RAGE

屈辱の決闘者式『アグロエルフ』『土超越ウィッチ』『ミッドレンジロイヤル』RAGEファイナリストが披露した、実況解説も絶賛のデッキとは(インタビューあり)

2016/12/27

     

シャドウバース攻略:屈辱の決闘者式『アグロエルフ』『土超越ウィッチ』『ミッドレンジロイヤル』

シャドウバースの全国大会『RAGE』のファイナリストであり、TCGの強豪として知られる「屈辱の決闘者(@LivetubeSTAR )」氏。
氏が、RAGE決勝戦の第一試合(BO5)で披露した、デッキを紹介しよう。

数多の強者の試合を実況・解説してきた「kuroebi」氏をして、(RAGE決勝戦当日にデッキリストを見た時)『天才だと感じた』と言わしめたデッキ構築とは!?


屈辱の決闘者式『アグロエルフ』のデッキレシピ

%e6%98%9f%e5%bc%8f%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ゴブリン 3 ブロンズ
1 ウォーターフェアリー 3 ブロンズ
1 ベビーエルフ・メイ 3 ブロンズ
2 フェアリーウィスパラー 2 ブロンズ
2 フェアリーブリンガー 2 ブロンズ
2 リノセウス 3 ゴールド
2 エルフの少女・リザ 3 ゴールド
3 エンシェントエルフ 3 レジェンド
4 エルフプリンセスメイジ 2 シルバー
5 風神 2 ゴールド
5 ロビンフッド 2 ゴールド
5 クリスタリアプリンセス・ティア 1 レジェンド
6 エルフナイト・シンシア 3 ゴールド
7 ガブリエル 1 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 自然の導き 2 ブロンズ
2 森荒らしへの報い 3 ブロンズ
2 翅の輝き 1 ブロンズ
5 死の舞踏 1 ブロンズ




屈辱の決闘者式『アグロエルフ』のキーカード

屈辱の決闘者式『アグロエルフ』には、強力な妨害効果を持った《ロビンフッド》が採用されている。

ロビンフッド
効果:相手のターンに、相手のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーに1ダメージ。

非常に優秀なステータスを持ち、場にいる限り、体力1フォロワーの攻撃を”完全封鎖”するのが特徴だ。
つまり、エルフやヴァンパイアなど、体力1のフォロワーが多いデッキに対して強力なメタカードになり得る。最終兵器《リノセウス》とてその例外ではなく、RAGE決勝戦(BO5)での「冥府エルフ対策」を読んだ上での、鋭い着眼点と言えそうだ。実際にRAGE決勝では、大きな活躍をした。

このデッキの特徴として、バフカードの《ガブリエル》にも注目だ。

ガブリエル
効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+4/+3する。

エルフクラスは、《フェアリー》などの小型のフォロワーを並べるのが得意なので、場にフォロワーを残しやすく、《ガブリエル》の効果を生かしやすい。
また、《リノセウス》以外の不意のバースト要員として、相手の死角からのダメージが期待しやすいのもポイントである。熟練の相手と対峙した時の「読みにくい構成」を強く意識しつつ、高い完成度を突き詰めたデッキと言えそうだ。

屈辱の決闘者式『土超越ウィッチ』のデッキレシピ

%e6%98%9f%e5%bc%8f%e8%b6%85%e8%b6%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 古き魔術師・レヴィ 2 ゴールド
4 マーリン 1 レジェンド
5 エンシェントアルケミスト 3 ゴールド
10 フレイムデストロイヤー 3 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 エンジェルスナイプ 3 シルバー
1 知恵の光 3 ブロンズ
2 マジックミサイル 3 ブロンズ
2 ゴーレムの練成 1 ブロンズ
2 ウィンドブラスト 1 ブロンズ
2 虹の輝き 3 ブロンズ
3 魔力の蓄積 3 シルバー
3 変成の魔術 1 シルバー
3 魔女の雷撃 1 ブロンズ
4 ファイアーチェイン 1 ゴールド
5 運命の導き 3 ブロンズ
6 破砕の禁呪 1 ゴールド
18 次元の超越 3 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
1 くずの鉄の練成 2 ブロンズ
2 炎熱の術式 2 ブロンズ

屈辱の決闘者式『土超越ウィッチ』のキーカード

BO5で持ち込んだ、屈辱の決闘者式『土超越ウィッチ』は、【超越ウィッチ】に土の秘術ギミックを搭載した、超越サポートを強化したデッキとなる。
土の印を持ったアミュレットとして、《炎熱の術式》が採用されている。

炎熱の術式
効果:ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。

ダメージ効果を持っているので、小型フォロワーを処理しつつ、土の印を設置できる便利なカードだ。
また、フォロワーを展開された際の全体除去として《破砕の禁呪》が大活躍するぞ。

