Shadowverse(シャドウバース) 薔薇エルフ

『白狼薔薇エルフ(構築:にしきの)』華麗なる一撃!真紅のバラが舞い散るデッキ

     

シャドウバースデッキ攻略:『白狼薔薇エルフ(構築:にしきの)』

「第二の白薔薇エルフ」で、12連勝したデッキを紹介します!
以前紹介した白薔薇エルフは、《白銀の矢》→《ローズクイーン》のコンボを搭載したデッキだったが、
今回紹介する白薔薇エルフは、《古き森の白狼》→《ローズクイーン》のコンボを搭載しつつ、伝家の宝刀「リノプラン」も見据えた構築になっている。

参考:『白薔薇エルフ2』斬新な構築で話題を呼んだ、あのデッキがエボリューション!

ローズクイーン




薔薇が咲き、真紅の花びらが貴方を誘うわ…。逃れえぬ色彩の誘惑に、貴方に流れる真紅の脈動は抗えるかしら…?そこに棘があると…傷つくと知ってなお求めてしまう…悲しき人の性ね…。
無碍に咲く孤高の美しさを、全身で体現する薔薇の花…。ただ美しくありたい私たちを汚すなら容赦はしないわ…。貴方たちに…ただ在りたいがために咲く薔薇を手折ろうとする権利はないことを…思い知らせてあげる。
効果:ファンファーレ 手札のフェアリーすべてを、薔薇の一撃に変身させる。



『白狼薔薇エルフ』のデッキレシピ

 

デッキコードを発行する




『白狼薔薇エルフ(構築:にしきの)』のデッキガイド

Point1:新たなる白薔薇の誕生

以前紹介した【白薔薇エルフ】といえば、《白銀の矢》《ローズクイーン》を採用したレシピからその名前が付けられていたが、今回紹介するデッキレシピもまた【白薔薇エルフ】と呼べる。

参考:『白薔薇エルフ2』斬新な構築で話題を呼んだ、あのデッキがエボリューション!

しかし、白銀の矢はデッキに含まれず、別の『白』が搭載されている。
そう、《古き森の白狼》だ。

古き森の白狼
森緑の賢者と呼ばれた神狼。力で支配する事しか知らぬ古竜に太古の叡智を説き、森を束ねる者の使命を伝えた。
外世界の侵略者たちに立ち向かう神狼。守護者たる古竜が目覚めるまで、森緑の戦士たちを束ね、外敵を阻み続ける。
効果:突進
ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。

白銀白狼コンボで有名な《古き森の白狼》だが、今回は薔薇デッキのフィニッシャーである《ローズクイーン》をサーチ対象としている。
コストを0でサーチすることで、手札の《フェアリー》《薔薇の一撃》に変えて速射することが可能に。
サーチ対象が《白銀の矢》でなく、《ローズクイーン》にするメリットは、《フェアリー》のみで10以上のダメージを与えられるという点だろう。
しかし《古き森の白狼》《ローズクイーン》を出す際は、隙が生まれやすい。
そこでこのデッキはそんな時に防戦にならないように、中盤まで極力盤面で戦っていく【テンポエルフ】のような構築を意識しているぞ。

歴戦の傭兵・フィーナ
おりゃあああ!無敵最強メチャカワイイフィーナちゃんの登場よ!!
み、ミニゴブ!アタシについてきちゃったわけ!?あーもーしょうがないわね…!ちょっとアンタ!この子に手を出したら、超絶カワイイフィーナちゃんが許さないんだからね!
効果:進化時 ミニゴブリンメイジ1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

そこで活躍するのが、このニュートラル版の《フローラルフェンサー》とも言える汎用カード《歴戦の傭兵・フィーナ》
手札に加えた0コストの《ミニゴブリンメイジ》については、場を取って戦うために惜しまずプレイしていって良いだろう。
もちろん、《リノセウス》《クリスタリアプリンセス・ティア》があるときは例外も存在するので、その場合は臨機応変に判断しよう。


▲このように、盤面を支配して勝つパターンも

Point2:時間稼ぎをするためのカード

《ローズクイーン》という高コストの強力なフィニッシャーを据えたデッキなので、当然デッキは全体的に後ろ寄りのデッキになってくる。
採用されてくるフォロワー達も、攻めのデッキである【OTKエルフ】とはまた異なるものに。

