    突破使用と思うと進化権を使わないといけなく、7ターン目のタイミングでは進化権が切れていることも多く、そうなってしまえばこのカードは2手といわずかなり多くの攻撃を受け止めることができるようになるだろう。

    2pickでのこのカードは神といっても過言ではない。7ターン目までに取られてしまったアドバンテージを取り返すことができ、更には2手確実に止めるので、他のフォロワーをとても守りやすくなり、有利トレードやダメージを与えることが容易になる。


不滅の英雄・ローラン
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 自分の場に不滅の聖剣・デュランダルがないなら、不滅の聖剣・デュランダル1つを出す。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    超防御型フォロワー。
    自身が体力5の守護なので、スペルやフォロワーによる一撃を凌ぎやすいのは魅力的。
    《黙示録》などの全体ダメージを抑制したり、《フレイムデストロイヤー》のダメージを軽減するなど、コントロールロイヤルが苦手とするデッキへのメタカードとして採用される。

ドラゴニュート・シャルロット
スタンダードSTD
【疾走】 【守護】
  • 解説を読む▼

    高い体力を持つ守護疾走。トドメとしてはもちろん使えるが、高い体力を持つため除去にももちろん使える。

    2pickでは強力なカードではあるが、コストが高いため今一歩足りないイメージがある。強いカードであることには間違いはない。


キャプテン・ヴァルフリート
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべてを+2/+2する。自分の兵士・フォロワーすべては【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    強化版《セージコマンダー》。
    「守護」を持たせることができるので、しっかりと盤面を構築している状態でプレイできれば、強固な場を構築することができるだろう。




ウィッチ

カード名 効果

ジャンクゴーレム
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼

マナリアの防陣
トークンカード
《クレイゴーレム》1体を出す。
自分の《クレイゴーレム》すべては【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼
    トークンカード

フリーズゴーレム
トークンカード
【守護】このフォロワーは攻撃不能。相手のターン終了時、このフォロワーは破壊される。
  • 解説を読む▼

ルーンガーディアン
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 土の秘術 +1/+1して、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    土の秘術を使うことで、高いステータスを3コストで出すことができる。守護もつくためリーダーを守るのに役立つ。問題点として、強制的に土の印を消費するため、3ターン目に消費してしまいその後の強力な土を発動できなくなってしまう。
    2pickでは標準的なステータスから悪くない選択肢として上がる。

エウロペ
星神の伝説SFL
進化前
【ファンファーレ】【エンハンス】5;進化する。
進化後
【疾走】【必殺】【守護】
  • 解説を読む▼

    ウィッチ初の必殺

    映えあるウィッチの必殺を持つカード第1号。進化することを前提にしたカードで、リーダーにダメージを与えることよりかは盤面を取るためのカードだ。進化した際に一方的に相手のフォロワーを倒せば、必殺と守護両方をもつので簡単に1:2交換してくれる。

    貧弱すぎるステータスとエンハンス

    進化後もステータスが変わらない稀有なカード。攻撃力が1しかなく、相手リーダーを攻撃して倒そうとすると20回も攻撃しないといけない。進化しないとただのバニラカードに成り下がってしまうので、進化権がなくなった後はエンハンスを発動させて使っていこう。


ガーディアンゴーレム
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼

デュアルウィッチ・レミラミ
ダークネス・エボルヴDRK
進化前

進化後
進化時土の秘術3/3【守護】の《ガーディアンゴーレム》1体を出す。
  • 解説を読む▼

闇魔法の教師・ハインライン
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【守護】
【ファンファーレ】手札の「スペルブーストされた回数が5回未満のカード」すべてを、5回スペルブーストされた状態にする。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    見た目は強力な効果に思えるが、スペルブーストが5回未満のカードでないと効果が発動しないため、序盤に引いてしまうと事故の元になる。
    中盤以降の活躍が見込めるが、【ドロシーウィッチ】や【超越ウィッチ】のデッキでは少し遅いか。

ジュエルゴーレム
スタンダードSTD
進化前
自分がスペルをプレイするたび、クレイゴーレム1体を出す。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

ミスティアストロジスト
星神の伝説SFL
【ファンファーレ】自分の場に他のフォロワーがいるなら、土の秘術 自分の他のフォロワー1体は+1/+1されて、【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼

    盤面をより有利に

    自分の場に残っているフォロワーを強化することできるカード。強化したフォロワーで本来倒せないフォロワーを倒したり、一方的に相手フォロワーを倒して有利になろう。また守護を付与するため、どんなにステータスが低いカードでもこのカードを守る壁として機能させることができるようになる。

