超越ウィッチ

『超越ウィッチ』完全攻略ガイド(文章:integral)研究の集大成となるプレイング解説

2017/05/24

     

『超越ウィッチ』完全攻略ガイド:プレイング徹底解説

シャドウバースの強豪として知られる「integral(@decoytegral)」氏が【超越ウィッチ】のプレイングを徹底解説!研究の集大成をGameAIに寄稿してくれました。

以下、本人ガイドになります。

超越ウィッチのプレイングについて
(文章:integral)

『超越ウィッチ』は扱いに関しては、気を付けなければならない点が数多くあり、超越を扱った経験の少ない人は「知識の面」でわからないことが多いように思います。
そのような人の一助になるようにと、主にプレイに関しての留意点等をまとめてみました。


構築例


デッキコードを発行する

構築に関しては慣れない内は、「人の作った構築を40枚そのまま使う」ことをオススメします。
超越ウィッチは、他のデッキと比べて非常にデリケートであり、1枚の変更によってデッキの回転率が大幅に変わったり、除去が足りなくなったりしてしまうようなことがありがちであるので、プレイに不安があるうちから構築を変更するのは控えた方がよいでしょう。

各カードを使用するにあたっての留意点

知恵の光

知恵ある者に、知識は集まる。
効果:カードを1枚引く。

手札が多い状態で打てば多くのカードをスペルブーストできるためPPが余る場合でも保持したほうが良い場合もありますが、手札が少ないから打たない、手札が多いから打つ、といった単純な関係ではなく、その場その場で「打つ打たない」をよく考えなければなりません。

そうした判断が生まれやすい、序盤のプレイの例を示したいと思います。

  • 1ターン目に《運命の導き》のコストを下げるために、《知恵の光》をプレイする
  • 2ターン目3ターン目に2PPずつ使う算段ができているので、3ターン目にぴったりPPを使い切るために、1ターン目は《知恵の光》を温存する
  • 2ターン目にプレイしたいカードがないので、それを引き込むために《知恵の光》を1ターン目にプレイする
  • 先攻5ターン目にマーリンを出すため、余る1PPを有効に使うために知恵の光を温存する

エンジェルスナイプ

放たれた一矢は光となり、悪しき者の胸を貫く。
効果:相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。

主に以下のような役割があります。

  • 体力1のフォロワーを倒す
  • 《マジックミサイル》やもう1枚の《エンジェルスナイプ》とあわせて、体力2のフォロワーを倒す
  • 手札の他のカードをスペルブーストして、他の動きを取りやすくする
  • 手札上限にかからないために手札を減らす

PPが余ってもスペルブーストの効率が悪ければ打つ必要がない場面も多い一方、手札のカードをスペルブーストすること自体が重要であることも多く、打つタイミングの判断は臨機応変に考えなければなりません。

マジックミサイル

編み、放ち、また編む。
効果:相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
カードを1枚引く。

《知恵の光》と異なり、2PPだと温存してもその後打つタイミングがなくなることになるので、PPが余るときに温存するケースはほとんどありません。例外としては、先攻2ターン目で《エンジェルスナイプ》とセットで持っているときに温存して、先攻3ターン目に相手のフォロワーを処理する場合等が挙げられます。

デッキを回すために打つ場合でも、相手の盤面に体力2のフォロワーがいる場合は、フェイスではなくフォロワーに打ちましょう。
リーサルルートが見えていない段階で相手のライフを1点削るアドバンテージは少ないため、《マジックミサイル》や《エンジェルスナイプ》を引いてきたときに盤面除去できる可能性を考えた方が良いといえます。

光の道筋

木漏れ日が、明日を照らす。
効果:カードを1枚引く。
他のカードの能力で、このカードが手札から捨てられたなら、カードを1枚引く。

《マジックミサイル》と同様PPが余るのであれば温存せずに打ちます。
デッキを回すためだけに打つ場合は《マジックミサイル》より、こちらを優先して使用しましょう。

古き魔術師レヴィ

ホッホッホ…お若いのよ、ワシがただの老いぼれに見えるか?アヒャヒャ!その通りじゃよ!ワシは年老いた、しがない魔法使いじゃ! ふむ…老いぼれにはこれが限界かのぉ。じゃが、逝く前に、ちとカッコつけていかんとな。…ハァッ!我が敵よ、去ね!
効果:進化時 《紅蓮の魔術》1枚を手札に加える。

