Shadowverse(シャドウバース) ダークネス・エボルヴ 冥府エルフ 初心者向け攻略ガイド

初中級コース:第2講「基礎からわかる!冥府エルフ」

2016/12/26

     

シャドウバース攻略:基礎からわかる!冥府エルフ

Tier1のデッキをカッコ良く使いたい。でも、デッキのプレイングがわからない…といったあなたに!
初中級コース第2講「基礎からわかる!冥府エルフ」をお届けしよう。

『冥府エルフ』って、どんなデッキ?

『冥府エルフ』は、《冥府への道》というニュートラルのアミュレットを切り札としたデッキだ。

冥府への道

効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

発動条件は非常に難しいが、毎ターン相手フォロワーとリーダーに6ダメージを与えるという超強力な効果を持っており、発動したら"実質勝利"とも言える凶悪なアミュレットである。
また、『冥府エルフ』には、《冥府への道》以外の勝利方法も存在する。

第二の切り札とされるのが、この《リノセウス》だ。

0121リノセウス.png

効果:疾走
ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

低コストのカードを何枚もプレイすることで攻撃力を上げ、疾走効果でプレイしたターンから攻撃することが可能なので、相手のリーダーの体力を削ることができる。
PPが溜まってきたら、《リノセウス》を複数枚プレイしたり、手札に戻して再利用することで、10点以上の大ダメージをいきなり与えることができる。
この勝利方法を通称”リノプラン”と呼ぶ。

2種類の勝利方法として”冥府プラン”と”リノプラン”があることにより、対戦相手によって勝利プランを変えることができるので、様々なデッキへの対応力が上がり、有利に立ち回れるデッキが多いことで有名だ。

【シャドウバース攻略】エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表【shadowverse】

 

 

サンプルデッキレシピ

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%97%e5%bc%8f%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95

▶デッキコードを発行する

参考リンク

▶おすし式『冥府エルフ』最強の冥府エルフ使い寄稿!キーカード戦略を直々に解説

冥府への道をサポートするカード

フェアリーを増やすカード

《冥府への道》の発動条件を満たすために、「墓地30枚」という厳しい条件をクリアする必要があるが、これにはコツがある。
手札を増やすことが出来るカードを上手く使うのがポイントになるのだ。

10021フェアリーサークル-1.png0041フェアリーウィスパラー.pngエルフプリンセスメイジ

これらのカードを駆使することで、手札を《フェアリー》で埋めて枚数の嵩増ししていき、《新たなる運命》で一気に新カードとの入れ替え&墓地肥やしをしてしまおう!
手札上限の9枚を超えたものは燃えてしまい、消えてなくなるのだが、墓場が1枚溜まることも覚えておこう。

ドローソース

「キーカード」を手札に呼び込んだり、墓地のカードを増やすのにも、ドローソースは欠かせない。
そこで活躍するのが、《新たなる運命》《翅の輝き》である。

c_101034010-1

効果:手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につきカードを1枚引く。

翅の輝き

効果:カードを1枚引く。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、1枚ではなく2枚引く。

《新たなる運命》は、不要なカードや《フェアリー》をすべて新しいカードに一新することができ、墓地の枚数も増やせるので、《冥府への道》を使って勝利する場合のキーカードと言える。
《翅の輝き》は、《新たなる運命》ほどの爆発力はないが、デッキの回転率を高めてくれる優秀な性能だ。

リノセウスをサポートするカード

手札にリノセウスを戻すカード

《リノセウス》を手札に1枚しか持っていない場合、手札に戻してプレイすることで、ダメージを稼ぐことができるぞ。
《自然の導き》《エンシェントエルフ》を使って、《リノセウス》を再利用して、相手リーダーの体力を削りきろう。
10011自然の導き-1.png
効果:自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。
カードを1枚引く。

エンシェントエルフ
効果:守護
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。

基本的な立ち回り(冥府プラン)

序盤

Point:《フェアリー》を増やして《新たなる運命》の準備を

マリガンで残した《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》をプレイして、手札上限の嵩増しをしながら、戦おう。
アグロデッキ(速攻系のデッキ)を相手にする際は、盤面をとられて負けてしまう可能性があるので、手札に加えた《フェアリー》を惜しまずプレイしたい。
場に出した《フェアリー》たちは、3ターン目《エンシェントエルフ》で手札に回収できるのがベストだ。

%e5%86%a5%e5%ba%9c%e3%80%80%e9%81%8b%e5%91%bd%e4%b8%89%e6%9e%9a%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

▲手札を増やしても、このように《新たなる運命》が手札に被ってしまった際は、冥府プランをあきらめる選択も大切だ。

 

中盤

Point:手札を減らさずに時間稼ぎ

冥府プランで戦う相手には、ここで、時間稼ぎをしよう。
《新たなる運命》を使用するタイミングは、手札が8枚以上あるときが好ましい。
全体除去として《森の意志》、回復カードとして《フェアリービースト》は、ほとんど手札を減らさずに時間稼ぎができるのでうまく使おう。

森の意志

効果:ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

フェアリービースト

効果:ファンファーレ 自分のリーダーを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ回復。

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%bf%97

▲手札1枚で一掃できる超強力全体除去が炸裂だ!

終盤(7ターン以降)

Point:《冥府への道》をプレイするタイミングは基本墓地30枚にできるとき!

