Shadowverse(シャドウバース) 冥府ネクロ

薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』究極のデスコンボ!ゲーム最大級のロマン砲を搭載(動画あり)

2017/03/16

     

シャドウバースデッキ攻略:薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』

スクリーンショット 2017-01-26 17.38.55

ゲーム内最大級のロマン砲を搭載。

それでいて、ランクマッチでも十分戦えるように調整したデッキが出現した。
強豪複数名で考案、調整を重ねたという「冥府タイラントネクロ」を構築したのは、薔薇ちゃん(@muisiki23 )氏。



 

薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』のデッキレシピ

スクリーンショット 2017-01-25 9.36.24

スクリーンショット 2017-01-25 9.36.32

デッキコードを発行する



薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』のデッキガイド

Point1:墓地を貯めるために

『冥府タイラントネクロ』は、発動条件の難しい《冥府への道》《デスタイラント》を両方採用したドリームデッキ。
《冥府への道》で場を一掃し、リーダーの体力を削ったた後、《デスタイラント》のネクロマンス効果を発動させ、一撃必殺のフィニッシュブローを決める、見た目からしてド派手なコンセプトとなっている。

冥府への道
冥府への道
死は誰にでも平等に訪れる。
効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。
デスタイラント
デスタイラント
デスタイラント
腐臭に気付いた時にはもう遅い。お前は既に、死竜の胃袋に収められているだろう。
無限に喰らい、無限に肥える。死竜の噛み砕いた肉が、骨の隙間を通り、地に落ちた。その肉片すらも舐め取って、貪欲なる死竜は咆哮を上げた。
効果:疾走
ファンファーレ ネクロマンス 20; +10/+10する。

スクリーンショット 2017-01-26 17.30.54

▲発動条件こそ厳しいものの、墓場20超えで「13/13疾走」の怪物に化ける《デスタイラント》

両カードともに、効果を使うのに、墓場を大量に貯める必要があるが、そこで活躍するのがこの《死霊の宴》だ。

死霊の宴
死霊の宴
あなたはこの夜を生き残れるかしら?
効果:カウントダウン 2
ファンファーレ 自分の墓場を+13する。
ラストワード 自分の墓場を0にする。

一気に墓場を13枚分稼ぐという一風変わったアミュレット。
しかし重大なデメリットとして、プレイから2ターン後には、自身のカウントダウン効果で破壊され、墓場を0にしてしまう。

よって、死霊の宴をプレイしたターンから即座に《冥府への道》の効果を発動させるため、あらかじめ《冥府への道》は場にプレイしておきたい。1ターンも無駄にできないためだ。
場に置いた《冥府への道》で守護やフォロワーを一掃したら、次のターン死霊の宴の「残りのカウントは1」。
墓地は30以上あるはずなので、満を持して《デスタイラント》を降臨させよう!

Point2:時間稼ぎギミック

《デスタイラント》や、《冥府への道》を発動させるには、ある程度のターン数がかかる。
そのために、体力を守りきるシステムが必要だ。

よろめく不死者
よろめく不死者
よろめく不死者
教会病棟の廊下に響くのは、巨大な石を引き摺るような音。病棟の番人と呼ばれる彼女達が巡回している証である。
病棟の廊下に響き渡る足音。新たな患者がまた一人、この悪夢に迷い込んだ。仕事熱心な彼女達は保護に走り出す。
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ネクロアサシン
ネクロアサシン
ネクロアサシン
生者って困るわ。静かにしてって頼んでも、息を吐いたり心臓を動かしたり…。ホント、うるさいから殺しちゃった。
やっぱり静かな方が落ち着くわね!死者のシモベもたくさん増えたし、世界を静かにするために出かけましょっか?
効果:ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体と、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

この2枚のコンボは非常に強力で、一気に2体のフォロワーを破壊することができる。
進化まで行使すれば、一気に盤面を取り返せるだろう。
弱点としては、《よろめく不死者》自身を自分から守護フォロワー以外とのトレードをすることができないので、体力を削られてしまう点だ。
逆に、それによって場に残りやすく、《ネクロアサシン》の弾にしやすいとも言えるぞ。

薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』構築者インタビュー

デッキ構築者である「薔薇ちゃん(@muisiki23 )」氏に、デッキインタビューをさせていただきました!

デッキの長所と短所を教えてください

長所

まず《死霊の宴》を使うことによる奇襲性が高く、相手の予想を超える一撃を与えられる事と、ネクロだと本来なら厳しいマッチアップの【秘術ウィッチ】【陽光ビショップ】とも五分五分の勝負ができることです!

短所

このデッキは複数のカードを組み合わせてのコンボを狙っていくデッキのため、コンボパーツを揃えられないとジリ貧になっていくことです。
特に、このデッキ最大のフィニッシャーである《デスタイラント》をサーチする手段が現状ではないのがつらいです。

デッキのこだわりについて教えてください

できるだけ実戦でも戦えるレベルのデッキにする事を意識しました。
《デスタイラント》《死霊の宴》を使うデッキはネタデッキだと言われがちなのでネタで終わらないよう頑張りました。

体感マッチアップ相性はいかがですか?

【アグロヴァンパイア】を始めとしたアグロ系のデッキや、【OTKエルフ】など横展開してくるデッキにはAOEが入ってないこのデッキの場合不利です。
【コントロールヴァンパイア】【陽光ビショップ】などの比較的遅めのデッキには《冥府への道》を決めやすいため有利に戦えます。
ただし、あまり《冥府への道》の完成が遅すぎると、《死霊の宴》を出してる時、《バハムート》を出されて負けるため注意しなければなりません!

スクリーンショット 2017-01-26 17.31.46

マリガンのコツを教えてください

マリガンとしてはまずは2コストを最優先に探すことです。2、3と動けそうなら《ウリエル》をキープしてOKです。

キーカードについて何かありますか?

・死霊の宴

最初は《死霊の宴》を入れずに《新たなる運命》入れて回してたんですが、《新たなる運命》を使う場合だと隙も大きく、手札も減ってしまうためネクロにはやはり合わないと思いを《死霊の宴》採用したところ、以前に比べて非常に安定感がでるようになりました!
《ウリエル》でサーチできるのも良い点です。

・ミニゴブリンメイジ&歴戦の傭兵・フィーナ

元々は《覇食帝・カイザ》を入れて、人参栽培(《アルティメットキャロット》)しながら墓地を貯めようとしたんですが、《死霊の宴》で墓地は充分に溜まるため、《デスタイラント》を引く確率を上げるために、デッキ圧縮できる《ミニゴブリンメイジ》と、それプラス横展開ができる《歴戦の傭兵・フィーナ》を採用しました。

最後に一言お願いします。

このデッキは僕一人の力でできたものでなく、もみじさんやzone所属のくろさん、彼方君などの、多数の強豪プレイヤーの協力によりできたデッキです。使っててとても楽しいデッキですので、是非一度使ってみてください!

以上でインタビューは終わりです。
薔薇ちゃんさん、デッキ提供及びインタビューご協力ありがとうございました!

参考動画(冥府タイラントネクロ)

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!

薔薇ちゃん式『冥府タイラントネクロ』のデッキコード発行


「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), 冥府ネクロ
-, , , , , , , , ,