主に以下のような役割があります。

手札が悪い場合は、《ゴーレムの錬成》のように2ターン目にプレイして、相手のフォロワーと相打ちする場合もあります。
超越ウィッチはデッキの回転率が非常に高く、30枚以上山札を使用する試合も頻繁にあるため、進化権との兼ね合いも考えると多くとも1枚の投入に抑えることが望ましく、構築を変更するとしても増量することはおすすめしません。

ゴーレムの錬成

真理よ、命となれ。汝が死と化すまで。
効果:《クレイゴーレム》1体を出す。

主に以下のような役割があります。

  • 序盤に出して相手の2,3コストフォロワーと相打ちする。
  • 中盤で進化権を割いて除去として活用する先になる。
  • リーサル時の打点の補助。
  • 手札上限にかからないために手札を減らす。
  • 超越ミラーやドラゴン戦等相手が2コストのカードをプレイしてこなかった場合に、虹に輝きの対象にする。

虹の輝き

七色に瞬く虹が、瞳を奪い、惑わせる。
効果:コスト2以下のフォロワー1体かコスト2以下のアミュレット1つを、手札に戻す。
カードを1枚引く。

相手の2コストフォロワーや《獣姫の呼び声》等をバウンスするのが主な役割。
場に2コスト以下のカードがないとプレイできなくなり、デッキの回転に影響を及ぼすので《マナリアウィザード・クレイグ》のようなメリット付きフォロワーしか対象に取れなくても打った方が良い場合が多いです。
超越ミラーやドラゴン戦では、自分の《ゴーレムの錬成》や《古き魔術師・レヴィ》を対象にとってデッキを回す場面も頻発するので、そのような使い方もできることを頭に入れておきましょう。

魔力の蓄積

小さな呟きが重なり、大いなる詠唱と化す。
効果:スペルブースト を持つ手札のカード1枚を、2回スペルブースト する。
カードを1枚引く。
  • 3PPはそれなりに重たいコストであるため、無理せずに打てるタイミングがあれば優先的に使用しましょう
  • 「超越のコストを下げれば良い」というわけではなく、近いうちに使用する見通しで、《運命の導き》、《炎の握撃》のコストを下げておくようなことも多いです。
    特に《運命の導き》のコストを下げることでデッキの回転を良くすることが、結果的に他のカードの効率の良いスペルブーストにつながる場合は多いので、意識すると良いでしょう
  • 3PP以上のそのターン中に使用するコスト軽減系とセットで手札にある場合は、そのカードのコストを下げることは「《知恵の光》と同等の価値を持つ」ので意識して使用すると良いでしょう。
    例えば、5PPの《炎の握撃》と《魔力の蓄積》が手札にある場合、単に5で《炎の握撃》を打つよりも、《魔力の蓄積》で《炎の握撃》を対象にして打ってから《炎の握撃》を打つことで、手札の他のカードのスペルブーストを進めることができます
  • ある程度コストの高い超越が複数枚手札にあり、超越を対象に蓄積を打つ場合、特別な理由がなければ「最もコストの低い超越のコストを下げる」のが良いでしょう。
    そのようにすれば、1回目の超越を打つ前のPPの余裕を利用してスペルを打つことができるため、つぶしが利く場合が多いです。

マーリン

人と魔の血脈を受け継ぐ、呪われた魔術師。偉大なる竜の名を継ぐ賢王に仕え、王の苦難を数々の助言で退け、その運命を導いた。 魔術師は、英雄たちが集う円卓において数多くの預言を告げた。襲い来る苦難と災厄、騎士たちの綾なす未来。白き国に起こる嵐。…そして自らの最期。されど魔術師は立ち向かう。そう、運命に。
効果:ファンファーレ スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
攻撃時 スペルブースト する。
  • 相手の攻撃の対処に追われているのでなければ、先攻5ターン目、後攻4ターン目といったできるだけ早いタイミングで出して進化をして手札を増やします。
    4コストは重たいため、試合中出すことができるタイミングは限られているので、逃さないようにしましょう
  • マーリン進化をする直前のターンは、手札があふれないように手札枚数を可能な限り調整しておくのが望ましいです
  • マーリン進化のみでターンを終える想定ならば、その直前のターンには手札を6枚、「マーリン進化+スナイプ、ゴーレム、ブラスト」のように手札を消費するアクションを絡める想定の場合には、手札を7枚にしてターンを終えるのが理想です。
    うまく手札を消費できなかった場合でも、手札のマーリンをマーリン以外の手札に変換しつつスペルブーストするのは十分に有用であるため、手札があふれることを気にしすぎないようにしましょう

