ミッドレンジロイヤル

【シャドウバース攻略】いくら式『ミッドレンジロイヤル』ガブリエル採用!AA3到達のデッキレシピと戦略紹介(動画あり)【shadowverse】

2016/12/23

     

シャドウバース攻略ガイド:いくら式ミッドレンジロイヤル

シャドウバース攻略ガイド『GameAI』のいくらが、AA2からAA3に到達するまでの間に最も多く使用した【ミッドレンジロイヤル】デッキのデッキレシピ、及び各クラス別対策を解説していきたいと思います。

目次

いくら式『ミッドレンジロイヤル』のデッキレシピ

AA3いくらロイヤル

コスト フォロワー 枚数 レアリティ 備考
1 クイックブレーダー 3 ブロンズ
2 オーレスナイト 2 ブロンズ
2 不屈の兵士 3 ブロンズ
2 歴戦のランサー 3 ブロンズ
2 メイドリーダー 2 シルバー
3 フェンサー 3 ブロンズ
3 ノーヴィストルーパー 3 ブロンズ
3 わがままプリンセス 2 シルバー
4 ホワイトジェネラル 2 ブロンズ
4 フローラルフェンサー 3 シルバー
4 勇猛たる騎士 1 ブロンズ
5 風神 1 ゴールド
5 ロイヤルセイバー・オーレリア 3 レジェンド
6 セージコマンダー 3 シルバー
6 海底都市王・乙姫 3 レジェンド
7 ガブリエル 1 レジェンド
コスト スペル 枚数 レアリティ 備考
6 アルビダの号令 2 ゴールド

いくらロイヤルマナ

デッキコードを発行する






いくら式『ミッドレンジロイヤル』デッキ概要

いくら式『ミッドレンジロイヤル』は、序盤からフォロワーを展開して強化による有利トレードを行っていき、盤面にフォロワーを並べところで全体強化により、一気に相手リーダーの体力を削りきっていくミットレンジタイプのロイヤルデッキ。

最も重いコストは7コストなのでどちらかというとアグロよりのアグレッシブな構成となっている。
特徴として1枚採用されている《ガブリエル》が終盤のダメ押しに非常に貢献する。

また1コストで採用されているのは《クイックブレーダー》のみで《わがままプリンセス》から確実に《クイックブレーダー》を出せるようになっている。

いくら式『ミッドレンジロイヤル』のマリガン

優先度:A
最優先でキープすべきカード

優先度:B
優先度Aのカードを1枚以上確保出来ている場合、出来ればキープしておきたいカード

優先度:C
特定のリーダーやデッキを警戒している場合にキープしておきたいカード

 

VSアグロ&ミッドレンジ

優先度:A
  • オーレスナイト
  • 不屈の兵士
  • 歴戦のランサー

C_100211020C_101211020C_101211110

とにかく序盤に盤面を取るためには2コスト2/2相当のステータスを持つカードが必要不可欠だ。

《クイックブレーダー》や《メイドリーダー》は盤面を取るのにあまり有効でないので優先度は下がる。

優先度:B
  • フェンサー
  • ノーヴィストルーパー
  • わがままプリンセス
  • フローラルフェンサー

C_101211060C_101211090C_101221070C_100221010

2コストのフォロワーがキープできている際にキープしていきたいのはやはり後続となる3コストフォロワーだ。

《フローラルフェンサ-》は後攻の場合に盤面を取り返す強力なカードなので、後攻の場合3コストフォロワーが手札に無くてもキープする。

優先度:C
  • ホワイトジェネラル
  • 勇猛たる騎士

C_100211040C_101211070

これらのカードは初手に2コスト、3コストフォロワーがいるなどマナカーブが良いときにキープしても良い。

 

VSコントロール

優先度:A
  • クイックブレーダー
  • オーレスナイト
  • 不屈の兵士
  • 歴戦のランサー

C_100211010C_100211020C_101211020C_101211110

コントロールデッキに対しても同じく2コスト2/2相当のフォロワーを最優先でキープする。

コントロールデッキの場合序盤に打点を稼げる《クイックブレーダー》もキープする。

優先度:B(優先度Aのカードがある場合、キープしたいカード)
  • フェンサー
  • ノーヴィストルーパー
  • わがままプリンセス
  • フローラルフェンサー

