シャドウバース(シャドバ)

「ドロシー超越ウィッチ(構築:ぬこおた)」ナーフ後18連勝!本人寄稿の【徹底攻略ガイド】

     

シャドウバースデッキ攻略:『ドロシー超越ウィッチ(構築:ぬこおた)』

次元の魔女・ドロシー
題字:ジョニィ(@seke3341

大御所チーム『AiS』所属の強豪「ぬこおた(@nukoota)」氏が構築した【ドロシー超越ウィッチ】。マスターランク18連勝するなど絶好調っぷりが伺える。
 なんと今回、ぬこおた氏本人がデッキガイドを寄稿してくれました!細かい部分まで戦略が語られており、必見です!


『ドロシー超越ウィッチ』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-03-06 14.33.47
 

スクリーンショット 2017-03-06 14.33.56

デッキコードを発行する



『ドロシー超越ウィッチ(構築:ぬこおた)』の本人デッキガイド

デッキについて

長所

【ドロシーウィッチ】と【超越ウィッチ】の両方の特性をもち、それにより多くのデッキタイプに対して有利性が取れた。

短所

《神秘の代行者・クラーク》や《マナリアウイザード・クレイグ》といった序盤に出しやすいフォロワーが少ないため、序盤は相手に場を制圧されやすい。

このデッキの勝利プラン

基本的な勝ち方の比率は、《次元の魔女・ドロシー》での盤面制圧7割、《次元の超越》でのフィニッシュが3割といったところです。
序盤の相手の動きを見て、相手のデッキタイプを判断し、どのプランで勝ちに行くのかを自分の手札と相談しながらゲームメイクしていきます。
ゲームメイク次第では、すべてのデッキに有利が取れるので考えることは多いですがしっかり勝てるデッキです。

デッキのこだわりポイント

よく出回っている【ドロシー超越ウィッチ】は、《次元の超越》に寄せた【ドロシー超越ウィッチ】だが、このデッキは《次元の魔女・ドロシー》に寄せた【ドロシー超越ウィッチ】なので、《次元の魔女・ドロシー》での爆発力が高いところがポイント。

採用カード

エンジェルスナイプ

エンジェルスナイプ
《次元の超越》で勝つにしても、《次元の魔女・ドロシー》で勝つにしても全体をスペルブーストできる1コストカードなので複数枚採用。
入れすぎるとリソース不足で負けることがあるので、採用枚数は調整。

ウィンドブラスト

ウィンドブラスト
対【ドロシーウィッチ】戦で、相手より後で出した《次元の魔女・ドロシー》で引いても追いつけるカードであり、色々なデッキに対して機能しやすい万能な除去カードなので3枚採用。

虹の輝き

虹の輝き
手札を減らさず場を処理することができる優秀なカード。
アグロデッキやミッドレンジに対して有効であり、ナーフ後に増えたアグロデッキを見越して採用。
同じくナーフ後に増えた【超越ウィッチ】にあまり強くないため、2枚。

ベビーウィッチ・エミル

ベビーウィッチ・エミル
序盤の場を取る役割や、フィニッシュ時の打点の底上げになり、アグロデッキからの一方的なゲームメイクを阻止できるカード。
ナーフ後の《ルーンの貫き》でアグロデッキに追いつくことが難しくなったので採用。
こちらも入れすぎるとリソース不足になりえるので2枚。

魔力の蓄積

魔力の蓄積
《次元の超越》で勝つ際に最も重要なカード。
相手のデッキタイプによって《次元の魔女・ドロシー》に打つこともでき、手札に腐らせづらいので3枚採用。

ルーンの貫き

ルーンの貫き
ナーフによりかなり使いやすさは落ちてしまったものの、《次元の魔女・ドロシー》で勝つ際に詰める一手になりえる。
後攻で被るとあまり強くないので採用枚数は抑えて2枚。

ゲイザー

ゲイザー
《次元の魔女・ドロシー》の効果で引いてきて一番強いカード。
《次元の超越》で勝つ際にも、このカードの打点が頼もしく、《次元の魔女・ドロシー》で場を制圧する際に出したいカードなので3枚採用。