クリスタリア・リリィ
そりすべりに、ゆきがっせんに、ゆきだるま!リリィ、ゆきあそび大好きなの!
ゆきだるまって、まぁるくて面白いの!だから、もっといっぱい作っちゃうの!
効果:ファンファーレ エンハンス 6; 相手のフォロワー1体をスノーマンに変身させる。

エンハンス効果でフォロワー1体を《スノーマン》に変換する効果を持った《クリスタリア・リリィ》
ドラゴンなどの大型フォロワーに対抗するための確定除去としての役割を果たす。
変身なので、《デュエリスト・モルディカイ》のような強力なラストワード効果を持ったフォロワーに対しても効果的である。
《自然の導き》などでバウンスして使い回すことも可能だ。
また、テンポを重視するデッキ構成なので、2コスト標準ステータスとして出すのも悪くないぞ。

深緑の守護者
平穏を望み、深緑を護る者。優しく、暖かき言葉にて、森の民を導くという。
安寧を望み、深緑を護る者。森に害為す者あれば、森護る友と共に迎え撃つ。
効果:守護
ラストワード フェアリー2枚を手札に加える。

《深緑の守護者》は、守護とそこそこのステータスを持っているので、体力を守る際に活躍する。
また、ラストワード効果の《フェアリー》を回収できる効果も、《ローズクイーン》によって変換される、薔薇の一撃の弾となるので相性抜群だ。
このデッキには《フェアリーウィスパラー》が採用されていないので、貴重な《フェアリー》補充要員にもなるだろう。

ローズクイーン




薔薇が咲き、真紅の花びらが貴方を誘うわ…。逃れえぬ色彩の誘惑に、貴方に流れる真紅の脈動は抗えるかしら…?そこに棘があると…傷つくと知ってなお求めてしまう…悲しき人の性ね…。
無碍に咲く孤高の美しさを、全身で体現する薔薇の花…。ただ美しくありたい私たちを汚すなら容赦はしないわ…。貴方たちに…ただ在りたいがために咲く薔薇を手折ろうとする権利はないことを…思い知らせてあげる。
効果:ファンファーレ 手札のフェアリーすべてを、薔薇の一撃に変身させる。


効果:相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。


▲フィニッシャーのローズクイーン召喚!

『白狼薔薇エルフ(構築:にしきの)』インタビュー

デッキ構築者である「にしきの(@kyukure)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所について教えてください

長所

《エルフプリンセスメイジ》や《歴戦の傭兵・フィーナ》による0コストフォロワーを利用したアドバンテージ確保と、5ターン目、6ターン目の《クリスタリアプリンセス・ティア》と《自然の導き》の使い回しによる盤面制圧がしやすいコントロール寄りのデッキです。
進化権を使わずにフォロワーを処理ができるカードが多くコントロール系のデッキには強めです。

短所

1ターンで大量展開してくるウィッチの《次元の魔女・ドロシー》やネクロの《ネフティス》直後の《死の祝福》や立ち上がりも遅いのでアグロ系のデッキも先行を取られると処理が追いつかず押し切られてしまいます。

デッキのこだわりポイントについて教えて下さい

《白銀の矢》と比べられる《ローズクイーン》ですが、《白銀の矢》との差別化できる最も大きなポイントが、《ローズクイーン》はデッキに1枚で運用できる点だと考えています。
白銀デッキだと、《白銀の矢》と《古き森の白狼》とが一般的に2枚ずつ以上入っており、8コスト以上のカードが合わせて少なくとも4枚以上になり事故率が上がります。
このデッキでは、8コスト以上のカードが《古き森の白狼》と《ローズクイーン》が1枚ずつにすることで事故率を最低限に下げています。
《エルフプリンセスメイジ》や《歴戦の傭兵・フィーナ》を起点に、《ミニゴブリン》でデッキ圧縮をしつつ、《クリスタリアプリンセス・ティア》、《翅の輝き》、《森の意志》でアドバンテージを稼ぎます。アドバンテージを稼ぎながら盤面を制圧し、《ローズクイーン》を目指します。

