▲『星神の伝説』新カード評価ランキングはコチラ!

シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki

【シャドウバース】「神々の騒嵐」新カード(全104枚)評価ランキング【Tempest of the Gods 】

この記事を友人に広める

2017/04/28

     

【シャドウバース】「神々の騒嵐」新カード(全104枚)評価ランキング【Tempest of the Gods 】

神々の騒嵐
シャドウバース(シャドバ)の新カードパック「神々の騒嵐/Tempest of the Gods」で登場する、カードの能力、評価ランク、使用法をまとめた攻略ページです。デッキ構築時の参考にどうぞ!

公式PV



「神々の騒嵐」試作デッキ

『神々の騒嵐』新カードの攻略ガイド一覧

評価基準

評価:S

ほとんどのデッキタイプで、優先的な採用が考えられる。
デッキの軸になり得るパワーカード。
(例:リノセウス)

評価:A

特定のデッキで強力なカード。
デッキの軸にはならないが、ほぼ全てのデッキに採用され得る、使いやすいカード。
(例:フェアリーウィスパラー)

評価:B

可もなく不可もなく。
一部のデッキで重宝されるなど、「縁の下の力持ち」と言えるカード。
(例:フェアリービースト)

評価:C

優先度は低め。
一部のデッキに採用される可能性のあるカード。
(例:エルフバード)

評価:D

構築戦ではあまり見かけることのないカード。
しかし、往々にして化けるカードはから見つかる。
(例:エルフの弓術)

評価基準は「デッキに採用されるかどうか」という点を重視しているため、カードプールに競合カードが存在する場合、相対的に評価を下げています。

目次

『神々の騒嵐』ニュートラルの新カード

レジェンドレア(ニュートラル)

カード名 効果
【疾走】【必殺】【守護】
ゼウス 評価:
解説:疾走、守護、必殺と、能力の宝石箱のような全知全能の神。
疾走持ちな上に体力も非常に高く、守護としての役割も果たすため、攻防一体の大型フィニッシャーと言える。
10コストと重いカードにしては効果が地味なので、ドラゴンの《ジェネシスドラゴン》枠での採用が現実的か。
《ゼウス》を使ったデッキ
▶︎ランプドラゴン
ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
イスラーフィール 評価:
解説:体力回復は、《ルシフェル》のように対戦相手のリーサルから逃れつつ、大型フォロワーでプレッシャーをかける使い方が有効。
強力なのが攻撃時の「AoE効果」で、《サハクィエル》と組み合わせることで、相手盤面を一掃可能。
コストが重いため、【ランプドラゴン】と相性が良い。
《イスラーフィール》を使ったデッキ
▶︎ランプドラゴン

ゴールドレア(ニュートラル)

カード名 効果
守護  【エンハンス】:10【ファンファーレ】相手のリーダーとフォロワー全てに、1ダメージを4回与える。
風の軍神・グリームニル 評価:
解説:3/2/3守護というだけで優秀なステータス。様々なリーダーでの採用が予想される。
エンハンス効果はとてもユニークで、「1ダメージを4回」に分けて与えるものになっている。《教会の護り手》にはダメージを与えることができない。《竜爪の首飾り》を使えばダメージが倍の8点になる。
《風の軍神・グリームニル》を使ったデッキ
▶︎ランプドラゴン
【ファンファーレ】攻撃済み状態の自分のほかのフォロワー1体を、攻撃していない状態にした上、体力を上限まで回復する。
癒しの奏者・アンリエット 評価:
解説:7コストと重いが、場のフォロワーを「アンタップ」できるので2度攻撃が可能となる。疾走2回攻撃コンボに必要な《ウルズ》のコストを重くした代わりに、どんなフォロワーでも対象に取れるようになったのがメリット。体力が全回復するので、盤面の取り合いでも活躍させることができるぞ。
《癒しの奏者・アンリエット》を使ったデッキ
▶︎秘術ウィッチ
能力:【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【進化時】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
激震のオーガ 評価:
解説:ファンファーレ効果と進化時にそれぞれ3ダメージを振りまくことができる強力な効果を持った大型フォロワー。
盤面をとってもよし、相手リーダーに打ち込んでダメージソースにしてもよしと非常に使い勝手が良い。
コストが重いので基本的にはドラゴンでの採用が検討されるだろう。

シルバーレア(ニュートラル)

カード名 効果
進化時、お互いのリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることはできない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れる時、失われる。
彷徨の詩人・エルタ 評価:
解説:ファンファーレを持つカードは汎用性が高く、様々なタイプのデッキに採用されている。
デッキ構築次第では、一方的に能力を封じて優位に立てる可能性がある。また応用として、デメリットのあるファンファーレ能力を相殺することもできる。(骸の王、ソウルディーラーなど)
プレイするとき、デッキに20枚以上のニュートラルカードが残っている場合、自分自身に+2/+2する。

均衡の大梟 評価:
解説:ニュートラルを多く含んだデッキでは2コスト分得したステータスで繰り出すことができる。
ニュートラルのカードは基本的にクラス専用カードより弱く、専用デッキを組もうとするとどうしてもデッキパワーが下がるため評価は低い。
2Pickでは標準ステータス以下で効果も発動できない外れカード枠。
《均衡の大梟》を使ったデッキ
▶︎ニュートラルランプドラゴン
【ファンファーレ】《ゴブリン》2体を出す。【ラストワード】守護5/5の《ゴブリンキング》1枚を手札に加える。

ゴブリンプリンセス 評価:
解説:展開としては《海底都市王・乙姫》に劣るが、1コスト早くできる点がメリット。
5コストとしては、コスト以下のパフォーマンスしかできない点は注意しよう。
しかし、ラストワード効果を発動できれば話は別。6コスト並みの性能を持った4コストの《ゴブリンキング》が手に入るので、対戦相手にコストを踏み押した強力な展開を押し付けることができる。
▶︎幻のレアカード『ゴブリンキング』の実態に迫る!
《ゴブリンプリンセス》を使ったデッキ
▶︎アグロネクロ
守護
ゴブリンキング 評価:-
解説:《ゴブリンプリンセス》のラストワードで出現するトークン
▶︎謎に包まれた《ゴブリンキング》の生態に迫る
7コスト以上のフォロワーをプレイするとき、このアミュレットを破壊する。
【ラストワード】《インペリアルマンモス》を場に出す。

凍りづけの巨象 評価:
解説:7コスト以上のカードを出した時に破壊し、大型フォロワーの《インペリアルマンモス》を登場させるカウントダウンアミュレットのようなカード。
《骸の王》、《次元の魔女・ドロシー》、【ランプドラゴンデッキ】など、7コストのフォロワーを早出しできるデッキでの活躍も見込める。
決まった時の動きはゲームを決めるレベルに強力で難易度もそこまで高くなく、ニュートラルなのも評価ポイント。
《凍づけの巨象》を使ったデッキ
▶︎骸の王マンモスネクロ

