シャドウバース(シャドバ) アグロネクロ

『骸の王アグロネクロ(構築:あき)』序盤からプレイする「10/10」の脅威!(動画あり)

     

骸の王題字:ジョニィ(@seke3341

シャドウバースデッキ攻略:『骸の王アグロネクロ(構築:あき)』

過去何度か特集した注目のデッキ、【骸の王アグロネクロ】。
今回、バハムート降臨環境を【骸の王アグロネクロ】で立ち回り、勝率70%を超える高勝率を叩き出しているという「あき」氏のデッキを紹介しましょう。
C44GDaGVcAYpdId (1)
▲少ない勝利数(高勝率)でマスターランクまで到達
C44GG2WUkAATAJb (1)
▲勝率70.2%(85勝36敗)という戦績


『骸の王アグロネクロ』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-02-22 17.31.12
スクリーンショット 2017-02-22 17.31.25

デッキコードを発行する



『骸の王アグロネクロ(構築:あき)』のデッキガイド

Point1:王の生贄

今回紹介する【骸の王ネクロ】は、アグロネクロとのハイブリット構成。
そのため、双方のプランに相性が良いカードの選択も大切になってくる。

ゴブリン
ゴブリン
ゴブリン
まぁ、見た目はちっとばかし驚くが、中身は大したことはねぇ。所詮は魔族の下っ端だし、力もなけりゃ、知恵もねぇな。…だが、凶暴な所には気を付けた方がいいぜ。
多少なりとも心得のある者なら、恐れる必要もねぇ、三下の魔物だ。とはいえ、武装してる奴らには注意しろよ。ちっぽけな小剣だって、当たりゃあ血はでるんだからな。
効果:なし

《ゴブリン》は、一般的なゲームでは大抵「雑魚キャラクター」であるが、シャドウバースでは1ターン目からプレイできるため、打点稼ぎに貢献するフォロワーである。
効果持ちで上位互換の《スカルビースト》も採用されているが、より安定感を増すために《ゴブリン》も追加し、上限枚数の3枚採用。
1コストのフォロワーなので、複数展開もしやすく、《骸の王》の生贄にも使いやすいというメリットもある。

ダークコンジュラー
ダークコンジュラー
ダークコンジュラー
君は禁忌の先を求めるんだね?そのお手伝い、してあげようかな♪
君は禁忌の先を求めるんだね?だったらもっと殺さないと!この夜を血に染めないと!
効果:ファンファーレ 自分の場に進化後フォロワーがいるなら、ゴースト1体を出す。

進化フォロワーが自分の場にいると、おまけで《ゴースト》を出すことができる。
相手の場のフォロワーの処理に使ったり、ダメージを稼いだりと、縁の下の力持ちとして活躍をすることも。《ゴースト》はターン終了時に消えてしまうが、《骸の王》の生贄の1枠を埋めることも可能だ。シナジーは高いと言えるだろう。

Point2:アグロプランのフィニッシャー

メインプランの一つとして採択されているのが、『アグロネクロプラン』だ。
ここでは有名な【アグロネクロ】のフィニッシャーと共に、骸の王との相性を見ていこう。

シャドウリーパー
シャドウリーパー
シャドウリーパー
怨み、憎しみが寄り集まり、形を為して顕現する。其は幽鬼が如く揺らめき歩き、命持つモノを断頭する。
怨み、憎しみが寄り集まり、形を為して顕現する。其は無像であるが故、妄りに追えども影を掴む事さえ叶わない。
効果:ファンファーレ 相手のターン終了まで、潜伏 を持つ。
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+1する。

1ターンのみ「潜伏」を持つので倒されにくく、場のフォロワーが破壊されるたびに攻撃力を上げていくので、確実に盤面を打点に変換しやすくなる。
デッキの構成上、《骸の王》との相性を考慮して、1コストフォロワーが多く採用されているため、それらとの相性も良くなる。潜伏効果も、《骸の王》の生贄として1ターン残しやすく、3ターン目の《骸の王》降臨にも貢献しやすい。

ファントムハウル
ファントムハウル
亡霊の嬌声が夜を裂き生者を裂く。
効果:場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。
(上限は5体)

11点バースト!ミミココハウルのキーパーツ《ファントムハウル》
《骸の王》との相性は言うまでもなく抜群で、フォロワー0からの状態でも4体の《ゴースト》を供物として捧げることで、簡単に《骸の王》を降臨させることができる。
通常の【アグロネクロ】よりもコンボの幅が広いため、腐りにくく、より重要なカードとなっているぞ。

『骸の王アグロネクロ(構築:あき)』インタビュー

デッキ構築者である「あき(@Aki_21_)」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所について教えてください

長所

《骸の王》を搭載することでプレイングの幅がかなり広がり、【アグロネクロ】をより強力に、より相手のプレイに制限をかけることに成功しています。

短所

特になし。

こだわりポイントについて教えてください

《骸の王》3枚採用していることです。
さらに言うのであれば、《骸の王》を搭載しているにも関わらず、《ケリドウェン》などのシナジーの高いカードを採用していないなど、従来の【骸の王ネクロ】とは大幅に異なるデッキ構成となっています。
なので、どちらかといえば、【骸の王ネクロ】というより、【骸の王アグロネクロ】といった方が正確かもしれません。

