JCG

第2回「JCG Shadowverse Open」 キックオフ大会レポート 予想外のデッキが優勝を飾る!

2016/12/23

     

JCG Shadowverse Open キックオフ大会レポート

先週末に開催された、第2回「JCG Shadowverse Open キックオフ大会」の大会結果をまとめた大会レポートになります。

▶「JCG Shadowverse Open」公式サイト

300名以上のエントリーの中から抽選で選ばれた128名。
ルールは、BO3(最大3試合、2リーダー登録)。注意しなければならないのは、どちらのデッキを先に出してもOKだが、両方のデッキで1勝ずつしなければ相手を撃破したことにはならない点。つまり、最低でも2つのクラスを仕上げておき、大会用デッキとして完成させてある必要があるということです。
16名ずつ8ブロックに別れて戦い、各ブロックの優勝者8名で、決勝トーナメントが争われました。

GameAIで独自にリサーチした、約350名の大会エントリーから分析した勢力分布図や、優勝予想の考察記事も先週公開しているので、併せてご覧いただければと思います。

JCG第二回大会
第二回統計データ

▶第2回「JCG Shadowverse Open」 勢力分布図と優勝デッキ予想!




決勝トーナメント

決勝トーナメントに進出した8名と使用デッキの組合せは、以下の通りになりました。

  • hisoka氏(冥府エルフ+ミッドレンジネクロ)
  • 朱華氏(ミッドレンジロイヤル+コントロールヴァンパイア)
  • ryoryotch氏(冥府エルフ+ミッドレンジロイヤル)
  • 暴君いん氏(ミッドレンジロイヤル+冥府エルフ)
  • のゐ氏(ミッドレンジロイヤル+フェイスドラゴン)
  • まめ@ドレノの民(コントロールヴァンパイア+ミッドレンジロイヤル)
  • vain氏(冥府エルフ+アグロネクロ)
  • 暴君いん氏(ミッドレンジロイヤル+コントロールビショップ)

安定している強さを誇る【ミットレンジロイヤル】はやはり人気で、決勝に駒を進めた8名中5名の方が選択。

最近の【ミットレンジロイヤル】の傾向としては《フロントガードジェネラル》など重いコストのカードを入れるのが流行ってきており、決勝トーナメント進出者の中でも3名の方が通称”しのぎ切るおじ”を採用されています。

C_101231040 (1)

また《サタン》を採用されている型や、《軍師の妙策》を採用されている型も見受けられました。

C_101234010

次に多かったのは【冥府エルフ】。

決勝に駒を進めた8名中3名の方が選択されていました。さすが”環境最強”と言われるまではありますね。

またネクロマンサー、ヴァンパイア、ビショップはそれぞれ2名の方が、ドラゴンは1名の方が選択しており、第一回大会に続きウィッチは0名という結果になりました。

ちなみに、ネクロマンサーはアグロとミッドレンジの2種類。ヴァンパイアとビショップはコントロールタイプを採用してました。

ドラゴンはのデッキタイプはなんと【フェイスドラゴン】。大会前にタヌキ式が流行った影響でしょうか。

▶『タヌキ式 フェイスドラゴン』ステルス軍団からの波状攻撃!AA3到達デッキの攻略ガイド

【ミッドレンジロイヤル】や【冥府エルフ】に強いといった特長のほか、序盤はゆっくりとした立ち上がりをする【ランプドラゴン】がメジャーなところで、相手の意表を突くこのデッキは対策がまだ不完全なのもあり、有効だったのではないでしょうか。

さて、この中から優勝を手にしたのは・・・

大会結果

見事優勝して、128名の頂点に立ったのは、「のゐ」氏でした。おめでとうございます!

優勝者が選んだリーダーの組合せとしては、ロイヤル+ドラゴンという結果に。
JCGで公開されている、優勝者のデッキ内容はこちら!

▶のゐ式 ミッドレンジロイヤル

▶のゐ式 フェイスドラゴン

GameAI攻略班で予想していた、本命の組合せはエルフ+ロイヤルでしたので、またもや半分正解といった形になりました。

それにしても、まさか【フェイスドラゴン】が優勝デッキの組合せに入ってくるとは予想外でした。面白い展開ですね。

注目のポイント

  • ミッドレンジロイヤルについて

優勝者の「のゐ」氏が使用した【ミッドレンジロイヤル】は、やはり環境上位のどんなデッキに対しても大きく不利を取らない安定感が特徴です。
先攻でマナカーブ通りに動けた場合、デッキパワーは”文句なしに最高クラス”なので、少なくとも8月の大型アップデートまでの大会では人気が継続すると予想されます。

今回「のゐ」氏使われた【ミッドレンジロイヤル】の特徴として、《風神》の2枚採用も注目ポイントのひとつ!
ヴァンパイアやビショップなどのコントロールデッキを相手にするときに、5ターン目までに盤面を構築しておくことで一気に大ダメージを狙うこともできます。

E_101031020

  • フェイスドラゴンについて

【フェイスドラゴン】は順当に回ったときの攻めの速度がとても早く、相手からの攻撃を受けないフォロワーが多く採用されていて守護の少ないデッキに滅法有利です。

「のゐ」氏が使用していた【フェイスドラゴン】には《運命の泉》という珍しいカードが採用されていて、こちらは相手からの攻撃を受けないフォロワーは場に残りやすいので非常に相性が良いです。

デッキパワーは環境トップクラスのデッキと比べると少し劣るのですがメタ戦略的にはとてもいいデッキだと思います。


以上、第2回 JCG Shadowverse Open キックオフ大会レポートでした。

次回からはJCG Shadowverse Open いよいよ本格開幕!とのことで256名枠に拡大して行うとのこと。ますます盛り上がりを見せていくであろうこの大会にどのようなデッキタイプの組み合わせで大会を制していくのか、注目していきたいと思います!

▶オンライン大会『JCG Shadowverse OPEN』が今週末より本格開幕!プレミアム版の『特別称号』が初公開

参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
ストラクチャーデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTop20

-JCG
-, , ,