キーカードの採用、不採用理由について教えてください

採用理由
エルフの少女・リザ

主にドラゴン、ウィッチへの対策。
盤面を作りやすく序盤から終盤まで活躍することができます。
対ウィッチに関しては、《エンシェントエルフ》や《自然の導き》で使いまわして、早々に決着がつくこともあります。
対ヴァンパイアでも、《エルフの少女・リザ》があれば《黙示録》も怖くありません。

クリスタリア・リリィ

主にドラゴン、ネクロへの対策。
《バハムート》の対策は《クリスタリア・リリィ》に任せてあるので、対ドラゴンでは必ず一枚は握っておきます。
《デュエリスト・モルディカイ》や《フロントガードジェネラル》などのラストワード持ちや、進化フォロワーや守護などを進化権を使わず突破することができ、コントロール系のデッキに対してかなり強いです。

歴戦の傭兵・フィーナ

0コスフォロワーの生成、《ミニゴブリンメイジ》で優秀な2コスをサーチしデッキも圧縮できる点。
スタッツも高く盤面が取りやすいです。
《歴戦の傭兵・フィーナ》進化の次のターンに、《クリスタリアプリンセス・ティア》を続けて出すこともできるので相性がいいです。

プリンセスクリスタリア・ティア

0コストフォロワーを使うことで、5ターン目、6ターン目に出すことができる。
似た効果を持つカードで、《マヘス》がありますが、コストが5と1ターン早く出せることと、《自然の導き》で使い回しやすい点、AoEで相手フォロワーを全て処理できないことがあることから、《クリスタリアプリンセス・ティア》を優先しました。

深緑の守護者

元は《エルフバード》の枠でしたが、《ミニゴブリンメイジ》ナーフのために抜けた枠で、《フェアリー》生成できるカードを探したら見つけたもの。
アグロ系が多かったので守護である点も環境に合いました。

不採用理由
フェアリー・ウィスパラー


ウィッチに簡単に除去されることや、2/2のフォロワーが多い環境で一方的に負けてしまうので、盤面を重視するこのデッキでは弱いと思い抜きました。

フェアリービースト


使わなくても勝てた試合が多かったこと、6コストなので《クリスタリアプリンセス・ティア》と同じターンに出せないので、噛み合いが悪く大きくテンポロスしてしまうことから抜きました。
《ローズクイーン》を引いてしまったときに、《古き森の白狼》でサーチされるカードが《フェアリービースト》になってしまうのもあまりよくなかったです。

マリガンのコツを教えてください

先行後攻、リーダー関係なく盤面を作りやすい《エルフの少女・リザ》、《エンシェントエルフ》、2ターン目までの行動保証ができる《フェアリーサークル》を狙います。
後攻であれば《エルフプリンセスメイジ》、《森荒らしの報い》はキープしてきます。
対ドラゴン、ネクロであれば《クリスタリア・リリィ》
対エルフには《ベビーエルフ・メイ》を狙います。

体感のマッチアップ相性について教えてください

対ドラゴン、ロイヤル、エルフ、ビショップ、【コントロールヴァンパイア】には強めです。
ウィッチ、【ネフティスネクロ】は若干不利、アグロ系のヴァンプ、ネクロは先行取られると押し切られてしまうことが多いです。
少なくなりましたが、【セラフビショップ】は絶望的マッチングです。

記事を読んだ人に何かあれば

【薔薇エルフ】は他のデッキと比べて使用者も少なく、研究も進んでいないように感じます。
構築難易度が高いところがこのカードの難しいところであり、面白いところだと思います。
ですが、このカードはポテンシャルは持っていると思うのでこの期にぜひ使ってみて下さい。

『白狼薔薇エルフ(構築:にしきの)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

「神々の騒嵐」総力特集

神々の騒嵐 「神々の騒嵐」先取りデッキ集(全クラス)
新カードパック「神々の騒嵐」評価ランキング(解説あり)

注目リンク

環境最強デッキ集(Tierランキング)アップデート対応版
リセマラランキング完全版
「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), 薔薇エルフ
-, , , ,