ブロンズレア(ニュートラル)

カード名 効果
ファンファーレ 自分の他のニュートラル・フォロワー1体の攻撃力を+1する。

ワイズマーマン 評価:
解説:アグロデッキ向けのカード。
優秀な効果を持ったニュートラルの低コストフォロワーも増えてきたので、アグロデッキなどに採用される可能性も。
1ターン目《ゴブリン》2ターン目《ワイズマーマン》2体の最速ムーブはなかなか驚異的。
【交戦時】 交戦する相手のフォロワーの攻撃力が1なら、そのフォロワーを破壊する。

オウルキャット 評価:
解説:攻撃力1のフォロワーと戦闘した場合、一方的に倒すことがきる。
エルフなどを相手に、攻撃力1のフォロワーが大量に並ぶ盤面に対して真価を発揮する。
【ファンファーレ】エンハンス6;+3/+3する。

アックスファイター 評価:
解説:3コストとしても6コストとしても標準ステータスとして使える汎用性の高いカード。
しかし、それ以外の効果がなく、2Pickなどでしか使いにくい。
コンセプトデッキでニュートラルの穴埋め要員として採用されるかもしれない。
カウントダウン:2
このアミュレットが場にある限り、お互いのフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては、相手の場に攻撃できるフォロワーがいるならリーダーを攻撃できない。

力比べ 評価:
解説:強力なロックカード。相手のみに及ぼす全体除去を持っているビショップやドラゴンの時間稼ぎカードとして相性が良いかもしれない。OTKエルフでの採用や、
《ヘブンリーイージス》が除去の影響を受けないことを利用して《力比べ》でロックしておき、《テミスの審判》で場を流してから攻撃するコンボなどが考えられる。
《力比べ》を使ったデッキ
▶︎ジンジャーウィッチ

『神々の騒嵐』エルフの新カード

レジェンドレア(エルフ)

カード名 効果
ファンファーレ 自分のリーダーを“自分の墓場の枚数”と同じだけ回復して、自分の墓場を0にする。

エルフクイーン 評価:
解説:体力を全回復させることも可能なエルフの女王。墓場を消費してしまうので、【冥府エルフ】との相性は未知数か。アグロデッキなど相手には、7ターン目まで持たせれば1枚でゲームを崩壊させることも可能なポテンシャルを秘めたカード。
《エルフクイーン》を使用したデッキ
▶︎白狼白銀エルフ
【攻撃時】相手のリーダーに攻撃したなら、相手のリーダーの体力が0になるようにダメージを与える。

深き森の異形 評価:
解説:《封印されし熾天使》と同じく、特定の条件を満たすことで「特殊勝利」をもたらすカード。守護を並べることで対処自体は可能。
このカード自体がカードプールに存在することで、エルフ相手に8ターン目以降「確定除去」を残す必要性が生じるなど、抑止力になることが最大の強み。
《深き森の異形》を使用したデッキ
▶︎異形コンシードエルフ

ゴールドレア(エルフ)

カード名 効果
自分がカードをプレイするたび、自分のほかの手札にフェアリーが0枚なら、フェアリー1枚を手札に加える

フェアリーケージ 評価:
解説:4コストと大きくテンポロスをしてしまうので使いにくいのは、修正後の《収穫祭》からも明確。
貼れたとしてもせいぜい毎ターン加えられるものは状況を1枚で変えれるようなカードではなく《フェアリー》。
しかも毎ターン加えられるの期待枚数としてもそこまで多くないので、他のカードで良いだろう。
2Pickでは活躍する可能性も。
守護  エンハンス10;《ジャングルの守護者》1体を出す。
その後、自分の《ジャングルの守護者》すべては疾走を持つ。

ジャングルの守護者 評価:
解説:10コストをフルに使うエンハンス効果が強力で、守護、疾走付きの「4/5」フォロワーを2体同時に繰り出すことができる。
5コストとして時間稼ぎの守護として使いながら、10コストでは1枚でゲームをひっくり返すパワーカードになる強力な1枚。
守護 ファンファーレ 自分のリーダーを3回復。エンハンス 8; その後、自分のEPを1回復。

クリスタリア・エリン 評価:
解説:《フェアリービースト》がライバルとも言える防御的なカード。大量回復はできないが、守護を持っている分「盤面に干渉」しやすく、互いにメリットが存在する。
エンハンス効果でEPを増やすことができるのは、【OTKエルフ】などで、打点上昇させたいときに欲しい効果だ。
《クリスタリア・エリン》を使ったデッキ
▶︎OTKエルフ

シルバーレア(エルフ)

カード名 効果
【進化時】このターン中にカードを3枚以上プレイしていたら、攻撃力と体力を+2する。

小さな勇士・スクナ 評価:
解説:コンボ効果により、ステータスを倍化できる。条件を満たすために、効果が発揮できるターンは遅くなるため、《クリスタリアプリンセス・ティア》などが比較対象になるか。
守護 自分が元のコスト6以上のエルフ・フォロワーをプレイするたび、このカードのコストを-3する。

エルフの執事・ヴィスト 評価:
解説:6コスト以上のエルフのカードを出すことで大幅にコストゲインできる強力な守りのカード。《古き森の白狼》などと相性抜群で一緒にプレイすることで、隙をなくすことができる。《フェアリービースト》などと組み合わせて使用できれば、アグロデッキを完膚なきまでに叩きのめせるだろう。
能力:交戦時 相手のリーダーに2ダメージ。
勇猛なるドワーフ 評価:
解説:交戦時のダメージ効果持った非常にアグレッシブなフォロワー。
6コストで効果がそれだけですぐに盤面に干渉することもできないので構築戦では使われないだろう。
【カウントダウン】 2
相手のターンに、相手のフォロワーが自分のリーダーに攻撃するとき、そのフォロワーに2ダメージ。

人喰いの庭 評価:
解説:自分の身を守るカードとして使うことができるが、相手依存のため有効に活躍させることは難しいか。
試合終盤にプレイし、相手の疾走フォロワーを止める動きに使うことができる。

ブロンズレア(エルフ)

カード名 効果
交戦時 交戦する相手のフォロワーを-1/-0する。

ドリアード 評価:
解説:攻撃力を変動させる効果は希少価値が高いが、効果自体が地味なので戦略に組み込むのは難しい。新カードの《ヘヴンリー・イージス》に複数回ブツけたいところであるが、現実的ではなく、創意工夫が必要になる。相手の攻撃力を毎回下げるので、実質的に「体力が1多いフォロワー」と評価することもできる。
自分のターン終了時、自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。