    土の印は無駄消費しない

    土の秘術は自分の場に他のフォロワーがいる場合でのみ発動するので、効果を付与する相手が存在しない時に土の印を消費するようなことは起きない。


白銀剣のゴーレム
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
【ファンファーレ】手札の「土の印アミュレット」すべてを《真理の術式》に変身させる
【土の秘術】《真理の術式》1枚を手札に加える。これを場の「土の印アミュ」がなくなるまで繰り返す
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    既存の秘術ウィッチとは違う防御寄りのデッキのフィニッシャーとして採用が予想される。
    土の印を引き込むことが出来、スペルのコストを下げられるため《オズの大魔女》と相性が良い。守護を持っているため、出した返しに倒されないのが強い。




ドラゴン

カード名 効果

古の飛竜
プライズ
覚醒 状態なら【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    覚醒することで守護を手に入れる。少し物足りない効果

竜技の達人
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【交戦時】 覚醒 状態なら、ターン終了まで+4/+0する。
  • 解説を読む▼

    使いやすい守護カード

    一般的に3/1/4の守護は簡単に突破されない、使いやすい守護だ。しかし、終盤では攻撃力の低さから一方的に倒されることが多くなってしまう。
    だが、このカードは終盤覚醒状態になれば、交戦時に攻撃力が上がる効果を有しているので一方的に倒されることはほとんどないぞ。攻撃力4でもかなりのフォロワーを返り討ちにできるが、進化するとより多くのフォロワーを返り討ちにすることができるようになる。


戯曲の竜剣士
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【守護】
【ファンファーレ】相手の場に《ドラゴン》1体を出す。
進化後
【守護】
【進化時】相手の場のドラゴン1体を消滅させる。
  • 解説を読む▼
    3コスト5/6と破格の性能だが【ファンファーレ】で相手の場に《ドラゴン》を置いてしまうので進化権がない状況では場に出したくない。
    現在の【ランプドラゴン】では進化権が重要なため、進化権を使わなければ弱い点が気になる。
    《ジャバウォック》と組み合わせると【ファンファーレ】能力は働かないぞ!

プリズンドラゴン
スタンダードSTD
進化前
【守護】 このフォロワーは攻撃不能。
進化後
【守護】 (攻撃可能。)
  • 解説を読む▼
    序盤の守り役として、とても有効。
    コストが軽いので後半の疾走フォロワーに対しても有効だ。

グリムリーパー
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 覚醒 状態なら+1/+1して、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    バニラステータスに加え、覚醒状態の効果が強いため、構築戦でもたまに見る。
    覚醒後は5コスト相当のカードになる。

ラハブ
神々の騒嵐TOG
【守護】
自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じだけ+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    早出しによるb


    放置しておくとステータスを大きく伸ばす時もあるので、対戦相手としても放置はできない。
    アグロデッキに対しては有効。


塔の守護竜・アデール
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
【ファンファーレ】自分の場のフォロワーが2体(このフォロワーも含める)なら、【ドレイン】を持つ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

ヒッポカムポス
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
進化後
(【守護】なし)
  • 解説を読む▼
    進化するとステータスを急上昇させる代わりに、守護が外れる。
    通常時は守護を持っているため、ステータスが低めに設定されている。

ドラゴンガード
プライズ
覚醒 状態なら【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    6コストでは平均的なステータスを持ち、さらに覚醒状態なら守護を持つ。
    現在は、強力なフォロワーが増えたことにより、あまり採用されない。

オウルガーディアン
バハムート降臨ROB
進化前
【守護】
進化後
【守護】進化時 相手のフォロワー1体に5ダメージ。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。
  • 解説を読む▼

    進化時効果により1ターンで2体のフォロワーを除去することができる強力なフォロワー。手札を捨てる必要があるが、ダメージも5と高く5コスト前後のフォロワーまでも破壊することができる。
    さらには守護をも持っているので
    【ディスカードドラゴン】でなくともステータス効果共に優秀なので採用される場合がある。

    効果が発動しなかったとしても強力な守護を持っているので腐ることのない強力な一枚。


漆黒の獣戦士
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【ファンファーレ】手札からコスト最小のドラゴン・カードをランダムに1枚捨てる。
  • 解説を読む▼
    7コスト6/8【守護】というドラゴンでは微妙なステータスで、効果も場に出した時に手札を捨てなくてはいけないデメリットがある。
    【ランプドラゴン】では他に強力なフォロワーがたくさんいるため、採用されることは少ないだろう。

ネプチューン
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【守護】【ファンファーレ】オルカ1体を出す。
進化後
【守護】進化時自分のオルカすべてを進化させる。
  • 解説を読む▼

    単純な足し算で計算するのは間違ってるが、召喚される《オルカ》のステータスは2/2なので7/7相当のステータスを持つことになる。

    このカードは進化した際にステータスが上昇しないが、進化時効果でオルカを進化させるので代わりにオルカのステータスが2/2あがる。

    2体進化する意味合いとしては2体ともそのターン中に突進をもち相手フォロワーに攻撃することができるようになる。小さいフォロワーが多く出る相手に有利トレードを行ったりしやすく、盤面を有利に持っていけるぞ。

