シャドウバース(シャドバ) 超越ウィッチ

『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』マスターランク17連勝するプレイヤー出現!完全攻略ガイド付き(動画あり)

2017/03/10

     

次元の超越
題字:ジョニィ(@seke3341

シャドウバースデッキ攻略:『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』

ファミ通カップ西日本予選で活躍した、だーくねす・めあ(@darkness_mare)氏の【ドロシー超越(ハイブリッド)ウィッチ】。同デッキを使って、マスターランク17連勝したプレイヤーが出現するなど、画期的かつ強力な構築が注目されています。



『ドロシー超越ウィッチ』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-02-24 10.59.03

スクリーンショット 2017-02-24 10.59.14

デッキコードを発行する



『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』のデッキガイド

Point1:ハイブリッド構築にするという選択

今回紹介する【ドロシー超越ウィッチ】は、【ドロシーウィッチ】と【超越ウィッチ】のハイブリッド構築となっている。
ハイブリッドといっても、《次元の超越》を使わないプランでは、アグロタイプの【ドロシーウィッチ】とは違い、積極的に顔を攻めていくわけではない。除去などを駆使して、自分のフォロワーは大事に扱い、場を取って勝つことが多い。
選択肢が豊富な分「テクニカルなデッキ」になっており、デッキ内のリソースを使い切ることも増えるなど、シビアなプレイングが要求される。
そんな【ドロシー超越ウィッチ】のメインウェポンについて解説していこう。

次元の魔女・ドロシー
次元の魔女・ドロシー
次元の魔女・ドロシー
天地を超え、世界を置き去りにする彼女は、ことわりの外に生きる魔女。その手が放つ魔法は、万物を塗り替える。
結界と境界を、距離と次元を、呟き一つで超越する。焔が如き緋色の瞳が見据えしは、何者も知らぬ未来の果て。
効果:ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブースト する。
スペルブースト コスト-1
次元の超越
次元の超越
天も、地も、世界でさえも…誰一人、何一つ、彼女を縛ることは敵わない。
効果:このターンのあと、自分の追加ターンを行う。
スペルブースト コスト-1

【ドロシーウィッチ】の核兵器、《次元の魔女・ドロシー》と、コントロール絶対許さない《次元の超越》。《次元の魔女・ドロシー》は、スペルブーストフォロワー以外にも、スペルをブーストすることができるのが魅力的。
同時に引いてしまった際は、対戦相手のデッキタイプによって、《次元の魔女・ドロシー》を展開するか保有しておき、同時にプレイしてフィニッシュを狙いにいくかどうかの判断を正確にできるようにしておこう。

アグロデッキを相手にする際は、早めに《次元の魔女・ドロシー》を切っていき、場を制圧して戦うことが多い。
注意点としては、通常のドロシーウィッチよりもドローソースを大量に投入してるため、ライブラリアウトのリスクがあるという点だ。状況によってはプレイせずに手札の除去で凌いでいって、リソースが枯れた頃にドローソースとしてプレイする方が好都合な場合もある。
コントロールデッキを相手にする際は、基本的に次元の超越でのフィニッシュを狙っていくため、《次元の魔女・ドロシー》は、ある種の《フレイムデストロイヤー》だと考え、リーサルプランが見えるまでしっかり保有しておきたい。

Point2:除去スペルも満載

【超越ウィッチ】として戦う以上、大事なのは時間稼ぎやスペルブーストに使うため、除去スペルの選定は非常に重要になってくる。
《ウィンドブラスト》や、《虹の輝き》、《ルーンの貫き》など、「定番除去カード」以外のカードにも着目していこう。

炎の握撃
炎の握撃
撫でれば焦げて、掴めば灰に。
効果:相手のフォロワー1体を破壊する。
スペルブースト コスト-1

初期状態では重いコストの確定除去だが、スペルブーストかけやすい【超越ウィッチ】では採用されることも多い。《次元の魔女・ドロシー》との相性は非常に良く、一気に3コストまで下がったときのコストパフォーマンスは抜群。
「0コスト」になることもしばしばあり、《次元の超越》のキルターンを早めるのにも貢献するぞ。

エラスムスの秘儀
エラスムスの秘儀
今のはただのあくびじゃよ?―エラスムス
効果:ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。
エンハンス 9; ダメージを与えるのではなく、アークサモナー・エラスムス1体を出す。

ランダム性はあるものの、3コストでスペルブーストに依存せず、「5点ダメージ」を繰り出せるのは魅力的。序盤に出でくるハイステータスなゲイザーやエンシェントエルフなどに対しての除去札として最も輝く。
9コストで《アークサモナー・エラスムス》としての最終兵器として運用することも頭の片隅には入れておこう。

『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』インタビュー

デッキ構築者である「だーくねす・めあ(@darkness_mare)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

