Shadowverse(シャドウバース) ダークネス・エボルヴ 初心者向け攻略ガイド 攻略ガイド 超越ウィッチ

初中級コース:第3講「基礎からわかる!超越ウィッチ」

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:基礎からわかる!超越ウィッチ

環境上位のデッキをカッコ良く使いこなしたい。でも、プレイングがわからない…といったあなたに!
初中級コース第2講「基礎からわかる!超越ウィッチ」をお届けしよう。

『超越ウィッチ』ってどんなデッキ??

『超越ウィッチ』は、《次元の超越》というウィッチの強力なスペルを切り札としたデッキだ。

次元の超越

効果:このターンのあと、自分の追加ターンを行う。
スペルブースト コスト-1

 

コスト18のままでは絶対に発動できないが、スペルブーストを繰り返すことでコストが軽くなっていき、やがて発動できるようになる。
「(相手のターンを飛ばして)追加ターンを得る」という効果は絶大であり、《次元の超越》を複数枚発動することで、ずっとオレのターン状態に。一方的にリーダーを攻撃し続けて勝利することができる。
つまり、いかにしてダメージを軽減しながら《次元の超越》のコストを下げられるか、という点が重要になってくるわけだ。

《次元の超越》単体では勝負を決めることができないので、切り札となるフォロワーも必要となる。
最も汎用性に優れているのが《フレイムデストロイヤー》だ。

フレイムデストロイヤー

効果:スペルブースト コスト-1

 

スペルブーストによってコストが軽くなる特徴を持つ大型フォロワーで、《次元の超越》とも相性が良い。
《次元の超越》を発動したターンに、低コストまで下がった《フレイムデストロイヤー》を場に出しておき、追加ターンで総攻撃して勝利するといった勝ちパターンが王道。
除去力に極めて優れたデッキであり、長期戦を得意とするコントロールデッキには必勝レベルで有利を付けられることから、上級者には特に人気があるデッキだ。

また、フィニッシャーとして《ルーンブレードサモナー》を入れる型も存在する。
破壊力が増す反面、安定度に欠けるので、勝率を求めるプレイヤーにはあまりオススメできない。

ルーンブレードサモナー

効果:ファンファーレ +0/+0 する。
スペルブースト +1/+1

サンプルデッキレシピ

1%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%82%8b%e8%b6%85%e8%b6%8a%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81

▶デッキコードを発行する

参考リンク

▶ゲキカラーズ式『超越ウィッチ』マスターランクで21勝9敗と絶好調!デッキレシピと攻略ガイド



次元の超越をサポートするカード

ドローカード

キーカードを手札に呼び込むのに、ドローカードは欠かせない。
【超越ウィッチ】は、コンボパーツを揃えるという性質上、ドローソースを大量に採用している。

知恵の光

効果:カードを1枚引く。

 

マジックミサイル

効果:相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
カードを1枚引く。

 

《知恵の光》《マジックミサイル》は、序盤から手札を回したり、スペルブーストをしていくのに重宝する。
魔力の蓄積

効果:スペルブースト を持つ手札のカード1枚を、2回スペルブースト する。
カードを1枚引く。

 

《魔力の蓄積》は、1枚のスペルブーストを一気に3進められるカードで、同時にドローも進めることができる。

マーリン

効果:ファンファーレ スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
進化時 スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
攻撃時 スペルブースト する。

 

《マーリン》は、出したターンにほぼ確実に倒されるので、例え玉砕する形になっても出し惜しまずに進化アタックしていこう。サーチ&スペルブーストのための専用カードとして割り切っていい。次のターンまで生き残ることはまずないからだ。スペルブーストを持ったカードを進化と合わせて2枚加えてくれるので、《次元の超越》をサーチするのにぴったりのカードと言える。このデッキではあえて《ファイアーチェイン》を採用せず、《次元の超越》をサーチしやすくしている。

運命の導き

効果:カードを2枚引く。
スペルブースト コスト-1

 

《運命の導き》は、スペルブーストをしていくことでどんどんコストが軽くなるカードなので、なるべく低いコストまで下げてから使用したい。

除去カード

《次元の超越》を発動するまでに、時間稼ぎをしなければならないが、そのための除去カードもデッキに組み込む必要がある。
フォロワーとして盤面を取るのに活躍するのが、《古き魔術師・レヴィ》《ゴーレムの練成》だ。

ゴーレムの練成

効果:クレイゴーレム1体を出す。

 

古き魔術師・レヴィ

 

効果:進化時 紅蓮の魔術1枚を手札に加える。

 