    更には、他の《オルカ》すべてを進化させるので《クイーンサーペント》などで出しておけば、それさえも進化させることが可能だ。

    2pickではフォロワーのトレードが重要になってくるので、有利トレードを行いやすいこのカードの評価は高い。


フォートレスキャンサー
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【守護】
進化後
【守護】
【ラストワード】《フォートレスキャンサー》1枚を手札に加える。
  • 解説を読む▼
    【ラストワード】で手札に加わるカードでは《ウロボロス》が代表的なカードだが、【守護】付きで6/8とステータスも悪くないので、【ランプドラゴン】には採用される可能性がある。








ネクロマンサー

カード名 効果

死月の使徒
神々の騒嵐TOG
【ファンファーレ】 自分の他のフォロワー1体は「【守護】 を無視して攻撃できる」を持つ。
  • 解説を読む▼
    バフ効果はないものの、フォロワーとしてより使いやすくなった《幽体化》。
    【アグロネクロ】1コスト枠での採用が真っ先に考えられる。
    大型守護を貫通できる最後の詰め要員として有力。

スケルトンヴァイパー
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 ネクロマンス 4; +1/+1して、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    貴重な墓地を消費した効果があまり強くなく、ネウロマンサーの2コスト帯は優秀なフォロワーが多いので、使う機会は少ない。


よろめく不死者
バハムート降臨ROB
このフォロワーは【守護】を持たないフォロワーを攻撃不能。【ラストワード】ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
  • 解説を読む▼
    ステータスは1コスト相当で、守護以外の相手フォロワーに攻撃できないデメリットを持つが、ラストワード効果が非常に強力。ランダムに相手フォロワーを1体破壊する効果を持つ。相手としては除去したくないフォロワーとなるので、アグロネクロなどでのダメージ稼ぎ要員にもなる。

    さらに、新カードの《ネフティス》との相性は言うまでもなく抜群。《ソウルコンバージョン》と合わせれば、3コストで手札の減らない除去にもなるぞ。


幽体化
スタンダードSTD
自分のフォロワー1体は「【守護】 を無視して攻撃できる」を持つ。ネクロマンス 4; そのフォロワーを+2/+0する。
  • 解説を読む▼

    《デスタイラント》と相性が良く、守護で固められたとしても、直接リーダーに攻撃することができる。


スパルトイソルジャー
ダークネス・エボルヴDRK
【守護】【ラストワード】自分の墓場を+2する。
  • 解説を読む▼
    1/4守護でも優秀なのだが、ラストワードで、合計3枚墓地が増えるので、その後の展開が楽になる。

双翼の警護者
バハムート降臨ROB
【守護】【ファンファーレ】ネクロマンス:4 相手のフォロワー1体に2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    標準ステータスと守護を持っているのは優秀。ネクロマンス消費は少々辛いが、2点のダーメジを飛ばすことで盤面を奪うことができる。
    試合の終盤、体力がなく墓場に余裕あるときに使うと活躍しやすい。

    たとえ相手の盤面にフォロワーがいなくても墓場を消費してしまう点には注意が必要だ。


闇の従者
バハムート降臨ROB
このフォロワーは【守護】 を持たないフォロワーを攻撃不能。 【ラストワード】 《リッチ》1体を出す。
  • 解説を読む▼

    3ターン目に出せる《地獄の解放者》と言える。3ターン目に出すことで、4ターン目の《ネクロアサシン》《ウルズ》と組み合わせたコンボを機能させやすくなる。

    また、進化させることで攻撃力が上がり、放置できなくなるため相手に2回の処理を強要することができる可能性がある。


絶護の魔蠍
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼

ワイトキング
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 ネクロマンス 4; +1/+1して、【守護】【必殺】 を持つ。
  • 解説を読む▼

デストロイヤーズコマンダー
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【守護】【ファンファーレ】ネクロマンス;4 +2/+1する。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    元のステータスがそこまで悪くなく、ネクロマンス発動でさらにステータスを上げることができる。
    構築戦ではネクロマンス消費の都合で見かけないが、2Pickでは強力なカードと言えるかもしれない。

漆黒の剣鬼
星神の伝説SFL
【守護】自分のターン終了時、ネクロマンス2;ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
  • 解説を読む▼

    少ない墓場で盤面をとる

    毎ターン墓場消費が2で2点のダメージが出せるカード。ダメージの対象がランダムなので、進化権などと組み合わせて効果の発動対象を絞るとより上手く使える。
    墓場の消費量が大きくないため、他のネクロマンスを持つカードと両立しやすい。


ゴーストライダー
プライズ
【守護】 【ラストワード】 ランダムな自分のフォロワー1体は【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