キュベレー 評価:
解説:《風神》の体力版のようなカード。
《フェアリー》などの体力を2にするだけで様々な全体除去に強くなるのは心強い。
本体のステータスが低いので使いにくいカードではある。
ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、
+1/+1して、疾走を持つ。
ビートルウォーリアー 評価:
解説:条件を満たして進化させれば、ステータス5/6の疾走フォロワーとなり、《レヴィオンセイバー・アルベール》のような活躍が期待できる。
アグレッシブに動く【OTKコンボエルフ】や【アグロエルフ】では、リノセウス以外のフィニッシャーとして採用されるだろう。
能力:相手のフォロワー1体に3ダメージ。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーに2ダメージ。
蔦の魔弾 評価:
解説:エルフ版の《ルーンの貫き》のようなカードだが、コスト3だとテンポロスが若干気になる。ウィッチではスペルブーストも相まってより強力であったが、追加条件も含めて使いにくい。
【アグロエルフ】のようなアグレッシブなデッキや、【OTKエルフ】での体力調整に使われるかもしれない。

『神々の騒嵐』ロイヤルの新カード

レジェンドレア(ロイヤル)

カード名 効果
ファンファーレ エンハンス 6; +1/+1して、突進 を持つ。
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。

円卓の騎士・ガウェイン 評価:
解説:標準ステータスに加え、攻撃のたびに手札の指揮官のコストを下げる兵士フォロワー。
ウィッチでいう《マーリン》のような効果であり、対戦相手からすると放置できないカードとなる。
エンハンス効果も進化を使わず場を取れて、さらに効果を発揮できるのが○。進化を使って4ターン目に攻撃すれば、後攻時の5ターン目に《海底都市王・乙姫》を繰り出すことができる。
《円卓の騎士・ガウェイン》を使ったデッキ
▶︎ミッドレンジロイヤル
守護
ファンファーレ 自分の場にアミュレット《不滅の聖剣・デュランダル》がないなら、
《不滅の聖剣・デュランダル》ひとつを場に出す。

不滅の英雄・ローラン 評価:
解説:超防御型フォロワー。
自身が体力5の守護なので、スペルやフォロワーによる一撃を凌ぎやすいのは魅力的。
《黙示録》などの全体ダメージを抑制したり、《フレイムデストロイヤー》のダメージを軽減するなど、コントロールロイヤルが苦手とするデッキへのメタカードとしての活躍できそうだ。
《不滅の英雄・ローラン》を使用したデッキ
▶︎ミッドレンジロイヤル
コスト7 アミュレット
自分のリーダーと、自分のフォロワーすべてへの
「相手のフォロワー、スペル、アミュレットが与える5以上のダメージ」が、すべて4ダメージになる。
(攻撃による5以上のダメージも、能力による5以上のダメージもすべて4になる)

不滅の聖剣・デュランダル 評価:-
解説:《不滅の英雄・ローラン》から出現する「トークン」。

ゴールドレア(ロイヤル)

カード名 効果
【ファンファーレ】
自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持つ。
この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
キャプテン・リーシャ 評価:
解説:《エルフの少女・リザ》のようなカード。場から離れてしまうと効果を失う点には注意。指揮官なので、《円卓の騎士・ガウェイン》と組み合わせて一気に展開し、全体除去耐性をつける使い方は、強力無比である。
▶︎
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+2/+2する。自分の兵士・フォロワーすべては守護 を持つ。
キャプテン・ヴァルフリート 評価:
解説:指揮官属性。強化版《セージコマンダー》。「守護」を持たせることができるので、しっかりと盤面を構築している状態でプレイできれば、強固な場を構築することができるだろう。
8コストと重いのは△。
▶︎
自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるなら
ランダムな相手フォロワー1体に、いないなら相手リーダーに「その指揮官・フォロワーの
攻撃力の値」と同じダメージ。
援護射撃 評価:
解説:進化なしで場を取るのに貢献する。場にフォロワーがいなければ、相手リーダーに直接ダメージが飛ぶので、【超越ウィッチ】などを相手にする際は、全ての指揮官フォロワーをまさに「援護射撃」にすることが可能。重いコストに見合った性能を持つ強力なアミュレットだ。

《援護射撃》を使用したデッキ
▶︎コントロールロイヤル

シルバーレア(ロイヤル)

カード名 効果
5コスト 2/3 フォロワー
【進化前】【ファンファーレ】 《ルミナスナイト》1体を出す。
このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。

【進化後】このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。
※《ティターニアの妖精郷》と同様に1ターンに1体しか進化できない。

ルミナスメイジ 評価:
解説:第二の効果が特に強力で、放置できないフォロワーとなる。自身や場に出した《ルミナスナイト》も指揮官なので、出したターンはEPを消費せずに場に干渉することも可能。問題は、ロイヤルの5コスト指揮官枠は、《レヴィオンセイバー・アルベール》に《ロイヤルセイバー・オーレリア》など超激戦区であることだ。
能力:【ファンファーレ】【突進】【守護】【必殺】の中から、ランダムに1つを持つ。
ジョリー・ロジャー 評価:
解説:ランダム効果は不確定だが、突進と守護は場にすぐに干渉できるため嬉しい。
しかしそれだけでは構築戦で使用する6コストフォロワーとしては物足りない。
2Pickでは単体で仕事をしやすいので使いやすいだろう。
能力:【潜伏】【必殺】
シャドウアサシン 評価:
解説:潜伏必殺なので、2ターンかけて相手の大型フォロワーを仕留めるのには役立つ。
潜伏ロイヤルなどの潜伏要員としての採用にはなるが、他にも優秀な4コストフォロワーの多いロイヤルでは使われにくい。
能力:自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、それを+1/+1する。
ルミナス騎士団の旗印 評価:
解説:《王家の御旗》と違い、体力が上昇するのは嬉しい。
コストも3と軽いが、指揮官フォロワーにはコストが重いものが多いのがネック。
新カードの《ルミナスメイジ》や、《円卓の騎士・ガウェイン》を利用して指揮官フォロワーを複数展開していこう。

ブロンズレア(ロイヤル)

カード名 効果
兵士 【ファンファーレ】エンハンス6;+3/+3して、【守護】を持つ。

ネイビーガード・シモーヌ 評価:
解説:エンハンスで6コスト守護として使えるので、マナカーブを整える時に便利。
《アドバンスブレーダー》などで加えた際に2コスト6コストで選べるのが使いやすい。
▶︎
タイプ:兵士 自分のターン終了時、【潜伏】 を持つ。

旅ガエル 評価:
解説:毎ターンの終了時に「潜伏」を得るので、こちらから相打ちにしない限りはほぼずっと盤面に残るカードとなる。
しかしながらステータスが低いため、上手く活用することは難しいか。《盗賊の極意》を後からセットすることで毎ターンステータスを上げながら攻撃することも可能になるかもしれない。
ファンファーレ 自分の場に指揮官・フォロワーがいるなら、「ラストワード 円卓の騎士・トリスタン1体を出す」を持つ。