ココまで粘れたらある程度墓地を溜めれているはずなので、《冥府への道》が何ターンで完成するかを計算しながらゲームを進めよう。
手札が9枚あるときに、《フェアリーサークル》《フェアリーウィスパラー》をプレイして、手札を溢れさせて、墓地の枚数を稼ぐ手段があることも覚えておこう。
また、《冥府への道》が完成したとしても、リーダーの体力が残り少ないと、直接火力や、疾走フォロワーなどで倒されてしまう可能性もあるので、守護フォロワーを設置したり、十分に体力を回復しておくことも大切だ。

%e5%86%a5%e5%ba%9c8%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

▲8ターン目に《冥府への道》が発動。体力も十分守れているので勝利した。

基本的な立ち回り(リノプラン)

序盤

Point:序盤の基本的な立ち回りは冥府プランと一緒

まずは、手札の《フェアリー》を増やして場にプレイしていこう。
リノプランで勝ちきる際は、《リノセウス》による1ターンで与えられるダメージの圏内まで相手リーダーの体力を減らすことが重要になってくるぞ。
展開したフォロワーで相手リーダーの体力を削っていく。3ターン目に《フェアリー》を2体展開した状態で、《エンシェントエルフ》をプレイすればステータスは4/5になり、序盤で倒すのは困難なので相手リーダーの体力も一気に削れるだろう。

45%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88

▲3ターン目の4/5《エンシェントエルフ》の盤面制圧力は偉大だ。

中盤

Point:《新たなる運命》をプレイするか否かの判断が大切

中盤以降は盤面を取ることを重視しよう。
手札が十分にある状態で、《新たなる運命》が手札にある場合でも、リノプランでは《リノセウス》や、《自然の導き》などのダメージコンボのセットが手札にあるときは、むやみに使用しないように注意しよう。
この段階でステータスの高い《エンシェントエルフ》を場にプレイすることができれば、そのまま勝利できてしまう場合もあるぞ。

4%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%9b%ae%e5%86%86%e3%81%97%e3%81%87%e3%82%93%e3%81%a8

▲このように大型サイズの《エンシェントエルフ》は、倒されなければそのまま試合に勝利できる性能がある。

終盤

Point:リノ算は必修科目!

十分に削った体力を《リノセウス》を上手く使って削りきろう。
どのように《リノセウス》を使ったら最大ダメージがでるのか?などわからないときは、以下のリンク先の表を参考にしてみて欲しい。

▶エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表

 

%e3%83%aa%e3%83%8e%e3%82%bb%e3%82%a6%e3%82%b97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

▲このように十分にダメージを与えておけば場が空からでもトドメをさすことができるぞ。

マリガンテクニック

VSアグロデッキ

  • 優先度A
    《フェアリーサークル》、《エンシェントエルフ》、《森荒らしへの報い》、《エルフの少女・リザ》
  • 優先度B
    《ベビーエルフ・メイ》、 《フェアリーウィスパラー》
  • 優先度C
    《エルフプリンセスメイジ》、《新たなる運命》

VSミットレンジ

  • 優先度A
    《フェアリーサークル》、《エンシェントエルフ》、《森荒らしへの報い》、《エルフの少女・リザ》
  • 優先度B
    《ベビーエルフ・メイ》、 《フェアリーウィスパラー》
  • 優先度C
    《エルフプリンセスメイジ》、《新たなる運命》

VSコントロールデッキ

  • 優先度A
    《フェアリーサークル》、《エンシェントエルフ》、《フェアリーウィスパラー》、《エルフの少女・リザ》
  • 優先度B
    《新たなる運命》、 《エルフプリンセスメイジ》
  • 優先度C
    《リノセウス》《自然の導き》

VSミラーマッチ

  • 優先度A
    《フェアリーサークル》、《エンシェントエルフ》、《フェアリーウィスパラー》、《エルフの少女・リザ》、《ベビーエルフ・メイ》
  • 優先度B
    《新たなる運命》、 《エルフプリンセスメイジ》、《森荒らしへの報い》

ワンランク上のテクニック

PPが余っても「無駄にフォロワーを出さない」という選択肢

《新たなる運命》で1枚でも多く引きたい状況の場合、PPを余らせてもフォロワーを展開しないようにしよう。
盤面を取られている時は、出したほうが良いときもあるので、状況に応じての判断が必要である。

ファンファーレを持ったフォロワーは、自然の導きで回収

《リノセウス》をはじめとした強力なファンファーレ効果を持ったフォロワーは、手札に戻して再利用しよう。
《フェアリービースト》《クリスタリアプリンセス・ティア》は、アグロデッキ相手に効果抜群だ。

フォロワーの並べすぎに注意!

フォロワーを並べすぎると、《リノセウス》でのダメージが下がったり、《クリスタリアプリンセス・ティア》の効果を使用しにくくなるので注意が必要だ。



関連リンク

▶第1講「エルフ対策」環境トップのエルフを倒せ!(前編)

▶第1講「エルフ対策」環境トップのエルフを倒せ!(後編)

▶初中級コース:第3講「基礎からわかる!超越ウィッチ」

参考リンク集

新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-Shadowverse(シャドウバース), ダークネス・エボルヴ, 冥府エルフ, 初心者向け攻略ガイド