死の祝福
スタンダードSTD
ゾンビ3体を出す。ネクロマンス 6; 自分のゾンビすべては+0/+1されて、【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    ネクロマンサーの盾として

    追加効果で《ゾンビ》に守護と体力+1を与える。3体もの守護が並べることができるので、相手は突破することに苦労することになるだろう。ネクロマンスは6と重いがこのカード自体が墓場を4ためてくれるので、次のネクロマンス発動にはそこまで困らないだろう。

    強力なネクロマンス効果ではあるが、それに固執せず効果がなくても6ターン目に使って行く選択もある。

    2pickではその展開力、盤面支配力の高さから、見かけたら最優先でpickするカードといっても過言ではない。


冥守の戦士・カムラ
バハムート降臨ROB
【守護】【ラストワード】攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。「破壊したフォロワーの攻撃力」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
  • 解説を読む▼

    守護と効果の体力回復によってリーダーを守ることを得意としているフォロワー。消滅以外の手段でこのフォロワーを倒そうとした場合、うまく盤面を全て使い倒さない限り、必ず回復されてしまう。

    《バハムート》の前に置いておくことができれば、バハムートを破壊しながら大量の回復が可能になる。


ソウルグラインダー
スタンダードSTD
【守護】 【必殺】
  • 解説を読む▼




ヴァンパイア

カード名 効果

糸蜘蛛の悪魔
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    防波堤

    破格のスペックを誇った2コストフォロワー。体力4の守護は、簡単に突破することができず、3コストフォロワーですらほとんどの場合は2回攻撃する必要がある。
    デメリットで2ダメージを食らうが、それ以上に体力を守れることがほとんどのため、気になることはまず無いだろう。
    2ダメージが重い状況はだいたい復讐状態なので、復讐状態でダメージを受けなくなる効果は非常に嬉しい。


ひねくれ者の悪魔
ワンダーランド・ドリームズWLD
【ファンファーレ】相手の場にフォロワーがいるなら、【守護】を持つ。
相手の場にフォロワーがいないなら、+2/+0して、自分のリーダーに2ダメージ。
  • 解説を読む▼
    相手の盤面にフォロワーがいれば《風の軍神・グリームニル》になり、相手の盤面を取っている状況であれば3コスト4/3と強力なステータスに変化する。
    同じ3コスト2/3フォロワーを上から取れるのはありがたい。
    どのヴァンパイアデッキに採用しても良い働きをする万能なフォロワーだろう。

メタルガーゴイル
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 復讐 状態なら+1/+0して【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

吸血貴・ヴァイト
バハムート降臨ROB
【守護】 【交戦時】フォレストバット1体を出す
  • 解説を読む▼
    守護持ちかつ、3コストの標準ステータスを持ち、さらに交戦効果でフォレストバットを出すので、標準ステータス以上の活躍ができる。進化権を使って有利トレードを行えば、2体以上のフォレストバットを出すことも可能なため、非常にコストパフォーマンスが良いカード。

ファングサーペント
星神の伝説SFL
【守護】【ラストワード】自分のリーダーを2回復。
  • 解説を読む▼

    体力回復を活用すべし

    ラストワードで体力を回復することができるため、コントロールデッキで採用される可能性がある。守護で体力を守りつつ、倒しても体力回復するのは相手からすると厄介だろう。


ソウルディーラー
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分のリーダーに「自分のリーダーの体力の半分(端数切り下げ)」のダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    ヴァンパイアの固有能力復讐を強制的に発動させることができる。

    このカードの効果で食らったダメージを上回る復讐効果で挽回しよう。

    カード効果にも書いてあるが端数は切捨てなので、体力が1のときに出した場合はダメージを食らわない。

    《ブラッディー・メアリ》と組み合わせることでそのダメージを相手に肩代わりさせることができる。

    しかし、消費コストが多いのであまり現実的ではないだろう。

    2pickでも復讐を発動させる点では高く評価できるのだが、いかんせんかなりのダメージを食らうので、盤面をとられているとそのまま押し切られて負けてしまうので、使いどころは少し難しい。


人狼の突撃兵
神々の騒嵐TOG
【交戦時】 交戦する相手のフォロワーが【守護】 を持つなら、ターン終了まで【必殺】を持つ。
  • 解説を読む▼
    守護フォロワーを問答無用に突破できる交戦効果は使いにくい。ほぼ効果なしフォロワーといってもいいので、構築での採用は難しい。
    2Pickでは優秀なステータスから最低限の活躍が見込める。

エウリュアレー
星神の伝説SFL
【必殺】【守護】
【ファンファーレ】自分のほかのヴァンパイア・フォロワー1体は「相手の能力で選択できない」を持つ
  • 解説を読む▼