円卓の騎士・トリスタン 評価:
解説:効果を発揮できれば、復活のラストワード効果を持つ。
しかし、ロイヤルの5コスト枠は激戦区。《レヴィオンセイバー・アルベール》、《ロイヤルセイバー・オーレリア》と超強力な効果を持ったカードが多いので、構築戦での採用は難しいかもしれない。発動条件に「指揮官」が必要なのため、バフ警戒で「兵士」を優先処理しようとした相手の意表を突ける可能性はある。
▶︎
カウントダウン 3
自分のターン終了時、手札からコスト最大のカードをランダムに1枚捨てる。カードを1枚引く。

大掃除 評価:
解説:ドラゴンのディスカード要素とは逆に、コストの重いカードから捨てて行くドローサイクルカード。
序盤にかさ張った重いカードを入れ替えるのに活躍する。
【冥府ロイヤル】の墓場肥やし枠としての採用も!?
▶︎

『神々の騒嵐』ウィッチの新カード

レジェンドレア(ウィッチ)

カード名 効果
相手の能力で選択できない。
【ファンファーレ】自分の手札の土の印・アミュレットをすべて捨て、
捨てた土の印・アミュレット1枚につき+2/+2する。

魔導の巨兵 評価:
《太古の森神》に比べて除去耐性があるので、対戦相手としては非常に厄介でゲームを決めるパワーを持っている。
使いたいアミュレットを捨ててしまう可能性がある点には注意が必要。

《魔導の巨兵》を使用したデッキ
▶︎秘術ウィッチ
9コスト 4/4 フォロワー
【ファンファーレ】ターン終了まで、自分の手札のフォロワーすべてのコストを0にする。ターン終了まで、自分のリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。ターン終了まで、自分のフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては、相手リーダーを攻撃不能。

言霊使い・ジンジャー 評価:
解説:ハンドにある全フォロワーを「ファンファーレ効果なし」で召喚できる、ド派手な効果を持ったフィニッシャー。ファンファーレ効果を打ち消すため、理論上は《バハムート》を2体以上並べることも可能。
▶︎ジンジャーウィッチ

ゴールドレア(ウィッチ)

カード名 効果
【ファンファーレ】自分と相手はカードを手札が7枚になるまで引く。

マジカルガール・メルヴィ 評価:
解説:お互いの手札を一気に7枚まで増やす強力なドロー効果を持ったカード。
【ドロシーウィッチ】のような手札を使い切りやすいデッキでは使いやすい。
対戦相手のサポートもしてしまう諸刃の剣でもある。
ファンファーレ 《ドラゴン》を1体出す
【土の秘術】 代わりに《突風のドラゴン》を1体出す
竜識の老魔導士 評価:
解説:8コストと重く、通常に展開では《メイルシュトロームサーペント》
土の秘術を使えば5点の疾走フォロワーを出せるが、【秘術ウィッチ】のコンセプトと効果があまりマッチしにくい。
既存のウィッチのデッキでは採用したいデッキも見当たらないため評価は低め。
相手のフォロワーすべてを、1/1 の《燃えネズミ》に変身させる。

変異の雷撃 評価:
解説:《冬の女王の気まぐれ》に似た効果を持つカードだが、さらに様々な使い道が予想される。
相手フォロワー弱体化は勿論、【ドロシーウィッチ】で場を取られたときに、相手フォロワーを全て《燃えネズミ》に変えて直接バーンが可能になるなど、攻守共に優れたカード。
▶︎
自分のターン開始時、お互いのリーダーに1ダメージ。
燃えネズミ 評価:-
解説:《変異の雷撃》から「出現トークン」。
▶︎

シルバーレア(ウィッチ)

カード名 効果
ラストワード 土の秘術 《幻惑の奇術師》を場に出す。

幻惑の奇術師 評価:
解説:土の秘術によるラストワードで、自分自身を場に出すことができる。
《ドワーフアルケミスト》や《クラフトウォーロック》などの手軽に土の印が手に入るカードと組み合わせて盤面を取るのに活躍する。消費が激しいので、他の土の秘術カードとの兼ね合いがポイント。
ファンファーレ スペルブーストを持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

学院の新入生・ルゥ 評価:
解説:ウィッチ版《メイドリーダー》。《マーリン》と比べると、手札に加えられる枚数は少ないが、《次元の魔女・ドロシー》や《フレイムデストロイヤー》もサーチ対象になる。
スペルブーストを基軸に戦う【ドロシーウィッチ】や【超越ウィッチ】での採用も検討されるだろう。
▶︎
【ファンファーレ】 相手のフォロワー1体に4ダメージ。スペルブースト コスト-1

キマイラ 評価:
解説:《ドレッドドラゴン》と同等のステータスなので、コストを2下げることに成功すれば妥当なカードに。コストダウンするに連れ、より強力なカードとなっていくだろう。
盤面を取って戦うタイプのデッキに使われる可能性が高い。
▶︎
自分のフォロワー1体を+2/+2する。スペルブースト コスト-1

魔法剣 評価:
解説:武装強化と同じ効果を持ったバフカードだが、スペルブーストで下がるとはいえ、コストが重く使いにくい。
【超越ウィッチ】に入れるとしても使いにくく、現状採用先が難しいカード。

ブロンズレア(ウィッチ)

カード名 効果
ファンファーレ 自分のフォロワーすべての体力を1回復。
スペルブースト 回復量に+1。

キラキラヒーラー 評価:
解説:フォロワーの体力を回復させる能力は現状あまり活躍しておらず、構築戦での採用は難しいか。標準以上のステータスがあるため、2Pickでは一定の活躍を見込める。
▶︎
【ファンファーレ】
土の秘術
+1/+1して、潜伏を持つ。
夜の魔術師 評価:
土の秘術により潜伏を得て、バフ効果もあるため、打点を稼ぐのにも有利トレードをするのにももってこい。
新しく追加された《魔導の巨兵》と合わせて【アグロ秘術ウィッチ】の可能性を感じさせてくれる1枚。
【ファンファーレ】【土の秘術】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ

天輪のゴーレム 評価:
解説:秘術を行使することで、盤面にダメージを振ることができるフォロワー。
【秘術ウィッチ】の4コストとしては《デュアルウィッチ・レミラミ》と選択となるが、進化を使わずに場に干渉できるのは高評価。
▶︎
【カウントダウン】2
自分のターン終了時、スペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

魔法図書館 評価:
解説:2ターンかけて2枚のスペルをサーチすることができるアミュレット。
手札に加わるタイミングはターン終了時なので、即時的な効果はないが、アドバンテージを稼ぐのに活躍する。
スペルブーストができないので、【超越ウィッチ】などに採用される場合、枚数が抑えられたりするだろう。
《虹の輝き》で使い回したりする使い方も覚えておこう。
▶︎

『神々の騒嵐』ドラゴンの新カード

レジェンドレア(ドラゴン)

