陽光サタンビショップ

『元式 陽光エクスビショップ』冥府エルフ対策はこれだ!AA3到達デッキの攻略ガイド(本人のプレイ動画付き)

2016/12/23

     

元式 陽光エクスビショップ

元氏は普段ビショップを中心にプレイしているプレイヤーで、AA3ランクまで到達した全国屈指の猛者。ニコニコ生放送を中心に、シャドウバースのゲーム実況も行っているそうです。コミュニティ名は「りりーちゃんねる2」。イリス使いの方は必見かと。

▶りりーちゃんねる2

 

今回は、氏の作成した【陽光エクスビショップ】のデッキレシピをご紹介させて頂きたいと思います!


目次

  • デッキレシピ
  • デッキ概要
  • マリガン

    デッキレシピ(陽光エクスビショップ)

    元式陽光ビショップ

    コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
    2 ベルエンジェル 3 シルバー
    2 スネークプリースト 3 ブロンズ
    3 教会の護り手 3 シルバー
    3 プリズムプリースト 2 シルバー
    4 鉄槌の僧侶 3 シルバー
    4 ガーディアンシスター 2 ブロンズ
    5 ゴブリンマウントデーモン 2 シルバー
    5 クレリックランサー 2 シルバー
    6 ムーンアルミラージ 1 レジェンド
    7 大修道女 2 ブロンズ
    8 ジャンヌダルク 1 レジェンド
    10 サタン 2 レジェンド
    コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
    2 漆黒の法典 3 ブロンズ
    3 エクスキューション 3 シルバー
    6 テミスの審判 3 ゴールド
    コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
    1 詠唱:聖なる願い 3 ブロンズ
    2 守護の陽光 2 シルバー

    元式ビショップマナ





    デッキ概要

    ひたすら守護や除去で序盤を耐え凌ぎ、《守護の陽光》を貼った状態で《サタン》をプレイして勝利する【コントロールビショップ】タイプのデッキ。

    天敵である【冥府エルフ】に対して《エクスキューション》を3枚採用していることでマッチアップ相性が少々改善されている。

    2コストのフォロワーとして選択しているのは《ベルエンジェル》と《スネークプリースト》でトレード性能がが低いため、序盤の盤面は取られてしまうが、ゲーム後半や《サタン》プレイ後のアポカリプスデッキのカードと相性が良い。

    また通常【コントロールビショップ】にされていてフィニッシャーとして人気のある《ルシフェル》や《光輝ドラゴン》が採用されておらず、【サタン】によるフィニッシュをより強く意識した構築になっていると言えるだろう。

    マリガン

    優先度:A
    最優先でキープすべきカード

    優先度:B
    優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

    優先度:C
    特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

    VSアグロ、ミッドレンジ

    優先度:A
    • 詠唱:聖なる願い
    • スネークプリースト
    • 漆黒の法典
    • 教会の護り手

    1ターン目にプレイ出来るドローソースである《詠唱:聖なる願い》はキープする。
    またアグロデッキ相手に序盤の打点を防ぐのに必要なこれらのカードをキープする。

    優先度:B
    • プリズムプリースト
    • 鉄槌の僧侶

    《プリズムプリースト》はステータスは低いが序盤に出せるフォロワーであり、《詠唱:聖なる願い》をサーチすることができるのでキープする。
    《鉄槌の僧侶》は後攻時に盤面を取り返すのに強力なカードなのでキープする。

    優先度:C
    • 守護の陽光
    • ガーディアンシスター
    • テミスの審判

    《守護の陽光》を貼るチャンスがあればアグロデッキに対して非常に有利になれるのでキープしても良い。
    《ガーディアンシスター》は他のカードのマナカーブが良い場合、キープも視野に。
    《テミスの審判》は、ロイヤルなどの横に展開してくる相手に非常に強力なので、リーダー次第ではキープしても良い。

    VSコントロール

    優先度:A
    • 詠唱:聖なる願い
    • プリズムプリースト

    コントロールデッキ同士の戦いでは手札の量と質がものをいう試合になるのでこれらのカードは優先的にキープする。

    優先度:B
    • 守護の陽光
    • 鉄槌の僧侶
    • サタン

    《守護の陽光》と《サタン》はコントロールデッキ相手には必ず10ターン目までに引いておきたいカードなのでキープしても良い。
    《鉄槌の僧侶》は後攻時に盤面を取り返すのに強力なカードなのでキープする。

    優先度:C

    • エクスキューション

    《エクスキューション》はビショップやエルフのアミュレットを壊すことが勝負に大きく影響する相手にキープしても良い。

総括

現在AAランク帯で流行している【冥府エルフ】に対して、従来の【コントロールビショップ】では非常に厳しいマッチアップになってしまうため、上位ランカーが多用するデッキへのメタを強く意識した構築になっている。

中でも、4コストで採用されている《ガーディアンシスター》が特徴的に見える。このカードは先行4ターン目にプレイすることで、相手ターン中攻撃力が5に上昇するため、後攻4ターン目に進化権を使われたとしても一方的にやられず相討ちに持ち込むことが可能で、盤面を取るのに活躍しやすい。

3枚採用されている《エクスキューション》は、【冥府エルフ】以外にも、最近増殖中のドラゴンの強デッキや、コントロールミラーなどのマッチアップでも、大型のフォロワーを除去する際に活躍が見込める。

このデッキでは《破邪の光》が採用されていないので、ラストワードのフォロワーを倒すときに《漆黒の法典》や《鉄槌の僧侶》で消滅させるなど、細かいプレイングも大事になってくる。

  • プレイング

アグロデッキ相手には序盤はとにかく守護と除去で体力を守りつつ、隙を見て《守護の陽光》を貼り、ピンチになったら《テミスの審判》で盤面を一掃し、息切れを狙う。

コントロールデッキ相手には序盤はドローを進めていって《守護の陽光》と《サタン》を揃える事が大切だ。
また軽コストの守護フォロワーなどはアポカリプスデッキのカードと一緒にプレイすることが強力なのでコストが余ったからといって適当に中盤に出すのは考えたほうが良い。

GameAI攻略班によるコメント

やはり、BP45,000を超えるランク帯で勝率をキープするには、環境トップである【冥府エルフ】対策は必至ということでしょうね。

本人のツイートにもあるように《エクスキューション》3積み採用で、【冥府エルフ】へのマッチングはかなり緩和されるようです。

元さんはビショップを非常に使い込んでる上位ランカーの方なので、今後の環境変化による氏のビショップデッキ構築には注目していきたいところです。

 

デッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

元ツイート

元さん、デッキの掲載許可をいただき、ありがとうございました!
この場を借りてお礼申し上げます。

参考プレイ動画(元式 陽光エクスビショップ)

元さん直々に【 陽光エクスビショップ】の実況解説されている動画です。強豪のプレイングを参考に出来る機会は上達への近道なので、オススメです!
【ニコニコ動画】対モルディカイ(640x360_100MB)

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-陽光サタンビショップ
-, , , , , ,