刃の魔術師

刃の魔術師
《次元の超越》での決め手は、このカード。
進化権が残っていると1枚で8点もの打点を生み出せる上に、《次元の魔女・ドロシー》で場を制圧する際に、相手の場のカードの除去にも使えるので3枚採用。

次元の超越

次元の超越
このデッキを作るに当たって一番採用枚数を考えたカード。
コントロールデッキ相手への明確な勝ち方なので3枚投入したいが、《次元の超越》で勝つ際は《次元の魔女・ドロシー》や《ゲイザー》、《古き魔術師・レヴィ》などでライフを削っていることが多く、【超越ウィッチ】を一枚しか使わないことが多いので2枚採用。

不採用カード

マーリン

マーリン
《次元の超越》で勝つには欲しいと思われがちだが、《次元の魔女・ドロシー》で基本的に勝つため、相性の悪い《マーリン》は必然的に不採用。

氷像の召喚

氷像の召喚
ナーフ前は天敵の【OTKエルフ】が多かったため入れていたが、【OTKエルフ】が居ない今は、入れる必要もないので不採用。

炎の握撃

炎の握撃
0コストまで下げれる上に、確定除去として《バハムート》や《サタンズサーヴァント》などドラゴンから出てきやすい高スタッツのカードに一貫して強いが、そのような高コストカードが出てきやすいコントロールデッキには元々相性がいいため不採用。

フレイムデストロイヤー

フレイムデストロイヤー
一枚で大きな打点を叩き出せる優秀なカードだが、スペル以外のカードが元々多く入っているため必要最低限のフォロワーのみ入れたため不採用。

対戦相手リーダー別マリガン基準とプレイ方針

対ロイヤル

ロイヤル・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《次元の魔女・ドロシー》
《知恵の光》か《ゴーレムの錬成》がある場合、《ベビーウィッチ・エミル》
後攻:《知恵の光》、《虹の輝き》、《ゴーレムの錬成》、《ウインドブラスト》、《古き魔術師・レヴィ》、《次元の魔女・ドロシー》
《知恵の光》か《ゴーレムの錬成》がある場合、《ベビーウィッチ・エミル》

Point:ロイヤルを相手にする際に重要なのは、ゲームテンポを取られて押し負けることがないようにすることが大切です。
《魔力の蓄積》や《運命の導き》など、事故要因になりえるカードは極力キープしないことがベスト。
《次元の魔女・ドロシー》を積極的に出していきましょう。

対エルフ

エルフ
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《次元の魔女・ドロシー》
《次元の魔女・ドロシー》がない場合、《運命の導き》
《次元の魔女・ドロシー》、《ゴーレムの錬成》がある場合、《魔力の蓄積》
後攻:《知恵の光》、《エンジェルスナイプ》、《マジックミサイル》、《ゴーレムの錬成》、《ウインドブラスト》、《古き魔術師・レヴィ》、《次元の魔女・ドロシー》

Point:先攻3ターン目4/5《エンシェントエルフ》はかなり脅威です。
後手では、しっかり返せるカードをキープします。
後攻での、《ゴーレムの錬成》は返し札がない場合キープしますが、優先度は低いです。
5、6ターン目に《次元の魔女・ドロシー》からの大量展開ができれば、相手の処理能力が追いつかずドロシープランで勝つことができるので、無理に超越は狙いません。

対ウィッチ

ウィッチ・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《運命の導き》、《次元の魔女・ドロシー》
《次元の魔女・ドロシー》がある場合、《魔力の蓄積》
後攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《魔力の蓄積》、《次元の魔女・ドロシー》

Point:【超越ウィッチ】が相手だとプレイがかなり難しいですが、序盤で場を制圧できれば押し切ることが可能なので、基本的には《次元の魔女・ドロシー》で勝とうとしてください。
【ドロシーウィッチ】相手だと、相手のリソース切れは見込めないので、なるべく早く《次元の魔女・ドロシー》を出すことを心掛けてください。

対ドラゴン

ドラゴン・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《運命の導き》、《次元の魔女・ドロシー》、《次元の超越》
《次元の魔女・ドロシー》か、《次元の超越》がある場合、《魔力の蓄積》
後攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《魔力の蓄積》、《次元の魔女・ドロシー》、《次元の超越》

Point:ドラゴン相手は、《次元の超越》で勝つのが一番安定した勝ち方になります。
相手の6ターン目までにリーサルが見えそうであれば、ガンガン攻めても大丈夫です。
基本的には有利マッチですが、《次元の魔女・ドロシー》を出すタイミングや、相手の《ドラゴンナイト・アイラ》を倒すタイミングを間違えると簡単に負けます。

対ビショップ

ビショップ・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《虹の輝き》、《運命の導き》、《次元の魔女・ドロシー》、《次元の超越》
《次元の魔女・ドロシー》か《次元の超越》がある場合、《魔力の蓄積》
後攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《虹の輝き》、《魔力の蓄積》、《次元の魔女・ドロシー》、《次元の超越》

Point:ビショップも、【疾走ビショップ】以外は《次元の超越》で簡単に勝てますが、最近増え始めえている【疾走ビショップ】に対しては、《虹の輝き》の発動タイミングと、《次元の魔女・ドロシー》での盤面制圧がキーとなってきます。
こちらも基本的には有利マッチになりますが、全体除去が強いクラスなのでむやみやたらと展開せず、ギリギリ相手の処理能力を超えさせるように立ち回ってください。

対ヴァンパイア

ヴァンパイア・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《次元の魔女・ドロシー》
《知恵の光》か《ゴーレムの錬成》がある場合、《ベビーウィッチ・エミル》
後攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《虹の輝き》、《ウインドブラスト》、《古き魔術師・レヴィ》、《次元の魔女・ドロシー》
《知恵の光》か《ゴーレムの錬成》か、《マジックミサイル》か《虹の輝き》がある場合、《ベビーウィッチ・エミル》

Point:【超越ウィッチ】の一番の天敵ともいえる【アグロヴァンパイア】ですが、完全な【ドロシーウィッチ】プランなら有利マッチになるので、ロイヤル同様テンポ負けするようなカードはキープせずに、常に場を制圧することを意識してください。
【コントロールヴァンパイア】相手の場合は、《次元の超越》での勝ち方が有効です。

対ネクロマンサー

ネクロマンサー・
先攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《運命の導き》、《次元の魔女・ドロシー》
《次元の魔女・ドロシー》がある場合、《魔力の蓄積》
後攻:《知恵の光》、《ゴーレムの錬成》、《マジックミサイル》、《虹の輝き》、《ウインドブラスト》、《魔力の蓄積》、《次元の魔女・ドロシー》

Point:ネクロマンサーはデッキタイプを読むことが難しいですが、コントロール相手でも7ターン目までにリーサルを取ることが意外と簡単にできるので無理に《次元の超越》で勝とうとしなくても大丈夫です。

デッキ使用上の注意点

結構勘違いしている人が多いですが、《次元の魔女・ドロシー》>>>《次元の超越》くらいの感覚でプレイすることが大切です。
《次元の魔女・ドロシー》で育っている《次元の超越》を切る思い切ったプレイも大事です。《次元の魔女・ドロシー》を出す際の《魔力の蓄積》や《知恵の光》は、デッキ切れの原因にもなりますのであまり打たない方がいいです。
次元の超越
基本的なプレイは、【ドロシーウィッチ】と変わらず、コントロールに対してだけ【超越ウィッチ】プランで勝つ感覚でプレイしてください。【超越ドロシーウィッチ】は扱うのが難しいですが、ゲームプランを自由に変えることができるのでやっていて楽しいです。しっかりと勝てるデッキでもあるので、ぜひ回していただきたいと思います。

『ドロシー超越ウィッチ(構築:ぬこおた)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

ぬこおた氏の配信コミュニティ

OPENREC配信

注目リンク

新カードパック「神々の騒嵐」評価ランキング(解説あり)
環境最強デッキ集(Tierランキング)アップデート対応版
リセマラランキング完全版
「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-シャドウバース(シャドバ)
-, , , ,