RAGE

【GameAI式】シャドウバース全国大会『RAGE』決勝戦の大会レポート!

2016/12/27

     

RAGE決勝戦 大会レポート

2016年11月23日に開催された、全国大会『RAGE VOL.3 Shadowverse』。
3,000名以上の腕自慢がエントリー、1,024名で予選を争ったシャドウバース初の大型大会。頂点に立つのははたして・・・!?

rage3

GameAIも取材に行ってきたぞ!
今回は、攻略班いくらが撮影した、写真付きのレポートをお届けしたい。

img_0724

▲左手がま選手、右手がroro選手

スポーツマンシップに則り、試合前に握手を交わした後、バトルシートに着席。
嵐の前の静けさと言うべきか... 緊張感あふれる、束の間の静寂が訪れる。
お互いの選択リーダーは、

・冥府エルフ
・ミッドレンジロイヤル
・エイラビショップ

と、完全に同じデッキタイプとなっており、BO5における上記3デッキの強さが際立っていると言えるだろう。

 

一戦目(エイラビショップ VS 冥府エルフ)

【エイラビショップ】を選択したま選手に対し、roro選手は【冥府エルフ】を選択。

%e3%81%be%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97

roro%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95
デッキ選択の心理予想としては、

ま選手:【冥府エルフ】以外の2デッキが出てきた場合に、構築上有利が取りやすい【エイラビショップ】を選択。
roro選手:大舞台の決勝戦で先勝を上げて、少しでも心理的優位を取りつつ、自身へのプレッシャーを和らげたい。よって、最も勝算の高い【冥府エルフ】を選択。

というものが予想される。

ま選手は、2ターン目に《詠唱:獣姫の呼び声》をプレイする順調な滑り出し。
対するroro選手は、初手のハンドが重過ぎるなどドロー運に恵まれず、ややぎこちないスタートとなった。

そんな中、試合が一気に動いたのは、ま選手の5ターン目。

img_0738

ま選手の《スネークプリースト》により守られた《鉄槌の僧侶》と、エルフに対する強力なメタカードである《エンジェルバレッジ》により一気に相手の盤面を壊滅!
そのまま盤面のリードを奪い続け、見事勝利!

二戦目(ミッドレンジロイヤル VS エイラビショップ)

%e3%81%be%e5%bc%8f1

cx7ag9exeaa_xsi

デッキ選択の心理予想としては、

ま選手:ミッドレンジロイヤルで2勝目を狙いにいくと同時に、リーサルウェポンの【冥府エルフ】を残したい。
roro選手:ロイヤル読みの【エイラビショップ】。【冥府エルフ】に分が悪い【エイラビショップ】を最終戦に残したくなかった。

というものが予想される。
いざ試合が始まると、ま選手のハンドが出だしから絶好調!4ターン目までマナカーブ通り動き、怒涛の攻めを展開。
roro選手は、あまりの猛攻に《エイラの祈祷》をプレイするタイミングを失ってしまう。

ま選手は、果敢にアタックしつつ、あくまで慎重に攻めていく。
木村プロデューサーも舌を巻いたクレバーなプレイは6ターン目。あえてフォロワーを展開せず、《テミスの審判》のタイミングを外していく深い読みも魅せていく。
さらに、《テミスの審判》の後の返しの《メイドリーダー》では、一番欲しかった《海底都市王・乙姫》をサーチ!

そして、運命の10ターン目。

img_0756
なんと、デッキトップからドロー《セージコマンダー》!
実況・解説も思わず唸る、劇的なリーサルを決めた。やはり持っている、ま選手

三戦目(冥府エルフ VS 冥府エルフ)

3戦目は、【冥府エルフ】のミラーマッチ!