破砕の禁呪効果:体力2以下の相手のフォロワーすべてを消滅させる。
土の秘術 体力2以下ではなく5以下を消滅させる。

消滅効果なので、ラストワード効果を発動させない点もポイント。

ラダークライム用 屈辱の決闘者式『土超越ウィッチ』

今回特別に、ランクマッチでポイントを稼ぐために調整した『土超越ウィッチ』のレシピを提供して頂いたぞ。
《次元の超越》の完成スピードをより速めた構築になっているそうだ。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%a8%e5%b1%88%e8%be%b1%e3%81%ae%e6%b1%ba%e9%97%98%e8%80%85%e5%bc%8f%e5%9c%9f%e8%b6%85%e8%b6%8a%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 古き魔術師・レヴィ 2 ゴールド
4 マーリン 1 レジェンド
5 エンシェントアルケミスト 3 ゴールド
10 フレイムデストロイヤー 3 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 エンジェルスナイプ 3 シルバー
1 知恵の光 3 ブロンズ
1 実験開始 2 シルバー
2 マジックミサイル 3 ブロンズ
2 ゴーレムの練成 1 ブロンズ
2 ウィンドブラスト 1 ブロンズ
2 虹の輝き 3 ブロンズ
3 魔力の蓄積 3 シルバー
3 変成の魔術 1 シルバー
3 魔女の雷撃 1 ブロンズ
5 運命の導き 3 ブロンズ
8 炎の握撃 2 ブロンズ
18 次元の超越 3 ゴールド
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
2 炎熱の術式 2 ブロンズ




屈辱の決闘者式『ミッドレンジロイヤル』のデッキレシピ

%e6%98%9f%e5%bc%8f%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ゴブリン 3 ブロンズ
1 ヴァンガード 3 ブロンズ
2 オースレスナイト 3 ブロンズ
2 歴戦のランサー 3 ブロンズ
2 メイドリーダー 2 シルバー
2 プリンセスヴァンガード 3 シルバー
3 ノーヴィストルーパー 3 ブロンズ
3 わがままプリンセス 3 シルバー
4 フローラルフェンサー 3 シルバー
5 風神 2 ゴールド
5 ロイヤルセイバー・オーレリア 2 レジェンド
6 セージコマンダー 2 シルバー
6 海底都市王・乙姫 2 レジェンド
8 ギルガメッシュ 1 シルバー
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 師の教え 1 ブロンズ
5 死の舞踏 1 ブロンズ
6 アルビダの号令 3 ゴールド

屈辱の決闘者式『ミッドレンジロイヤル』のデッキ概要

BO5で使用した3つ目のデッキは、屈辱の決闘者式『ミッドレンジロイヤル』。
1コストフォロワーを強化できる指揮官の《プリンセスヴァンガード》が採用されている。

プリンセスヴァンガード

効果:ファンファーレ コスト1の自分のフォロワー1体を+1/+0する。

本体のステータスは、1/3と体力1のフォロワーに対して強いステータスだ。
兵士フォロワーでなくても強化できるので、デッキに採用されている《ゴブリン》を強化することができるのも覚えておこう。
また、ロイヤルは、盤面にフォロワーがいなければ、バーストダメージを出すことは苦手だが、そんな時に活躍するのが《ギルガメッシュ》。

ギルガメッシュ
効果:疾走

同じロイヤルの8コストフォロワーに《ドラゴニュート・シャルロット》がいるが、こちらのが攻撃力が高いので「トドメの一撃!」といったときには、《ギルガメッシュ》のが向いているだろう。

キーカードの採用理由(インタビュー)

エルフ:フェアリーサークルの不採用理由は、どういった理由ですか?

10021フェアリーサークル-1.png

屈辱の決闘者:テンポを失うカードであるため。序盤に盤面の有利を取ることが【アグロエルフ】では最重要と考えています。
《リノセウス》の攻撃力を上げる、もしくは手札補充をすることを考えなければ、3コスト2/2というパフォーマンスが悪いカードと考えています。
また、1ターン目《フェアリーサークル》→2ターン目《フェアリー》x2の動きは、1ターン目、1コスト1/2もしくは《ウォーターフェアリー》に負けるため。
では、何故《フェアリーウィスパラー》は採用するのか?