  • マーリン進化と1ドロースペルを同一ターンに行う場合の正しいプレイ順は、「マーリン進化→ドロー→マーリン攻撃」の順です。
    よく順番を間違えている方がいるので気をつけましょう
  • 超越を複数回用いてリーサルをかける場合に、マーリンを出して超越をすることで追加ターン中に攻撃時のスペルブーストが働くことをうまく利用できる場合があります。
    マーリンの攻撃は0コストスペルを打つのと同等の効率のため、見た目以上に手札のスペルブーストが進みますから、あとはリーサルミスをしないように気をつけましょう。

運命の導き

全ては、カードが指し示すままに。
効果:カードを2枚引く。
スペルブースト コスト-1
  • 残り0PPの状態で0コストの《運命の導き》をプレイするのは、およそ意味のない行動なので、次のターンのドローしたカードもスペルブーストできるようにプレイしないでターンを終了しましょう。ただし《運命の導き》をプレイすることで《炎の握撃》、《フレイムデストロイヤー》、《次元の超越》を0コストでプレイできるようになる場合は、この限りではありません。
  • 基本的にはなるべくコストを下げた状態でプレイするのが望ましいですが、超越が手札にない場合等、コストの低いスペルをプレイすること自体に特に意味がない場合は《運命の導き》を2~3コスト程度で打ってデッキを回すことを優先することもあります。
  • できるだけ手札を8枚以下にしてから打つのが望ましいですが、手札が潤沢な状態で複数枚の運命の導きを持っている等、手札があふれるのを避けるのが難しい場合、長期にわたって持ち歩いても実質的なハンド圧迫になってしまうため、あえて手札を溢れさせた方が良い場合もあります。

刃の魔術師

魔なる者よ。貴様らは暴威を振るい過ぎた。…我らは貴様らを許容しない。我が刃にて散るが良い。 逃げれば斬る。投降しても斬る。死こそが貴様らの運命。我らは標的を決して逃がさない。…さらばだ。
効果:疾走
スペルブースト コスト-1

主に以下のような使い方があります

  • 相手のフォロワーの除去に使う
  • 超越を用いたリーサル時に進化+超越1回で8点、進化無しでも4点になる
  • 手札上限にかからないように手札を減らす

フレイムデストロイヤー

また一つ、退魔の鎖が弾け飛ぶ。それは、破滅の封印が解ける合図だ。 封印から解き放たれし魔物は、真なる姿を露わにする。その迸る怒りに任せて撒き散らされる炎は、世界の全てを焼き払った。
効果:スペルブースト コスト-1

主に以下のような使い方があります

  • 超越を用いたリーサルでのメインの打点
  • 大型除去が足りない時に、進化を使って「除去札として用いる」
  • 超越を用いたリーサルに必要なコンボパーツが十分にそろっている場合に、余った《フレイムデストロイヤー》をプレイして相手に除去を強要する。
  • 超越がどうしても引けない場合や、コストが下がるのが間に合わない場合に、場に出して強引に殴り勝つことを狙う。

ウィンドブラスト・炎の握撃

ウィンドブラスト
始めは微風。気付けば暴風。
効果:相手のフォロワー1体に1ダメージ 。
スペルブースト +1ダメージ
炎の握撃
効果:相手のフォロワー1体を破壊する。
スペルブースト コスト-1

超越ウィッチを支える除去札。
そのときの盤面の打点や試合展開を考えて致命打を止めていきましょう。
場に対象となる相手フォロワーがなければ打つことができないので、手札にたまって身動きができなくなることは負け筋になります。相手があまりフォロワーを出してこないプレイをしている場合は気をつけましょう。