カード名 効果
【ファンファーレ】このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目を含む)なら、自分のPP最大値を+1する。
覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。

水竜神の巫女 評価:
解説:ドラゴン待望の「進化権を消費しない」PP加速持ちフォロワー。加速しながら「覚醒」することで体力を回復するができるので、アグロデッキ相手でも《サハクィエル》+《ルシフェル》コンボがより間に合いやすくなるだろう。加速して5PPに達した場合、加速効果が発動しないので注意しよう。
《水竜神の巫女》を使用したデッキ
▶︎ランプドラゴン
ファンファーレ 相手リーダーまたはフォロワー1体に3ダメージを与える。
【ラストワード】 自分のリーダーの体力を3回復する。《ウロボロス》を1枚手札に加える。

ウロボロス 評価:
解説:非常に高い攻撃力をもっているので対戦相手にかけるプレッシャーは大きい。
ファンファーレとラストワードでダメージ、体力の回復を同時に行えるので隙もできにくい。
破壊されたときに手札に戻る効果はコントロールデッキに対して効果的。
10コストで《風読みの少年・ゼル》と合わせてのファンフーレ効果も合わせての11点を叩き込むコンボも。
《ウロボロス》を使用したデッキ
▶︎ランプドラゴン

ゴールドレア(ドラゴン)

カード名 効果
守護
自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1する。

ラハブ 評価:
解説:同コスト帯の《グリムリーパー》と比較して、覚醒なしで守護が張れるのはメリット。
放置しておくとステータスを大きく伸ばす時もあるので、対戦相手としても放置はできない。
【ランプドラゴン】での採用候補。
▶︎
【疾走】【ファンファーレ】 お互いの場にいる他のフォロワーの数だけ、+1/+0する。

不死鳥の乗り手・アイナ 評価:
解説:最大で9も攻撃力が上昇する。
大きく攻撃力を上げるためには、互いの場にフォロワーが存在しないといけない。
ドラゴン自体はフォロワーを大量展開することが現状難しいため、どうしても相手フォロワーに依存することになると思われる。
トドメの一撃にも使える、除去フォロワーとして使う可能性が、現状のカードプールだと高いだろう。尚、ファンファーレ効果なので、ウルズを使うと上昇した攻撃力が下がる。
▶︎
能力:手札をすべて捨てる。
お互いのフォロワーすべてに5ダメージ。
竜殺しの代償 評価:
解説:【ディスカードドラゴン】の強力なAoE。《竜巫女の儀式》を貼っておけば、手札を減らさずに使用できるのは超強力。
【竜巫女OTKドラゴン】への1枚挿しなどが考えられる。
《竜殺しの代償》を使用したデッキ
▶︎試作デッキ16:『ディスカードドラゴン』ボードアドバンテージに特化した新タイプ

シルバーレア(ドラゴン)

カード名 効果
【進化時】覚醒状態なら、自分の他フォロワー1体は【疾走】を持つ。

風読みの少年・ゼル 評価:
解説:大型フォロワーに疾走をつけることができる、夢のような効果を持ったカード。
《騎竜兵》などを絡めてコストを下げておけば、7コストで《サハクィエル》から繰り出した《バハムート》を疾走させたり、10コストで《バハムート》で場を一掃してから13点を叩き込むなどといった使い方が可能だ。
進化時効果なので、EPを大事に扱うプレイも心がけよう。
《風読みの少年・ゼル》を使用したデッキ
▶︎ランプドラゴン
【ファンファーレ】他のフォロワーすべてに1ダメージ。
エンハンス 8; 1ダメージではなく3ダメージ。

ラースドレイク 評価:
解説:支払ったコストに応じて全体除去の性能が変化するフォロワー。5コストで使う際は、エルフやヴァンパイアに、8コストで使う際はそれ以外の相手にも大きく活躍する。《サラマンダーブレス》などと合わせて全体除去が多くなるのは、【ランプドラゴン】にとっても追い風か。
自分のターン終了時、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。+2/+2する。

邪毒の紫竜 評価:
解説:ターンごとに巨大化していくフォロワー。
手札は消費していくものの、2/2分の上昇値というのは実質2コスト分のステータス上昇であるので、手札を1枚捨てて2コスト分軽く出せる《インペリアルマンモス》と考えると、場に及ぼす影響は大きい。放置しにくいカードなので、擬似的な守護扱いとしても活用可。
《邪毒の紫竜》を使用したデッキ
▶︎ディスカードドラゴン
能力:相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。
エンハンス10;相手のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを消滅させる。
ライトニングブラスト 評価:
解説:コストが1重くなった代わりに消滅効果になった《エクスキューション》。ドラゴンはPP加速ができるため単体除去としても使いやすい。
エンハンス効果での最高クラスのAoEとなり、使用頻度は高いだろう。
《ライトニングブラスト》を使用したデッキ
▶︎ランプドラゴン

ブロンズレア(ドラゴン)

カード名 効果
【必殺】 【ファンファーレ】 覚醒状態なら【疾走】 を持つ。

大鎌の竜騎 評価:
解説:必殺を持っているため、どんな相手でも一撃で倒すことができる。自身の効果で疾走を手に入れることが可能なので、後半は3コストの除去札として機能させれば強力。ドラゴンの3コストは他に優秀なものも多いが、採用の余地は十分。
▶︎
ファンファーレ 《オルカ》1体を出す。

アクアネレイド 評価:
解説:ヴァンパイアの《キラーデビル》のようなカードである。《フォレストバット》のように
《オルカ》のサポートカードが増えれば、自然と価値も上がってくるだろう。
【フェイスドラゴン】では展開サポート、【冥府ドラゴン】では待望の外部リソースカードとしての役割も。
▶︎
進化後7/7

ヒッポカムポス 評価:
解説:進化するとステータスを急上昇させる代わりに、守護が外れる。
通常時は守護を持っているため、ステータスが低めに設定されている。
▶︎
1コスト アミュレット
覚醒状態なら、自分のターン開始時、自分のリーダーの体力を2回復して、カードを1枚引き
このアミュレットを破壊する。

ドラゴンの卵 評価:
解説:引ける枚数が1枚なので、アドバンテージを稼ぐことはできないが、余ったコストを有効活用可能。
序盤に貼っておくことで、体力回復できるのも◎。
▶︎

『神々の騒嵐』ネクロマンサーの新カード

レジェンドレア(ネクロマンサー)

カード名 効果
【ファンファーレ】 ネクロマンスで消費する「墓場が0」になる。この効果は、このカードがフィールドを離れたら失われる。

魂の番人ミント 評価:
解説:場に存在することで、強力なネクロマンス効果を無償で使うことができるサポーター。
《デスタイラント》《死霊の手》がそれに該当する。
相手からしたら場に残したくないカードなので、擬似的な守護フォロワーとしても機能する。また、ファンファーレ効果なので、《ウルズ》を当てれば、能力を打ち消すことができる。
【ファンファーレ】場が上限枚数になるまで“【ネクロマンス】 3:ゾンビ1体を出す”をくり返す。その後、ターン終了まで自分のほかのフォロワーすべては攻撃力が+2されて、【突進】を持つ

