E_上級者

【シャドウバース攻略】ワンランク上を目指す『冥府エルフ』(コンボ紹介、マリガン、立ち回りガイド)

2016/12/23

     

シャドウバース攻略:『冥府エルフ』

基本デッキをしっかり抑えて、勝率アップを目指す人必見!
フェアリーたちと共に冥府への道を歩め!

環境トップに君臨する『冥府エルフ』の攻略ガイドはこちら。

『冥府エルフ』のデッキレシピ

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95
%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%80%80%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%8a
▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 ベルエンジェル 2 シルバー
2 フェアリーウィスパラー 3 ブロンズ
2 リノセウス 3 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 2 シルバー
5 クリスタリアプリンセス・ティア 2 レジェンド
6 フェアリービースト 2 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 3 ブロンズ
1 フェアリーサークル 3 ブロンズ
2 新たなる運命 3 ゴールド
2 森荒らしへの報い 3 ブロンズ
2 翅の輝き 3 ブロンズ
5 森の意志 2 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
4 冥府への道 3 ゴールド




『冥府エルフ』のレーダーチャート

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

『冥府エルフ』のデッキ概要

『冥府エルフ』は、手札枚数を《フェアリー》で嵩増やし、《新たなる運命》で一気に墓地を貯めて、
《冥府への道》を完成させて勝利するコントロールタイプのデッキだ。

他の勝利プランとして、《リノセウス》やステータスの高い《エンシェントエルフ》で盤面を取って勝利する勝利プランが存在するなど、対戦相手によって柔軟な対応ができるデッキとして人気が高い。
手札枚数に依存する効果のカードが多く含まれており、展開するか、手札に取っておくかなどの判断も大事になってくる。
ドロー、除去、展開力、回復、どれをとっても超一流であり、スタンダードカードパック環境から一線級で活躍しているデッキだ。




『冥府エルフ』のマリガン

VSアグロデッキ

優先度A:《フェアリーサークル》《べビーエルフ・メイ》《フェアリーウィスパラー》《森荒らしへの報い》《エンシェントエルフ》

優先度B:《エルフプリンセスメイジ》(後攻のみ)

VSコントロールデッキ

優先度A:《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》《森荒らしへの報い》《エンシェントエルフ》《新たなる運命》

優先度B:《エルフプリンセスメイジ》(後攻のみ)

マリガン参考記事

▶キーカードのドロー確率と優れたデッキ構築論

『冥府エルフ』の立ち回り

序盤

Point:対戦相手によって試合プランの選択をしよう。

【冥府エルフ】は、基本的に《冥府への道》を発動させて勝利するプランと、《リノセウス》によって勝利するプランが存在する。
対戦相手によってそれらの選択を正しくできるようにしよう。
基本的な立ち回りは以下のリンクを参考にして欲しい。

▶初中級コース:第2講「基礎からわかる!冥府エルフ」

例えば、1ターン目に《フェアリーサークル》を使用したとき、アグロデッキ相手には展開していったほうが良いが、、冥府プランでの勝利を目指す際は、手札に温存して、《フェアリー》を増やしていき、1枚でも《新たなる運命》でのドロー枚数を増やすといった選択が必要になってくる。

場に出した軽コストのフォロワーは、《エンシェントエルフ》で回収すれば、ファンファーレ効果を再利用することができたり、新たなる運命でのドロー枚数の嵩増しに使えるぞ。

エンシェントエルフ
効果:守護
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。

s__37462027

▲特に《ベビーエルフ・メイ》の使い回しは強力といえるだろう。《エンシェントエルフ》のその姿はまさに守護神だ。

中盤

Point:手札の枚数を維持しながら時間稼ぎを

冥府プランでは、《新たなる運命》を安全に使用するために、体力を奪われないようにすることも大切だ。
しかし、手札を使いすぎてしまうと《新たなる運命》でのドロー枚数が減ってしまう。
そこで活躍するのが《森の意志》《フェアリービースト》だ。

森の意志

効果:ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

手札枚数さえあれば1枚のカードで展開されたフォロワーを手札を減らさずに一掃できるので、【冥府エルフ】にはぴったりの除去カードだ。
このカードで盤面を返すためにも、むやみに《フェアリー》を展開するのはよそう。

フェアリービースト
効果:ファンファーレ 自分のリーダーを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ回復。

こちらも手札枚数に依存する効果で、最大8もの体力を回復することができる。

アグロデッキなどに非常に有効で、このカード1枚で勝負を忌めてしまうことも多い。

これらのカードを用いて、中盤は手札枚数を確保したままやり過ごそう。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%80%e6%b4%bb%e8%ba%8d

▲アグロデッキに《フェアリービースト》はあまりにも過酷過ぎる…

終盤

Point:新たなる運命から一気に墓地を貯めよう。

ある程度墓地も溜まっているはずなので、新たなる運命を発動して《冥府への道》の発動を目指そう。

手札枚数はなるべく多い状態で使用したいので、《新たなる運命》を発動させる前に《フェアリーウィスパラー》《フェアリーサークル》を使用して手札枚数を増やしたりするのも大切だ。
時には、手札を溢れさせて墓地を稼ぐといったプレイングも必要になってくるので覚えておこう。

《冥府への道》が発動できた場合も、体力が少なくなっているときは、疾走フォロワーでやられないように、同時に守護をプレイしたり、勝率が少しでも上げれるようなプランを選択できるようになろう。

また、相手リーダーの体力がある程度削れている場合は、《リノセウス》でのフィニッシュも見えてくる場合がある。

何PPあれば何ダメージが出るのかといったのは非常に重要になってくるので以下の表で覚えておこう。

【シャドウバース攻略】エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表

 

『冥府エルフ』の得意なデッキ、苦手なデッキ

得意なデッキ

・【コントロールロイヤル】
攻めが弱いので冥府への道の発動まで粘りやすい。
中盤までは基本的に盤面を有利に進められるので、《リノセウス》でのフィニッシュも狙える。
メタカードとして採用されている《オーディン》には注意しよう。

・【エイラビショップ】
《エイラの祈祷》さえプレイされなければ、基本的に盤面を取り続けることができる。
《冥府への道》まで粘ることも用意で、バーストダメージが出せるカードも存在しないので、有利だろう。
メタカードとして採用されている《オーディン》には注意しよう。

苦手なデッキ

・【超越ウィッチ】
攻めが【テンポエルフ】のように得意でないので、《次元の超越》によるフィニッシュを決められてしまうことが多い。
基本的に《冥府への道》での勝利プランは破棄して、リノセウスでのバーストダメージによる勝利を目指そう。

・【セラフビショップ】
【超越ウィッチ】同様、《封じられし熾天使》での勝利を決められやすい。
《冥府への道》の発動を、相手の《封じられし熾天使》の発動前に決めることができれば勝利できることが多い。

 

もっと詳しい相性表はこちら!

▶環境最強デッキ(Tierランキング)

『冥府エルフ』の入れ替えカード候補

名前 理由
エルフの少女・リザ ファンファーレ効果で効果ダメージ耐性をつけることができる。VS超越ウィッチに強くなる。
妖精のいたずら 大型フォロワーなどを問答無用で戻せる。時間稼ぎに有効。リノセウスの再利用にも。
エルフナイト・シンシア 強力な効果を持った6コストフォロワー。冥府への道以外での勝ち筋が広がる。テンポエルフとのハイブリット型を作る際のキーカード。

エルフの少女リザ10041妖精のいたずら-1-1.pngエルフナイト・シンシア

『冥府エルフ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶『冥府エルフ』のデッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-E_上級者
-, ,