シャドウバース(シャドバ) ミッドレンジネクロ

『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』JCG2nd「Vol.8」優勝!ネフティス不採用の「無限ニンジン」栽培農家(動画あり)

     

シャドウバースデッキ攻略:『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』

シーズン7th最終MPランキング2位、JCG2nd「Vol.8」優勝など、優秀な成績を叩き出している、チームBFF所属の「Show(@moyatty0823)」氏。
今回、ネフティス不採用ながら、GameAI攻略班いくらも絶賛の【ミッドレンジネクロ】を紹介します。
U8lYMtkx
HWk74SJu
▲ランクマでの連勝数も申し分ない。


『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-02-27 11.50.28

スクリーンショット 2017-02-27 11.50.39
デッキコードを発行する




『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』のデッキガイド

Point1:ラストワードフォロワーによるアドバンテージの確保

今回紹介するデッキは、ラストワード軸の場の制圧を得意とする【ラストワードネクロ】の構築に、【アグロネクロ】のバーストコンボである、《ケルベロス》+《ファントムハウル》を搭載したハイブリット構成になっている。
まずは、【ラストワードネクロ】の要となる、ラストワードフォロワーについて見ていこう。

よろめく不死者
よろめく不死者
よろめく不死者
教会病棟の廊下に響くのは、巨大な石を引き摺るような音。病棟の番人と呼ばれる彼女達が巡回している証である。
病棟の廊下に響き渡る足音。新たな患者がまた一人、この悪夢に迷い込んだ。仕事熱心な彼女達は保護に走り出す。
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

ランダム破壊のラストワード効果を保有した軽コストフォロワー。このデッキでは、カード効果発動時の生贄フォロワーとして非常に重宝するぞ。
基本的に自らトレードを持ちかけることはデメリット上できないが、守護には突っ込むことができるので、序盤の《エンシェントエルフ》に対する抑止力となるのも魅力の一つである。
効果の性質上、場に残りやすく、継続的に打点を稼ぎやすいフォロワーでもある点も、『ミミココハウル』のリーサルまで打点を落とし込むのに貢献しやすい。

闇の従者
闇の従者
闇の従者
へっへっへっ…俺に手を出そうってか?言っておくがなぁ、俺のバックにはあの方がついてるんだぜ?
あの方はなぁ、闇の主なんだよ!へへっ!どうだ、怖いだろ?あの方を呼ばれたくなきゃ、大人しく俺に魂を渡すんだな!
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード リッチ1体を出す。

こちらは、《地獄の解放者》を1コスト軽くした代わりに、デメリット効果を持たされた1枚。
【超越ウィッチ】などを相手にする際は、場に残りやすいフォロワーとして打点を稼ぎやすいので、進化を使って積極的に攻めていくようにしよう。
後述するが、《ウルズ》とのコンボで場を制圧するギミックで、《地獄の解放者》よりマナカーブに沿った動きができるの地獄の解放者に比べ最大の利点と言えるだろう。

Point2:自壊コンボのキーパーソン

ラストワード効果を持ったカードたちを生かすのに必要不可欠な自壊用カード。
コストとしてフォロワーを破壊したりするため、それなりに強力な効果を持ったものが多い。

ウルズ
ウルズ
ウルズ
変わらぬ過去…定められし宿命…全ては運命の理…。ですが…忘れないで下さい…摂理を超えし者にこそ、奇跡が訪れるのです…。
我が力で、運命の理から…未来を解き放ちましょう。絶望に囚われぬ、希望の未来を…自由なる明日を…さぁ、その手で掴むのです…。
効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す)

本体は場に残しつつ、ラストワード効果のみを自由に発動させることができる《ウルズ》。先ほど例に挙げた2体のフォロワーをであれば、コストパフォーマンス以上の効果を発揮してくれるのは間違いない。
このようにして、コストの踏み倒しとも呼べるような強力な動きをしていくことが、現状トップクラスのリーダーであるエルフやウィッチを相手にする際には必要不可欠となってくる。
さらに、不死の決闘者《デュエリスト・モルディカイ》を増殖させることができるのも、コントロールデッキやドラゴンを相手にする際には必殺コンボとして輝く。《アルティメット・キャロット》を増殖させて、消耗戦に強くするプレイングも、選択肢の一つとして頭に入れておこう。