C_101211060C_101221070C_101211090C_100221010

2コストのフォロワーが手札にいる際は3コストのフォロワーをキープする。

《フローラルフェンサー》は後攻の際に4ターン目にフォロワーを一気に展開できるため、後攻では優先度が高い。

優先度:C
  • ホワイトジェネラル
  • 勇猛たる騎士
  • 海底都市王・乙姫

C_100211040C_101211070C_101241010 (1)

これらのカードは初手に2コスト、3コストフォロワーがいるなどマナカーブが良いときにキープしても良い。

《海底都市王・乙姫》はコントロールデッキにAoEを使用された次のターンに1枚のカードで盤面を再構築できるカードなので序盤の動きがあるならばキープしても良い。

いくら式『ミッドレンジロイヤル』のクラス別対策

VSエルフ

マッチング相性:○(微有利)

 

とにかく序盤から相手のリーダーのフェイスを狙っていき《冥府への道》の発動条件を満たされる前に早期決着を目指す。

とはいえ、フェアリーを展開させたままにしておくと高ステータスの《エンシェントエルフ》が出てしまうので突破できないようにならないように、ある程度相手フォロワーも処理していく。
相手もかなり盤面にフォロワーを並ばせないようにしてくるが《フローラルフェンサー》や《海底都市王・乙姫》などでコチラも一気に展開していこう。

フォロワーが並んだ状態で全体バフさえ決まってしまえば《根源への回帰》以外での対応手段は無い。
冥府への道が発動してしまったら《クイックブレーダー》と《ガブリエル》のコンボで5ダメージを与えられる事も覚えておこう。

キーカード:《フローラルフェンサー》《ロイヤルセイバー・オーレリア》《セージコマンダー》《海底都市王・乙姫》

C_100221010C_101241020C_100221020C_101241010 (1)


VSロイヤル

マッチング相性:(五分)

とにかく序盤は盤面の取り合いで有利トレードは積極的に行っていく。

先行をかなり有利なマッチアップで、後攻の場合、2コスト→フェンサーの動きで盤面を取られてしまったときに《わがままプリンセス》で《クイックブレーダー》を出して強化された2コストフォロワーを倒すことで盤面に《フェンサー》と《わがままプリンセス》の対面を作ることができ、被害を抑えることができる。
ここでは説明しきれないがロイヤルのミラーマッチではどのようにトレードを行っていけば自分のフォロワーが一番残るかを考えてプレイすることが最も大切であるといえよう。

キーカード:
《フェンサー》《わがままプリンセス》《フローラルフェンサー》《海底都市王・乙姫》

C_101211060C_101221070C_100221010C_101241010 (1)


VSウィッチ

マッチング相性:◎(有利)

ウイッチはスペルブーストにより後半の除去が強くなっていくので、終盤は盤面を維持することが出来なくなってしまう。
そのため、とにかく序盤から相手のリーダーを中心に体力を削っていき、最終的に疾走で削り切るというプレイングを意識したい。
また単体除去が多いので横に広げてフェイスを削っていったほうが良い。
《ファイヤーチェイン》による全体除去には《海底都市王・乙姫》で盤面を再構築できる。

キーカード:
《フローラルフェンサー》《セージコマンダー》《海底都市王・乙姫》
C_100221010C_100221020C_101241010 (1)


VSドラゴン

マッチング相性:○(微有利)

ドラゴンは展開力が低く、1ターンに1体しかフォロワーが出せないことが多いので序盤から横に並べて展開していき、基本的にフェイスを削っていく。
大型の守護を連続で出されると厳しいのでなるべく早期決着を目指す。
《灼熱の嵐》や《ファフニール》などの全体除去も警戒しておこう。

キーカード:
《フローラルフェンサー》《セージコマンダー》《海底都市王・乙姫》
C_100221010C_100221020C_101241010 (1)


VSネクロマンサー

マッチング相性:アグロネクロ ○(有利)/ミッドレンジネクロ×(不利)

アグロネクロは序盤から盤面を取り合っていき打点を抑えることで後半になるにつれて有利になっていくマッチアップである。

《ケルベロス》や《悪戯なネクロマンサー》に有利トレードをさせないようにフォロワーの体力を管理することも大事だ。
6ターン目以降の《死の祝福》を打たれる前に盤面を取っておかないと一気に不利になってしまう。

