疾走ビショップ

ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』現環境に最適化したビショップ(リーダー対策とマリガンガイド付き)

2016/12/27

     

シャドウバースデッキ攻略:ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』

img_5338-jpg

 

RGJ所属の上位ランカー「ゲキカラーズ(@Spicies_)」氏が、現在のランクマッチで使用。手応えを感じたことから、記事を寄稿していただけることになりました。

11連勝するなど高い勝率でMPを稼いでおり、現環境に適した疾走ビショップとなっています。逆走ビショップと呼ばれている理由は、以下の攻略記事を参考にしてみて下さい。

参考リンク

おすし式『逆走ビショップ』攻めよりも、守りを重視した疾走である意味(インタビューあり)

 

img_5341-jpg

高い勝率が出ていることが伺える。

img_5343-jpg

 


ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』のデッキレシピ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-10-15-14

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-10-15-25

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 ユニコーンの踊り手・ユニコ 2 ゴールド
2 天界の忠犬 3 ブロンズ
3 ヒーリングエンジェル 2 ブロンズ
4 ウルズ 2 ゴールド
4 鉄槌の僧侶 3 シルバー
5 レディアンスエンジェル 3 シルバー
6 ムーンアルミラージ 2 レジェンド
6 天空の守護者・ガルラ 3 ゴールド
8 ギルガメッシュ 2 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
2 気高き教理 2 ブロンズ
6 テミスの審判 3 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
1 詠唱:白翼への祈り 3 ブロンズ
1 詠唱:聖なる願い 2 ブロンズ
2 詠唱:神鉄の翼 2 ブロンズ
2 詠唱:獣姫の呼び声 3 シルバー
3 詠唱:神鳥の呼び笛 3 ブロンズ




ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』デッキ概要(文章:ゲキカラーズ)

はじめに

今デッキを組む上で意識したい事は、現環境の最有力デッキ(俗にいうTier1)である
・冥府エルフ
・超越ウィッチ
・ミッドレンジロイヤル
への優位性
です。

そこで、すでに【冥府エルフ】、【超越ウィッチ】両方に対してある程度有利に戦うことも可能な【疾走ビショップ】をベースとして、ミラー戦や【ミッドレンジロイヤル】を意識した構築にする事を考えました。
その際、以前話題になっていた「おすし式【逆走ビショップ】」を参考とし、ロイヤルの得意な横展開に対するカウンターとなる《テミスの審判》を採用。

テミスの審判

また、それにより7〜8ターン目に盤面が空である状態が生まれるので、それを利用してダメージを稼げる《ギルガメッシュ》も2枚採用。このデッキが完成しました。

ギルガメッシュ

立ち回り解説

このデッキが相手として想定している【冥府エルフ】、【超越ウィッチ】、【ミッドレンジロイヤル】それぞれに対しての立ち回りを紹介します。

VS冥府エルフ

エルフ

・マリガン
《詠唱:白翼への祈り》、《詠唱:聖なる願い》、《詠唱:獣姫の呼び声》、《詠唱:神鉄の翼》、《詠唱:神鳥の呼び笛》、(後攻)《鉄槌の僧侶》

・立ち回り
フォロワーを普通に出しても、《森の意思》などにより全て除去されてしまうので、1ターンに大量のフォロワーを出し、相手の処理を追いつかなくさせるようにして戦います。
強い動きとして、


2ターン目:《詠唱:獣姫の呼び声》(または《詠唱:神鉄の翼》)
3ターン目:《詠唱:神鳥の呼び笛》(後攻なら《詠唱:神鉄の翼》でも可)
により完成する、5ターン目のアミュレットからの一斉解放により、他のフォロワーを合わせる。


5ターン目:複数のアミュレットを展開
6ターン目:《テミスの審判》
7ターン目:一部は解放、残りを《天空の守護者・ガルラ》で解放

といったパターンが考えられます。
《フェアリービースト》は、回収されてもう一度出されたとしても、相手はそのターン他の行動が出来ず、こちらは盤面を強化出来るので、必ずしも処理する必要はありません。

 

VS超越ウィッチ

ウィッチ

・マリガン
《詠唱:聖なる願い》、《詠唱:白翼への祈り》、《詠唱:獣姫の呼び声》、《詠唱:神鳥の呼び笛》

・立ち回り
基本的には、疾走持ちのフォロワーを進化させて顔面を削り切ることになりますが、同時にフォロワーを3体以上並べて盤面を取って勝つことも狙えるので、相手がどのくらい除去を持っているか、何回スペルブースト出来ているかを見極める必要があります。
また注意点として、相手にこちらの顔面を削る事を許しすぎると、《フレイムデストロイヤー》1枚+《次元の超越》1枚だけでのリーサルが完成してしまい、負け筋が広がってしまうので、無理のない範囲で除去も行った方がいいです。
《テミスの審判》もたまに使えます。

 

VSミッドレンジロイヤル

ロイヤル
・マリガン
《詠唱:白翼への祈り》、《詠唱:聖なる願い》、《詠唱:獣姫の呼び声》、《詠唱:神鉄の翼》、《ユニコーンの踊り手・ユニコ》、《詠唱:神鳥の呼び笛》、(後攻)《鉄槌の僧侶》

・立ち回り
《テミスの審判》の使い方が鍵となります。大きく分けて3つのパターンがあります

①テミス不使用
『序盤に毎ターンアミュレットを置き、5ターン目に一斉に解放、そのまま盤面を取って勝利』
いわゆる最強ムーブですね。
処理かフェイスか迷ったら、処理しておいた方が良いことが多いです。

 

 

②攻めるテミス
『序盤にアミュレットまたはフォロワーを置き、盤面を取り合いながら顔面を削る。手札と疾走アミュレットの打点で勝利が見えたら無理やり顔面を殴ってテミス、次以降のターンでさらに疾走で顔面を殴って勝利』
序盤に①ほど強い動きができなかった時に、狙いたい勝利プラン。
ただ、《テミスの審判》がある事を前提にした動きをし過ぎると、引けなかった時や相手に読まれた時に負けてしまうため、ギリギリまで《テミスの審判》はないものとして戦い、勝利を確実にするようにしましょう。

img_5340-jpg

▲《テミスの審判》の後、《ギルガメッシュ》で無理やり押し込めることができたぞ。

③守るテミス
『序盤の動きが悪く、回復も活かして何とか耐えてテミスを1回以上使って盤面をリセット。相手のリソースを枯らす、又はボードを取り返して勝利』
結局このパターンになる事が割と多いです。ロイヤルには《海底都市王・乙姫》や《アルビダの号令》など、《テミスの審判》後にある程度リカバリーの効くカードがあるため、出来るだけアミュレット解放の1ターン前に《テミスの審判》を使い、次で盤面を取り返せるようにしましょう。
進化権を残しておく事も大事になります。

img_5339-jpg

▲《テミスの審判》を《海底都市王・乙姫》でリカバリーされても大量展開ができれば、怖くない!

他のデッキに対して

基本的な【疾走ビショップ】と同じような戦い方をする事になります。
《エンジェルバレッジ》、《教会の護り手》辺りのカードが入っていないため、【テンポエルフ】、【アグロヴァンパイア】等から耐え切ることは厳しいので、回復は補助として使いながら、こちらも攻めていくのが良いでしょう。




ゲキカラーズ(@Spicies_)さん、デッキレシピ提供ありがとうございました!

ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する(ゲキカラーズ式『逆走テミスビショップ』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-疾走ビショップ
-, , , ,