ま・冥府エルフ

roro%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

心理状況としては、

ま選手:2-0で精神的優位。このまま押し切りたい。
roro選手:相手が【冥府エルフ】確定なので、ミラーを制して1勝を取り返したい。

というものが予想される。
最終戦は、お互いに強めのオープニングハンドからスタート。
均衡を破ったのは、後攻のま選手。先に7/8の《エンシェントエルフ》を場に立てて威圧していく。
roro選手は、《フェアリー》進化→《リノセウス》→《リノセウス》を使って処理するも、《リノセウス》2枚と進化権を使わされてジリ貧に。

その後、4/5の《エンシェントエルフ》、4/2の《エルフプリンセスメイジ》、1/1の《フェアリー》を盤面に並べられ、roro選手側の盤面は0で手札には返す手段なし。
絶体絶命のシーンに思われたが、「墓地20」からの《冥府への道》→《新たなる運命》→《新たなる運命》という神ドローで、先に「冥府」を起動させたのは、なんとroro選手。

しかし、体力に余裕のあったま選手は、《新たなる運命》から《フェアリービースト》を引き込んでいた。
延命しつつ、2ターン遅れで《冥府への道》を完成。

img_0769
さらに、2枚目の《冥府への道》も引き込み、ま選手が見事3本連続で白星をあげ、初代王者の栄冠を手にいれた!
優勝したま選手には、優勝賞金の400万円と、光り輝く巨大トロフィー、そしてゲーム内の「特別称号」が贈られたぞ。

img_0780

▲RAGEの覇者にだけ与えられる、巨大トロフィーを天高く掲げてみせた。

img_0808

▲400万円の高額賞金が授与される。

1rage%e7%a7%b0%e5%8f%b7

▲まさに唯一無二の「特別称号」だ。

大会結果と賞金額

rage6

優勝:ま選手(400万円)
準優勝:roro選手(100万円)

3位:hiroya選手(50万円)
4位:soomya選手(30万円)

5位タイ:nakayama選手、asupe選手、屈辱の決闘者選手、りんご選手(各15万円)

%e8%b3%9e%e9%87%91%e7%b7%8f%e9%a1%8d

RAGE写真館

 

%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e

▲大会のエンディングでは待望の「次回予告」も。会場内も歓声と拍手喝采!

img_0936-680x453

▲エンディングで手を振る、RAGE運営プロデューサーの「大友」氏と、シャドウバースの生みの親「木村」氏。
会場にいた大勢のシャドウバースファンから、大きな拍手が贈られていた。

dsc_0451

▲RAGEアフターパーティーでの一幕。
赤いユニフォームを身に纏ったファイナリストの「りんご」選手と、GameAI攻略班「いくら」のエキシビションマッチが勃発。

img_1028-680x1020

▲優勝した「ま」選手と、記念にツーショット。
快く撮影に応じていただき、ありがとうございました!

 

RAGE GRAND FINALSの配信

OPENREC配信のアーカイブはこちら!

「神々の騒嵐」総力特集

神々の騒嵐 「神々の騒嵐」先取りデッキ集(全クラス)
新カードパック「神々の騒嵐」評価ランキング(解説あり)

注目リンク

環境最強デッキ集(Tierランキング)アップデート対応版
リセマラランキング完全版
「最大連勝数一覧」シャドバギネス:最多連勝数に挑戦しよう!

「神々の騒嵐」特集
新カード(全104枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(神々の騒嵐)
Tierランキング(環境最強デッキ集) 連勝ランキング
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
デッキ対策シリーズ
アグロネクロ対策一覧 ランプドラゴン対策一覧
白狼白銀エルフ対策一覧
強カード対策シリーズ
ヘヴンリーイージス対策 ウロボロス対策
魔将軍・ヘクター対策 リノセウス対策
骨の貴公子対策
デッキ特集
『超越ウィッチ』完全攻略ガイド 低資産『超越ウィッチ』(7,550エーテル)
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 5連勝しやすいリーダーランキング
報酬リスト一覧
効果別全カード一覧
ファンファーレ ラストワード 守護 疾走
エンハンス ドレイン 消滅 潜伏
突進 必殺 交戦時
カードパック別全カード一覧表
第一弾
STD
第二弾
DRK
第三弾
ROB
第四弾
TOG
プライズ
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
キーカードの「ドロー確率」を徹底分析 コスパ最強「構築済みデッキ」情報まとめ
意外と使えるこのカード
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』
GameAI攻略班「いくら」
GameAI攻略班として活躍中。 OPENREC シャドバ道場「師範」 「JCG大会」、「ファミ通CUP2017」解説役など Twitter:@syakasyakamax

週間人気記事TOP20

週間人気記事ランキングTOP20

-RAGE
-, , , ,