魔将軍・ヘクター 評価:
解説:大量のネクロマンス消費で、場をゾンビで埋め尽くすことができる、ネクロマンサー版《海底都市王・乙姫》。
全てのフォロワーが攻撃力を上昇させて突進を持つので、1枚で相手の場を一掃しつつ、強力な盤面を構築することができる。
1枚で「乙姫セージ」を完結させているようなパワーカードのため、構築次第ではネクロマンサーの大幅強化に直結する可能性を秘めている。

▶︎アグロネクロ

ゴールドレア(ネクロマンサー)

カード名 効果
【ネクロマンス】4:相手の進化後フォロワー1体を破壊する。

破魂の少女 評価:
解説:ネクロマンス4の消費は重いが、問答無用に進化フォロワーを破壊できるファンファーレ効果は強力。
2コスト枠はデッキによって採用がかなり変わり、その選択肢となる1枚。
ネクロマンスをあまり消費しないデッキや【アグロネクロ】で進化守護を倒すのに役立つだろう。
7コスト 4/5 フォロワー
【ファンファーレ】《ワイト》を2体出す。
【ラストワード】《ワイトキング》1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

不死の大王 評価:
解説:2体の《ワイト》を出すことができる効果は、不死の大王が5コスト相当なので場に合計9コスト分のフォロワーを展開できるパワーカード。
加えてラストワード効果での《ワイトキング》は、0コストでサーチできるので、次のターン以降の動きも保証される。
ネクロマンサーの7コストカードは《魔将軍・ヘクター》、《蝿の王》、《冥守の戦士・カムラ》とどれも超強力なのでデッキタイプによって採用が分かれる1枚となるだろう。
【カウントダウン】 2
自分のターン終了時、「自分のPP最大値」より低いコストのネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出し、そのフォロワーを破壊する。

死神の手帳 評価:
解説:《ネフティス》と似通った効果。このカードを使う場合、構築の段階から専用デッキを用意したい。強力なラストワード持ちを召喚し、破壊することに成功すれば、試合を有利に進められるだろう。
《死神の手帳》を使ったデッキ
▶︎(ネフティス)コントロールネクロ

シルバーレア(ネクロマンサー)

カード名 効果
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与える。
ランダムな自分の他のフォロワー1体の攻撃力を+2する。

オルトロス 評価:
解説:第二の《ケルベロス》と呼んでも過言ではないだろう。
盤面を支配した状況での《オルトロス》は驚異だ!
相手のフォロワーを処理しつつ、味方を強化できるので【アグロネクロ】によく採用される。
▶︎
能力:【ファンファーレ】自分のフォロワーすべては「【ラストワード】スケルトン1体を出す」を持つ。
骨の貴公子 評価:
解説:味方フォロワー全体にラストワードで《スケルトン》を出す効果を付与する効果は実質バフ効果。
場持ちも良くなるため、《骸の王》との相性が良い。
【ファンファーレ】自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、このフォロワーを+2/+2する。

忌刃の戦士 評価:
解説:《ネクロアサシン》のような新たな自壊系フォロワー。
《闇の従者》→《ウルズ》→《忌刃の戦士》とマナカーブ通り動いた時の盤面制圧力は計り知れない。
▶︎
のターン終了時、【ネクロマンス】4;ゾンビ1体を出す。

冒涜の墓場 評価:
解説:永久リソースを生み出すことができるので、消耗戦に強い。
場を埋めてしまうため、盤面の広さを活用したいシーンでは足枷になることも。
▶︎

ブロンズレア(ネクロマンサー)

カード名 効果
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は「守護を無視して攻撃できる」を持つ。

死月の使徒 評価:
解説:バフ効果はないものの、フォロワーとしてより使いやすくなった《幽体化》。
【アグロネクロ】1コスト枠での採用が真っ先に考えられる。大型守護を貫通できる最後の詰め要員として有力。
自分のターン終了時、ネクロマンス4:+2/+2する。

ゴブリンゾンビ 評価:
解説:3ターン目に発揮できれば、2体のフォロワーを戻した《エンシェントエルフ》と同じスペックに。1ターン目《スカルビースト》、2ターン目《スパルトイサージェント》と動けば実現可能な動きなので新たな強ムーブとなるかもしれない。
しかし、それ以外の場面で「ネクロマンス4」消費は少々重い。
▶︎
必殺
【ラストワード】ランダムな自分のフォロワー1体は必殺を持つ。

漆黒の鎌使い 評価:
解説:高いステータスと必殺を持つので「有利トレード」はしやすいが、6コストとしては若干物足りない。
ラストワード効果も《バロール》と比べて地味。ブロンズレアなので2Pickで取りやすい点は評価点。
▶︎
相手のフォロワー1体に3ダメージ。 
エンハンス:7 その後、《ゾンビ》3体を出す。

ゾンビパーティ 評価:
解説:2コスト3点の除去スペルは及第点。
エンハンス効果で《死の祝福》の守護なし版として活躍できる点は、汎用性の高いカードとしては使いやすい部類に入る。
2Pickでは、単純がゆえに強力なカードに。
▶︎

『神々の騒嵐』ヴァンパイアの新カード

レジェンドレア(ヴァンパイア)

カード名 効果
【ファンファーレ】カードを2枚引く。
その後、「復讐」状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。

ベルフェゴール 評価:
解説:デメリットとして体力が10になるが、復讐状態になることで強力な効果を発揮できるカードが多いので、逆利用可能。
《ブラッディメアリー》と組み合わせれば強力なバーンカードともなりうる。
【アグロヴァンパイア】や【コントロールヴァンパイア】の手札補充カードとして、幅広いヴァンパイアデッキでの採用が期待できる1枚。
《ベルフェゴール》を使用したデッキ
▶︎復讐ヴァンパイア
【ファンファーレ】 メイルストロームサーペント1体を出す。
復讐状態なら、1体ではなく場が上限枚数になるまで出す。

メイルストロームサーペント 評価:
解説:復讐が発動していない場合でも強力であることは間違いないが、復讐効果で場を全て埋めることに成功したら圧巻の一言。
しかし、8コストと遅く守護もついていないため、相手のバーストダメージで倒されてしまうかもしれない。
《バフォメット》のエンハンス効果を使い6ターン目にこのカードをプレイするのが理想と言えるだろう。
《メイルストロームサーペント》を使用したデッキ
▶︎復讐ヴァンパイア

ゴールドレア(ヴァンパイア)

カード名 効果
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できるとき、愛の悪魔・ガレットしか選択できない。