次元の超越

天も、地も、世界でさえも…誰一人、何一つ、彼女を縛ることは敵わない。
効果:このターンのあと、自分の追加ターンを行う。
スペルブースト コスト-1

リーサルに使うのが主な使い方です。
ある程度手札が整ってきた段階で、手札にある超越の枚数及び、手札のデストロイヤー、刃、レヴィ等のリーサル時のメインの打点となるカードの状況からどのようにリーサルをかけるのかを考えます。そうすることで中盤で使用しても問題ないカードを見極めることができ、蓄積の対象を正確に考えられるようになります。

判断の例

  • 超越1枚とデストロイヤー、刃、進化権1つがあるため、その3枚で15点になり残りの打点を《ゴーレムの錬成》や《マジックミサイル》《エンジェルスナイプ》で補えば良い。
  • 超越2枚とデストロイヤー2枚と進化権1つがあるため、超越2枚とデストロイヤー1枚での18点を狙えば良く、デストロイヤーは1枚リーサルではない用途に使用してしまって問題ない。
  • 超越2枚とデストロイヤー1枚とゴーレムの錬成が手札にあるため、4枚で18点を狙えば良い。デストロイヤー1枚の超越のコストが低く、1枚の超越のコストが高いため高い方の超越に蓄積を打っておく。

リーサルに十分なパーツが集まる見込みがない場合は、デストロイヤーが生き残ることに賭けて場に出して超越1回での勝ちを狙ったり、超越+デストロイヤーで盤面を取り返して作った盤面で勝ちを狙ったり、といった使い方をする場合もあります。



その他注意点

先ドロー、というのは他のデッキでもよくある話ですが、超越においてはスペルブーストの事情もありカードのプレイ順のミスはよりシビアに負けにつながる恐れがあります。したがって、例えば7PPあるからこのターンは蓄積→光の道筋→ウィンドブラストと動こう、といったようにそのターンに取る行動を決めた上でカードをプレイするように心がけましょう。

コストの計算

実戦では自分の持っている手札でリーサルをかけられるのかどうかを制限時間内に考える必要があります。そのために個人的におすすめする方法を書きたいと思います。
同様の計算方法はゲーム中盤で《炎の握撃》や《運命の導き》にも応用できたり、ドロシーでも同様の考えが用いることができたり、利用できる場面は多いのでぜひ身につけてほしいと思います。

1.そのターン超越を打てる行動パターンの検討方法

現在aPP持っていて、超越のコストがbのときc=b-aを計算。
以下の合計がc以上になるようにスペルを打つことができます。(ただしコスト合計がaを超えてプレイすることはできないことはど忘れしないようにしましょう)

0コストスペルを打つ +1
1コストスペルを打つ ±0
2コストスペルを打つ -1
nコストスペルを打つ -(n-1)
《魔力の蓄積》をそのターン使用する超越に打つ ±0
レヴィを置く -2
レヴィを置いて《紅蓮の魔術》を投げる -2 (=3コストスペル相当)
マーリンを置く -4
マーリンで進化して相手フォロワーを叩く -3(=4コストスペル相当)

(1コスト払って1枚のカードをスペルブーストすれば実質0コスト、2コスト払って1枚のカードをスペルブーストすると実質1コスト…etcというような意味です。)
現在のPPよりも超越のコストが高い場合は、「0コストスペルを打たない限り、超越を打つことはできない」ということは覚えておきましょう。



2.超越と中コストのデストロイヤーを持っている場合に、超越+デストロイヤーと動ける行動パターンの検討

現在aPP持っていて、超越のコストをb、《フレイムデストロイヤー》のコストcとする。d=b+c-a-1を計算する。
以下の合計がd以上になるようにスペルを打つことができます。(このようにしてデストロイヤーまたは超越のコストが0になる場合は前項のパターンにあてはめます。)

0コストスペルを打つ +2
1コストスペルを打つ +1
2コストスペルを打つ ±0
nコストスペルを打つ -(n-2)
蓄積をこのターンプレイする超越かデストロイヤーに打つ +1
レヴィを置く -2
レヴィを置いて紅蓮の魔術を投げる -1(=3コストスペル相当)
マーリンを置く -4
マーリンで進化して相手フォロワーを叩く -2(=4コストスペル相当)

(1コストのカードで2枚スペルブーストすれば1コスト浮く、2コストのカードで2枚のカードをスペルブーストすれば差引0…etc というイメージです。)
以上のような考え方をすればざっくりと0コスト、1コストスペルを打たなければいけない回数がわかったり、2コストスペルをとりあえず打っても問題ない状況をすぐに見極められたりするのがメリットです。

