シャドウバース(シャドバ) ミッドレンジネクロ

『ミッドレンジネクロマンサー(構築:も)』マスターランク24連勝!「デスタイラント」採用の真意とは

2017/03/29

     

シャドウバースデッキ攻略:『ミッドレンジネクロ(構築:も)』

今回紹介するのは、みごとマスターランクで24連勝!
「GameAI連勝ランキング」にもランクインした【ミッドレンジネクロ】の攻略ガイドです。
参考:「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

注目のデッキインタビューでは、《デュエリスト・モルディカイ》だけでなく、《デスタイラント》が採用されている点にも言及していますが、その真意はいかに!?

デュエリスト・モルディカイ
血無き体を滾らせる、終わらぬ決闘を求めて。
肉無き体を満たす、果てなき決闘を見据えて。
効果:ラストワード デュエリスト・モルディカイ1体を出す。



『ミッドレンジネクロ』のデッキレシピ

 

デッキコードを発行する




『ミッドレンジネクロ(構築:も)』のデッキガイド

Point1:「ラストワード」を活かし切れ!

今回紹介する【ミッドレンジネクロ】は、自壊系カードを使って強力な「ラストワード効果」を強制発動させることで、盤面や手札でアドバンテージを稼いでいくのがコンセプトのデッキとなっている。
自壊戦術を成り立たせるための、強力なラストワードフォロワーとしては、以下の3枚が挙げられる。

ウルズ
変わらぬ過去…定められし宿命…全ては運命の理…。ですが…忘れないで下さい…摂理を超えし者にこそ、奇跡が訪れるのです…。
我が力で、運命の理から…未来を解き放ちましょう。絶望に囚われぬ、希望の未来を…自由なる明日を…さぁ、その手で掴むのです…。
効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す)
ネクロアサシン
生者って困るわ。静かにしてって頼んでも、息を吐いたり心臓を動かしたり…。ホント、うるさいから殺しちゃった。
やっぱり静かな方が落ち着くわね!死者のシモベもたくさん増えたし、世界を静かにするために出かけましょっか?
効果:ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体と、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ソウルコンバージョン
どんな魂にも使い道はある。
効果:自分のフォロワー1体を破壊する。
カードを2枚引く。

これらの3枚は、自分のカードを自壊させることで効果を発揮させるカードだが、それぞれ使い道が違う。
《ウルズ》に関しては、ラストワード持ちのフォロワーを再登場させることが出来るだけでなく、いざとなれば《《エンシェントエルフ》》など、厄介な敵フォロワーの「バフ効果」を打ち消すことも出来るので、非常に汎用性が高い。

参考:初心者向け講座:ウルズを使ったテクニック特集!

《ネクロアサシン》は、相手フォロワーの除去に自分のフォロワーを弾に使うので、『ボードアドバンテージ』を得ることができる。そして《ソウルコンバージョン》は、ドローを進めるドローソースとして『ハンドアドバンテージ』を稼ぐことができる。

次に、メインで破壊を狙いたい、ラストワード持ちフォロワーたちを紹介しよう。

よろめく不死者
教会病棟の廊下に響くのは、巨大な石を引き摺るような音。病棟の番人と呼ばれる彼女達が巡回している証である。
病棟の廊下に響き渡る足音。新たな患者がまた一人、この悪夢に迷い込んだ。仕事熱心な彼女達は保護に走り出す。
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

《よろめく不死者》は、ステータスは低いものの、「ランダム除去」という強力なラストワード効果を持ったフォロワー。自壊カードをうまく使って『ボードアドバンテージ』を確保するのにはもってこいだ。特に《ネクロアサシン》とのコンボは強烈で、一気に二体も破壊する範囲除去になるぞ。

闇の従者
へっへっへっ…俺に手を出そうってか?言っておくがなぁ、俺のバックにはあの方がついてるんだぜ?
あの方はなぁ、闇の主なんだよ!へへっ!どうだ、怖いだろ?あの方を呼ばれたくなきゃ、大人しく俺に魂を渡すんだな!
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード リッチ1体を出す。

《闇の従者》は《よろめく不死者》と同じで、自らフォロワーに突っ込めないデメリットを持つが、1コスト軽くなった《地獄の解放者》と考えて差し支えない。《ウルズ》と組み合わせれば、マナカーブにあった動きで「強力な盤面」を作り出すのに使える。ステータスの低さを補うため、優先して進化させたり、《ケルベロス》から手に入る《ココ》で攻撃力+2と強化することで、相手に「処理を強要させる」使い方も良いだろう。

