JCG

【シャドウバース】JCG Shadowverse Open キックオフ大会レポート 記念すべき第一回大会の優勝者は・・・?

2016/12/23

     

JCG Shadowverse Open キックオフ大会レポート

先週末に開催された、記念すべき第一回大会「JCG Shadowverse Open キックオフ大会」の大会結果をまとめた大会レポートになります。

▶「JCG Shadowverse Open」公式サイト

▶7/24 JCG Shadowverse Openキックオフ大会結果(JCG公式サイト)

1,000名以上のエントリーの中から抽選で選ばれた64名。
ルールは、BO3(最大3試合、2リーダー登録)。注意しなければならないのは、どちらのデッキを先に出してもOKだが、両方のデッキで1勝ずつしなければ相手を撃破したことにはならない点。つまり、最低でも2つのクラスを仕上げておき、大会用デッキとして完成させてある必要があるということです。
16名ずつ4ブロックに別れて戦い、各ブロックの優勝者4名で、決勝トーナメントが争われました。

GameAIで独自にリサーチした、約1,000名の大会エントリーから分析した勢力分布図や、優勝予想の考察記事も先週公開しているので、併せてご覧いただければと思います。

JCG-Shadowverse-Open-キックオフ大会(勢力分布図)

▶1,000人以上エントリーのシャドウバース大会「JCG Shadowverse Open」勢力分布図と優勝デッキ予想!


決勝トーナメント

決勝トーナメントに進出した4名と使用デッキの組合せは、以下の通りになりました。

  • シード氏
  • 【冥府エルフ】+【ミッドレンジロイヤル】

  • sirobaki氏
  • 【ミッドレンジロイヤル】+【コントロールビショップ】

  • sco氏
  • 【ミッドレンジネクロ】+【コントロールヴァンパイア】

  • あきさく氏
  • 【冥府エルフ】+【アグロネクロ】

    やはりというか、現在Tier1に属する【冥府エルフ】と【ミッドレンジロイヤル】は、各2名が選択していたようです。

    ネクロマンサーのデッキもタイプこそ違うものの、2名が選択しており、残りの2デッキには、【コントロールヴァンパイア】と【コントロールビショップ】がそれぞれ選ばれ、残念ながらウィッチとドラゴンのデッキは、決勝トーナメントには1つも残らずといった状況でした。

    さて、この中から優勝を手にしたのは・・・

    大会結果

    JCG1

    見事優勝して、64名の頂点に立ったのは、「あきさく」氏でした。おめでとうございます!

    優勝者が選んだリーダーの組合せとしては、エルフ+ネクロマンサーという結果に。
    JCGで公開されている、優勝者のデッキ内容はこちら!

    ▶あきさく式 冥府エルフ

    ▶あきさく式 アグロネクロ

    GameAI攻略班で予想していた、本命の組合せはエルフ+ロイヤルでしたので、半分正解といった形になりました。

    やはり、圧倒的パワーを持つ【冥府エルフ】を安定して止めることができるデッキはなかなか存在しないので、《収穫祭》がナーフされてデッキパワーが弱体化するまでは、今後の大会でも猛威を奮っていくことになるでしょう。

    今回の決勝戦で使われている【冥府エルフ】のデッキレシピには、どちらも《フェアリービースト》採用型。

    初期の冥府エルフに搭載されていなかったこのカードが最近では標準装備になってきていてるのも、環境を象徴しているカードだと言えるのではないでしょうか。

    注目のポイント

  • アグロネクロについて
  • 優勝者の「あきさく」氏が使用した【アグロネクロ】は、環境トップの【冥府エルフ】に対して、有利を取れる数少ないデッキです。
    先攻でマナカーブ通りに動けた場合、6ターン目までのデッキパワーは”文句なしに最高クラス”なので、少なくとも8月の大型アップデートまでの大会では人気が継続すると予想されます。

    今回使われた【アグロネクロ】の特徴として、《デモンストライク》の2枚採用も注目ポイントのひとつ。
    アグロネクロの中でも特に速攻性を求めた、大会を強く意識した”攻めの構築”に傾けていたと言えるでしょう。

  • ミッドレンジロイヤルについて
  • 【ミッドレンジロイヤル】は【冥府エルフ】に匹敵するデッキパワーと安定性で、ランクマッチではもちろん、大会の場でも支持を集めていたデッキです。

    準優勝者の「sirobaki」氏が使用していた【ミッドレンジロイヤル】には、最近愛好家が増えている《ガブリエル》が2枚採用されていることが特徴的で、思わぬ死角からバーストダメージを出すことに貢献していたと思われます。氏がもう一つのデッキとして選択していたのは【コントロールビショップ】。

    終盤戦にかけて真価を発揮するビショップクラスは、【冥府エルフ】が非常に厳しいマッチアップとなるのですが、他のデッキに対しては十分戦えるポテンシャルを秘めており、アップデート後にエルフクラスが弱体化して以降の大会では、メタゲームとして選択肢に食い込んでくるのではないかと予想しています。

     


    以上、JCG Shadowverse Open キックオフ大会レポートでした。

    第二回大会では128名枠に拡大して行うとのこと。どんな未知の強豪が出現し、どのようなデッキタイプの組み合わせで大会を制していくのか、注目していきたいと思います!




    参考リンク集

    新カード評価ランキングと解説

    「バハムート降臨」特集
    新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
    最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
    新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
    ストラクチャーデッキ集
    過去に紹介したデッキ集
    エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
    ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
    2Pick(アリーナ)攻略
    2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
    5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
    初心者ガイド
    初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
    効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
    エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
    エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
    エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
    基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
    おすすめ戦績記録ツール
    『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

    週間人気記事ランキングTop20

    -JCG