D_上級者

【シャドウバース攻略】ワンランク上を目指す『フェイスドラゴン』(コンボ紹介、マリガン、立ち回りガイド)

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:『フェイスドラゴン』

基本デッキをしっかり抑えて、勝率アップを目指す人必見!
不可侵の脅威を知るがいい!

大人気カード、フォルテが大活躍、『フェイスドラゴン』の攻略ガイドはこちら。


『フェイスドラゴン』のデッキレシピ

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3
%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%8a

 

▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 ゴブリン 2 ブロンズ
1 アイボリードラゴン 3 ブロンズ
2 大嵐のドラゴン 3 ブロンズ
2 サンドストームドラゴン 3 ブロンズ
2 ファイアーリザード 3 ブロンズ
2 ドラゴニュートスカラー 3 ゴールド
2 ムシュフシュ 3 ブロンズ
3 トリニティドラゴン 3 ブロンズ
3 鉄鱗の竜人 2 ブロンズ
4 ドラゴンウォーリア 2 シルバー
4 ジークフリート 3 シルバー
6 ダークドラグーン・フォルテ 3 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
1 ブレイジングブレス 3 ブロンズ
2 ワイルドハント 1 ブロンズ
2 竜の伝令 3 シルバー




%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3

『フェイスドラゴン』のデッキ概要

『フェイスドラゴン』は、攻撃不可のフォロワーを搭載し、それらと小型のフォロワーで相手リーダーの体力を積極的に削っていくアグロデッキ。
強力な疾走フォロワーである《ダークドラグーン・フォルテ》をフィニッシャーとして採用していて、《竜の伝令》による確定サーチによる実質6枚積みとするデッキ構築が特徴的だ。
除去も得意としていて、ファンファーレ効果でダメージを与えるものなども多い。
短期決戦になりやすいデッキなので、ランクマッチでも人気のあるアーキタイプとなっている。

『フェイスドラゴン』のマリガン

VSアグロデッキ

優先度A:《ゴブリン》《アイボリードラゴン》《サンドストームドラゴン》《ファイアーリザード》《ドラゴニュートスカラー》《ムシュフシュ》

優先度B:《ブレイジングブレス》《ドラゴンウォーリア》(後攻のみ)

VSコントロールデッキ

優先度A:《ゴブリン》《アイボリードラゴン》《サンドストームドラゴン》《ファイアーリザード》《ドラゴニュートスカラー》《ムシュフシュ》

優先度B:《竜の伝令》《トリニティドラゴン》《ダークドラグーン・フォルテ》

マリガン参考記事

▶キーカードのドロー確率と優れたデッキ構築論

『フェイスドラゴン』の立ち回り

序盤

Point:基本は相手リーダー狙い

序盤から小型フォロワーで相手リーダーを狙っていこう。
ただし、対戦相手によっては、あえてフォロワーを処理するといった選択も大切だ。
例えば、《ゴブリン》、《アイボリードラゴン》、《サンドストームドラゴン》などは、攻撃力が1で、体力を削るのにはあまり適していない。
そんな時、エルフなどを相手にする際は、《エンシェントエルフ》が巨大なステータスで出てきてしまうと、突破するのも非常に困難になってしまうので、序盤は場に出たフェアリーたちは、これらのフォロワーで処理していきたい。

サンドストームドラゴン
また、このデッキの要となってくるのが、攻撃不可の《ドラゴニュートスカラー》と《トリニティドラゴン》だ。

c_101431010
効果:このフォロワーは攻撃されない。
攻撃時 手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。カードを1枚引く。

トリニティドラゴン
効果:このフォロワーは攻撃されない。

これらのフォロワーは基本的に相手フォロワーとのトレードはせずに、相手のリーダーを狙っていこう。

%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3
▲1ターン目からフォロワーが展開できている理想的な展開だ。

中盤

Point:進化権はトレードでなく、場のフォロワーに使おう

進化が使えるようになったら場に残っているフォロワーに進化を使って、打点に変換していこう。
進化させるフォロワーとしては、なるべく攻撃不可の能力を持った《ドラゴニュートスカラー》か《トリニティドラゴン》を選択したい。
厄介な大型の守護は、《ジークフリート》で倒してしまおう。

ジークフリート
効果:ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する。

%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%80%80%e6%b4%bb%e8%ba%8d

▲触れることのできない《トリニティドラゴン》の猛攻は守護がいないと止まらない!

終盤

Point:フォルテを連打してフィニッシュを目指そう

ここまでである程度相手リーダーの体力を削ったら、最後は《ダークドラグーン・フォルテ》によるリーサルを狙おう

ダークドラグーン・フォルテ
効果:疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

なんと進化を使えば7点の疾走フォロワーとなる驚異的な奇襲性能を持ったフィニッシャーだ。
覚醒状態なら攻撃されない能力を持つが、このデッキでは、あまりその能力は気にせずダメージソースとして使っても良いだろう。
また、このデッキには、5コスト以上のカードが《ダークドラグーン・フォルテ》のみの採用となっているので、《竜の伝令》によって確定で《ダークドラグーン・フォルテ》をサーチできるようになっている。

竜の伝令
効果:コスト5以上のカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-1する。

s__38756356
▲進化フォルテの7ダメージは守護がいないと止めることはできないだろう。

『フェイスドラゴン』の得意なデッキ、苦手なデッキ

得意なデッキ

・【超越ウィッチ】

守護が採用されているリストが少ないので《ダークドラグーン・フォルテ》の攻撃を通しやすい。
進化権をすべてダメージに変えることを意識しよう。
攻撃不可のフォロワーは、除去スペルが豊富なためあまり意味をなさないが、アグレッシブに攻めることで明確に有利が取れる。

・【ミッドレンジロイヤル】

攻撃不可のフォロワーに対する解答が少ないため、打点を稼ぎやすい。
《ロイヤルセイバー・オーレリア》のような大型の守護には気をつけよう。
相手の盤面が埋まった際は、守護を出されないように、あえてフォロワーを倒さずに、攻撃不可のフォロワーで攻め続けるといったプレイングも。

苦手なデッキ

・【コントロールロイヤル】

【ミットレンジロイヤル】とは違い、守護フォロワーが圧倒的に多く採用されている。
守護フォロワーを連打されると、息切れしてしまうことが多い。
《フロントガードジェネラル》まで粘られてしまうと非常に厳しい。

・【エイラビショップ】

体力回復系のカードが多いので、削った体力を回復されてしまう。
攻撃不可のフォロワーに関しても、《漆黒の法典》や《鉄槌の僧侶》による除去がうまく刺さってしまうので、体力4以上にするために進化させるなどといったプレイングも大切だ。

もっと詳しい相性表はこちら!

▶環境最強デッキ(Tierランキング)

『フェイスドラゴン』の入れ替えカード候補

名前 理由
ユニコーンの踊り手・ユニコ 2コストフォロワーとして。アグロデッキ同士の殴り合いで処理を強要させ、実質守護としての役割を果たす。
デスミストドラゴン 攻撃不可のフォロワーとして。全体ダメージもエルフやヴァンパイアに対して効果的。
デモンストライク 直接火力。最後の詰めに。

ドラゴンライダーデスミストドラゴンデモンストライク

『フェイスドラゴン』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶『フェイスドラゴン』のデッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-D_上級者