0041フェアリーウィスパラー-1.png
屈辱の決闘者:2コストの返しスペルが強いため(《虹の輝き》、《森荒らしへの報い》、《渾身の一振り》etc…)。
これらのカードを、2ターン目の2コスト2/2に打たれると、それだけで相手とのリソースの差が開いてしまい、ゲームが終わることも多い。
《エルフの少女・リザ》と《フェアリーブリンガー》は、それらのカードに耐性があるので採用できます。
《フェアリーウィスパラー》で失ったテンポは、《フェアリーブリンガー》や《ベビーエルフ・メイ》で取り戻す事ができる。

エルフ:クリスタリアプリンセス・ティアは強力なカードですが、なぜ1枚なのですか?

クリスタリアプリンセス・ティア
屈辱の決闘者:

①手札に一枚あれば、《自然の導き》で再利用できるからそれで十分。
《森の意志》に対して耐性をつけるため、体力が低いフォロワーを採用したくなかったから。
③このカードを使った一番強い動きが、後攻の《エルフプリンセスメイジ》進化から次のターン0コスト《フェアリー》x2で出す動きで、ゲーム中に1度しか訪れないため。

代わりに採用したのが《ロビンフッド》です。

ロビンフッド
屈辱の決闘者:

①進化込みで《エルフプリンセスメイジ》を倒したあと、更に相手の《クリスタリア・イヴ》と相打ちが取れるため。
②進化込みで体力が8あり、1枚で相手の《森の意志》による被ダメージを全て吸収できるため。
《リノセウス》の攻撃を防ぐため。

ウィッチ:なぜ土の秘術ギミックを混ぜようと思ったのですか?

屈辱の決闘者:【超越ウィッチ】が苦手とするデッキ(【疾走ビショップ】、ロイヤル、アグロ系デッキ全般)に対しての勝率を上げるためです。
【超越ウィッチ】に《くず鉄の錬成》が入っているデッキがあるが、せっかく出した土の印を消費しないのは少々勿体無い気持ちがあったため、印消化先として、スペルブーストのシナジーがある《エンシェントアルケミスト》を3枚採用することにしました。

ウィッチ:エンシェントアルケミストは、3枚積み必須でしょうか?

エンシェントアルケミスト

屈辱の決闘者:《ガーディアンの錬成》を3枚持ってくる効果は、序盤中盤終盤いつ使っても強いので3枚欲しい。
1~4ターン目までは手札をガンガン使っていき、5ターン目に手札を6枚以下の状態にした上、《エンシェントアルケミスト》で土を消火。
6ターン目に《ガーディアンゴーレム》を3体出す動きがベストムーブメント。3体の強力な壁とスペルブーストx3が、相手の心をへし折ることになります。

ロイヤル:クイックブレーダーでなく、ゴブリンを採用している理由を教えてください。

ゴブリン
屈辱の決闘者:

《クイックブレーダー》の場合、相手の1コスト1/2、《ベビーエルフ・メイ》、《ウォーターフェアリー》、等に不利なトレードを強いられるため。
その分、《クイックブレーダー》+《ガブリエル》の動きが出来ないため、《ギルガメッシュ》を一枚採用しました。
《プリンセスヴァンガード》の効果が《ゴブリン》にも乗るのがミソ。

ロイヤル:ロイヤルセイバー・オーレリア、セージコマンダー、海底都市王・乙姫の指揮官3強の枚数配分について一言お願いします。

屈辱の決闘者:もし、《ロイヤルセイバー・オーレリア》、《セージコマンダー》、《海底都市王・乙姫》等の高コストカードの枚数が相手と同じであるならば、序盤のボード取り合戦は五分。高コストカードを減らして低コストカードを入れれば、その分だけ有利になる。
高コストカードを多く引いてしまって、「序盤に出せるカードが無い」といったマリガンでの事故も減ります。
【冥府エルフ】や【エイラビショップ】等の長期戦に強いデッキに対して長期戦を挑んでも不利なので、高コストカードはできるだけ減らす方向で調整したいと考える。
純粋にパワーカードであり、勝つために必要なカードではあるが、手札で2枚以上被ると弱いので「2枚ずつの採用」にしました。

屈辱の決闘者(@LivetubeSTAR)さん、デッキレシピの提供とインタビュー協力ありがとうございました!

OPENREC配信(屈辱の決闘者)

日ごろからOPENRECで配信している、「屈辱の決闘者(@LivetubeSTAR)」氏。
トップランカーによるテクニックや戦略は必見です!

屈辱のシャドウバース

屈辱の決闘者式『アグロエルフ』『土超越ウィッチ』『ミッドレンジロイヤル』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する(屈辱の決闘者式『アグロエルフ』)
▶デッキコードを発行する(屈辱の決闘者式『土超越ウィッチ』)
▶デッキコードを発行する(屈辱の決闘者式『ミッドレンジロイヤル』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
ストラクチャーデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTop20

-RAGE
-, , , , , , , ,