ネクロアサシン
ネクロアサシン
ネクロアサシン
生者って困るわ。静かにしてって頼んでも、息を吐いたり心臓を動かしたり…。ホント、うるさいから殺しちゃった。
やっぱり静かな方が落ち着くわね!死者のシモベもたくさん増えたし、世界を静かにするために出かけましょっか?
効果:ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体と、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

こちらは場にフォロワーこそ残せないものの、「破壊」効果を保有しているので、防御的なプレイを取る際や、大型フォロワーを処理するのに活躍する。
特に、《よろめく不死者》とのコンボでの範囲除去は、一気に防衛線をひっくり返すこともできるだろう。

『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』インタビュー

デッキ構築者である「Show(@moyatty0823)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

BO3デッキの選択理由、戦略について教えて下さい

JCG大会では、やはり現環境でトップの強さを誇る「ウィッチ、エルフ」の組み合わせが多いと思ってたので、ウィッチ、エルフの組み合わせに負け越さないように、ミッドレンジネクロとドロシーウィッチという組み合わせを選択しました。
ミッドレンジネクロを選んだ一番の理由はエルフ対策です。カムラ、死の祝福、スパルトイソルジャー等の「守護」フォロワーを積むことで、otkエルフによるリノセウスの顔へのダメージを抑え、有利に戦うことが出来ました。次に、ぶん回ったドロシーウィッチには、流石に厳しいですが、ぶん回らなかった場合は、《腐の嵐》による全体3ダメージ、《死の祝福》、《よろめく不死者》と《ネクロアサシン》のコンボ等が割と効いて、相手の手札切れ、又は、《ケルベロス》、《ファントムハウル》によるコンボでライフを削りきることもありました。
次にドロシーウィッチを選んだ理由は、7th Seasonのランクマッチはドロシーウィッチでずっと回してました。ドロシーウィッチで23連勝を達成したこともあって、自信がありました。なのでドロシーウィッチは最初から選択すると決めていました。
実際に今大会では、ミッドレンジネクロの1敗だけで、他は全て全勝でした。

デッキの長所と短所について教えてください

長所

ミッドレンジネクロの長所:
環境トップのエルフ、ウィッチに五分以上取れる所、不利マッチが少ないところです。
ドロシーウィッチの長所:
回れば全てデッキに有利に戦える所。

短所

ミッドレンジネクロの短所:
消滅が苦手な所。
ドロシーウィッチの短所:
他のデッキと比べれば手札が事故りやすい所。

こだわりポイントについて教えてください

あえて言うのであれば、今大会では、ミッドレンジネクロ対OTKコンボエルフの対戦が非常に多かったです。守護を置くタイミングについて、相手の進化権がなくなってから置くことで守護を突破できず、リノセウスを守護突破することに使わせることで楽に戦えました。あと、リノセウスのリーサル計算を常に考え行動しました。

キーカードの採用理由について教えてください

ミッドレンジネクロ:
ケルベロス、ファントムハウルです。ケルベロスは出すだけで4ダメージ分のカードが加わるのが強いと思います。ミミココハウルで最大11点ダメージ出すこともでき、ミミで、相手のフォロワー除去もできます。また、1コスで、使うと1ネクロマンス溜まるところも良い点だと思います。

ドロシーウィッチ:
氷像の召喚です。
氷像を入れることで環境に多いエルフ、ウィッチの対策になりました。氷像は5.5とステータスが優秀でとられにくい、氷像置いたターンにフォロワーを一斉に並べることで全体除去などがない限りフォロワーが、1.2体残る場面が多かったです。

記事を読んでくれた方に一言お願いします

自分がJCG優勝したのは、ミニゴブリンメイジ、ルーンの貫きがナーフされる前であって、ミニゴブリンメイジがナーフされたことによって、OTKエルフのミニゴブリンメイジによるリノセウスの確定サーチができなくなりました。これによってOTKエルフの使用者が減り、環境が変わると思います。
今後の【ミッドレンジネクロ】の活躍がまだどうなるか分からない部分もありますが、とても楽しいデッキなので、使ってもらえると嬉しいです。

デッキインタビューは以上です。ご協力ありがとうございました!

『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』の参考動画

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!

『ミッドレンジネクロ(構築:Show)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-シャドウバース(シャドバ), ミッドレンジネクロ
-, , , , ,