計算の一例
超越のコストが8で、現在7PPだから1コスト浮かせる必要がある。
《知恵の光》と《魔力の蓄積》を実質0コストで打ったのち、《運命の導き》を0PPで打てば1コスト浮くので、このターン超越を打てる。その後残った2枚の超越と《刃の魔術師》進化を使えば、4×3=12点入るのでリーサルとなる。

3.愚直にカードのプレイとコスト変動を追う

コストの下がるカードが多数手札にある場合等は、決まった計算パターンに当てはめにくいため、前述した方法で超越を打てるパターンをある程度絞り込み、その方法で実際にカードを全てプレイできるのかを考える、という原始的な方法も有効です。

4.計算が追いつかない場合、ドローを進めてみてみないとリーサルかどうか不確定な場合

このような場合はとりあえず《知恵の光》、《魔力の蓄積》等、とりあえず使用してもマイナスに作用しにくいところから動かしていきましょう。

マリガン・各マッチアップ

マリガンの基本方針

マリガンでは超越1枚をほぼ確定でキープし、その他、《運命の導き》、《ゴーレムの錬成》、序盤の除去に使えるカード、先攻なら2ターン目の動きとして《マジックミサイル》や《光の道筋》、後攻ならマーリン、レヴィをキープすることが多いです。同じカードでも手札の組み合わせ次第でキープ、マリガンが変わるパターンが非常に多いのですが、文章化することが困難であったため割愛します。

対エルフ

序盤の《エンシェントエルフ》を倒すことを特に念頭に置いて、《フェアリー》を倒せるカードや《ウィンドブラスト》をキープすると良いでしょう。

対ロイヤル

《ウィンドブラスト》をキープして《アルベール》や《フローラルフェンサー》の登場までにスペルブーストを貯めることを意識します。他にはゴーレムや虹等序盤の防御に使えるカードをキープします。

対ウィッチ

ドロシーウィッチを意識してウィンドブラストやゴーレムなどをキープし、ゲーム中超越である確信が持てるまでは、ドロシーウィッチであるという前提で動きます。
もし超越であった場合は《ウィンドブラスト》、《炎の握撃》、《ゴーレムの錬成》を手札から消すこと、相手にそれらのカードを処理させないことを意識します(ゴーレムの錬成進化で氷像にぶつける、相手の《ゴーレムの錬成》に1点の《ウィンドブラスト》を当てるといったことも頻繁に起こります。)
《魔力の蓄積》を超越にできる限り当てましょう。

小技

《ゴーレムの錬成》をプレイした後《運命の導き》やマーリン進化をして、手札を9枚にしてターンを終了することで、相手に《虹の輝き》でドローロックされることを防ぐことができるのは、覚えておくとよいでしょう。

対ビショップ

疾走ビショップ前提で《ウィンドブラスト》や《虹の輝き》をキープしましょう。

対ネクロ・ヴァンプ

アグロである前提で、序盤の除去を重視したマリガンをしましょう。

対ドラゴン

今流行のコントロール重視のタイプには非常に有利なので、ドローが止まらないことを重視して、マーリン等をキープしましょう。

終わりに

新しい環境に変わっても、コントロールに非常に有利な『超越ウィッチ』は、それなりの地位を持っていることが予想されます。
プレイの基本軸は今後も生かせるものであると思うので、これを参考にしていただければ幸いです。

関連リンク

▶︎UMR『ドロシーウィッチ』ROB環境前期・最強デッキの完全攻略ガイド(文章:integral)
▶︎『超越ウィッチ(構築:jimejime)』デジタルゲーマー杯優勝!レヴィ・ルーンの不採用理由とは スペシャリストが贈るデッキガイド
▶︎土の秘術『超越ウィッチ(構築:jimejime)』冥府エルフキラー!超越ウィッチスペシャリストのデッキレシピと攻略ガイド(本人マリガン付き)

「神々の騒嵐」総力特集


▶︎「神々の騒嵐」先取りデッキ集(全クラス)
新カードパック「神々の騒嵐」評価ランキング(解説あり)

注目リンク

▶︎環境最強デッキ集(Tierランキング)アップデート対応版
▶︎リセマラランキング完全版
▶︎「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-超越ウィッチ
-, ,