Shadowverse(シャドウバース) 冥府ビショップ

『冥府ビショップ(構築:そらっ☆)』ウサギの悪夢!3つの「勝利パターン」を使いこなせ(動画あり)

2017/03/18

     

シャドウバースデッキ攻略:『冥府ビショップ(構築:そらっ☆)』


今回は、シャドバチーム『WOF』所属、「そらっ☆(@sora_626)」氏が作成した、冥府ビショップを紹介します。
マスターランクでもMPを稼げるなど、十分戦える構成になっているとのこと。

冥府への道
死は誰にでも平等に訪れる。
効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。



『冥府ビショップ』のデッキレシピ

 

デッキコードを発行する




『冥府ビショップ(構築:そらっ☆)』のデッキガイド

Point1:ウサギたちの悪夢

この【冥府ビショップ】には、主に3パターンの勝利プランが存在する。
①《冥府への道》の発動条件を満たす
②回復と除去により相手のリソース切れを狙う
③大型のフィニッシャーによって押し切る

詠唱:夢想の白兎
ようこそ、夢幻の世界へ。
効果:カウントダウン 3
ラストワード ドリームラビット1体を出す。

どのプランでもキーカードになるのはこのカード、《詠唱:夢想の白兎》。
まず、①のプランでは、アミュレットと本体で墓地カウント2を1枚で稼ぐことができる。
次に、②のプランでは、何度も出てくる守護として相手のフォロワーの体力を削りつつ、自分リーダーの体力を守ってくれる。
そして③のプランでは《バハムート》の効果でアミュレットが壊されることで登場し、《バハムート》やリーダーを守る守護としての役割を果たす。

バハムート
全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。高貴なる漆黒の姿を持ち、その美しさはこの世全ての創造物を圧倒する。
全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。神撃の力は全てを超越し、その力と栄光を欲する英雄の伝説が彩られる。
効果:ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

AoE兼フィニッシャーとして採用される《バハムート》は、単純にパワーカードであり、デッキに入ってるカードとも相性が良い。
《冥府への道》との相性は優れないようにも見えるが、時間稼ぎとしてみれば問題なく、そもそも《バハムート》1枚で試合を決めてしまう場合もあるくらいだ。
長期戦が予想されるコントロールデッキとの対決では《テミスの審判》もあるため、《バハムート》を《バハムート》で返す投げ合いにも有利に立ちやすいだろう。

Point2:ヒールカードと付属効果

時間稼ぎや、リソース切れによる勝ちプランを取る上で欠かせないのが、リーダーの体力を回復させるカードである。
このデッキに採用されているヒールカードについて、このデッキでの役割とともに確認していこう。

ダークオファリング
私の魂も身体も、全て貴方のモノ…。
効果:自分のフォロワー1体を破壊する。
「破壊したフォロワーの体力」と同じだけ自分のリーダーを回復して、同じだけカードを引く。

回復兼ドローソースと冥府プランでは、大事な役割を果たすのが、この《ダークオファリング》。
アミュレットから場に出るフォロワーでなら、コストを踏み倒して登場するので対象にしやすく、《詠唱:獣姫の呼び声》から場に出る《ホーリーフレイムタイガー》に打つのが最もスマートだろう。
《バハムート》に打つことがあれば、13枚のカードを引き込むことになるので一気に墓場を肥やすことが叶うぞ。
10コストある際は、《テミスの審判》の前に打っておくといった小技も覚えておこう。

治癒の祈り
敬虔なる者よ。汝の行いに、祝福を。
効果:自分のリーダーか自分のフォロワー1体を3回復。
自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。

全体のカウントを進めつつ、体力を回復できるスペル《治癒の祈り》。
アミュレットを多く採用していて、かつ場に残りやすい《詠唱:夢想の白兎》といったカードが存在するので、2枚以上のカードを同時に進めやすいだろう。
進めるカウントも1なので、ターン調整をしたい時には《気高き教理》より小回りが利きやすい。