愛の悪魔・ガレット 評価:
解説:除去などの囮になってくれる2コストフォロワー。
破壊されたくない場にいるだけで強力な効果を持った《ブラッディメアリー》などと一緒に展開し、除去耐性を付与したい。腐りにくいカードだ。
▶︎
疾走 他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。

ソウルドミネーター 評価:
解説:同コストの《アルカード》より攻撃的。進化して突っ込めば、「体力8」は一筋縄では倒されない。
「攻撃力4」が《バフォメット》に引っかからない点を利用して、サーチ先を絞ることで5T《バフォメット》6T《セクシーヴァンパイア》7T《ソウルドミネーター》などの最強ムーブも視野に入る。
▶︎
カウントダウン4
【ファンファーレ】自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。
この能力は、このアミュレットが場を離れる時失われる。

ブラッドムーン 評価:
解説:配置しておくだけで「復讐」状態に入れる、ヴァンパイア待望のカード。
アミュレットのテンポロスを上回る、絶大な恩恵を期待できる。
▶︎復讐ヴァンパイア

シルバーレア(ヴァンパイア)

カード名 効果
【ファンファーレ】攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加える。
エンハンス5:その後、そのコストを-3する。

バフォメット 評価:
解説:《アザゼル》を使ったコンセプトデッキ、【コントロールヴァンパイア】で枚数を確保したい《セクシーヴァンパイア》などが対象として◎。
エンハンスの使用ターンはテンポロスになってしまうが、サーチ対象のコストを3も下げることができるので、様々なコンボの後押しや、早い段階での高コストの使用に役立つ戦術の幅を広げる面白いカード。
▶︎バフォメット
ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。
復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

カオスシップ 評価:
解説:《わがままプリンセス》の亜種のようなカード。

《ブラッドウルフ》や《糸蜘蛛の悪魔》のデメリットを消して場に出せるのは嬉しい。
アグロ・ミッドレンジ系のヴァンパイアデッキでは採用価値があるだろう。
復讐時の能力で「試合を左右する場面」が生まれてもおかしくない。
▶︎復讐ヴァンパイア

自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。

ヴラド・ドラキュラ 評価:
解説:エルフやヴァンパイアなどフォロワーを横に展開して来るリーダーに対して有効。
対戦相手によって腐りやすいので、全体除去としての評価は低め。エンジェルバレッジなどと組み合わせたい。
▶︎
能力:【カウントダウン】5; 自分のリーダーがダメージを受けるなら、そのダメージを0まで減らし、このカードのカウントダウンを減らしたダメージと同じだけ進める。
(自分の場に2枚以上《黒死の仮面》があるなら、減らしたダメージと同じだけ、それぞれカウントダウンを進める)
黒死の仮面 評価:
解説:防御的アミュレット。
体力MAXの時貼れば、上限値を擬似的に21以上にすることも可能。体力10以下にする「復讐状態」の時に貼る使い方も効果的。カウントダウンでダメージを食らわなくても、毎ターン1ずつ減っていくのには注意しよう。

ブロンズレア(ヴァンパイア)

カード名 効果
守護
ファンファーレ 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。

糸蜘蛛の悪魔 評価:
解説:破格のスペックを誇った2コストフォロワー。体力4の守護は、エルフにとって厄介この上ない。
デメリットの2ダメージを差し置いても、【コントロールヴァンパイア】で重宝される可能性が高いだろう。
3コスト 2/2 フォロワー
自分のターン終了時、攻撃力を+1する。

フロッグバット 評価:
解説:ほぼ「バニラ」フォロワーでは積極採用は難しい。2Pickでは、標準ステータス相当のカードとして使われるかもしれない。
▶︎
【交戦時】交戦する相手のフォロワーが【守護】を持つなら、ターン終了時まで【必殺】を持つ。

人狼の突撃兵 評価:
解説:守護フォロワーを問答無用に突破できる交戦効果は使いにくい。
ほぼ効果なしフォロワーといってもいいので、構築での採用は難しい。
2Pickでは優秀なステータスから最低限の活躍が見込める
▶︎
相手のフォロワー1体に3ダメージ。ランダムな自分のフォロワー1体を+3/+3する。

生命奪取 評価:
解説:6コストで3点ダメージは非常にコストパフォーマンスが悪く使いづらい。
しかし、自分のフォロワーを上昇させる効果も付与されるため、様々なフォロワーと組み合わせて有効に活用することができるかもしれない。
ステータス上昇させる効果はランダムなのでうまく調整しないといけないが、進化したフォロワーなど攻撃できるフォロワーのステータスを上げることができれば、一気に盤面優勢にできるだろう。
▶︎

『神々の騒嵐』ビショップの新カード

レジェンドレア(ビショップ)

カード名 効果
【ファンファーレ】場のフォロワーすべてに2ダメージ
他の場のフォロワーすべてを+2/+0する

ダークジャンヌ 評価:
解説:通常の《ジャンヌダルク》は、8コストで「相手フォロワーのみ全体2ダメージ」を与える効果だったが、コストが減った代わりに自分のフォロワーにもダメージを与えるようになったのが、《ダークジャンヌ》である。
追加効果で「攻撃力」を得ることが可能だが、デメリットも存在するため、上手く機能させるには工夫が要る。
▶︎イージスビショップ
このフォロワーへのダメージは0になる。
このフォロワは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。
(例えば、「破壊する」能力や「消滅させる」能力を受けない)

ヘヴンリー・イージス 評価:
解説:不死族《デュエリスト・モルディカイ》の上位互換のようなカード。
安全に場に置けるような展開に持ち込めれば、コントロール同士の対決では最終兵器にもなり得る。9ターン目に出しても、進化権がないと場に干渉できない点はデメリット。テキスト的には全てのカードの能力を受けないので、《守護の陽光》や《守護の力》での能力付与は不可のように見られるが、もし可能だった場合、大きく評価は変わってくるだろう。
▶︎

ゴールドレア(ビショップ)

カード名 効果
【攻撃時】自分の場に他のフォロワーがいるならランダムな自分の他のフォロワー1体に、いないなら自分のリーダーに2ダメージ

黄金都市の姫・リテュエル 評価:
解説:疾走ビショップのようなアグレッシブデッキでの活躍が見込める
自分の他のフォロワーにダメージを飛ばしてしまうので、アミュレットの優先設置や、トレードをしていくのも大切だ。
▶︎
効果:【カウントダウン】 3 
【ファンファーレ】 お互いのフォロワーすべてに2ダメージ。
【ラストワード】 サタンズサーヴァント、沈黙の魔将、ディースの裁き、アスタロトの宣告の中から、ランダムに異なる3枚を手札に加える。