紅蓮の魔術

《ゴーレムの練成》は、スペルブーストをしながらフォロワーを展開できるので、スペルブーストを持ったカードとも相性が良い。《古き魔術師・レヴィ》は、進化することで《デモンストライク》と同じ効果を持った1コストのファイアーボール。《紅蓮の魔術》という強力なスペルを手札に加えることができる。後攻4ターン目に盤面を取り返すのに役立つだけでなく、超越の打点を補う時にも使えるので、非常に汎用性の高いカードだと言える。基本的に、ウィッチの進化権はマーリンかレヴィに使っていくことになる。

時間稼ぎという意味では、《氷像の召喚》で急場を凌ぐという選択肢もあるので、相手のデッキや場の状況によって判断しよう。

氷像の召喚

効果:フリーズゴーレム1体を出す。

 

フリーズゴーレム

マリガンテクニック

VSアグロデッキ

VSミットレンジ

VSコントロールデッキ

VSミラーマッチ

基本的な立ち回り

序盤(1ターン~3ターン)

Point:フォロワーを並べられないように

基本的には、盤面の処理を最優先に戦おう。
フォロワーを横に並べられてしまうと全部処理するのが困難になるため、毎ターンきちんと処理を優先していきたい。
序盤は、対大型フォロワーを処理するための切り札となる《ウィンドブラスト》で処理するより、《ゴーレムの練成》で場に出した《クレイゴーレム》で処理したり、《虹の輝き》で手札に戻したほうが良いぞ。
s__36397058

▲対戦相手がビショップなので、《虹の輝き》《獣姫の呼び声》に備えて温存しておき、《マジックミサイル》でスペルブーストのあるカードを探しにいきたい局面である。

中盤(4ターン~7ターン)

Point:手札を増やしつつ、スペルブーストだ!

手札に《次元の超越》を含めたスペルブーストを持つカードを集めておきたい。2枚のスペルブーストを持ったカードと、攻撃時のスペルブーストを同時にこなせる《マーリン》があれば心強い。《次元の超越》《フレイムデストロイヤー》などのキーカードが複数枚揃っていない間は、なるべく手札が溢れないように気をつけよう。
除去スペルだけでなく、フォロワーの進化も使用して相手の盤面を綺麗に処理していこう。
アグロデッキなどを相手にする際は、体力を守るために、《フレイムデストロイヤー》を中盤にプレイして、相手に処理を強要させるのも良いだろう。
処理されなければ、そのまま殴りきって勝利してしまうこともある。

s__37076994

▲ロイヤルなどの除去スペルが少ないデッキに対しては《フレイムデストロイヤー》は驚異的な存在となるだろう。

終盤(8ターン以降)

Point:相手を一気に倒せる手札作りをしよう

コストを下げた《フレイムデストロイヤー》《次元の超越》を同時にプレイして、一気に相手のリーダーの体力を削りきろう。
ここで大切なのは、ゲームに勝利できる状況を準備することだ。
《フレイムデストロイヤー》を2体展開したり、《次元の超越》を複数枚使用する場合、極限までスペルブーストを使用する必要に迫られる時もある。
カードの使用順に気をつけよう。

s__36642819

▲ずっと「オレのターン!」

ワンポイントテクニック

超越ウィッチ同士の戦いでは、なるべくフォロワーを残さない

【超越ウィッチ】同士の戦いでは、相手のスペルブーストを妨害するために、あえてフォロワーを出さないといって選択を取ることがある。相手の《ウインドブラスト》や進化《マーリン》の攻撃を阻止して、スペルブーストを妨害しよう。
《ゴーレムの練成》を使用した場合、《虹の輝き》で自分の《クレイゴーレム》を手札に戻すことでスペルブーストを進める、といった小技も覚えておくといいだろう。

1コスト以下のスペルは、使うターンを考えよう

手札にスペルブーストできるカードが少ない場合、PPが余ってもあえて1コストスペルを使用しないといったプレイングも存在する。
特に、《次元の超越》《フレイムデストロイヤー》が手札にあるときは、総コストが下がるので、より効果的な場面で使用していきたい。

相手の次のターンに出せる最大ダメージを予測しよう

次のターンに相手が出せる最大ダメージ(バーストダメージ)を予測することで、除去を優先するかスペルブーストを優先するか選択できるようになろう。
【超越ウィッチ】は受身のデッキなので、自分自身でも様々なデッキを使用して各リーダーの特徴や戦術を覚えることで、次に対戦戦相手が何をしてくるかを予想できるようになるのは大切だ。

関連リンク

▶第1講「エルフ対策」環境トップのエルフを倒せ!(前編)

▶第1講「エルフ対策」環境トップのエルフを倒せ!(後編)

初中級コース:第2講「基礎からわかる!冥府エルフ」



参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
ストラクチャーデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTop20

-Shadowverse(シャドウバース), ダークネス・エボルヴ, 初心者向け攻略ガイド, 攻略ガイド, 超越ウィッチ
-, , , , ,