キーカードの採用理由について教えてください

ROB環境で《シャドウリーパー》というカードが登場したことによって、盤面にカードが残るといった状況が多くなり、そのため《集団埋葬地》や《悪魔の饗宴》等をデッキに採用しなくても、《骸の王》を序盤から場に出すことのできる機会が多くなりました。
《骸の王》は序盤に出すことが出来れば、最強のポテンシャルを最強のままに使い切ることが出来ます。単純に打点が高く、『ミミココハウル』のリーサルに一撃で到達するだけでありません。
例えば、進化して10/10というスタッツは、ウィッチの4ターン目の《古き魔術師・レヴィ》進化→《ルーンの貫き》→《紅蓮の魔術》という強力な動きをもってしても1点残ります。8/8であっても、ビショップの《鉄槌の僧侶》や《エンシェントレオスピリット》、ドラゴンの《ドラゴンウォーリア》《サラマンダーブレス》でも除去し切れません。
個人的に最もありがたいのが、アグロの天敵である《ロイヤルセイバー・オーレリア》に対しても、強力な解答となっていることです。
また、《骸の王》を除去するために、《死の舞踏》を5ターン目に使うプレイヤーが多いですが、《ケルベロス》→《ミミココハウル》で盤面に何もない状態から、11点を叩き出せる【アグロネクロ】では、状況によってはむしろ守護を並べられない分それだけで有利な状況を作り出せます。

体感マッチアップ相性をお聞かせください

環境トップである【ドロシーウィッチ】と【OTKエルフ】に対して有利に立ち回ることができるだけでなく、増え始めているドラゴンにも大幅有利に戦えます。
守護を大量展開するデッキや、【コントロールヴァンパイア】等の回復するデッキは苦手ですが、そもそも割合が少なく、またプレイング次第でどうにかなると思っています。

マリガンのコツを教えてください

従来の【アグロネクロ】のマリガンと同じです。
1/1/2(ドラゴン、ネクロ、ビショップ相手は1/1/1でも可)と2/2/2を残し、その2枚が揃っていた場合のみ、《シャドウリーパー》、3コス、《ケルベロス》、《ファントムハウル》等のキーカードを確保します。
コツは《骸の王》をマリガンで残さないことです。
《骸の王》をマリガンで残してしまうと手札事故が起こる可能性が上がりますし、もし序盤に盤面を取れなかった場合、カードが腐ってしまいます。
そのため、あくまで従来の【アグロネクロ】として戦いながら、《骸の王》を引いてきた場合に、最強のカードとして展開出来るなら展開する、といった使い方をすることを意識した方が良いと思います。
ですが、当然これが正解というわけではないので、《骸の王》をマリガンで残した方が良いマッチアップや環境もあるかもしれませんので、使ってみて各々判断してください。

記事を読んでくれた方に一言お願いします

ずっと「どうすればネクロをtier1に入り込ませることが出来るのか」を考えていて、白羽の矢が立ったのが【骸の王】でした。
ですが、いざ《骸の王》を主体としてデッキを作ると、どうしてもコンボにかなりのカード枚数が必要となり、サーチカードの乏しいシャドウバースにおいては中々環境上位に食い込むことが出来ません。また、5ターン目以降に《骸の王》を出しても、除去カードが豊富なので、ただの紙切れになってしまうことが多々ありました。
そこで、「どうせ中盤以降に出しても強くないなら、序盤に強いデッキに採用してみよう」と、デッキパワーの高い【アグロネクロ】に《骸の王》を入れてみると、驚くほど高いシナジーがあることがわかったのです。このデッキにおける《骸の王》は、王ではありますが、【アグロネクロ】の、11点まで削る→《ケルベロス》→ミミココハウルをより完遂しやすくするための、言うなれば、最強の前座、メインディッシュの前の前菜、引き立て役のカードとして採用しています。
一度使えばその強さが分かると思うので、是非使ってみてください。

参考動画

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!

『骸の王ネクロ』関連リンク

ふ~ど式『骸の王アグロネクロ』格闘ゲームのトッププロがマスターランク到達!デッキレシピと攻略ガイド

(動画あり)rizer式『骸の王アグロネクロ』デルレイッチ/Delraichと命名された、RAGEの第4候補デッキとは

『最速骸の王ネクロ』目指せ!2ターン最速召還

きりこ式『骸の王デスタイラントネクロ』マスターランク14連勝!DRK最終盤にタイラントネクロで到達した高みとは

『骸の王アグロネクロ(構築:あき)』のデッキコード発行

デッキコードを発行する

注目リンク

ワンダーランド・ドリームズ 新カードパック「ワンダーランド・ドリームズ」評価ランキング(解説あり)

『ワンダーランド・ドリームズ』先取りデッキシリーズ

ドラクエライバルズ攻略

ドラクエライバルズ攻略ガイド|GameAI

A3!(エースリー)攻略

A3!(エースリー)攻略ガイド|GameAI

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング(シャドバギネス)
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ミッドレンジネクロ対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
クラス別全カード一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ ニュートラル
レアリティ別カード一覧
『レジェンドレア』のカード一覧 『ゴールドレア』のカード一覧
GameAI高評価カード一覧
『高評価』カード一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
声優特集
声優別 カード一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード(PickUP集) 「有利トレード」の考え方
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP15

-シャドウバース(シャドバ), アグロネクロ
-, , , , ,