疾走ビショップ

【シャドウバース攻略】u7式『疾走ビショップ』本人直伝のデッキ別マリガンガイド付き!対戦相手ごとの戦略のコツを公開【shadowverse】

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:u7式『疾走ビショップ』

RAGEで好成績を収めた「u7(@1224ksk)」氏から、大会で使用した【疾走ビショップ】の攻略ガイドが届いたので紹介しよう!
かなり詳しく書かれているので、上を目指しているビショップ使いは必見だ。


はじめに

こんにちは、u7と申します。
今回はRAGEで使った【疾走ビショップ】のデッキガイドを書かせていただきました。
【疾走ビショップ】は、簡単と思われがちですが、いろいろプレイがあるデッキだと思います。
よろしければ最後まで読んでいただければ幸いです。

u7式『疾走ビショップ』のデッキレシピ

u7%e5%bc%8f%e7%96%be%e8%b5%b0%e3%83%93%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97
u7%e5%bc%8f%e7%96%be%e8%b5%b0%e3%83%93%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9e%e3%83%8a
▶デッキコードを発行する

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
2 マイニュ 3 ブロンズ
2 天界の忠犬 3 ブロンズ
3 プリズムプリースト 3 シルバー
4 ウルズ 3 ゴールド
4 鉄槌の僧侶 3 シルバー
6 ムーンアルミラージ 1 レジェンド
6 天空の守護者・ガルラ 3 ゴールド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
2 気高き教理 3 ブロンズ
3 エンジェルバレッジ 3 シルバー
5 死の舞踏 3 ブロンズ
コスト アミュレット 枚数 レアリティ 備考
1 詠唱:白翼への祈り 3 ブロンズ
1 詠唱:聖なる願い 2 ブロンズ
2 詠唱:聖獣への誓い 1 ブロンズ
2 詠唱:獣姫の呼び声 3 シルバー
3 詠唱:神鳥の呼び笛 3 ブロンズ




u7式『疾走ビショップ』の本人デッキガイド

デッキ概要

【疾走ビショップ】を使う時は、アグロデッキとして戦うべき相手と、ミッドレンジデッキとして戦うべきデッキを意識するべきだと思います。

アグロプラン:【疾走ビショップ】、【ランプドラゴン】、【コントロールヴァンパイア】、【超越ウィッチ】、【コントロールネクロ】、【エイラビショップ】、【セラフビショップ】
ミッドレンジプラン:ロイヤル全般、エルフ全般、【アグロネクロ】、【フェイスドラゴン】、【アグロヴァンパイア】

【疾走ビショップ】は、アグロプランの動きの方が強いので、どちらかわからない相手などは、アグロ寄りのプレイがオススメです。ミッドレンジのデッキとして動くには、受け札となる《鉄槌の僧侶》や《エンジェルバレッジ》が重要です。どこで使うべきかを慎重に判断しながらプレイしましょう。

マリガン基準

・ほとんどキープするカード
※相手が【アグロネクロ】か【アグロヴァンパイア】なら他のカードを見て検討
《詠唱:白翼への祈り》、《詠唱:神鳥の呼び笛》、《詠唱:獣姫の呼び声》、《詠唱:聖なる願い》、《詠唱:聖獣への誓い》
アミュレットは、デッキの核なのでキープしましょう。相手がフェイスデッキなら、設置する暇がないので、1コスト以外のアミュレットは、他のカードを見て検討します。

・相手が【超越ウィッチ】、【アグロネクロ】、【アグロヴァンパイア】、【フェイスドラゴン】の場合キープするカード
《マイニュ》

マイニュ
アグロデッキ相手には、2ターン目に2/2ステータスのフォロワーをプレイしたいです。
《超越ウィッチ》には、スペルの対象にならないのが強力なので必ずキープしましょう。

相手が【アグロネクロ】、【アグロヴァンパイア】の場合キープするカード
《天界の忠犬》

天界の忠犬
《天界の忠犬》は、基本的に2ターン目にプレイしたいカードではないです。極力キープしたくないと言えるでしょう。
2コスト2/2をキープしないのは意外かもしれませんが、返した場合、《詠唱:獣姫の呼び声》、《詠唱:聖獣への誓い》、《詠唱:白翼への祈り》、《詠唱:聖なる願い》の9枚で、同じカードを引き戻すのもOKとすると、15枚あります。先攻でも最初のドロを含めて4枚引けるので期待値は満たしています。後手ならほぼ引けないことはないでしょう。

ミッドレンジプランかつ後手の場合キープするカード
《鉄槌の僧侶》

鉄槌の僧侶
アグロプランの時はいりません。返しましょう。

・後手かつ1マナ、もしくは3マナ・2マナを持っているとき
《天空の守護者:ガルラ》

天空の守護者・ガルラ
先手の場合は、それでも事故りやすいので、返して3マナのカードを引きに行きましょう。
当然ながらデッキ内最強のカードですので、他のカード次第ですが、【超越ウィッチ】相手などもキープを検討してもいいかと思います。

・絶対キープしないカード
《気高き教理》、《ムーンアルミラージ》、《死の舞踏》、《ウルズ》、《エンジェルバレッジ》、《プリズムプリースト》
エルフ相手は、アミュレットを序盤に展開しながら《エンジェルバレッジ》か《ウルズ》をうまくプレイしないと勝てないので、エルフ相手でも《エンジェルバレッジ》は返しましょう。

 

採用カード、不採用カードについて

 

・《エンジェルバレッジ》の採用理由

エンジェルバレッジ
エルフ相手以外の時も、安易に使用せずに、2枚目を引く事を念頭に置いてプレイすると腐るマッチアップは少ないです。
ロイヤル相手には、1体倒せるような場面では、なるべく我慢して、2枚目を引くまで待ちましょう。2枚同時に使用すれば《海底都市王・乙姫》に対しての回答にもなります。

・《詠唱:聖獣への誓い》の採用理由

20057
《詠唱:聖獣への誓い》は、初動としても強く、キープ基準のカードとなるので、1枚採用しました。常に強く、2枚目を引いてもいいので、ここはプレイしていて、やや構築ミスかなと思いました。
2枚目が出しにくい《プリズムプリースト》が3枚よりは、《詠唱:聖獣への誓い》が2枚の方が良かったかもしれません。

・《漆黒の法典》の不採用理由

漆黒の法典
基本攻めのデッキなので、受けのカードとなる除去カードはいらないと思います。
採用した場合、【アグロネクロ】と【アグロドラゴン】に強くなるので、アグロデッキに勝つために採用するのは良い選択肢だと思います。

・《詠唱:神域の守護者》の不採用理由

詠唱:神域の守護者
《詠唱:神域の守護者》は、ミラーマッチや対エルフでとても強いですが、あくまで相手依存のカードだと思います。
今回は、色々なデッキに当たりそうで、かつ全勝しないといけない大会なので入れませんでした。ランク戦なら、《プリズムプリースト》あたりを削って採用するのがいいでしょう。

 

対戦相手別プレイのコツ

  • VS【テンポエルフ】

厳しいマッチアップです。
序盤はとにかくアミュレットを貼り続けたいです。
その際、できるだけアミュレットから場にフォロワーを展開するタイミングを揃えると、一気に場を制圧できます。
また、後手4ターン目に、《鉄槌の僧侶》を出す、《エンジェルバレッジ》を効果的に使うなど、工夫してプレイしましょう。

  • VS【冥府エルフ】

とにかく、《森の意志》をケアしながらプレイしましょう。
《天界の忠犬》は、相手の《森の意志》のプランを崩壊させられるので、上手く打点が足りないようにプレイすると効果的です。

  • VS【疾走ビショップ】

序盤はできるだけアミュレットを出しましょう。
アミュレットからフォロワーを展開するタイミングを合わせるのが、このマッチアップでも重要です。
また、このマッチアップは、ステータスが6/4~6/6のフォロワーが、《死の舞踏》か《ウルズ》だけでしか上手く捌けないので、可能な限りそのステータスで場に残しましょう。
相手の場に何もいなくても、4/4を進化させるプレイをすることも考えましょう。

  • VS【アグロネクロ】、【アグロヴァンプ】、【フェイスドラゴン】

できるだけ序盤にフォロワーを展開して、受けるダメージを減らしていくのが重要です。
不利なマッチアップがですが、鉄槌の僧侶で上手く場を誤魔化して、《天空の守護者:ガルラ》で一気に盤面を取りましょう。
このマッチアップは、2ターン目に2/2を展開するのが重要なのでキープしましょう。

  • VS【超越ウィッチ】

比較的有利なマッチですが、油断してると簡単に負けます。
場にカウント2の《詠唱:獣姫の呼び声》、手札に《気高き教理》がある場合、必ず《気高き教理》を打ちましょう。
《死の舞踏》は《フリーズゴーレム》にノータイムで打たずに、その先の展開を考えて打ちましょう。
進化して倒したほうが場合が良い時もあります。

  • VS【エイラビショップ】

《テミスの審判》を上手く躱すのが重要です。
必ず、《テミスの審判》を打たせた次のターンに、アミュレットが破壊されるようにプレイしましょう。
とにかく相手リーダーを攻撃しないと打点が足りなくなるので、フォロワーの処理に進化をなるべく使わずに攻撃し続けましょう。
相手が序盤で出遅れて、フェイスプランを取り続ければ十分勝機はあります。

  • VSロイヤル

これもフォロワーを同時に展開するのが大事なマッチです。
アミュレットからフォロワーを展開するタイミングは合わせましょう。
ロイヤルは、1度圧倒的に盤面を取られると、かなり返しづらいデッキなので、上手く決まればそのまま勝利に直結します。
基本的にはやや不利のマッチアップなので、《ツバキ》をケアしながら勝つのは相当難しいです。割り切ってプレイすることも必要です。

 

以上となります。
疑問点などございましたら「u7(@1224ksk)」まで、是非リプやDMでお気軽に聞いていただければと思います。
またデッキガイドを載せていただけるようがんばりますので、よろしくお願いします!

 

u7さん、デッキガイドの寄稿、ありがとうございました!



u7氏インタビュー

シャドウバース全国大会『RAGE』入賞者:u7(ゆーひち)氏インタビュー!「なぜ、そのデッキを選んだのか」

u7式『疾走ビショップ』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

▶デッキコードを発行する(u7式『疾走ビショップ』)

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-疾走ビショップ
-, , , , , , , ,