Point2:ロングゲームでのフィニッシャー

コントロールデッキ同士の対決では、消耗戦や持久戦にもつれ込むシーンも珍しくない。
そんな時に頼りになるのは、やはり血湧き肉躍る「決闘者《デュエリスト・モルディカイ》」だ。

デュエリスト・モルディカイ
血無き体を滾らせる、終わらぬ決闘を求めて。
肉無き体を満たす、果てなき決闘を見据えて。
効果:ラストワード デュエリスト・モルディカイ1体を出す。

消滅、バウンス、変身以外で対処不可なこのカードは、ロングゲームでのリソース勝負においては最強クラスと言える。
《ウルズ》を使って二体以上に増殖させるコンボを決めてしまえば、一気にゲームを終わらせる破壊力である。ただし、天敵のビショップを相手にするときは、《漆黒の法典》や《鉄槌の僧侶》の「消滅」を警戒して、体力4以上に保つプレイを心掛けよう。

デスタイラント
腐臭に気付いた時にはもう遅い。お前は既に、死竜の胃袋に収められているだろう。
無限に喰らい、無限に肥える。死竜の噛み砕いた肉が、骨の隙間を通り、地に落ちた。その肉片すらも舐め取って、貪欲なる死竜は咆哮を上げた。
効果:疾走
ファンファーレ ネクロマンス 20; +10/+10する。

このデッキのもう1つの特徴として、コンボネクロのフィニッシャーとして使われる《デスタイラント》が、なんとピン採用されている。
墓場を増やす《スカルビースト》や《スパルトイソルジャー》、無限リソースの《アルティメットキャロット》が採用されているので、時間をかければ墓場20が溜まることもしばしばある。
「6コスト3点疾走」としても、アグロプランでのフィニッシャーとしては十分役立つ場面も多い。このデッキの『アイドル』であると言えるだろう。

『ミッドレンジネクロ(構築:も)』インタビュー

デッキ構築者である「も(@Mo_SeSe)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所について教えてください

長所

ビショップと【秘術ウィッチ】を除けば、概ね五分以上に戦えるところ。
《デスタイラント》が入っているところ。

短所

秘術ウィッチにすべてを消滅させられ、"過剰なストレス"を受けるところ。
《デスタイラント》が入っているところ。

デッキのこだわりポイントについて教えて下さい

 やはり、《デスタイラント》が入っているところですね。 
 僕はデッキには必ず一枚、アイドルカードが必要だと思っています。
アイドルカードとは、「これで決めたらかっけえ!」という必殺技的なカードです。
今回のデッキでは、それが《デスタイラント》となっています。
 なお1枚しか積んでいないため、戦績にはあまり関係ない気もします。

キーカードの採用、不採用理由について教えてください

採用理由
デスタイラント

 かっこいいからです。
 ……という個人的な感想を除いても、優秀なカードです。
 対コントロールでは長期戦にもつれこむことも多く、墓地が気づかぬうちに溜まっていたりするため、13点ドリームパンチのチャンスは大いにあります。
 また、ネクロマンスを発動させずとも、3/3疾走フォロワーとしてリーサルに貢献してくれます。《よろめく不死者》や《闇の従者》といった打点の低いフォロワーで場が埋まっているとき、《ファントムハウル》では打点が足りない場合も意外と多いので、かゆいところに手が届く活躍を見せてくれます。

不採用カード
冥府の戦士・カムラ


 このデッキの性質上、中盤に《腐の嵐》や《死の祝福》で盤面を取りかえすために、序盤から墓地を肥やすことが必須です。結果、高コストの《冥守の戦士・カムラ》は事故率をあげる一因となるため、自然と抜けていきました。《冥守の戦士・カムラ》がいるから勝てる、というマッチアップが少なかったのも、不採用の理由です。あと《冥守の戦士・カムラ》はイラストがイケメンすぎるので、僕は好きじゃないです!

体感のマッチアップ相性について教えてください

前述の通り、ビショップと【秘術ウィッチ】が厳しく、それ以外のデッキには五分以上に戦える印象です。
ただし対アグロに関しては、《よろめく不死者》や《闇の従者》といった単体で盤面に干渉できないカードが入っているため、コンボパーツがそろわないと手も足も出ずに負けてしまうことがあります。

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

(……きこえますか……きこえますか……記事を読んでくださったみなさん…… 今…あなたの…心に…直接……呼びかけています……デス……タイラントを……デスタイラントを…入れるのです……カムラを…入れている……場合では……ありません……デス…タイラント…です……デス…タイラントを…入れる……の…です……あと……ツイッター@Mo_SeSe…フォロー……よろ…しく)

参考動画

『ミッドレンジネクロ(構築:も)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI