Shadowverse(シャドウバース) コンボエルフ

ナーフ対応版『OTKコンボエルフ(構築:レナス)』守護突破力アップ!高勝率デッキレシピ

     

シャドウバースデッキ攻略:『OTKコンボエルフ(構築:レナス)』

アプデ後環境の【OTKコンボエルフ】で13連勝するなど好成績を収めている、レナス(@renasuniconico)氏。
今回紹介するのは、13連勝レシピにさらに改良を加えた、最新版のデッキガイドになります。


lrOEGACY
IqApKrzz
▲さらに改良を加えたという、最新版のデッキレシピ



『OTKエルフ』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-02-28 16.15.43

 

スクリーンショット 2017-02-28 16.15.53

デッキコードを発行する



『OTKコンボエルフ(構築:レナス)』のデッキガイド

Point1:攻めのスペル

今回紹介する【OTKエルフ】は、《ミニゴブリンメイジ》のテキスト変更により、1コストフォロワーも絞った「よりテクニカルなデッキ」になっている。サーチ精度を上げるため、リノセウス以外のサーチ対象は、《ベビーエルフ・メイ》2枚に抑えてあるのも特徴だ。
1コストフォロワーを減らしたことにより、序盤の攻めで、《リノセウス》のキル圏内に体力を削ることが難しくなった。そこで注目されるのが、スペルで打点を稼げるカードたちである。

セルウィンの号令
セルウィンの号令
鷹爪が刻んだ傷は、狩人が狙う目印となる。
効果:飛翔する狩鳥1体を出す。
エンハンス 8; その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

ロイヤルの《ノーヴィストルーパー》と比べると、体力が1しかないのでトレードには向いていないが、攻めのデッキなので基本相手リーダーの体力を削るのに使っていこう。
激戦区の3コスト枠は、《ミニゴブリンメイジ》や《エンシェントエルフ》と競合してしまうが、それを差し引いても採用価値がある。
エンハンス効果もデッキと相性が良く、邪魔な守護を0コストの《グランドアーチャー・セルウィン》で剥がしたり、大型フォロワーの足止めに使ったりなど、テクニカルなカードとなっているぞ。

死の舞踏
死の舞踏
その舞踏に喝采は上がらない。
効果:相手のフォロワー1体を破壊する。
相手のリーダーに2ダメージ。

確定除去《死の舞踏》。
処理の難しい守護や大型フォロワーを倒すのに、一役買ってくれるのは周知の事実である。さらに大事なのは、相手リーダーに入る『2点』ダメージ。時間稼ぎをしつつ、致死圏内に近付けることができる。
ナーフ後は序盤の打点を削り切りにくくなったため、重要性が増しており、このデッキでも上限枚数の3枚採用となっている。

Point2:リノセウスと相性の良いスペル

1コストフォロワーを削減したため、デッキスペースが空いた枠に、デッキコンセプトを完遂しやすい《リノセウス》と相性のいいスペルが採用されることになった。

エンジェルスナイプ
エンジェルスナイプ
放たれた一矢は光となり、悪しき者の胸を貫く。
効果:相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。

1コストで、相手に打点を与えつつ、使用カードカウントを稼ぐことができるダメージスペル。
このカード最大のメリットは、『場の数や対象』に捉われずにいつでも使用できるといった点で、コストが余ってる時に、《リノセウス》の打点を伸ばすのにはぴったりのカードである。カードバリューとしては非常に低いカードだが、場を取るのが得意でなく、出せるダメージがこのデッキでは1ダメージもバカにできない。

翅の輝き
翅の輝き
森で道に迷った時には、まずは目を凝らしてみることだ。小さくも優しい森の民らが、きらきらと輝いているはずだから。
効果:カードを1枚引く。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、1枚ではなく2枚引く。

ドローソースである《翅の輝き》。
0コストカードが手に入りやすいこのデッキでは、効果を発動させやすいこと間違いなしだ。
さらに、確定サーチでなくなった《リノセウス》にアクセスしやすくなるといった観点でも、ドローカードは大切である。
上記であげた《エンジェルスナイプ》のような消費の激しいカードと比べても、相性抜群だ。

『OTKコンボエルフ(構築:レナス)』インタビュー

デッキ構築者である「レナス(@renasuniconico)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所について教えてください

長所

《ミニゴブリンメイジ》ナーフ前のOTKよりも、守護突破能力が上がっていると思われます。(《妖精のいたずら》、《セルウィンの号令》、《森の意志》など)

短所

1コストフォロワーが《ベビーエルフ・メイ》しかないので、序盤の展開が速いデッキ(【テンポエルフ】、【アグロネクロ】、【アグロヴァンパイア】など)には厳しい試合となってしまう。

こだわりポイントを教えてください

現在あまり環境が安定しておらず、《ミニゴブリンメイジ》がナーフされたことで、【OTKエルフ】への対策が薄れているデッキが多いです。 
そこで、逆に【OTKエルフ】でいってみたらどうなるかと思い、使用してみたところ勝てました!

キーカードの採用、不採用理由について教えてください

セルウィンの号令

序盤の低コストフォロワーがナーフ前より少なくなっていますので、序盤での打点を出すために採用することになりました
また、8コストで使うことによって、《グランドアーチャー・セルウィン》を0コストで手に入れることができますので、そちらを守護突破などに用いることもできます。

不採用カード
ウォーターフェアリー、ゴブリンなどの低コストカード

ナーフされたことにより、《ミニゴブリンメイジ》での《リノセウス》サーチ確率をあげるために、不採用となりました。

『OTKエルフ(構築:レナス)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。

OPENREC シャドバ道場「師範」
「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など

Twitter:@syakasyakamax


「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), コンボエルフ
-, , , ,