    無視できない必殺

    守護を持っているため、相手はこのカードを無視してリーダーにダメージを与えることができない。そこに必殺を持っているのだから、厄介以外の何物でもない。進化権を使い相手のフォロワーを一方的に倒し、必殺でこのカードを倒しにくるフォロワーを確実に葬り去ることで容易に1:2トレードができる。

    追加効果も守る効果

    強力なフォロワーを対象に選べないようにすることで、相手は全体除去を使わない限りこのカードを突破しないと強力なフォロワーを除去できなくなる。フォロワーを守る能力に特化しているカードだ。


マステマ
バハムート降臨ROB
このフォロワーは【守護】を持たないフォロワーを攻撃できない
  • 解説を読む▼
    非常に高いステータスを持つが、守護以外のフォロワーに攻撃できないデメリットを持つ。逆に守護フォロワーやリーダーには攻撃できるので、がんがんプレッシャーをかけて相手フォロワーから攻撃させるようにしよう。

ランページジャイアント
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 復讐 状態なら+1/+0して【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

クイーンヴァンパイア
スタンダードSTD
【ファンファーレ】 フォレストバット2体を出し、自分のフォレストバットすべては【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼

    本体のステータスは少し低いが2体もの《フォレストバット》を守護付きでだすことができる。

    事前にフォレストバットを出してあればそれにも守護が付けることができる。

    このカードの強みは2体の守護を出すことで、リーダーや他のフォロワーを高確率で護れるところにある。

    ただ出すだけでも強いが、タイミングを見計らうことでさらに強力になるだろう。

    2pickでの評価がすさまじく高く、4/4の本体が生き残り安いため、6/6に進化させても生き残り、次ターンとあわせて1:2交換が行える可能性が高いカードだからだ。




ビショップ

カード名 効果

スネークプリースト
プライズ
【守護】
  • 解説を読む▼
    2コスト1/3というステータスはとても優秀で、アグレッシブなデッキに対しては、とても有効。

天界の忠犬
ダークネス・エボルヴDRK
【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーがいるなら、+0/+2して、【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼
    味方が進化すると、守護を得ることができるので《獣姫の呼び声》などで出るフォロワーが展開された直後に、場に出すことで、強力な場を作り上げる。

ソードシスター
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】自分の他のフォロワー1体は【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼
    大型フォロワーに守護を付与することで相手の攻撃を止めることができる。アンリミテッドでは《ダークプリースト》に守護を付与することで3/2/3必殺、守護という強力なフォロワーが完成する。

守護の陽光
スタンダードSTD
自分の場に体力4以上のフォロワーが出るたび、それは【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    体力が4以上のフォロワーであれば守護の効果を付与することができる。大型のフォロワーを場に出すことで、超強力な守護になる。

ホワイトタイガー
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】相手の能力で選択できない
  • 解説を読む▼

    攻撃的な守護

    攻撃力が3ある守護なので、相手は序盤このフォロワーを攻撃しないとリーダーにダメージを与えられず、攻撃した場合は相打ちになる。効果の対象に選べないのはウィッチなどを相手にした際強力に働くだろう。


教会の護り手
スタンダードSTD
【守護】 相手のターン中、このフォロワーへのダメージを-1する。
  • 解説を読む▼
    厄介な守護フォロワー軽減効果を持つ。1ダメージを連続で与えてくる《森の意思》や《ファイヤーチェイン》などで倒されないため、このカードを強化することでどんどん倒されにくくなる。

守護の力
スタンダードSTD
自分のフォロワー1体を+1/+2する。そのフォロワーは【守護】 を持つ。
  • 解説を読む▼
    フォロワーに守護を付与することで、防御を固めることができる。ステータスが上昇する効果もあるため、相手のカードから選択できないフォロワーを強化すれば、とても有効だ。

ドリームラビット
トークンカード
【守護】 【ラストワード】 詠唱:夢想の白兎1つを出す。
  • 解説を読む▼
    《詠唱:夢想の白兎》から出現するトークン

ヘヴンズゴーレム
トークンカード
進化前
【守護】
このフォロワーは攻撃不能
進化後
【進化時】自分か相手のアミュレット1つを消滅させる
【守護】
攻撃可能
  • 解説を読む▼
    《詠唱:古き護り手》から出てくるトークン

ガーディアンフォックス
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼
    《詠唱:神域の守護者》《詠唱:清浄の狐》から出現するトークン

クレリックランサー
スタンダードSTD
【守護】 相手のターン中、+4/+0する。
  • 解説を読む▼
    相手ターン中だけだが、攻撃力が上がる効果を持っており同コストの他フォロワーより強力なステータスになる。
    守りのデッキで採用するカードだ。