対してミッドレンジネクロ戦は、全体除去である《腐の嵐》が採用されていて3コストで打てるということもあり盤面を返されやすく盤面を取られた状態で死の祝福に繋がれやすいので非常に厳しいマッチアップである。
基本的なプレイスタイルはアグロネクロ戦と同じだが《フローラルフェンサー》や《海底都市王・乙姫》の重要性がより高まってくる。

キーカード:
《フェンサー》《フローラルフェンサー》《海底都市王・乙姫》

C_101211060C_100221010C_101241010 (1)


VSヴァンパイア

マッチング相性:△(微不利)

 

復讐状態からの回復カードや除去をケアして戦うことが大切となってくる。
8ターン目より前のターンでは《黙示録》を打たれないように復讐状態にせず盤面を取りつつ横にフォロワーを展開していき、一気に体力を削る準備をする。
8ターン目より後は《黙示録》を条件無視で打たれてしまうので割り切ってフェイスにいくことも考える。

《黙示録》を打たれてしまった場合《海底都市王・乙姫》があると非常に心強い。

キーカード:《フローラルフェンサー》《セージコマンダー》《海底都市王・乙姫》

C_100221010C_100221020C_101241010 (1)


VSビショップ

マッチング相性:(五分)

とにかく相手リーダーのフェイスを削っていき早期決着を目指す。

ヴァンパイア同様全体除去の《テミスの審判》があるがこちらは6コストでしか打てないので序盤からフォロワーを横に並べて一気にたたみかけよう。
《テミスの審判》を複数打たれたり《マイニュ》をはじめとした2コスト2/2が採用されている型だと思うように盤面が取れずに厳しくなってくる。

先攻後攻で有利不利が大きく変わるマッチアップである。

キーカード:
《フローラルフェンサー》《セージコマンダー》《海底都市王・乙姫》

C_100221010C_100221020C_101241010 (1)


いくら式『ミッドレンジロイヤル』の入れ替えカード候補

名前 理由
クノイチエッグ 2コストフォロワー枠。潜伏を持っているので1ターン生き残りやすく《フェンサー》の効果を発動させやすい。大体カード候補は《オースレスナイト》
激励の舞 《セージコマンダー》と同じ効果を持った全体バフである。代替カード候補は《風神》
ツバキ 進化権を使わずに相手の大型フォロワーを除去しつつ盤面に4/3の潜伏フォロワーを出すことができる大体カード候補は《風神》

C_100211060C_101214010C_101241030

いくら式『ミッドレンジロイヤル』の感想

いくら式『ミッドレンジロイヤル』のデッキコード発行

今回紹介したデッキは、「Shadowverse Portal」のURLからデッキコードを発行できます。

デッキコードを発行する

デッキコードの使い方

発行したデッキコードは、シャドウバースのアプリを立ち上げた後、

1.画面下の「カード」をタップして「デッキ編成」
デッキコード1
2.新規作成
デッキコード4
3.デッキコード入力
デッキコード2
の順で進んでいただくことで、デッキリストを簡単にコピーすることが出来ます。便利なので活用していきましょう!

参考リンク集

神々の騒嵐 新カード評価ランキングと解説

「バハムート降臨」特集
新カード(全105枚)評価ランキングと解説 リセマラランキング(RoB対応版)
最有力の「予想デッキ」一覧 Tierランキング(環境最強デッキ一覧)
新カードを使ったコンボ集 新能力「エンハンス」「交戦」とは
構築済みデッキ集
過去に紹介したデッキ集
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロマンサー ヴァンパイア ビショップ
2Pick(アリーナ)攻略
2Pick「全カード」点数表 危険度の高い『AoE』一覧と対策
5連勝しやすいリーダーランキング 報酬リスト一覧
初心者ガイド
初中級者おすすめリーダーとその理由 シャドウバース用語集(用例付き)
効率の良い「カード資産」の築き方 強いデッキの構築法(ex.ネクロマンサー)
エルフ使い必修科目!『リノ算』の極意と早見表 「ウルズ」を使用したコンボ特集
エルフの対策一覧(前編) エルフの対策一覧(後編)
エイラビショップの対策一覧 キーカードの「ドロー確率」を徹底分析
基礎からわかる!冥府エルフ 基礎からわかる!超越ウィッチ
おすすめ戦績記録ツール
『ShadowRecord(シャドレコ)』 『Shadowverse Log(シャドログ)』

週間人気記事ランキングTOP20

-ミッドレンジロイヤル
-, , , , , , ,