Shadowverse(シャドウバース) コントロールヴァンパイア

いくら式『コントロールヴァンパイア』サハクィエル・ルシフェルシステムを利用した超アグロメタ構成!(動画あり)

2017/01/13

     

シャドウバースデッキ攻略: いくら式『コントロールヴァンパイア』

今回は、神の慈悲「サハクィエル・ルシフェルシステム」を搭載した、GameAI攻略班いくら構築のコントロールヴァンプが完成したので、紹介したいと思います!


デッキレシピ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-18-31-33

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-18-31-41

デッキコードを発行する



デッキ戦略

今回紹介する【コントロールヴァンパイア】は、回復カードと除去カードをふんだんに搭載したコントロールデッキだ。

【超越ウィッチ】や、【セラフビショップ】などの『コントロールデッキ殺し』には滅法弱いものの、それと引き換えに、盤面をとって戦うことを得意とする【テンポウィッチ】や、【ミッドレンジロイヤル】とにかく短期決戦を得意とするアグロデッキに対しては有利を取れる構成になっている。
今回は、そんなヒーリング構成の【コントロールヴァンパイア】に採用されているキーカードの採用理由、マリガンについて解説していこう。

採用されているキーカード

バハムート
バハムート2
バハムート
全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。高貴なる漆黒の姿を持ち、その美しさはこの世全ての創造物を圧倒する。
全ての神々と居並ぶ至高にして最強の竜。神撃の力は全てを超越し、その力と栄光を欲する英雄の伝説が彩られる。
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。

このデッキの最大級フィニッシャー。
そのステータスは、アポカリプスデッキに含まれる《サタンズサーヴァント》と並び、ファンファーレ効果で場を全てを吹き飛ばす。
このデッキではフィニッシャーとしてはもちろん、試合が長引いた時の4枚目以降の《黙示録》としての採用をしている。
今まで不利であった【エイラビショップ】に対して、1枚で《エイラの祈祷》ごと場を壊滅させることができるのは魅力的だ。
当初は3枚採用であったが、1枚はコントロールデッキ同士のミラーマッチで強い《サタン》に差し替えてある。

サハクィエル
サハクィエル
サハクィエル
空を司る可憐なる天使。あどけない表情とは反対に、聖なる力で星の杖を自在に操り、宿敵を光矢で貫く。
無垢な天使が小声で討て、と命じる。高邁な天使の呼び声に応じて空の戦乙女たちが降臨し、悪しき翼を一掃した。
進化前:ファンファーレ 手札のニュートラル・フォロワー1枚を場に出す。それは突進 と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。
ルシフェル
ルシフェル
ルシフェル
神の遣いとして、私は多くの生命の繁栄と幸福のために尽くしたい。人も神も魔も等しく、光ある生を送るために私はこの力を振るおう。
神に仇なす者として、私は終わりなき虚無にこの身を捧げよう。傲慢なる神々に…破滅と絶望を。さぁ今こそ…反逆の時だ。
進化前:自分のターン終了時、自分のリーダーを4回復。
進化後:自分のターン終了時、相手のリーダーに4ダメージ。

《サハクィエル》は、《バハムート》と共に追加されたニュートラルの新レジェンド。
手札のニュートラルフォロワーをコストを無視して登場させることができ、突進能力を付与してトレード性能を持たせることができる。
中でも強力なのが『サハクイェル・ルシフェルシステム』ともいうべきだろうコンボである。

サハクィエル・ルシフェルシステムとは

『サハクィエル・ルシフェルシステム』とは、《サハクィエル》の効果で《ルシフェル》を登場させ、相手フォロワーを除去つつ、ターン終了時に体力を回復する、サハクィエルの王道コンボだ。
このコンボのストロングポイントとして注目したいのは、《サハクィエル》《ルシフェル》マナカーブにある。7コストで《サハクィエル》を登場させ盤面を取りつつ、8コストで安全に《ルシフェル》を着地させることで、2ターンで合計8点分の体力を回復することができる。
通常《ルシフェル》を登場させるターンは、8ターン目になるのでアグロデッキに対して手遅れになることが多いが、このコンボを搭載したおかげで、アグロデッキへの耐性が飛躍的にアップすることになった。
《サハクィエル》のコンボはこれだけでなく汎用性が高い。例えば、より大型のフォロワー相手は《バハムート》で処理したり、体力の高い《ゴブリンマウントデーモン》を活躍させることも可能となる。

鮮血の口付け
鮮血の口付け
その先に待つのは破滅か、あるいは永遠か。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

このデッキでは、通常のヴァンパイアデッキに搭載されているバーン兼除去スペルの《鋭利な一裂き》は採用されておらず、代わりに回復ができる《鮮血の口付け》が採用されている。
ここで、2枚の2コスト除去スペルについて比べてみよう。

鋭利な一裂きのメリット
・3点なので《鮮血の口付け》より除去できる範囲が広い
・相手リーダーに打てるので直接火力として使える

鮮血の口づけのメリット
・デメリットがない
・回復効果がアグロデッキ

今回は、『アグロ徹底対策デッキ』というコンセプトなので、回復効果もあり、デッキコンセプトに沿った形の《鮮血の口付け》を採用した。

享楽の悪魔
享楽の悪魔
享楽の悪魔
むむ?楽しそうなことをしているな?わらわも混ぜるがよいぞ!
ふはは!雑魚の命で遊ぶのは実に愉快じゃ!どれ、もっと楽しませてもらうかの!
効果:ファンファーレ 自分の場に進化後フォロワーがいるなら、+1/+0して、ドレイン を持つ。

あまり採用を見ない2コストフォロワーだが、他に進化フォロワーがいればドレイン(体力吸収)を持つ。
2ターン目に引いてしまったら普通にプレイしても良いが、他のカードと組み合わせて進化を行使してプレイすることによって、厄介なフォロワーを増やし、処理を選択させることができるのが特徴だ。

マリガン

VS アグロデッキ、ミッドレンジデッキ
優先度A  ユニコーンの踊り手・ユニコ 享楽の悪魔  鮮血の口づけ
優先度B  ヒーリングエンジェル  吸血貴・ヴァイト  ワードローブレイダー
ワンポイント!  アグロ系デッキを相手にする際は、とにかく2ターン目からプレイできるカードを手札に残したい。
基本的に盤面重視を心がけ、《漆黒の契約》は余裕があるときや、復讐調整にプレイするため、キープはしないでおこう。
VS コントロールデッキ
優先度A  ユニコーンの踊り手・ユニコ 吸血貴・ヴァイト  漆黒の契約
優先度B  ワードローブレイダー  サタン  バハムート
ワンポイント!  リソース勝負になるので、ドローソースになる《漆黒の契約》は最優先で残したい。
《バハムート》や《サタン》などのバリューの高いフィニッシャーも、他の手札がよければ残しても良い。

プレイ動画

新しく開設したGameAI公式YouTubeチャンネル」にて、バハムート降臨環境における、さまざまな有力デッキの回し方を続々とアップロード中。色々企画していくので、ぜひチャンネル登録お願いします!


いくら式『コントロールヴァンパイア』を、GameAI攻略班で回した動画はこちら。

いくら式『コントロールヴァンパイア』のデッキコード

 デッキコードを発行する



参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), コントロールヴァンパイア
-, , , , , , , ,