大会でのデッキ選択理由について教えてください

RoBのカードプールが発表された12月末から今日までの2ヶ月間、完成に時間を費やした構築。
ファミ通カップ東日本大会の結果から、メタゲームの観点で「エルフ」、「ウィッチ」の総数は減らずとも、「エルフ×ウィッチ」の数は減るだろうと予想し、Tier1へのマッチアップは五分を下限に、起用されるだろうTier2に対してはアグロ、コントロールどれを相手取っても有利が付く事を目指した。
特に、東日本大会で活躍が顕著に見られた大会専用の防御寄り構築の「ドラゴン」、「ビショップ」クラスに対しては必勝レベルの相性にしており、どちらかを混ぜてきた時点で元々有利なエルフと共にそこを2タテ出来るというBO3ルールならではの安心感があった。

デッキの長所と短所について教えてください。

長所

環境トップである【OTKエルフ】、【ドロシーウィッチ】に五分を付けながら、その他Tier2以降はアグロコントロールどれを取っても有利が付く事。
アグロ相手には、【ドロシーウィッチ】由来の後攻4からの盤面逆転リーサル、コントロール相手には、【超越ウィッチ】由来の安定リーサルと、相手によって動きを変える事が出来ます。
特にデッキの内容を読みやすいBO3コンクエストでは、後ろに置く事で絶大な強さを発揮し、マリガンやプレイを寄せる事が出来るので勝率は更に高くなります。

短所

ここまでの2ヶ月間全く理解されなかった程に「極度に構築とプレイが難しい」事。
今まで全デッキ最多の選択肢と勝利プラン分岐の激しさが特徴の【冥府エルフ】がありましたが、こちらは加えてスペルブーストの観点から「特定のカード1枚単位でマリガンを固定する」事が難しく、ドロー先次第で勝利プランが都度書き変わる為、その上で最善のプレイをする事が要求されます。
更にアグロ相手に勝てる早期のダメージソースの枚数調整に加えて、コントロール相手に超越を溜められるだけの充分なドローソースの枚数調整を同時に考えなければならない為、構築も1枚1枚シビアな調整が必要です。
もう一つ、各元である【ドロシーウィッチ】、【超越ウィッチ】をそれぞれギリギリまで圧縮している為、
「開幕の削りが期待出来ない事から純テンポウィッチよりは超越ウィッチに弱い事」
「リソースの枚数から純超越よりはコントロールに弱い事」
が挙げられます。
ただ、超越ルートだけ考えるならば対純超越とはほぼ同速だったり、純超越の対コントロール性能は、今日ではオーバーキル気味であるにも関わらずアグロに無力である等無駄が感じられる為、純超越から見て「コントロールに8割→7割」、「アグロに3割→6割」という調整になっています。

こだわりポイントを教えてください。

アグロに勝てる【超越ウィッチ】であり、コントロールに負けないテンポウィッチ、である事を追求した事。
ファミ通カップ西日本大会でも、【アグロネクロ】【疾走ビショップ】に勝利しながら、【ランプドラゴン】【セラフビショップ】にも勝利し、含めての【ドロシーウィッチ】(ハイブリッドウィッチ)の総合成績は8勝2敗でした。

キーカードの採用、不採用理由について教えてください

 

次元の魔女・ドロシー、次元の超越

この二種がデッキコンセプト。片方を減らすともう片方への依存率が高くなる為減らせない枠です。
《次元の魔女・ドロシー》は、ミッドレンジ帯までの圧倒的なボード干渉・持続力を保証します。
《次元の超越》は、対コントロールでのエンドプランを保証してくれます。

各種ドローソース

《知恵の光》《マジックミサイル》《虹の輝き》《魔力の蓄積》《運命の導き》まで各3枚、更に調整過程から《光の道筋》を追加で1枚採用しています。
これは基本的な【超越ウィッチ】の構築とほぼ同数のドローソース量であり、《次元の超越》を使えるだけのスペルの量を確保する為に積んであります。

ゲイザー、刃の魔術師

これらは、主にアグロへの逆転リーサルプラン、またはミッドレンジ相手のボード対決に使われます。
こちらを増やし過ぎるとスペルを減らす事になり抱えた超越が不安定に、逆に減らし過ぎてもアグロ相手への目が減ってしまうのでそれも駄目。
各種0から3まで試した上で、どちらも状況に応じて強みを持つので2+2の採用になりました。

古き魔術師・レヴィ、ルーンの貫き

【超越ウィッチ】で事故要因になるこれらを各3枚積む事が出来るのはとても大きなメリットです。
これにより、後攻4からアグロへの巻き返しを図る事が出来る可能性は、純超越より遥かに高くなります。

ウィンドブラスト、炎の握撃

【テンポウィッチ】で事故要因になるカード達です。
ボードを作って打点を稼ぐ【ドロシーウィッチ】にとって、これらのカードはまず採用が難しく、基本的に進化等で強引に処理をしますが、こちらはコントロール戦への切り替えもある為、これらのスペルで有利に交換し耐久戦に持ち込む事で、《次元の超越》でのエンドプランを作る事が出来ます。