穢れた聖杯 評価:
解説:アポカリプスデッキのカードは極めて強力なため、その破壊力は言わずもがな。
カウントスキップカードや《狂信の偶像》を使い、一気に破壊したい。
効果:【ファンファーレ】 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。
カードを1枚引く。
苦罰の審判者 評価:
解説:進化権を使わずに相手フォロワーを処理できるのはビショップにとっては非常に嬉しい。
ドロー効果も付いているので1枚で大きなアドバンテージを稼ぐことも可能。
【陽光ビショップ】での採用が有力だ。

シルバーレア(ビショップ)

カード名 効果
自分のリーダーが回復するたび、相手のリーダーに2ダメージ。

聖なる弓使い・クルト 評価:
解説:自分を回復しながら、相手リーダーにダメージを与えるのは、採用デッキ的にアンチシナジーなところが多い。
【エイラビショップ】では、他の2コストフォロワーを採用したい。
【アグロビショップ】でマナカーブよく3ターン目に《ヒーリングエンジェル》につなげると強い。
▶︎
【守護】【ファンファーレ】自分の場にほかのフォロワーがいないなら、攻撃力を+1して、このフォロワーへの“フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージ”は0になる。(“攻撃によるダメージ”はそのまま)

黄金都市の墓守・ソニア 評価:
解説:5コストの守護としてのライバルは《ゴブリンマウントデーモン》や《クレリックランサー》。
効果ダメージを受けないので、《ルーンの貫き》や《ウィンドブラスト》によって破壊されなくなるのが強みだが、《死の舞踏》などの確定除去には無力なので注意しよう。
特に超越ウィッチにとってはとても処理のしにくいフォロワーとしてダメージを稼いでくれそうだ。
▶︎
突進 ファンファーレ 自分のアミュレットすべての“カウントダウン”を1進める。

カリュドーン 評価:
解説:「突進」を持っていて盤面にすぐ影響を及ぼせるのは、進化効果の多いビショップにとっては嬉しい。
カウントスキップ効果も合わせて【セラフビショップ】や、体力4を生かして《守護の陽光》や《穢れた聖杯》を入れた、コントロールビショップへの採用があるかもしれない。
▶︎
能力:カウントダウン2;
自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にする。
アイアンメイデン 評価:
解説:4コストと少々重いが、2ターン単体のフォロワーを行動不能にすることができる。
ダメージ効果もあるため、2ターンかけてジワジワと相手のフォロワーを倒す姿はまさに『アイアンメイデン』
。4ターン目に貼って《テミスの審判》に繋げる動きも考えられる。

ブロンズレア(ビショップ)

カード名 効果
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は、「相手の能力で選択できない」を持つ。

ミストシャーマン 評価:
解説:味方フォロワーに効果を付与できるようになった《マイニュ》
大型フォロワーを除去から守る際に活躍する。【疾走ビショップ】などで、アミュレットから場に出たフォロワーを保護する使い方が良いかもしれない。
▶︎
能力:自分のターン終了時、このフォロワーを3回復。
オクトパスビショップ 評価:
解説:《ムーンアルミラージ》のような使い方が可能。
疾走を持っていないので、進化前提の使い方となる。ビショップには他に進化を割きたいフォロワーが多いので、優先順位は低め。
ちょっと強い《ゴリアテ》か。
【ファンファーレ】自分のリーダーか自分のフォロワー1体の体力を2回復する。
【エンハンス】6; 自分のリーダーか自分のフォロワー1体ではなく、自分のリーダーと
自分のフォロワーすべての体力を2回復する。

清浄の治癒師 評価:
解説:コストパフォーマンスの悪くなった《ヒーリングエンジェル》。
フォロワーの体力を回復する効果も、盤面を取っていないと使用しにくいか。
▶︎
自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウンを1進める。

祈りの燭台 評価:
解説:カウントスキップをサポートするアミュレット。
プレイした段階でカウントを進められるのもタイミング的に優れており、《詠唱:死の宣告》などを即時に発動することができるので使いやすい。
【セラフビショップ】のサポートにもなり、大幅に構築を変えるカードになるかもしれない。
▶︎




注目リンク

人気の攻略記事
『星神の伝説』新カード評価ランキング 『Tierランキング』環境最強デッキ集
過去に掲載したデッキ一覧 全カード(825枚)の評価一覧
GameAI攻略班「トシ」
GameAI攻略班として活躍中! YouTubeのゲーム実況や、シャドウバースの2Pick記事などを担当。超越ウィッチやロイヤルのデッキを得意としている。 Twitterをフォローする:@Toshi_GameAI

週間人気記事TOP10

関連記事

新カード試作デッキ:『星神版・秘術ウィッチ』星読みの魔女・ステラ採用!すべての敵を無力化せよ

シャドバデッキ攻略:秘術ウィッチ 今回紹介するデッキは、第6弾カードパック『星神 ...

新カード試作デッキ:『ミッドレンジ毒蛇ヴァンパイア』メドゥーサ軸で「魔獣メドゥシアナ」爆誕も視野に

シャドバデッキ攻略:ミッドレンジ毒蛇ヴァンパイア 今回紹介するデッキは、第6弾カ ...

新カード試作デッキ:『抜刀ミッドレンジロイヤル』抜刀レオニダス採用!星神・王国軍の大行進

シャドバデッキ攻略:抜刀ミッドレンジロイヤル 今回は、第6弾カードパック『星神の ...

新カード試作デッキ『新OTKエルフ』大自然の怒りで相手を貫く!

シャドバデッキ攻略:新OTKエルフ 今回は、第6弾カードパック『星神の伝説』の新 ...

WLD環境『ナーフ予想』弱体化される可能性のある4枚のカードと理由(2017年9月版)

毎月末に発表される(*)という、シャドウバースのカードバランス調整。 2017年 ...

『ドラゴンクエストⅪ』攻略サイト

ドラクエ11攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
効率の良いレベルアップ方法・はぐれメタル出現エリア メタルキングの聖地『まさゆきの地図』に行く方法(3DS版)
全10種類の「最強武器」一覧と各キャラの「最強装備」入手法 完全オリジナル!全モンスター図鑑(726体)完成
『おしゃれ装備』全キャラのコーディネートまとめ 全38種類!転生モンスターの出現エリアまとめ(レアアイテム一覧)
『ふっかつのじゅもん』一覧!最強のパスワード情報まとめ Sランク最強の「メタルヨッチ」発見情報と強いヨッチ族の集め方

GameAIの『ドラクエライバルズ』攻略ガイド

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
ゲームシステムと基本戦略を徹底解説! 最強デッキランキング(Tier1〜Tier3)
リセマラランキング(レジェンドカード評価一覧) 全カードの効果と評価一覧(計370枚)

GameAIの『A3!(エースリー)』攻略ガイド

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

人気の攻略記事
MANKAIカンパニーのイケメン「劇団員」一覧 最新イベント攻略情報
最高効率で「稽古(ランク上げ)」を行う方法 「リンクスキル」一覧!イベント時にダイヤを大量節約する方法

-シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki
-, , , ,