黄金都市の墓守・ソニア
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】
自分の場に他のフォロワーがいないなら、+1/+0して、このフォロワーへの「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージ」は0になる。(「攻撃によるダメージ」はそのまま)
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    5コストの守護としてのライバルは《ゴブリンマウントデーモン》や《クレリックランサー》。
    効果ダメージを受けないので、《ルーンの貫き》や《ウィンドブラスト》によって破壊されなくなるのが強みだが、《死の舞踏》などの確定除去には無力なので注意しよう。
    特に超越ウィッチにとってはとても処理のしにくいフォロワーとして活躍するだろう。

イーグルマン
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、このカードのコストを-1する。
  • 解説を読む▼
    ニュートラルフォロワーを場に出すとコストが-1されるので《黄金卿の獅子》と同じような効果を持っている。
    自身には【守護】も付いているので、新たに登場する【ミッドレンジビショップ】などに採用される可能性がある。
    《ゴブリンプリンセス》を使用すればコストが-3されるので一気に強力なフォロワーに早変わりするぞ!

バロン
トークンカード
【守護】 相手の能力で選択できない。
  • 解説を読む▼
    《詠唱:聖獅子の牙》から出現するトークン

白翼の守護神・アイテール
星神の伝説SFL
【ファンファーレ】「自分のPP最大値」より低いコストでコスト最大のビショップ・フォロワー(白翼の守護神・アイテールを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。
  • 解説を読む▼

    優秀な効果

    最大PP以下ではなく、最大PP未満であることに注意。そのタイミングで一番出したいフォロワーを出せることが多いだろう。それに加えてこのフォロワーがついてくる。更に、体力が増える効果は有利トレードを行いやすくなる素晴らしいバフだ。

    デッキから出すカードの候補

    デッキから出すカードの候補は《ムーンアルミラージ》のような疾走持ちや突進を持っているカードが候補に上がってくる。それらのフォロワーは場に出たタイミングですぐに攻撃でき、盤面の優位を築くのに役立つ。他に候補となるのは《アークビショップ・レリア》のような盤面が強力になるカードや《ヘヴンリーイージス》のような高コストカードが挙げられる。《アークビショップ・レリア》はその効果により盤面を実質3/3と7/7のフォロワーにすることができる。《ヘヴンリーイージス》は言わずもがなビショップ最強のフィニッシャー、それを6PPで召喚することができるぞ。6ターン目に出す場合は《神殿の狂鬼》などが強力だ。


ヘヴンリーナイト
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
相手のターン開始時、次の自分のターン開始時まで+4/+0する。
【ファンファーレ】自分の場にアミュレットがあるなら、【疾走】を持つ。
進化後
【守護】
相手のターン開始時、次の自分のターン開始時まで+4/+0する。
  • 解説を読む▼
    7コスト7/7の守護に疾走がついてきた。相手の体力を削りつつ、守ることができるため、ダメージレースで勝ちやすくなる。高い耐久力で、アミュレット解放まで粘ることができるぞ。

マスクジャイアント
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼
    高いステータスに守護。コストが高いところ意外は資産がないときのビショップフィニッシャーとして使えるかもしれない。




ニュートラル

カード名 効果

ミノタウロス
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼

    体力が1しかないものの、代わりに守護を得た2コストフォロワー。

    ロイヤルの《歴戦のランサー》の下位互換といって良いだろう。

    2Pickでは、攻撃力が2あるので2コストフォロワーとトレードできる点は最低限評価されている点数。


ベルエンジェル
スタンダードSTD
【守護】 【ラストワード】 カードを1枚引く。
  • 解説を読む▼

    ラストワード効果でドロー効果を持った守護フォロワー。

    進化権を使わないとトレード性能は一切ないが、全体除去などを搭載したデッキの時間稼ぎカードとして採用されることが多い。

    また、CMなどに登場したり、そのセリフとイラストの愛らしさから人気が高く、多くのファンを抱えるカード。

    2Pickでは、トレード性能がないのであまりピックしたくないカード。


忌むべき悪魔の像
ダークネス・エボルヴDRK
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の場に進化後フォロワーが2体以上いるなら、+4/+2する。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    0/3とトレード性能の無い貧弱なステータスを持ったカードだが、進化フォロワーが場に2枚以上いる場合はステータスが+4/2され、5コスト相当の守護フォロワーになる効果を持っている。

    単純に進化権を使って戦っていると、盤面に2体の進化後フォロワーを並べるのは難しいので、このカードを生かす際は、専用構築やギミックを盛り込む必要があるだろう。

    上記の画像のように一気に進化後フォロワーを2体並べることが可能なエルフの《クリスタリアプリンセス・ティア》や、ドラゴンの《ネプチューン》とは相性が良いとされている。

    効果を発動できなくても、守護を持っているのでゲーム後半は腐りにくいのはメリットだ。

    2pickでは、トレード性能が無く、効果も発動させることは困難であるため、評価は低めである。


エンジェルナイト
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
【ファンファーレ】自分の他のフォロワー1体を+1/+0する。
  • 解説を読む▼

    条件無しの強化

    どんなフォロワーでも攻撃力を1強化することができるニュートラルのフォロワー。かなり慎ましい能力だが、トークンを大量に並べるデッキでは採用する余地がある。


ハートガーディアン
トークンカード
【守護】
  • 解説を読む▼
    《トランプナイト召喚》から召喚されるトークン

シールドエンジェル
スタンダードSTD
【守護】
  • 解説を読む▼

    攻撃力は1しかないものの、体力が4あるフォロワー。

    体力1のフォロワーを展開することが得意なエルフやヴァンパイアには、メタカードとなる。

    いろいろなデッキに採用できるのはニュートラルのメリットといえるだろう。

    2Pickではトレード性能が低いのであまり優先されるカードではない。


リザードマン
スタンダードSTD
進化前
【守護】
進化後
【守護】 進化時 リザードマン(進化前)1体を出す。
  • 解説を読む▼

    3コストとして標準的なステータスを持ちながら守護を持つフォロワー。

    さらに、進化時の効果で、進化前のリザードマンを増やす効果は、場にフォロワーを展開する上で役立つ。

    進化時にステータスが変わらない点については注意しよう。

    2Pickで、2コストフォロワーに相打ちを取られてしまうので、あまり評価は高くない。


風の軍神・グリームニル
神々の騒嵐TOG
進化前
【守護】
【ファンファーレ】 【エンハンス】 10; 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    軽く使いやすい

    まず、ステータスが2/3と3コストのフォロワーに求められているものになっている。
    さらに序盤の守護は進化権がないこともあり、高確率で相手の動きを封殺できる強力な効果なので、困ったら入れとけば序盤が安定するフォロワーとなっている。

    終盤もお任せ

    序盤に相手の動きを封殺するだけでなく、試合の最終盤PPが10になってからも非常に強力だ。
    効果により相手リーダーにダメージを与え、盤面を一掃してくれる。守護を持っているので、自分の体力をそのまま守ることもできる。


ダンジョンエクスプローラー・クロエ
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】自分の他のフォロワー1体は「【守護】を無視して攻撃できる」を持つ。
  • 解説を読む▼
    《死月の使徒》がニュートラルフォロワーになった。疾走フォロワーに付与することで実質バーンダメージのように扱うことができる。

ゴブリンマウントオーガ
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
【ファンファーレ】【エンハンス】5;+2/+2する。
進化後
【守護】

力比べ
神々の騒嵐TOG
カウントダウン 2
このアミュレットが場にある限り、お互いのフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては守護 を持つ。
  • 解説を読む▼
    新たに出た互いのフォロワーは、相手の場にフォロワーがいる限り、リーダーをアタックできないため、《ヘブンリーイージス》と相性がいい。

ゴブリンキング
トークンカード
【守護】

輝く鐘・ベルエンジェル
第七弾「時空転生」
【守護】
【ラストワード】カードを2枚引く。
  • 解説を読む▼
    ステータスと効果が強力になった《ベルエンジェル》。だが、そのぶんコストも上がってしまった。
    4コストは進化権が使えるようになるタイミングなので、攻撃力0でも進化をすることで相手フォロワーを倒せることがある。

天剣の乙女
プライズ
【守護】
  • 解説を読む▼

    体力にステータスを極振りした守護フォロワー。

    同じニュートラルの《ゴブリンマウントデーモン》と比べられて採用されることは少ないが、あちらはデメリットがあるので横展開するデッキではいつか採用されるかもしれない。

    2ピックではそここそのステータスが評価され、選択しても良いカードとされている。


ヘクトル
ワンダーランド・ドリームズWLD
進化前
【守護】
【ファンファーレ】自分の他の手札のニュートラル・カードが3枚以上なら、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    【ファンファーレ】で手札のニュートラルカードが3枚以上であれば3点ダメージを飛ばすことができる。
    自身には【守護】も付いておりリーダーとフォロワーどちらかにダメージを与えられるのでアグロデッキからコントロールデッキまで幅広いデッキに採用される可能性がある。

ゴブリンマウントデーモン
スタンダードSTD
進化前
【守護】 【ファンファーレ】 自分の他のフォロワーすべてに3ダメージ。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

    デメリットはあるものの、破格のステータスを誇る守護フォロワー。

    《ランプドラゴン》やコントロールデッキのようなフォロワーを展開しないデッキの体力を守る守護フォロワーとして、クラスカードを差し置いて採用されるケースが多い。

    略称として、『GMD』と呼ばれている。

    2Pickでは、ステータスの高さから、トレード性能が評価され、優先してピックしたいカードである。


麒麟
星神の伝説SFL
【守護】自分のターン終了時、+2/+0する。
【攻撃時】フォロワーへ攻撃したなら、(ダメージを与え合う前に)そのフォロワーに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。
  • 解説を読む▼

    必殺持ちに有効

    このカードの攻撃を受けるフォロワーは先に効果ダメージを受ける。効果ダメージで倒すことに成功すれば反撃を受けることがなく、一方的に倒すことが可能だ。
    この先制パンチは厄介な必殺持ちフォロワーに有効で、必殺の効果を受けずに除去することができる。

    1ターンで活躍できるように

    毎ターン終了時に攻撃力が上昇し、放っておくと攻撃力がどんどん増して行くため、優先して倒されるフォロワーだ。
    できれば次ターン以降にも使いたいが、このカード自体が守護を持っているため、守護で守るといった動きもできない。
    複数ターン生き残るケースは現時的ではないため、出したターンに活躍できるタイミングでプレイしよう。


獅子の豪傑
ワンダーランド・ドリームズWLD
【守護】
このフォロワーは攻撃されるとき、+1/+1する。
  • 解説を読む▼
    6コスト4/5は効果込みでもイマイチなステータスだ。
    攻撃されれば+1/1されるので小型フォロワーが多く並ぶネクロマンサーやエルフ相手などには活躍するだろう。

レイジングエティン
ダークネス・エボルヴDRK
【守護】
  • 解説を読む▼

    ステータスは5コスト相当だが、守護を持ったフォロワー。

    6コストのフォロワーとしては、ステータスが低いわりに守護以外の効果がないのがあまりにも貧弱である。


ゼウス
神々の騒嵐TOG
【疾走】
【必殺】
【守護】
  • 解説を読む▼

    『神々の騒嵐』最大の目玉フォロワー。「疾走、必殺、守護」と特殊能力を3つも備えた、『全知全能の神』と言える1枚となっている。採用率の高いドラゴンで比較対象となるのは、同コストの大型疾走フォロワー《ジェネシスドラゴン》。STD環境から活躍してきた頼りになるフィニッシャーだ。

    ○ゼウスのメリット

    ・「守護」を持っているので、防御も兼ね備えている。

    ・《サハクィエル》の対象として使うことができる。

    ○ジェネシスドラゴンのメリット

    ・攻撃力が高いので、バーストダメージ(リーサル圏内)のレンジが大きい

    などが挙げられる。




ネメシス

カード名 効果

機構翼の少女・ローザ
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】共鳴状態なら、【守護】を持つ
  • 解説を読む▼

カースドストーン
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
このフォロワーは攻撃不能
進化後
【守護】
【進化時】;【共鳴】状態なら能力全てを失う
  • 解説を読む▼
    《プリズンドラゴン》のようなカード。普通に使うと進化しても2ターンに1回しか攻撃できないためデッキ枚数を変えられるカードを多く採用しよう。

ミスティックアーティファクト
トークンカード
進化前
【守護】
【ファンファーレ】カードを1枚引く
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼
    《機構翼の剣士》《重力戦士》などから出てくるトークンカード

鉄杖の機構士
第七弾「時空転生」
進化前
【守護】
【ファンファーレ】《ミスティックアーティファクト》2枚をデッキに加える。
進化後
【守護】
  • 解説を読む▼

オートマタソルジャー
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】《操り人形》1枚を手札に加える。
自分の手札の《操り人形》すべては+0/+1されて【守護】を持つ。
  • 解説を読む▼
    【守護】を付与することで、リーダーや他のユニットを守ることができる様になる。その代わり、【突進】効果を生かしづらくなる。

キャプテン・メテオ
第七弾「時空転生」
【ファンファーレ】【共鳴】状態なら、+1/+0して、守護を持つ。
  • 解説を読む▼




新カードパック情報

『時空転生』新カード評価ランキング

人気記事
強豪の掲載デッキ一覧 最強デッキTierランキング
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! TCG歴が長く、さまざまなカードゲームで実績を残してきた実力派。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

ネメシスのカード一覧

目次 プライズ 時空転生 トークンカード ネメシス「プライズ」カード一覧 カード ...

ウィッチの新タイプ「マナリア」全カード一覧

第七弾「時空転生」で追加された新タイプ「マナリア」の全カード一覧です。デッキ構築 ...

「ローテーション」全427枚!スタン落ちカード一覧

シャドウバースの第7弾新カードパック「時空転生」から始まる「ローテーションルール ...

全カード(1057枚)評価一覧

シャドウバース:全カード(1047枚)評価一覧 シャドウバース(シャドバ)に収録 ...

シャドウバース「声優」別カード一覧

シャドウバース「声優」別カード一覧 シャドウバースに登場するカードの声優別カード ...

『ドラクエライバルズ』最強デッキまとめ

ドラクエライバルズ攻略wiki|GameAI

GameAIの『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

-カード情報
-, , ,