エラスムスの秘儀

3コストでランダムに5点出る謎のゴールドスペルです。
しかし、見方を変えれば「序盤なら、1コスト軽い《神魔裁判所》」レベルのスペックです。
環境でも潜伏を持つ《シャドウリーパー》《ツバキ》、そしてウィッチ特有の開幕のもたつきから、立てられやすい「4/5《エンシェントエルフ》」にトップ1枚で解決出来る言わば「解答枠」です。
エンハンス効果は100戦に2回使うかどうかレベルですが、あると言うだけで1枚のカードの価値は上がる為1枚採用のカードとして充分なポテンシャルを持つカードだと考えています。
因みにほとんど同じ効能を「《氷像の召喚》」が持っていますのでそこは好みかなと思います。

(不採用)マーリン、フレイムデストロイヤー

アグロ相手に全く仕事をせず、コントロール相手には過剰だと感じた枠です。
所謂【超越ウィッチ】の固定枠ですが、逆にこれらは【超越ウィッチ】がアグロに弱い所以でもあり、コントロールに絶対的な強さを誇る理由でもあります。
ここを調整する事で万能にした形がハイブリッドである以上、これらの一定層に過剰なパワーを持つカードを採用する事はありません。

体感のマッチアップ相性についてお聞かせください

【OTKエルフ】:互角
【アグロロイヤル】:互角
【コントロールロイヤル】:有利
【アグロウィッチ】:互角
【超越ウィッチ】:微不利
【ランプドラゴン】:有利
【アグロネクロ】:有利
【コントロールネクロ】:有利
【アグロヴァンパイア】:微有利
【コントロールヴァンパイア】:有利
【疾走ビショップ】:有利
【陽光ビショップ】:有利
【エイラビショップ】:微有利
【セラフビショップ】:微有利

マリガンについて教えてください

クラス、デッキタイプ毎にマリガンが変わる他、前述の通りスペルブーストの観点から組み合わせ次第で基準が都度変わる為その場での判断が重要になります。

対エルフ

エルフ
ほぼ【OTKエルフ】でしょう。ドロシーだけがどうしても欲しいです。
基本的に《次元の魔女・ドロシー》が着地すれば、相手もリーサルを無視出来なくなる為、進化や無理交換から着実にこちらへのリーサルが遠のきます。
もし何らかの形で【白狼エルフ】と分かった場合は8〜9tの超越プランを念頭に入れる必要があります。

対ロイヤル

ロイヤル・
環境から【コントロールロイヤル】と仮定します。
マリガン時の手札が悪くなければ《次元の超越》キープスタートだと安心出来ますが、開幕に削られると疾走による負けを貰いやすいので弱くて《次元の魔女・ドロシー》があるなら、《次元の魔女・ドロシー》スタートで、開幕は安定させたいマッチアップです。

対ウィッチ

ウィッチ・
基本的に【ドロシーウィッチ】と考えます。
こちらも開幕からの攻防が予想される為、《次元の魔女・ドロシー》が欲しいです。
困るのは、相手が【超越ウィッチ】だった時で、理論上は互角ですが、マリガンは対アグロを想定する為に確実に不利を取ります。
分かっている場合は《次元の超越》を探せば互角に戦えます。

対ドラゴン

ドラゴン・
大会では【ランプドラゴン】が多いクラスです。
余り長引かせたくない、マッチアップなので、《次元の超越》を全力で探します。
開幕打点を貰ってもどうせ決まるのに、10PP以上かかるので《次元の超越》を早く引き込む事が先決です。
ただし相手が【疾走ドラゴン】の場合は、ドロシープランも一理ある為、構築が分かったマッチでは注意しましょう。

対ネクロマンサー

ネクロマンサー・
【コントロールネクロ】には必勝レベルなので、【アグロネクロ】を止めるマリガンをします。
《虹の輝き》がよく刺さるのでキープ出来ますし、《古き魔術師・レヴィ》《ルーンの貫き》も他次第でキープしても構いません。

対ヴァンパイア

ヴァンパイア・
 【コントロールヴァンパイア】には必勝レベルなので、【アグロヴァンパイア】を止めるマリガンをします。
《マジックミサイル》が刺さる、《ブラッドウルフ》《虹の輝き》が刺さる《レヴィオンデューク・ユリウス》が混在する為、後攻で被ったら両方キープしても構いません。
更に後攻では、《吸血貴・ヴァイト》の解答に《ウィンドブラスト》までキープする事も考えます。

対ビショップ

ビショップ・
このデッキの最大の魅力として、「多くの種類があるビショップクラスのどのタイプを拾っても確実に有利が付く事、やる事がほとんど変わらない事」が挙げられ、一番楽に構えられるマッチアップです。
【疾走ビショップ】に開幕から展開されて返せないハンドである。
【エイラビショップ】に大きく回られる。
【セラフビショップ】に対してリーサルをかけられず、《次元の超越》出来ない。
【陽光ビショップ】に《サタン》を出される、
の各1つずつしか負け筋を考えなくて良い為、基本的には「開幕は綺麗に回すか《次元の超越》キープ」程度で充分勝ちを拾う事が可能です。
【疾走ビショップ】、【エイラビショップ】のブン回り元である《詠唱:獣姫の呼び声》を返せる《虹の輝き》は是非キープしたいカードです。

『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』の参考動画

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!

『ドロシー超越ウィッチ(構築:だーくねす・めあ)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-シャドウバース(シャドバ), 超越ウィッチ
-, , , , ,