『冥府ビショップ(構築:そらっ☆)』インタビュー

デッキ構築者である「そらっ☆(@sora_626)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所について教えてください

長所

頻繁に守護を展開できる為、疾走を軸としたロイヤル、【OTKエルフ】、【疾走ビショップ】に有利。
《テミスの審判》による全体除去や、守護を展開しながら回復できるので【ドロシーウィッチ】に微有利。

短所

【セラフビショップ】、【超越ウィッチ】に大きく不利。

デッキのこだわりポイントについて教えて下さい

《冥府への道》が2枚のみ採用なのは、【冥府エルフ】と違い、手札事故の場合に《新たなる運命》などで流すことが出来ないためです。

キーカードの採用、不採用理由について教えてください

採用理由
詠唱:夢想の白兎

このデッキの一番のキーカード。
このカードで墓場を溜めつつ、《ドリームラビット》を展開し、相手のデッキの疾走フォロワーを足止めします。

ダークオファリング

大切なドローソース。
主に《詠唱:獣姫の呼び声》から出る《ホーリーフレイムタイガー》などを対象にします。
「大量ヘルス回復+ドロー」を同時に行えるカード。
基本使用すると自分の盤面が空になってしまいますが、《ドリームラビット》が盤面にでる為、空にせず使用できます。
《ダークオファリング》の大量ドローから《新たなる運命》で、墓場を溜めることも頭に入れておきましょう。

治癒の祈り

ヘルス回復と同時に、自分のタイミングで《神魔裁判所》などのアミュレットを発動させることができるのがこのデッキにとってはとても強いです。

バハムート

二番目のキーカード。
自分のアミュレットをも破壊し墓場も肥しながら相手の盤面もクリアにできるパワーカード。
《詠唱:夢想の白兎》との相性も抜群です。
このカードだけで勝負が決まることもあるので2枚採用です。

体感のマッチアップ相性について教えてください

【ミッドレンジロイヤル】、【OTKエルフ】、【疾走ビショップ】、【ドロシーウィッチ】に有利。
【超越ウィッチ】、【セラフビショップ】、【ランプドラゴン】などに不利。

マリガンのコツなどはありますか?

先攻・後攻問わず、1コスアミュレットはキープ。
ヴァンパイア以外には《詠唱:獣姫の呼び声》もキープ。
後攻時は《漆黒の法典》、《鉄槌の僧侶》もキープ対象です。
《詠唱:獣姫の呼び声》や後攻時の《漆黒の法典》などがキープできている場合は、《プリズムプリースト》や《ヒーリングエンジェル》もキープします

プレイングに関して

アミュレットのカウントを、相手の動きに合わせて発動できるように心がけて下さい。
例えば《デュエリスト・モルディカイ》入りのネクロとの対面であれば、《漆黒の法典》や《鉄槌の僧侶》で消滅させたいので、相手の8ターン目の《ネフティス》に合わせて《詠唱:獣姫の呼び声》が破壊されるように調整。
《ホーリーファルコン》で《デュエリスト・モルディカイ》に攻撃してから、《漆黒の法典》などで処理するなどです。

《テミスの審判》がある場合や盤面に余裕がある場合は、カードや進化を温存しppを余らしてターンを終える場面がたくさんあるので、判断してください。
ppが余ったからといって《冥府への道》を先置きすると、自分の《バハムート》で破壊しなくてはいけない場面があるので、なるべく先置きは控えましょう。

対【秘術ウィッチ】の場合は、《冥府への道》を全て消滅させられないように、《バハムート》に《変成の魔術》を使わせましょう。
相手がアグロやミッドレンジの場合は、冥府プランを取りつつ、リソースで勝つ勝ち筋を頭に入れておいて下さい。

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

ありふれたデッキに飽きてしまった方、是非私のコンセプトデッキで遊んでみてください!!

冥府ビショップ(プレイ動画)

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!

『冥府ビショップ(構築:そらっ☆)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), 冥府ビショップ
-, , ,