初心者向け攻略ガイド

【シャドウバース攻略】初心者講座01:「有利トレード」の考え方

2017/05/19

シャドバカレンダー
     

【シャドウバース攻略】初心者講座01:「有利トレード」の考え方

フォロワーの攻撃先で悩んだことはないだろうか?
相手のどのフォロワーを攻撃するべきか、それとも相手のフェイス(リーダー)を攻撃するべきか・・・

初・中級者と上級者におけるプレイング(実力)の差が最も出やすいポイントのひとつが、この有利トレードである。

 


目次

メリットとデメリット

攻撃先の選択は、どの対象を選んでもメリットとデメリットが存在する。一体何が差を生み出すのか、その判断基準をしっかり把握していくのが、勝率アップに繋がってくる。

 

このゲームの勝利条件は二つある。

一つ目は、相手のリーダーの体力を0にすること。もう一つは相手の山札が0になった後ドローすることでライブラリアウト(デッキ切れ)すること。
基本的に相手の山札を大量に減らす方法は存在しないので、勝利するには相手のリーダーの体力を0にするしかない。

そのため、相手のリーダーを攻撃することは、勝利に近づくことを意味する。体力が削れてくると、相手は”次の一撃”でやられることを防ぐため、身を守るためにこちらのフォロワーを処理せざるを得なくなる。これらがフェイスを攻撃することで得られる「相手の選択権を奪う」メリットである。

しかし、当然デメリットも存在する。
それは、相手のフォロワーを残すことで相手に選択肢を多く与えてしまうことだ。なぜなら相手は残ってるフォロワーを強化してフェイスを攻撃したり、こちらのフォロワーを一方的に倒す「有利トレード」の選択肢が生まれるからだ。

基本的に盤面を取れた時のアドバンテージは絶大なので、一方的にフォロワーを倒されしまうと、残ったフォロワーで次々に有利トレードをされてしまい、完全にボードを制圧される頃には、「どんな手を打っても負ける」というような状況に陥りかねない。

・メリット

相手のリーダーの体力を削ることで勝利に近付く。結果的に、相手の行動を制限出来る可能性もある。

・デメリット

相手に選択肢を与え、有利トレードをされてしまうリスクがある。

 

有利トレードとは

トレードをする理由は、相手のフォロワーが厄介な能力を持っていたり、進化後で攻撃力が高いなど、残しておくことで一気に劣勢になる場面が多い。フォロワーを残す、ということはすなわち、「相手に選択肢を与えてしまう」ことになる。先のターンを見越して有利トレードを行い、相手を牽制し、試合の主導権を握っていくことになる。

有利トレードとは、「1:2交換」以上のトレード、または「低コストカードで相手の高コストカード」と交換できることを指す。全体除去スペルも上手く使えばこれに該当する。

有利トレードを繰り返せば、基本的に試合に負けることないが、トレードばかりしていても試合に勝つことは出来ない。フェイスにダメージを与えていかないと、相手リーダーの体力は0にならないからだ。試合が長引けば、相手が《サタン》のような強力なフィニッシャーを引いてきて、逆転負けを喫してしまうリスクもある。

フェイスを攻撃することは「攻撃の選択肢」、トレードをすることは「防御の選択肢」と言っても過言ではないだろう。

 

フェイスorトレードの判断基準

試合に勝つためには、相手リーダーを攻撃することが正解だと思われがちだが、多くの場合においてトレードを優先するべきだ。逆に言えば、相手のフォロワーを残しても不利にならない状況ならば、相手リーダーを攻撃するのが正解となる。

これらはケースバイケースであり、フォロワーを残しても不利にならない状況を見極めるには、対戦相手の使っているデッキに対しての知識・経験がどうしても必要になってくる。

以降のターンでどのようなことが起きるか。どのような能力を持つカードが相手のデッキに入ってるのか、相手がどのカードを何枚使ったのかを出来る限り把握しておきたい。

 

一例として、VSロイヤルの3ターン目がわかりやすい。

兵士フォロワーを一体でも残していると《フェンサー》の能力で+1/1強化されてしまい、一方的に有利トレードされてしまうので、2ターン目の行動としては、フェイスに攻撃にいくのではなく、相手フォロワーを優先して倒すことが先決になる。

無題

 

もちろん、フェイスを攻撃した方がいい場合もある。
例えば、次のターンで相手のリーサル(致死)圏内まで持ち込めるという場面では、アタック時に進化権を使ってでも相手のフェイスを殴りにいき、そのまま試合を決めにいったり、相手に不利なトレードを強制する方が効果的になるケースもある。

また、相手フォロワーだけでは処理が追いつかず、《黙示録》など互いにダメージが入る全体除去を使われる可能性が高い場面もそれに当たる。全体除去で一掃されてしまう可能性が高いのであれば、リーダーの体力を減らしにかかったほうがお得だからだ。

 

以上が、大まかな判断基準になる。
始めたての初心者の方は、相手の顔面を殴り続けるよりも、「有利トレード」を意識して中盤戦で「盤面を取る」ために立ち回る練習をしていくと上達しやすいはずだ。

まとめ

  • フェイスを攻撃することは攻撃の選択肢、トレードをすることは防御の選択肢
  • 判断に迷った時はトレード優先しておくと、その後の展開で優勢になりやすい
  • 1:2交換以上の有利トレードを意識する

なかなか難しいが、回数をこなし自分なりの判断基準をしっかり持っていこう。それができるようになれば、上級者の仲間入りだ!




注目リンク

神々の騒嵐
「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-初心者向け攻略ガイド
-, , , ,